ソチオリンピック フィギュアスケート:ペアFS

カーリングはやっと日本代表も調子が出てきた感じですが、ロシアの応援の大きさでコールが聞こえなくなっています。いつもしーんとした会場で選手のコールだけが響き渡る環境が当たり前だと思っていたので新鮮。カーリングにもそのうちクラウドノイズって出てくるんかなと思うマイク松ですこんにちは。

さて今日はフィギュアスケート、ペアFSです。やっぱり実況はポエムなわけですが、今日ショートトラックの実況もしてました。ショートトラックはあっという間に試合も終わるし、誰かが前に出た逆転したとかいうだけなのでポエムに向いてると思います。実際ポエムも吐かずそつなくやってたし。このままショートトラックに閉じこもってもらえると助かります。

フィギュアスケート、ペアFS。実況は無念ながらポエム、解説は若松さん。ポエムはなんでオリンピックまで出てくるんやろう。

第2グループから。イタリアのベルトン・ホタレク。少しでも上を狙いたいですね。ぼんやりしたホタレクの顔も。「ドラキュラ」。3T+2T+2Tを決めてきました!いい出だし。結構自信もってるみたいです。3Twもしっかり。3Sはベルトンが転倒。また団体と同じですね。大丈夫やろうか。ソロスピンはしっかりそろってます。コレオシークエンスがいい雰囲気作ってます。工夫されたポジション。3SThはダブルに。サルコウの調子がよくないんだろうか。スターリフトはすばらしいポジション。降ろし方もダイナミック。Dsはホタレクのホールドも工夫あり。ちゃんとプログラムの解釈もできてますね。リバースラッソーリフトはおそろしいホールドがまた。理屈はわかるけど可能なのか。3LoThはいいジャンプになりました。アクセルラッソーリフトは入りも降りもスムーズ。ペアスピンでフィニッシュ。がんばりました。転倒はありましたが自分の演技はできたか。次のイタリアを背負っていくペアですからね。キスクラでちっちゃいりすみたいなのもってる。179.08。

高橋・木原がもうスタンドでみてますね。おつかれさま。

アメリカのカステリ・シュナピア。「007 スカイフォール」より。3Twは高く決まりました。これはいいですね。3Tはステップアウトでコンビネーションにならず。4SThはステップアウト。惜しい。ちょっと高さがありすぎたか。ソロスピンはまずまずそろってるし、コレオシークエンスも音楽に乗っていきいき。3Sはなんとか決めました。リバースラッソーリフトはカステリのポジションがグッド。もう1つ小リフトを経て3SThはしっかり成功。4Sに挑むくらいですから余裕ですね。Dsからすぐペアスピン。スターリフトからキャリーにつなげます。ずっといいポジションのカステリ。まさにスターです。アクセルラッソーリフトは降りの流れもよかった。フィニッシュもかっこよく決めました。チャレンジもあり、しっかり堅実に決めるところもあり。187.82。

フランスのジェームス・シュプレ。「天使と悪魔」。3Twは降ろし方がいまいち。3T+2Tはセカンドでジェームスが転倒。おしい。続いて3Sは決まりました。Dsまでの流れもいいです。ペアスピンはポジションチェンジを繰り返してもスムーズな回転。アクセルラッソーリフトはまずまず。ダンスのSlLiから3FThはしっかり持ちこたえて決めてます。1つ1つのエレメンツのクオリティが上がればもっとよくなるペア。ソロスピンの前すごい遠くからとってる。よくわからん。SlLiから3SThも成功。バックワードラッソーリフトからキャリーリフトのロングリフトを最後に決めてきました。あれがもうちょい流れていけばとてもかっこよかったのですが。179.43。

ドイツのウェンデ夫妻。これ楽しみ。2Twからすぐに3STh。連続技にしてますね。3T+2Tは単発になりました。つなぎの部分もよく考えてます。2Aは今度は夫の方が手をつきました。ソロスピンは夫婦パゥワーであわせて…終盤ちょいずれました。スパイラルもとてもきれい。アクセルラッソーリフトは降ろし方が一工夫。スターリフトは回転もスムーズ。スピードもあるし。3FThはツーフット。音楽変わって小芝居も入ります。次のリフトはワンハンドホールド。基本的にホールドは安定しています。Dsは妻のポジションがいいですね。ペアスピンでフィニッシュ。エレメンツの切れ目があまり目立たないいいプログラムでしたが、ジャンプがもう少し決まればよかった。166.25。

第3グループ。

カナダのデュハメル・ラドフォード。すてきな衣装。「アリス・イン・ワンダーランド」。3Twはいいキャッチでした。3Lzをまずは成功!いい武器です。ラッソーリフトはスピードが落ちない。降りもソフトでした。Ds1つとっても物語を感じます。ラドフォードも視線をうまく使ってる。ペアスピンはポジションチェンジがおもしろい。工夫してますね。3S+2Tはデュハメルが転倒。もったいない。アクセルラッソーリフトは降ろし方にまたもいい工夫。3LoThは流れもあってきれいなジャンプでした。3LzThは手をつきました。挑んできますね。バックワードラッソーリフトからキャリーに変化。見栄えのするリフトです。コレオシークエンスはよく音楽に合わせてる。最後のソロスピンはお互いの距離が近くてひやひやしました。大丈夫でした。199.53。

カナダのムーア=タワーズ・モスコビッチ。フェリーニの音楽。3Twはよく流れてるし、まず3T+3T+SEQを決めてきました。出だしとしてはいいですね。3Sはモスコビッチがダブルに。もったいない。Dsは音楽に乗せて大きく。ペアスピンは回転が速くててきぱき。3LoThは大きなジャンプ。距離出てました。コレオシークエンスのスパイラルポジションがきれい。アクセルラッソーリフトは笑顔を絶やさないムーア=タワーズ。いつもですけど。トゥラッソーリフトはキャリーでワンフット。そしてローテーション。モスコビッチのナイスホールドですね。ソロスピンは回転が速い。小リフトからの3SThを最後に決めてきました。最後のスターリフトでフィニッシュ!ムーア=タワーズも大喜びですね。ちょっとジャンプのミスがあったくらい。自分の演技できました。202.10。トップにきました。

ロシアのバザロワ・ラリオノフ。バザロワの美貌を最大限にいかす衣装。ラリオノフは何着てもいっしょ。「イーゴリ公」より。満を持してのプログラムですね。3Tはバザロワがツーフットか。2Aはそろってはないけど決まりました。やっと。3FThは空中で軸が傾きましたがバザロワがフォロー。Dsは切れ目を作らずすぐ演技に。ソロスピンはよくあわせてきました。音楽変わって3Twは高さをよく出してました。リバースラッソーリフトはいいポジションを絶妙のバランスでキープ。音楽をよくいかして、世界観を作り出してますよ。3LoThは手をつきましたか。コレオシークエンスは音楽にあわせてます。不思議な背中にかついだところからスターリフトにつなげます。バックワードラッソーリフトも入りがスムーズ。パワーあります。ペアスピンから不思議なポジションでフィニッシュ。うーんいまいちバザロワという素材をいかしてないラリオノフがいますね。うーん。199.60。

中国の彭程・張昊。「ピアノ協奏曲黄河」。4Twきました!でましたー!でかいわ。でかい。3T+2Tは彭程がステップアウトで単独に。2Aは転倒でした。ジャンプが決まらない。ソロスピンは最初はあいませんでしたがリカバーしました。ペアスピンはポジションがしっかり。彭程も表現力出てきましたね。3LoThは高さも距離も出たいいジャンプ。調子でてきましたね。コレオシークエンスの彭程のポジションもよくなってる。成長してます。3SThもしっかり成功。すぐリフトにいきます。切れ目のないのがいいですね。Dsはハオのパワーで回転が速い。2人はいいバランスです。バックワードラッソーリフトはやさしく降ろしてあげてます。アクセルラッソーリフトはスターポジションからワンフットキャリーに変化。そのままフィニッシュ。ジャンプはうまくいきませんでしたが、その後はしっかりまとめましたね。195.72。彭程くやしそう。

最終グループ。BS1の録画はスノーボードとかが入って大変でした。やっぱりオリンピックは2つ録画しておきたいですね。

ロシアのストルボワ・クリモフ。すごい声援ですね。「アダムス・ファミリー」。速い滑りから3Twをしっかり成功。3FThは安定してますねー。全然失敗しそうにない。3T+2T+2Tのソロジャンプもきっちり成功!いい出だしです。リバースラッソーリフトは終わってすぐ演技に入り、Dsにつなげます。全然引き上げる感がなくそのまま滑りに。ソロスピンはユニゾンばっちりですね。CuLi的なコレオシークエンスでは顔芸も付け加えて。音楽が変わっておもしろパート。プチお父さんステップから2Aを流れよく決めてきました!アクセルラッソーリフトもスムーズ。つなぎの部分もしっかり考えてます。ペアスピンも軸が安定してます。スターリフトはストルボワのポジションがかっこいい。3SThもすばらしい流れで決めてフィニッシュ!うわー!!この大舞台でノーミス決めてきました!すごい!3番手とあなどっていましたわ。終わってすごいガッツポーズしてましたが、218.68。これは当然ですね。

ロシアのボロソザル・トランコフ。また大歓声。ゴールドの衣装ですね。静かな入りから3Twを確実に、しかしすごい高さで決めます。3Sも流れよく成功。ちょっと緊張してますかね。3T+2Tを決めました!一山こえましたね。Dsはポジションが固まってます。ソロスピンもきっちりそろってます。緊張感が伝わってきます。つなぎの部分は感情表現が見事。3LoThは高すぎてあぶなかったですがこらえました。コレオシークエンスも2人の間の情感をうまく出せてます。このあたりもチャンプらしい。3SThもしっかり高さも出しながら。リバースラッソーリフトはトランコフのホールドが安心。ペアスピンはいいポジションをしっかりキープしています。バックワードラッソーリフト、そのあとのキャリーリフトもしっかり実施してフィニッシュ!やりきりましたね!すごい緊張感を克服しました。とにかく慎重に丁寧に演技してましたね。爆発する感情。帽子かぶったトランコフがちょっとしたラッパーみたいになってる。236.86。でました。

中国のほう清・とう健。いい滑りを。「レ・ミゼラブル」。2A+2A+SEQはセカンドでステップアウト。おしい。2人のユニゾンはばっちりです。3Tはしっかり成功。3Twは高さ出してます。Dsはとう健兄さんのポジションがかっこいい。このへんはベテランです。ソロスピンもしっかりリカバーしてあわせてきました。コレオシークエンスあたりからすごい物語が紡がれます。リバースラッソーリフトにつながる。実施も丁寧でなおかつ大きい。3SThは流れもありました。つなぎ部分の感情表現はさすがほう清姉さん。3LoThは安定してます。次のリフトはワンハンド。SlLi的なパートを経てスターリフト。時が止まったかのような静寂がありました。ペアスピンでフィニッシュ。すばらしい演技でした。最後の最後までどこまでもいい物語を紡いでくれましたね。209.88。

ドイツのサブチェンコ・ソルコビー。勝負ではありますが、最後の滑りになるかも。見届けましょう。「くるみ割り人形」。すばらしい滑り。出だしでいい物語に引き込みます。3FThを大きく高く、まずは決めてきました。3Tはソルコビーが転倒。ぐわー。Dsのポジションは見事。ソロスピンは回転が速く、しかもユニゾンばっちり。コレオシークエンスを経て3Twは空中で花が咲くよう。2Aをしっかり決めて、リバースラッソーリフトは音楽にすごくあってる。浮遊感を感じますね。次のラッソーリフトも大きな盛り上がりの中でスムーズな実施。ペアスピンも安定してます。アクセルラッソーリフトから、イーグルでのキャリーにつなげます。3AThに挑戦するも転倒。そしてフィニッシュ。最後に大技に挑んできましたね。上を追うという気迫を感じる演技でした。すばらしかった。215.78。

○最終結果:
1. ボロソザル・トランコフ
2. ストルボワ・クリモフ
3. サブチェンコ・ソルコビー
4. ほう清・とう健
5. ムーア=タワーズ・モスコビッチ
6. バザロワ・ラリオノフ

ボロソザル・トランコフが優勝でした。さすがのスーパーチャンプもだいぶ慎重に演技してましたが、これまでの実績からして十分でしょう。別々のペアで苦労していた時期もありましたが、結成してからここまで早かったですね。順当でした。

ストルボワ・クリモフが2位。すごい。これはすごいです。オリンピックの舞台で完璧な演技。挑戦者の姿勢が地元の利をいかして、2位に飛び込みました。ロシアのペア王国はまだまだ続きそう。だってまだうまくなりそうですもん。

サブチェンコ・ソルコビーは3位。3AThを無難にいっておけばとかいう人いるかもしれませんが、彼らはそれでも挑戦しました。それは自分の演技をしたということです。自分の演技ができればおっけーです。彼らの功績が色あせることはない。メダル1つで見方を変えるような人間には僕はなりたくない。その意味で彼らは最高でした。おつかれさまでした。

ほう清・とう健は4位。十分に2人の滑りをしてくれたと思います。あの叙情は今日いちでしたからね。ここまで続けてきたのはそのことを証明するためだったのでは。ムーア=タワーズ・モスコビッチは会心の演技でした。よかった。きっと次につながります。バザロワ・ラリオノフはもっとよくなる。がんばれラリオノフ。オマエがバザロワをいかすんだ。

3 Comments

  1. tareko改めぱんたさん より:

    サフチェンコ・ゾルコビーで号泣しました。
    大好きなペアなのもあるけれど、
    アスリートのあり方を見せてもらえた気がしました。
    ドイツからの情報によりますと、
    サフチェンコは新しいパートナーを探して続行するようですよ!
    楽しみです!

  2. みーちゃん より:

    こんばんは。
    地上波は少ししか放送されなくて悲しかったです・・・(バンクーバーはフルだったのに)
    サフチェンコ組は3A残念でしたが勝負をかけたその気持ちに感動しました。欧州選手権をサフチェンコさんの体調不良でFS棄権して、調整しきれなかったのかもしれません。
    ストルボワ・クリモフは今一番ノリにのってるようでいつの間にか2番手に!欧州選手権の解説で岡部さんが「ロシアっぽくない」と言っていていました。パワフルでそのダイナミックさが気持ちいいですね。

    それにしても!全くの専門外なのか興味ないのか恐ろしく静かでしたね。気をつかったのでしょうか。団体戦のインタビューの声がPだったのでいやーな予感がしていたのですが、オリンピックでヤツの声を聞くとは・・・トホホです。

  3. マイク松 より:

    ぱんたさんさん、みーちゃんさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

    >ぱんたさんさん

    サブチェンコ続けるんですかー。新しいパートナーはプレッシャーでしょうけど、がんばってほしいですね。
    とにかく「くるみ割り人形」は名プログラムでした。

    >みーちゃんさん

    ストルボワ・クリモフはほんと上り調子ですね。ちょっと北米系のいいところを取り入れているのかも。
    たしかにポエムショックはでかいですが、やつがデータを読む機械化しているのはおもしろかったです。もうでてこないでほしいんですが…。

コメントしてください