フィギュアスケート世界選手権2015(2):ペアFS

お仕事していたら電話がかかってきて、いきなり「母ちゃん?」といわれたマイク松ですこんにちは。母ちゃんちゃう。

今日は世界選手権、ペアFSです。

世界フィギュアスケート選手権2015、ペアFS。実況は赤平さん、解説は岡部さん。19組からFSで滑るのは16組。

イギリスのアマニ・ファンシー&クリストファー・ボヤジ。「ハリー・ポッター」より。衣装はハリー・ポッターっぽくないですね。2Twから入ります。2Sは余裕をもって成功。2A+2A+SEQは流れよく決まりました。いい出だし。トゥラッソーリフトはワンハンドで。3FThは転倒しました。また豪快に。グループ3リフトはスムーズ。リフトは得意そうですね。バリエーションもいい。Dsからつなぎ部分はちょっと魔法っぽかった。コレオシークエンスですね。3SThはうまく決まりました。グループ4リフトは難しいキャリーに変化していました。いいぞ。ソロスピンはよくあわせてる。ペアスピンでフィニッシュ。もっと全体的にスピードはほしいですが、エレメンツはよくできてました。130.22。

ドイツのマリー・ファルトマン&アーロン・ファン=クリーブ。「アランフェス協奏曲」。ファン=クリーブのそり上げた頭がすごい。3Twはよく高さ出せてました。3Tはファルトマンがコンビネーションにできませんでした。3FThは手をついた。Dsはポジションがいいですね。ファン=クリーブのホールドも高さを保ってる。3Sはファン=クリーブがダブルに。ソロスピンは後半でずれました。アクセルラッソーリフトは安定してますね。パワーを感じます。コレオシークエンスは表現力ありますね。持ち味の1つ。3SThはイーグルから入って成功。リバースラッソーリフトは危ないヴァリエーションですが難なく降ろしました。グループ3リフトはワンフットでキャリーに変化。ペアスピンはファルトマンのポジションがいいです。147.84。力は出せた感じですね。まだまだうまくなる余地はある。

ロシアのクリスティーナ・アスタホワ&アレクセイ・ロゴノフ。「巨匠とマルガリータ」より。いい雰囲気作れてます。3T+2T+2Tを最初に決めてきました。これはいいですね。3Twはもう少ししっかりキャッチしてほしいと岡部さん。3Sも成功。Dsはポジションいいですね。ここまでは順調。3FThはなんとかもちこたえて、ロゴノフが笛を吹きながらついてきます。コレオシークエンスは難しい小リフトを入れてきます。ダンスっぽい雰囲気がありますね。ソロスピンはだいぶ離れてしまった上に回転もあってないです。3LoThは高さを出してきました。随所にダンスホールドを入れてきますね。リバースラッソーリフトはすごい難しいエントランスから複雑なポジション。ペアスピンはゆっくり。あんまりスピンが得意じゃないのかな。アクセルラッソーリフトはずっとワンハンドホールド。最後はグループ3リフトで難しい降ろし方でした。スピードはもう少しほしいですが、FSは自分たちの演技できましたね。173.58。コーチがプロレスラーっぽい。

イタリアのニコル・デラモニカ&マッテオ・グアリーゼ。「マスク・オブ・ゾロ」より。3Twはスピードにのってスムーズ。3Sは2人ともステップアウト。2Aはデラモニカが転倒、グアリーゼは1A。ペアスピンは複雑な表現ですが回転が少ないです。3LoThは華麗なスライディング転倒。そういう演技かと思います。Dsはスムーズにいけました。リバースラッソーはヴァリエーションもきれいでした。こういうところで波に乗りたい。コレオシークエンスはCuLiがかっこよかったです。アクセルラッソーリフトも質が高い。3SThはツーフット。グループ3リフトはキャリーにいってもスムーズでした。ソロスピンはよくあわせてましたね。151.77。

カナダのジュリアン・セイガン&シャルリ・ビロドー。「ウォールフラワー」「イン・ユア・アイズ」。このへんのダンスはちょっとおもしろいです。3Sはきっちり決まりました。タイミングもばっちり。3Twはちょっと肩で担いでしまいましたか。グループ3リフトはローテもきれいです。Dsは入り方にも両方に工夫。ソロスピンはよくあってますね。今日はいいみたいです。曲の速さにスピンの速度をあわせていると岡部さん。ステップインラッソーリフトは終始ワンハンド。安定したホールド。もっと表現力がついてくればいいのですが。2A+2Tをここで決めてきました。ジャンプは自信もってますね。3SThは流れよく成功。アクセルラッソーはイーグルでキャリー。3TThからペアスピンでフィニッシュ。とてもいい演技でした。自分の演技できましたね。178.03。

カナダのリューボフィ・イリシェチキナ&ディラン・モスコビッチ。「ロシアより愛を込めて」。これがどれくらい仕上がってきたか楽しみです。3T+2T+SEQから入りました。なるほど。3Twはまずまず。3Sもしっかり決めました。そこからリバースラッソーリフト。イリシェチキナのポジションがすごい難しいし怖い。3LzThは手をつきましたか。ぎりぎりか。SeLiのような小リフトを挟んでペアスピン。フリーレッグがいいですね。コレオシークエンスはスパイラルを入れてます。調和のとれた動き。グループ3リフトは入り方が難しい。そしてキャリーも安定。そういうのできますか。3LoThはあぶないところでした。Dsはみなごろしイーグルから入るという難しい技術でしたが、途中で止まってしまいました。ソロスピンは回転速度が合ってない。jこのへんは痛い。そしてアクセルラッソーリフトも途中で降りてしまいました。いい演技だったのですが最後にまとめてミスが重なってしまいましたね。残念。169.91。

イタリアのヴァレンティナ・マルケイ&オンドレイ・ホタレク。「ラ・ストラーダ」。3Lzを決めてきました!さすが。というかホタレクがんばりましたね。3FThも流れよく成功。2Twはダブルでも質がいい。グループ3リフトはお姫様だっこのイグジット。マルケイがんばります。ソロスピンはばっちりずれてましたがリカバーしてきました。3S+2T+2Tはタイミングが合いませんでしたがジャンプは成功。これは強みですね。コレオシークエンスはマルケイのポジションがすばらしいスパイラル。ずっとやってますからね。リバースラッソーリフトはキャリーにいっても安定してます。いいぞ。3SThはとても流れがありました。アクセルラッソーリフトは残念ながら上がりませんでした。でも落とさなかった。Dsからペアスピンでフィニッシュ。あの最後のリフトだけでしたが、それ以外はほんとがんばったし、しっかり物語を感じました。172.55。まだまだうまくなれるよ。今これだけできるのはほんといろんな人に勇気を与える。ぴょんちゃんを目指してがんばるとのことです。これはたのしみ!

フランスのヴァネッサ・ジェームス&モーガン・シプレ。「天使と悪魔」。3Twは高さ出ました。力強いです。スピードに乗って3T+2T+2Tをまず成功。3Sはランディング乱れました。Dsはいいポジションで回転してました。すぐペアスピンに。回転速度が速くていいですね。最初にエレメンツを固めてきますね。アクセルラッソーリフトは終わっても速度がキープされてるのがいいですね。つなぎの演技から3FThも成功。コレオシークエンスで表現部分も展開してますね。ソロスピンはよく合わせてますがお互いにトラベリングしてます。3SThは高さありましたね。リバースラッソーはポジションがとてもかっこいい。最後はグループ3リフト。キャリーは膝立ちになるという力業まで見せました。今回はしっかり支えてましたね。がんばりました。昨年の雪辱果たしましたね。177.34。

アメリカのヘイブン・デニー&ブランドン・フレイザー。「ライオン・キング」より。フレイザーが最初にパワーを見せます。3Twはキレありました。今日はよく滑ってますね。3LoThはまずまず。しかしソロジャンプは2Sになりました。そこからペアスピン。回転速度もある。ソロスピンは回転をよくあわせてます。お互いケアしてますね。2Aはデニーが転倒。これは痛い。アクセルラッソーリフトはヴァリエーションにも演技がありますね。3SThはすごく質の高いジャンプ。きれいに流れました。コレオシークエンスではいいスパイラル。Dsも大きな円を描いています。リバースラッソーリフトはスムーズな実施。グループ3リフトは降ろし方もダイナミック。CuLiをはさんでフィニッシュ。おーずいぶん全米のときよりうまくなってますねー。ソロジャンプ以外はとても質が高まった印象です。172.51。

アメリカのアレクサ・シメカ&クリストファー・クリエリム。「パリのアメリカ人」。4Twをここでやってきました!でかいですねー。3Sはシメカが手をつきました。2A+2A+SEQはクリエリムが1Aだったりステップアウトしたり。グループ3リフトは足を高く上げるシメカのポジションがかっこいい。そしてお姫様だっこのイグジット。安定してます。3LoThは高さありましたが受け止めきれず。ソロスピンはきれいにずれてますね。リバースラッソーリフトは高々と持ち上げる。ワンハンドでのホールドも安定。3FThは難しい入り方でした。ペアスピンはゆっくりだなと思ったら速くなりました。アクセルラッソーリフトは大きなローテーションでした。最後はCuLiを入れて、スパイラルからDsに直接はいりました。185.81。今日は本調子ではなかったかもしれませんが、手堅くまとめてきました。

ロシアのエフゲーニャ・タラソワ&ウラジミール・モロゾフ。きましたね。ライオネル・リッチー「ハロー」。3Twはすごい高さ。これはオリジナリティあります。すごいな。3Sきっちりユニゾンもあってました。3T+2Tもきっちりあってたし質も高いです。このままいこう。リバースラッソーリフトはいいポジションでした。降ろし方が丁寧なのが特徴だと岡部さん。確かに。3LoThは降りてすぐイーグルに変化。Dsも大きな円を描いています。ソロスピンはずれてもリカバーしてますね。つなぎ部分でもお互いがつながっているのが伝わってきます。3SThはすぐイーグルに変化。コレオシークエンスからアクセルラッソーリフト。降ろし方もスムーズで難しい。グループ3リフトはタラソワのポジションがすばらしい。ペアスピンでフィニッシュ。しっかり力出せましたね。ほぼノーミス。やりました。198.46。ソルコビーコーチに、振り付けにトランコフを起用しているそうです。ロシアのエースになりますね。そしてモロゾフのリンクを降りた後の圧倒的なさえなさもすごい。

中国のチェン・ペン&ハオ・ジャン。ショスタコーヴィチ「アレグレット」。相変わらずおもしろい入り。筋肉祭り。4Twきました!この容赦のなさが中国ペア。2Aはステップアウト。もったいない。スピードは出てるしよく滑ってる。3T+2Tをここでつけてきましたね。ソロスピンは速かったです。回転のずれも回ってるうちに合うやろ的な。3LoThは幅・高さ・流れ三拍子そろってる。これがハオのパワーです。バックワードラッソーリフトはキャリーも楽々。つなぎ部分の小リフトもスムーズ。3SThもすばらしいジャンプ。コレオシークエンススパイラルからダンス的な要素が入ってますね。リバースラッソーリフトはローテーションも速い。Dsは回転が力強い。グループ3リフトは上げ方が難しかったです。よくあれで上がるな。ペアスピンでフィニッシュ。これはいい出来でした!206.63。この難曲をよく演じきりましたね。大きく成長しそう。

ロシアの川口悠子&アレクサンドル・スミルノフ。いい演技を。チャイコフスキー「マンフレッド交響曲」。この最初はほんとにテンション高くて、バレエの一幕みたいです。3T+3T+SEQはスミルノフがセカンドでダブルになりました。2Aはいいですね。4SThは手をつきました。挑んできましたがスピードが出てなかったですね。ソロスピンはしっかり合わせてます。これはばっちり。コレオシークエンスはCuLiがほんとに高いレベル。3Twは成功!なんかよくなってますね。アクセルラッソーリフトは大きく振るようなイグジット。Dsにもテンションを感じますが少しバランス崩しました。バックワードラッソーリフトポジションチェンジが見事。曲のテンションが乗り移っているよう。3LoThは転倒。まじか。グループ3リフトは垂直に立ってからキャリー。すぐペアスピンでフィニッシュ。うーん今日はパーフェクトな出来ではなかったですね。がんばったんですが。198.91。完璧に決まっていれば。

メーガン・デュハメル&エリック・ラドフォード。ミューズのメドレー。よく滑ってる。3Twも確実かつ高い。3Lzをしっかり決めてきました。よく決まる。そしてタイミングばっちり。4SThは手をつきましたがまあクワドルプルですし。ソロスピンはラドフォードがバランスを崩しましたが、そこからでもあわせてきます。すごい。3T+2T+2Tをタイミングをしっかりあわせてこんなに見事に。強いです。Dsも回転速度ありました。リバースラッソーリフトはずっとワンハンド。それでいて流れが途切れない。アクセルラッソーリフトは難しい降ろし方でもスムーズ。ダンスリフトをまた効果的にはさんできますね。ペアスピンも回転が速い。3LzThは難しい入り方からしっかり成功。コレオシークエンスからグループ3リフト。安定した回転からキャリー。最後はお姫様だっこでフィニッシュ!うわー強いです。今日は珍しくミスも出ましたが、それでも小さなものでしょう。221.53。すごいな。
中国のほう清・とう健。これが最後の演技になるんですね。見届けましょう。アンドレア・ボチェッリ「これからも僕はいるよ」。2A+2Aはセカンドがシングルになりました。3Tはきれいに成功。タイミングもしっかり。3Twは高さすごい出てました。でかいな。3SThは高さもいいし流れがほんとにすばらしい。そしてあふれる感情表現。ペアの芸術性を高めることに多大な影響を与えた2人ですからね。すべての滑りが見所です。リバースラッソーリフトは大きなローテーションでもあぶなげなし。3LoThもパーフェクトな実施。Dsからすぐソロスピンに。少しトラベリングしましたがすぐ立て直しました。ペアスピンの出来も終わりまでいいですね。アクセルラッソーリフトは降ろし方もほんとに1つの表現。コレオシークエンスにここまでの物語を込められるのはこの2人だけです。グループ4リフトの最後まで芸術性にあふれていました。いやーすばらしかった。なんという終わり方。ペアはいつまでもこのカップルを忘れないでしょう。214.12。

中国のウェンジン・スイ&コン・ハン。チャイコフスキー「フランチェスカ・ダ・リミニ」。4Twがすごい高さ出てましたね。当たり前のように。3T+2T+2Tをまずは決めてきます。グループ3リフトはすごいポジションチェンジ。このヴァリエーションの難しさとスムーズさ。3FThはしっかりもちこたえました。パワーもある。ペアスピンはポジションチェンジがまた難しい。3Sを決めて、難しい入りから3SThもまたパーフェクトな実施。見事です。ソロスピンは回転が速いのにしっかり合わせました。コレオシークエンスは得意のスパイラル。Dsからリバースラッソーリフトは最初から最後まで流れるよう。アクセルラッソーリフトもすばらしい出来でした。あのあとでこのノーミスの演技をやってくるとは。ほう清・とう健も安心ですね。214.12。

○最終結果:
1. デュハメル・ラドフォードのトーストポテトサラダサンド
2. スイ・ハンのBLTサンド
3. ほう清・とう健のたまごサンド
4. ペン・ジャンのフルーツサンド
5. 川口・スミルノフのボルシチサンド
6. タラソワ・モロゾフのごまトーストトマトサンド

デュハメル・ラドフォードが優勝。今シーズン完全優勝。パーフェクトシーズン達成です。すごいな。来シーズンはみんなルッツに取り組んでくるでしょうね。2位はスイ・ハン。すばらしい演技で2位になりました。来シーズンは名実ともに中国No.1カップルとして挑むことになりそうです。

ほう清・とう健はメダルを死守して3位。いいキャリアの終わり方ができました。これだけ自分の滑りをやりきって引退できるのは幸せですよね。数々のいいカップルがいましたが、きっと一生忘れることはないでしょう。おつかれさまでした。そしてコーチとしてもいい選手を育ててくれると確信しています。

4位はペン・ジャン。ハオは2022年までやると意気軒昂の様子。まだまだうまくなれるし、楽しみなカップル。みていて楽しい。川口・スミルノフはもっと課題を克服したいといってたので、まだやってくれるでしょう。できれば「マンフレッド交響曲」はもっとやってほしいくらい。タラソワ・モロゾフはスイ・ハンと競い合う存在になっていくでしょう。

あとはやはりマルケイ・ホタレクですね。マルケイもとても楽しそうだしやる気もある。楽しみです。シングルがペアに転向する流れができてくるのはとてもいいことだと思います。日本も誰かやってくれんかな。

カテゴリー: フィギュアスケート パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。