大相撲7月場所2015:番付発表チェック

NYMのスティーブン・マッツ、デビュー戦で4打点。上々のデビューだなと思っていたら、マッツはピッチャーでした。すごいいいバッティングでしたよ。ピッチングも7回2/3を5安打2失点で初勝利。えらいのが出てきたなと思ったマイク松ですこんにちは。マイク松もスティーブン松にしようか。

さて、今日は7月場所の番付発表がおこなわれました。軽くチェックしておこうと思います。

横綱は白鵬が東の正横綱、鶴竜は復帰して奮起が期待されますね。

大関は久しぶりに4人そろいました。照ノ富士は無理せず勝ち越しを狙ってほしいところですが、いつもそういっていて大関で滞留する人たちが増えているので、もう優勝目指してがんばってください。鶴竜を攻略することが大事かも。

関脇は栃煌山と逸ノ城。今場所の逸ノ城はやはり注目ですね。照ノ富士にめっちゃ刺激を受けてると思うし。小結は宝富士がついに新三役。地味ですが力つけてますね。妙義龍はなかなか一皮むけません。

前頭上位は国内勢が増えてきた印象。もちろん栃ノ心や碧山、魁聖といった強い一団はそのままですが、佐田の海がついに筆頭にきているし、高安、勢、アミーといった実力者も名を連ねています。今場所は上位は混戦が予想されますね。

前頭中位はガガがなにげに6枚目に戻ってきているし、旭秀鵬、玉鷲といった面々もそろってますね。大砂嵐も再ブレイクしたいところですがちょうどいい位置。いちおうラマダン近辺ですが、最初だけしのげばなんとかなりそう。このへんに大勝ちする力士が出る予感がしますよ。阿夢露も10枚目。

幕内下位では、木瀬部屋の英乃海と、錣山部屋の青狼が新入幕を果たしました。めでたいですね。木瀬部屋は幕内3人目とのびてきていますね。錣山部屋は久々の幕内力士。青狼にはがんばってもらいたいです。

返り入幕では時天空、千代大龍、鏡桜、里山と4人が戻ってきていますね。今回は入れ替わりが激しい。十両にも実力者が滞留しているようで、こっちも楽しみです。

今場所もけがのないよう、いい場所にして土俵を充実させたいですね。

カテゴリー: 大相撲 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。