NFL2015 week3 MNF KC@GB

今日はカフェにいってスポーツ新聞をみてみたのですが、ヤクルト優勝のいろんな記事があって楽しかったです。でもさんすぽの一面は、ハンシンのカントクが誰であろうとフジカワを獲得するというものでした。これは関西だけなのか気になるマイク松ですこんにちは。

さて、NFLはMNF、KC@GBです。KCがどこまでGBに対抗できるか。まあ結論からいうと対抗できなかったんですが。(言ってしまった)(いや逝ってしまった)

week3, MNF, KC@GB、実況は三浦さん、解説は高野さん。

今年はMNF50回目。KC.vs.GBは第1回スーパーボウルのカードなんですよね。こういうのがたくさんあるので、今年はスーパーボウルカードが注目されます。しかもMNF。注目されますね。

しかし試合はGBの圧勝でしたー。

ロジャースの調子は絶好調。ぽんぽんパスが通るし、KCのプレッシャーを華麗なフットワークでかいくぐってパスを通してきます。そしてランがよく出てるんですよねー。なかなか止まらない感じで。

KCは最初の頃こそ抑えるものの、ただでさえランが出る上に、序盤にCBが故障してしまい、代役のところをGBに徹底して狙われてパスが通りまくりました。スミスの調子も悪くなかったのですが、結果的に6sckくらってしまいました。あと反則が多かった。

終盤はGBもゆっくり守るし追い上げ、GBがタイムアウトを使い切っていてチャレンジできないこともあってオフェンスが続いたりしましたが、結局追いつけませんでした。

GBはロジャースが24/35,333yds,5TD。もう完璧。ランは結構キャリーも多かったしトータル123yds。レシーブはジョーンズが7rec,139yds,1TD、コッブが7rec,91yds,3TD。コッブはほとんどのマッチアップで勝ってました。ディフェンスはマシューズが2sckはじめ6sck、加えて1INT,2FFと暴れてました。

KCはスミスが24/40,290yds,1TD,1INT。大半はリードが開いてからのものでした。まあ6sckくらってはきつい。ランはチャールズは11att,49ydsとまずまずがんばってくれていたのですが、もう1人いてワンツーで攻められれば。レシーブはわりと収穫。移籍してきたマクリンは8rec,141yds,1TDと攻撃の書くに。TEケルシーも6rec,80yds。ディフェンスはパスで徹底的に狙われてしまったのですが、それよりももっとランでなんとか打開したいところ。

やっぱりGBは強い。KCはあまりへこまずに次の試合いきましょう。

コメントしてください