フィギュアスケートグランプリシリーズ2015 NHK杯(3):アイスダンスSD

川崎トークショー。いまだに88歳のおばあちゃんのハートを掴んで離さない魅力をもっていることに驚愕するマイク松ですこんにちは。三国志にいれば間違いなく魅力100。

今日はNHK杯、アイスダンスSDです。

フィギュアスケートグランプリシリーズ NHK杯、アイスダンスSD。実況は浅井さん、解説は賢二アニキ。パターンダンスはラベンスバーガーワルツだそうです。わからん。

村元哉中&クリス・リード。ついに結成した新カップルです。「ウインナー・カフェ」ほか。すごくエッジワークがなめらかで雰囲気も出せてますね。パターンダンスもとてもスムーズな印象。ツイズルはクリスがセカンドツイズルでバランスを崩しましたが大丈夫。今年からはパーシャルステップはいったん止まってから始めるそうになったそう。スピード感もキープできてますね。RoLiは安定した回転でした。上々のデビューですね。53.44。

平井絵己&マリエン・デ・ラ・アスンシオン。「僕の大事なコレクション」より。ツイズルから入ります。うまくいけましたね。パターンダンスもスピードが出てるしエッジも深く使えてますね。表情もついてる。パーシャルステップは丁寧なステップももっと滑っていけそう。RoLiはパワフルな回転でした。前半の勢いをキープできてたらよかった。43.61。

アメリカのアナスタシア・カヌーシオ&コリン・マクマナス。アメリカ大会5位。ポール・イスラムが欠場して代理に来てくれたようです。バレエ「シンデレラ」より。ツイズルはミラーの形。珍しいですね。パターンダンスはやはりよく滑ってる。減速する要素が少ないですね。リフトはRoLiは右回転で難しいそう。パーシャルステップの前もよく表現できてるし。音楽もとらえる部分もある。ユニークな振り付けをしっかりこなしてますね。クリエイティブな演技でした。55.21。シーズンベスト。

ロシアのエカテリーナ・ボブロワ&ドミトリー・ソロヴィエフ。けがからの復帰戦。たのしみです。カナダ大会3位。ハチャトゥリアン「仮面舞踏会」ほか。のっけからパワフルな演技。さすが。一蹴りの推進力が全然違う。ツイズルも問題なしですね。体の傾斜がついてるのでインアウトをはっきり出せると賢二アニキ。まったく規定感がない。そしてRoLiにシームレスにつながります。ステップの終わりもかっこよかった。パーシャルステップは曲が変わって力強さと迫力を前面に押し出して。最後までパワフルでした。でもまだ詰め切ってないし、まだよくなりそう。ピークコントロールしてるところですね。66.19。貫禄ですね。

ロシアのアレクサンドラ・ステファノワ&イヴァン・ブキン。今朝はステファノワの頭痛で練習なしだったそう。がんばれ。映画「スタントマン」より。まずパターンダンス。ユニゾンがしっかりあってるし滑りもなめらか。ツイズルはシットスピンのようなツイズルが入っていて、しかもばっちりあってました。SlLiも安定してました。ステファノワもがんばってポジションチェンジ。パーシャルステップは音楽が変わって明るい雰囲気。うまく切り替わってる。むしろブキンが頭痛かったんじゃないかという感じでした。まだやれるよ。61.96。でも成長してきてる。

イギリスのペニー・クームズ&ニコラス・バックランド。フランス大会4位。スメタナ「売られた花嫁」ほか。最初のステップも複雑な入れ替わりで物語を作ってます。パターンダンスはスピードありますね。賢二アニキは少し正確さが足りなかったという判断。ツイズルはあってましたね。パターンダンスはとても優雅な振り付け。大きな動きがお互いにスピードを増してる。最後はCuLi。降り方もかっこよかったです。まだ細部は詰まってないにせよ、勢いのある演技でした。61.00。惜しい。

アメリカのマディソン・ハベル&ザッカリー・ダナヒュー。フランス大会で優勝してるそうです。「ハレルヤ」ほか。ダンスっぽい目線のコントロールがうまい最初。ユニゾンと距離感がいいですね。パターンダンスは難しいことはしてないのにどんどん滑ってますね。シームレスにツイズルにいきました。うまくずれをリカバーしました。パーシャルステップはディープエッジのまま、2人の距離がとても近くて、それだけで物語を作っていけてる。2人の関係で演技に深みを与えてました。CuLiでフィニッシュ。すばらしいプログラムですね。これはいい。エレメンツ感が全然なかった。66.57。トップにきました。

アメリカのシブタニ兄妹。「コッペリア」。さっそくマイアはポーズとってますね。でも最初の入れ替わりでいきなり引き込んできます。そういえば大得意のワルツでした。もうパターンダンスも全然ぎこちなさもないし、FDのような華やかさとなめらかさ。ツイズルは長くてもばっちりユニゾン。パーシャルステップは音楽が変わってより華やかに。スピードというよりもう1つのバレエの演技。RoLiは入り方がクリエイティブでした。すばらしい!ばっちりでした。やっぱりシブタニ兄妹のワルツはひと味違いますね。68.08。すごいリラックマをもらってる。

○SP終わっての順位:(1983年ヒット曲ランキング的に)
1. ミッドナイト・シブタニ
2. ハベル・ダナヒューも濡れる街角
3. ボブロワ・ソロヴィエフやね
4. ステファノワ・ブーキンに、胸キュン。
5. クームス・バックランドなのに
6. カヌーシオ・マクマナス笑っちゃいます

シブタニ兄妹がトップ。ピョンチャンオリンピックのときには絶対にFDはワルツにしたほうがいいでしょう。それだけ最高の武器。ホンダバンが宇宙刑事ギャバンのテーマで滑るくらい。(滑ったことないわ)ハベル・ダナヒューが2位。カップルとしての関係性をしっかり見せられれば物語が生まれますよね。ボブロワ・ソロヴィエフが3位。ゆっくりコンディションを戻していきましょう。

7位の村元・リードは想像以上の出来でした。上々の滑り出し。この時期をしっかり有意義に過ごして上達してほしいです。

2 Comments

  1. まったく より:

    シブタニズはほんといい演技でしたよね!
    顔の四角さも(ごめん)もマリオネットぽくてよくあってました。
    っつーか、アレックスなんかかっこよくなりましたよね?

  2. マイク松 より:

    まったくさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

    あのコッペリアはかなりよかったですよね!そうなんですよアレックス。前髪のせいですかね?

コメントしてください