日本カーリング選手権2016:男子決勝 SC軽井沢.vs.チーム東京

オータニは地球最高の有望株の1人。地球ときたか。もし地球外最高とかを選んだらイトイヨシオとかアダチとかシュンタとかも入るのかもしれないなと思うマイク松ですこんにちは。いも類最高ならほとんどのオリックが。

ずいぶん今日はあたたかい日でしたが、寒いところで熱い戦いを繰り広げるカーリング、今日は男子の決勝です。

日本カーリング選手権、男子決勝。実況は田中さん、解説は小野寺さん。さっきまでLS北見のコーチしていました。もしLS北見が負けたら誰に頼んでたんだろう。

もはや国内では無敵のSC軽井沢は順当に、チーム東京は初優勝を狙います。東京は東大生2人が中心の、国立大卒業のメンバーで構成されてるらしい。

なんか両チームともすごいクレイジーパンツはいてますね。軽井沢は青のチェック、東京はいろんな色でトロピカルでさえある。やっぱり形から入るべくクレイジーパンツにしたんだろうか。

第1エンドはブランクエンド、第2エンドはいきなりチーム東京も中に入れてきました。そこからお互いテイクテイク。後攻の軽井沢が2点パターンになってきたぞ。東京はラストストーンでダブルテイクに成功。神田ナイスショット。最後はスルーでブランクエンドになりました。

第3エンド、東京はまた中に入れてきます。ガードよりもディフェンシブな戦術らしい。軽井沢はヒット&ステイを繰り返してきます。いつの間にか軽井沢のストーンがたまってきた。そこで東京はダブルテイクアウトで応戦。テイクテイクの展開になりますが、最後はドローで軽井沢が2点とりました。

軽井沢は10ゲーム戦ったことが今回ないらしい。すごいな。チーム東京はなかなか全体練習ができないらしいが、しっかり東京間の往復でコミュニケーションしているそう。

第4エンド、軽井沢のストーンがたまってきた。ラストストーンでステイできず、軽井沢が1点スティール。これはもったいない。

第5エンド、センターガードを置いて軽井沢のミスを誘う東京の作戦が成功。慎重に2点パターンを作ってキープし、最後に2点とりました。やりました。

第6エンド、先攻の東京がミスを誘ういいストーン配置。清水も前に当ててしまいました。東京はヒットロールしたいのですがなかなか。両者てきぱきテイクテイクして、最後は軽井沢が1点とらされました。東京はスティールしたかったですが。

第7エンドはブランクエンド、第8エンドはガードをすり抜ける攻防。先に軽井沢がガードにひっかけてしまいました。ガードが前でごちゃごちゃする中、ハウスのナンバーワンをめぐる争い。すばらしいショットの連続です。なかなか真ん中のルートのウエイトがつかめないのが影響してる。軽井沢がスティールのパターンを作って、東京のラストショットがガードにかかってしまいました。軽井沢2点スティール。

第9エンド、両角兄のトリプルテイクアウト炸裂。東京もやむなく1点とりました。

第10エンド、東京もハウスの中に入れてきます。しかし清水のダブルテイクアウトが炸裂。テイクテイクで最後はコンシード。軽井沢 6-3 東京。

軽井沢強かったですが、東京も結構がんばってました。ミスを誘うトラップを戦術的にうまく使ってましたね。もっと強くなりそう。

男女あわせて実況は田中さんでしたが、すごい取材してすごい勉強してました。すばらしい実況でした。カーリングの実況にNHKも力入れてるんですね。ありがたいです。

コメントしてください