野球のアモーレ

アモーレ、流行っていますね。いろんな人が「アモーレ、アモーレ」言ってますが、「野球はアモーレです」というのは、文法的にいかがなものかなと思っていると思っている富井です。「野球は僕のアモーレ」というならありだと思うのですが・・・。

しかし、「野球の(神様の)アモーレ」という表現はアリだなと思いました。大谷翔平さんのことです。2014年のプレーオフで間近に見て以来、実は大谷の大ファンなんですが今日の試合もすごかったですね。「5番・ピッチャー・大谷」ですよ。もう一度言いたい「5番・ピッチャー・大谷」。前回も大興奮しましたが、今日も投げては163キロ、打っては3打数1安打1打点。その上、123球の完投ですよ。ほんとすごい、何よりロマンが有ります。「ああ、今自分は伝説を目撃しているのだな」というワクワクが有ります。

その上すごいと思うのは、野手が負けられないと思うのか、大谷が5番ピッチャーで入るとよく打ちますよね。電車の中で試合結果を見たのですが、もう笑いが止まりませんでした。すごい、また大谷の5番ピッチャーを見たい。オリック戦以外で。

オリックと言えば、なんとヤクルト戦で3連勝したそうです。3連勝してもその前に3連敗しているのでまだトントンなんですが、大谷に刺激を受けたのかディクソンが3打数2安打(しかも一本は2塁打)と1犠打決めました。すごい、ディクソン。これからは代打ディクソンも検討すべきじゃないか?と思います。

コメントしてください