大相撲9月場所2016:13日目

サブローの引退試合がありました。このブログを始めた頃に活躍していた選手が次々引退していくのでさびしい限りです。富井です。サブローと言えば、サブローだったかサブローの奥様だったか忘れましたが、おでんの汁をごはんにかけると旨いということをブログで書いていたのを読んで、それ以来マネをしています。旨いです。ありがとう、サブロー。さて、正面は陸奥親方、実況は太田さん。

大栄翔×青狼。立ち合い低くあたって押っつけて出る青狼。そのままよりきりました。大栄翔は何もできませんでしたね。

東龍×豊響。張って差す東龍。しかし豊響が組んでから上手く取り、寄り切りました。豊響は押し相撲だけかと思っていました。

天風×徳勝龍。胸を合わせてから上手く体を開いた徳勝龍。そこからの上手投げと動きがよかったですね。

臥牙丸×輝。輝がのど輪をしのいで下から上手く攻めていきました。腰が低くて下半身が安定してますね。ガガは重いですがしっかり押せました。

蒼国来×豪風。立ち合いが合いませんでしたが、待ったはかからずふわっとした立ち合いになりました。上から押す豪風でしたが、蒼国来が抱え込みます。しかしそこから豪風がはたいて肩すかし。豪風の引きには気をつけなくちゃ。

錦木×旭秀鵬。踏み込んだ旭秀鵬でしたが、腰が高い。内掛けが空ぶって、上体が浮いたところを投げられてしまいました。

千代翔馬×琴勇輝。両手付きの琴勇輝。そこから千代翔馬は下がるだけでした。立ち合いが全てだったな。

大翔丸×荒鷲。荒鷲の立ち合いに大翔丸が下がってしまい、そのままずるずると寄り切られました。

佐田の海×勢。勢のかちあげに佐田の海が引いてしまいますが、そこからタイミングよく体を開いて出し投げ。動きが素早かった。

松鳳山×遠藤。立ち合いから松鳳山が一気に前に出ましたが、土俵際で遠藤のとったりが決まりました。土俵際で腕をたぐってくるっと回るのがかっこいい。

千代の国×玉鷲。玉鷲が両手付き。千代の国がしかし下がらず攻め、その後タイミングよくはたきました。立ち合いの後、前に出たのが効きましたね。

栃ノ心×妙義龍。立ち合いからまわしを取りにいった妙義龍。そのまま栃ノ心を押しだすかと思いましたが、土俵際で栃ノ心が妙義龍のまわしの結び目ぐらいをひょいと持ち上げて下手投げ。すごいコンテナを持ち上げるクルマみたい。

隠岐の海×碧山。立ち合いから碧山のつきにずるずると下がってしまった隠岐の海。そのまま突き出されました。

貴ノ岩×栃煌山。まえみつを取りに行く栃煌山。それを嫌って離れる貴ノ岩。その後も栃煌山が中に入るのですが、頭とまわしを上手く掴んで貴ノ岩の上手投げ。

魁聖×正代。もろ差しを狙う正代ですが、巻きかえにいき、そこで魁聖が前にでます。そこを正代がしのぎますが、右の上手を取って魁聖が寄り切りました。

嘉風×宝富士。低くあたった嘉風ですが、中に宝富士が入らせません。嘉風がつっぱって宝富士にまわしを取らせないように離れるとタイミングよく突き落とし。嘉風の相撲が早い。

高安×御嶽海。立ち合いで下から御嶽海がはず押しをしますが、高安が組み止めます。下からせめる御嶽海に高安は下がる一方。御嶽海が上手く土俵際で押し倒し。

琴奨菊×照ノ富士。腕を返して照ノ富士の膝に体重がかかる体勢になる琴奨菊。照ノ富士はけんけんをするように下がってしまいました。菊に土俵際でがぶられたらどうしようもないですね。

稀勢の里×鶴竜。低い立ち合いの鶴竜。そこからもおっつけていく稀勢の里でしたが、体を入れ替えられて下手投げを食らいました。これで4敗目。でも、カド番になんかならない一番強い大関です。

日馬富士×豪栄道。にらみ合う両者。視線をどちらも外しません。いいですね。立ち合いは日馬富士が低く、豪栄道の引きにもハルマはついていくのですが、逆に下がりながら首投げに行く豪栄道。執念ですね。

カテゴリー: 大相撲 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。