ロシアフィギュアスケート選手権2017(2):男子シングルFS

2月にまたドイツにいってくることになったマイク松ですこんにちは。ポーランドとの国境近くに飛天御剣流の継承者が陶磁器作家として身を隠しており、フォルス・スタート商会の本社を知っているという情報が入りました。結構自信家らしいので教えてくれるかどうかはわかりませんが。

そんなこんななのでフィギュアスケートのレビューがんばります。今日はロシア選手権の男子シングルFSです。

ロシアフィギュアスケート選手権、男子シングルFS。実況は小林さん、解説は岡部さん。

ドミトリー・アリエフ。ジョシュ・グローバン「壊れた誓い」。ジュニアGPSファイナルのチャンプ、存在感みせたいですね。4Tを今度は決めてきました。いい出だし。体の使い方がきれいと岡部さん。3A+2Tは詰まってしまいました。キャメルスピンからステップ。確かにしなやかで情感豊かな体の使い方。と思ったら少しバランス崩してましたが。3Aは軸がすごい傾いてましたが降りました。苦手なんかな。3Lz+3Tは成功。3Loはステップアウトで転倒。3Fは難しい入り方でした。転倒が痛いのかしんどそうですが、3Lz、2A+1Lo+3Sと決めました。シットスピンからコンビネーションスピン。そしてコレオシークエンスでフィニッシュ。転倒ありましたが力はみせましたね。240.69。わりと手応えありそう。

アレクサンダー・ペトロフ。ここは存在感だそう。フランク・シナトラメドレー。ミーシャ・ジーが振り付けてるらしい。3Aは高さありました。そうそうそういうのがみたいんですよ。3A+2Tもうまく決めてます。つなぎ部分も余裕もってやってますね。3Lz+3Tもまずまず。キャメルスピンは少しトラベリングしてます。ステップはチェンジオブペースが効果的。アピールもうまい。終わりに流れのいい3Lzを決めました。3F+1Lo+2Sは予定通りですかね。3T、3Loを跳んでシットスピン。場内も盛り上げてますね。コレオシークエンスももっと盛り上げる。2Aからコンビネーションスピンでフィニッシュ。よっしゃよっしゃ。これがペとペとさんの滑りです。力みせましたね。236.93。トップには立てませんでしたが。

マキシム・コフトゥン。パオロ・ヌティーニ「アイアン・スカイ」。懐から何か出したぞ。印籠かな?4Sはきれいに決まりました。4Tも決めましたがいかんせんスピードが足りないです。3Lz+1Lo+3Sをここでもってきましたね。ビッグジャンプは先に。コンビネーションスピンはポジションがいい。3A+3Tを決めてキャメルスピン。いいポジションです。3Aはオーバーターンですね。3Loはシングルに。3S+2Tからステップに。ちょっと疲れてきたのかな。あまり動けてない。コレオシークエンスから2Aを跳んで、コンビネーションスピンでフィニッシュ。がんばりましたね。249.37。とりあえず1位です。

アンドレイ・ラズキン。「ドン・キホーテ」。4Tは手をつきましたがチャレンジしてきました。4T+2Tは決めてきました。ナイスー。3A+2T+2Loからシットスピン。いいポジションですね。バレエの素養ある。3Aはシングルになりました。そんなことしてる場合じゃないぞ。ステップはそんなに密度が濃くないですがエッジは深いです。3Lz+2A+SEQ、3Loと跳んできます。キャメルスピンから3Fはオーバーターン。3Sのあとでコンビネーションスピン。コレオシークエンスでフィニッシュ。最後までがんばりましたね。急に成長したのか、今回は点数でてますね。241.00。

アルトゥール・ドミトリエフ。お母さんが見に来てるらしい。オペラ「イーゴリ公」より「だったん人の踊り」。4Tはステップアウト。4Tもう1つは転倒。がんばれ。3A+2T+2Loはセカンド以降が回転不足かな。3Aは成功。あまりいい入りじゃないですね。キャメルスピンからステップ。そんなに難しくないですがリンクいっぱいを使ってますね。小芝居を入れて激しいつなぎの演技。こういう演技力はあるぞ。3Lzを決めて3Fもなんとか。次の3Lzはダブルになりました。シットスピンは安定せず。顔芸はできる。コレオシークエンスから3S+2A+SEQを決めて、コンビネーションスピンでフィニッシュ。よくがんばりましたね。最後まで滑りきりました。序盤のミスで落ち込まなかった。226.77。

セルゲイ・ボロノフ。ベテランの力をみせろ。「エクソジェネシス交響曲第3番」。4Tを成功。大きなジャンプです。3Aとジャンプを確実に。4Tは転倒。ほめたとたんに。キャメルスピンはまずまず。ステップは音楽とは調和してないですがよくがんばってます。人はできることをやることが大事なのです。3Aはシングルになりました。ジャンプ抜け禁止。3Lzもダブルに。跳び急いでますね。3Sもステップアウト。3Lo+2T+2Lo、2A+2Tは決めてきました。コレオシークエンスからコンビネーションスピン、シットスピンでフィニッシュ。だいぶ疲れてましたね。ジャンプの抜けが痛かった。233.62。

アレクサンダー・サマリン。なんとか逃げ切りたいですね。スコーピオンズ「メイビー・アイ・メイビー・ユー」。4T+3Tを最初から成功!いいですね。4Tも成功。しっかり決めてます。間がちょっとあいてますが。3A+2Tも幅がありました。キャメルスピンは片手ビールマンまでもっていけます。コレオシークエンスをここでもってきます。3Lzもステップから成功。3Aは詰まりましたがちゃんと降りてます。3Loも詰まってる。疲れてきたかな。3Sを決めてコンビネーションスピン2つ。ポジションが独創的で差がつけられてます。最後はステップ。最後の力を振り絞れ。最後に2Aでフィニッシュ。大きなミスもなくがんばりましたね。つなぎ部分がないとかいろいろありますが、ここまでやりきったのが何よりです。260.07。トップにきました!

ミハイル・コリヤダ。最後しっかり決めましょう。シルク・ド・ソレイユより。4Lzを跳んできました。転倒ですが回ってはいますね。でかかった。4Tはステップアウト。おもしろ演技も入れながら会場を巻き込んでいきます。3A+3Tは成功。3Lz+2Tは高さがあります。ステップはエッジを長く使ってますね。長めの演技。シットスピンは回転速度がある。こういうのがほしかった。3Aは高さありますね。3S+2A+SEQも決めました。3Loの前には小芝居。2Aからキャメルスピン。加速します。コレオシークエンスはしっかりテンション高く。最後はビールマンスピン入りのコンビネーションスピンでフィニッシュ。283.48。文句なしですね。

○最終結果:(ふりかけ的に)
1. コリヤダ旅行の友
2. サマリンのりたま
3. コフトゥン味道楽
4. ラズキンかつおみりん(韻を踏んでます)
5. アリエフ瀬戸風味
6. ごはんにまぜてペトペトロフ

コリヤダがしっかり初優勝。最終的には結構差がつきましたね。まあ世界で競い合ってるレベルの演技でしたがもっとできる。なんか周りに影響されてスピードがなかったです。2位はサマリン。ジュニアですがここで世界選手権に出られたりするんだろうか。3位はコフトゥンさん。なんやかんやで表彰台ですが最初からやれといわれてもしょうがないですね。ラズキンはこれを機にのびていってほしい。ペトペトロフもなんとか存在感はみせました。

コメントしてください