全米フィギュアスケート選手権2017(6):男子FS

50歳のJリーガー」三浦カズさん、お誕生日おめでとうございます。若い頃あれだけ凄くてまだ現役ってすごいですね。富井です。イチローも25歳ぐらいで引退しても伝説だったと思うのですが、まだ現役ですからね。すごいな。フィギュアスケーターも40歳まで現役を目指して欲しいですね。実況は赤平さん、解説は岡部由起子さん。

フリーはグループ3、4だけののレビューにします。まだまだ欧州、四大陸もありますので。

エマニュエル・サヴァリ。「House of flying daggers」他。4Sはステップアウト。3Aは転倒。ちょっとスピードがないな。4S+2Tは成功。キャメルスピンはゆっくり。慎重ですね。ステップは曲に合わせているのかツイズルが多くてステキ。3Fはステップアウト。シットスピンはちょっと腰が高いような・・・。1Loの後に2A+2T、ちょっと疲れてきたかな。3SはOK。サルコウが得意なんですね。コレオシークエンスの後2A+2T。コンビネーションスピン。ちょっと残念そうな顔。でも、まずまずの出来だったのでは。200.73

アレクサンダー・ジョンソン。ピーター・ガブリエル「In your eyes」。3A+2Tは成功。続く2Aは3Aを予定していた感じ。3Lz+1Lo+3Fも成功。ステップはスケートが良く伸びますね。素晴らしい。シットスピンのポジションも素晴らしい。2A+3TもOK。スパイラルをはさんで3Lo。3Fも流れがあります。3Sからコンビネーションスピン。コレオシークエンスもスケーティングが気持ちいい。1Aになってしまったのは残念ですが(でも、2Aは3つ入れられないらしいのでこれで正解)、キャメルポジションからのコンビネーションスピンも素晴らしい。美しいスケートでした。233.39

ジョーダン・メラー。映画「ロミオ+ジュリエット」より。3A+2Tはちょっとバランスを崩しましたが回転は大丈夫。3Fもいいですね。3Lzのあと、シットスピン。ステップは難しそうだけど、もう少しスピードが欲しいところ。2AもOK。3Aも高さがありますね。3Loはステップアウト。キャメルスピンは回転が速い。3Lz+1Lo+3Sも成功。コレオシークエンスは曲にあってますね。3T+2Tも成功。コンビネーションスピンから最後のポーズまでの流れがかっこいい。225.85

ティモシー・ドレンスキー。「Sometimes I Dream」。スピンが上手と岡部さんイチオシの選手。最初のジャンプが1Aになってしまいました。幅はあったのですが。3Aもステップアウト。3Lzは片手をあげて。コンビネーションは確かに美しい。ステップも身体の使い方が優雅ですね。身のこなしはトップ選手のそれですね。あとはジャンプか。3A+2Tをつけましたが、途中で両足をついています。3Lz+2Tはなんとか。2A+1Lo+3Sは成功。イーグル、スパイラルは素晴らしいです。3FもOK。キャメルスピンも回転が速くて良いですね。3Loも大丈夫。最後のコンビネーションスピンも美しかったです。やっぱりジャンプですね。3Tが入ってないのも残念ですね。228.76

アンドルー・トルガシェフ。クィーン「ボヘミアン・ラプソディ」。衣装が謎。3Aはちょっとランディングが乱れました。4Tはなんとか。3F+2Tはランディングはよかった。キャメルスピンも回転が速いです。なんか、フレディの声が入ったり消えたりするのが気になる。ステップはもう少しスケートのなめらかさが欲しいですね。1Loがもったいない。3Lz+2Tのあと、シットスピン。3Loも成功。2A+1Lo+2S、3Lz。コレオシークエンスはもう一つ。コンビネーションスピンでフィニッシュ。選曲が違う方が良かったんじゃないかな。15歳、これからが楽しみですね。225.35

ジェイソン・ブラウン。マイケル・ナイマン「ピアノレッスン」より。3A+2Tはきれいですね。3AもOK。キャメルスピンは見事なポジション。ステップも緩急が自在で見ていて一緒に滑っているような気持ちになります。3F+3Tは素晴らしいジャンプ。コンビネーションスピンも見事。流れるようなスパイラルのあとに3Lz。2Aも成功。再び2A。コレオシークエンスもスパイラルとバレエジャンプ。3Loもきれいですね。2Lz+2Tになってしまい、また間にターンが入ったので2Tがノーカウントなのがもったいないですが、その後のコンビネーションスピンの複雑なこと。これから「ピアノレッスン」と言えばジェイソン・ブラウンを思い出しますね、これは。素晴らしい!!点数とかじゃない。254.23

グラント・ホッホスタイン。歌劇「道化師」より。4Tはステップアウト。3A+2Tはフェンスの近くでしたが成功。4T+2Tも成功。ステップも叙情的でステキ。キャメルスピンもなかなかのスピード。3Aは手を付いてしまいました。3Lz+1Lo+3SもOK。シットスピンもいいですね。3F、3Loも成功。3Lzは着氷した後がかっこいいですね。イーグルもかっこいいコレオシークエンス。コンビネーションスピンまで迫力がありました。248.31

ロス・マイナー。「クイーン・メドレー」4Sは成功。3Aは跳ぶ前にバランスを崩してしまいました。3Lz+3TはOK。ステップは上手いですね。イーグルからのシットスピンも素晴らしい。3Aは転倒。3LoはOK。コンビネーションスピンも回転が速い。2Lz+1Lo+2Sになってしまいました。ミスが多いなあ。3Fは跳ぶ前が難しいですね。コレオシークエンスも曲想にあってます。イーグルの後2Aの流れはかっこいい。コンビネーションスピンもかっこよかったんだけどだけど・・・ジャンプミスが多かった。でも、ロス・マイナーの上手さは伝わりましたよ。240.34

ネイサン・チェン。「ダッタン人の踊り」4Lz+3Tは見事。優勝は決まりました。4FもOK。イーグルからの4T+2T+2Loも簡単に。4Tもきれい。コレオシークエンスも魅せますね。3Aも入りました。4Sのあと、3Lz。なんなの。3F+3Tときて、キャメルスピン、コンビネーションスピン。もう、ここから立ってても良いと思う。なのにステップシークエンスも疲れ知らずか。最後のコンビネーションも素晴らしい回転。頭がおかしくなりそう。318.47。すごいね。フリーだけで4回転5本時代の到来ですね。3本で凄いといってた時代がもう過去に。

ヴィンセント・ジョウ。映画「カサブランカ」より。3Lzは途中で降りてしまいました。4S+3Tは成功。3A+2TもOK。シットスピンの回転も速い。コレオシークエンスのスケートの伸びも素晴らしいですね。4Sも成功。3Aはちょっとランディングが乱れました。3FもOK。キャメルスピンもきれい。ステップも上手。3LoもOK。3Lz+1Lo+3Sのルッツは両手を上げて。コンビネーションスピンもポジションが多彩。良い選手ですね。この人も16歳ですか。263.03

○最終順位
1 チェン回鍋肉
2 ジョウ豚肉の黒酢炒め
3 ブラウン麻婆茄子
4 麻婆ホッホ
5 マイナー青椒肉絲
6 ジョンソン棒々鶏

1位はフィギュアスケートの歴史を塗り替えるネイサン・チェンさん。ああ、プルシェンコさんが元気な15年前くらいに出てきて欲しかった。すごすぎです。これに比べると地味ですけど、ヴィンセント・ジョウも4回転2本入ってるんですよね。スゴイ選手です。

でも、ネイサン・チェンとヴィンセント・ジョウはホントに凄いんだけど、ジェイソン・ブラウンの素晴らしさを愛でたい。ここしかもう見る機会ないんでしょうか。「ピアノレッスン」は「リバーダンス」に劣らないマスターピースなので、来年も続けて欲しいです。そしてホッホさんも良かったんですけど、ルッツがノーカンなのはなぜですか。分かりませんでした(→くりかえしは2回転でもだめなんですね、3A2回、2T2回だったため、3Lzがノーカウントになったみたいです。なんたる悪ルール!全然ルール改正についていけてなくてすみません)。

マイナー、ジョンソンは美しいスケーティングが持ち味の選手で素晴らしかったんですが、ジャンプで高得点が積めないと難しい時代ですね。マイナーはジャンプミスが多すぎました。ジョンソンは3Aが揃うようにがんばってください。

One Comment

  1. Disney 鴨 より:

    こんにちは。
    富井副部長も、先刻ご承知のように、結局、ネイサン選手は、4大陸選手権で、国際戦SP100点クラブだけではなく、FS200点クラブと総合300点クラブにも入りましたが、この国内戦の勢いを、4大陸選手権に持ち込むことが出来た結果のように思います。また、ネイサン選手は、国内戦と4大陸選手権の両方で、ネイサン事件を起こしたことになりましたね。

コメントしてください