フィギュアスケート世界選手権2017(3):男子シングルSP

オリックが強い・・・富井です。もうそろそろクライマックスシリーズやってもいいんじゃないでしょうか。今月はもう勝ち越しが決まったそうです。まじか!

さて、フィギュアスケート。男子は録画に失敗したのもあってグループ4から。ケビン・レイノルズはフリーで見られるから良いとして、フィリピンのマルティネスが見られないのは痛恨。でもしかたない。お、リンクサイドにランビエールが。実況は小林さん、解説は杉田さん。

ラトビアのデニス・バシリエフス。「ブードゥー・チャイルド」ランビエールはバシリエフスのコーチだそうです。でも、まだランビエールの方が点が出そう。でもスケーティングがかっこいい。大きな3A。3Lz+3Tもいいですね。コンビネーションスピンはコーチの筋の良さを感じます。3Fはまずまず。でもその後のキックがかっこいい。ステップもかっこよさをよく分かっている振り付け。キャメルスピンもポジションがかっこいい。シットスピンも仏像みたいでいいな。カメラが遠いのが残念。81.73

ベルギーのヨリク・ヘンドリクス。「Broken Vow」3Aは待ちが長いけど良いジャンプ。個性的な足換えのシットスピン。回転の速いコンビネーションスピンも素晴らしい。3Lzは転倒。3Lo+2Tも3Tが付けられませんでした。でもジャンプ以外は上手になってます。ステップはとても柔らかいスケーティングで素晴らしいですね。キャメルスピンも回転が速い。ああ、もったいなかった。73.68

イタリアのマッテオ・リッゾ。「マラゲーニャ」リギーニの代役だそうです。18歳。3Aはステップアウト。3F+3Tもちょっと流れがありませんでしたな。キャメルスピンは普通。3LzはOK。シットスピンは回転が速い。ステップは曲のテンポアップに合わせていい感じです。コンビネーションスピンも回転が速くていいですね。うーん、ちょっと残念な出来だったでしょうか。でも、いいところもいっぱいありました。63.14

田中刑事。初出場なんだ。「ブエノスアイレスの春」4Sは転倒。ちょっとスケーティングが重いような気がします。3Aはランディングはもう一つだったけど成功。シットスピンは素晴らしいですね。キャメルスピンもOK。3F+3Tも手をついてしまいました。ステップはかっこいいですね。全身の使い方が素晴らしい。ここらへん、高橋大輔の影響を感じます。まあ、日本の男子選手はだいたい高橋大輔になりたい雰囲気がありますよね。いいことです!(でも、ホンダバンになりたいBOYも見たいですが)コンビネーションスピンもいい。73.45

フランスのシャフィック・ベセギエ。「It’s a man’s world」衣装がいつも滑りにくそうだと思うのですが。4T+2Tになりましたが成功。3Aも成功。キャメルスピンのポジションがかっこいい。3Lzも成功しましたが、ちょっとステップが簡単だと杉田さん。コンビネーションスピンも素晴らしい。ステップはビートに合わせて情熱的。シットスピンも個性的で良いですね。78.82

ウズベキスタンのミーシャ・ジー。リスト「愛の夢」慎重な3Aはバランスを崩しましたがちゃんと立ちました。3Lz+3TもOK。コンビネーションスピンはキャメルのリバース。美しい。3Fもなんとか成功。シットスピンもいいですね。ステップになると急に情熱的に。最初の方静かに見せているのではっとさせられます。コンビネーションスピンの回転も素晴らしい。うーん。いい作品ですね。スタンディングオベーション。余計なことをしない美を感じました。これが最後のシーズンなんて言わないで欲しい。ピカチュウがミーシャ・ジーの衣装を着てます。79.91

なんとまだ、ケビン・レイノルズが1位。お、マイケル・クリスチャン・マルティネスもぎりぎりでフリーに進むことが決まりました。やったー。
グループ5。なんだ、このグループ。金博洋とネイサン・チェンが同じグループなんて。

ロシアのミハイル・コリヤダ。「ナイチンゲール・タンゴ」4T+3Tは高いですね。3Aも素晴らしい。シットスピンも永遠に回ってそう。3Lzも素晴らしい飛距離。ステップもサーカスのような楽しさ。足換えのキャメルスピンも回転が速い。コンビネーションスピンも素晴らしいな。さすがロシアのエース。ガッツポーズでフィニッシュ。93.28

中国の金博洋。映画「スパイダーマン」より。スパイダー衣装。4Lz+3Tは軽々ですね。キャメルスピンもいいですね。3Aもすばらしい。高さのある4T。シットスピンも回転が速いな。コンビネーションスピンもポジションが多彩。身体を大きく使ったステップで会場を沸かせます。バレエジャンプも高いですね。最後までエンターテナー。98.64

カザフスタンのデニス・テン。プロコフィエフ「ロミオとジュリエット」4Tは着氷した姿勢がきれい。3Lz+3Tも成功。キャメルスピンも姿勢が美しい。3Aはやや姿勢が曲がりましたが成功。ステップがすごくモロゾフっぽいですね。ああ、ローリー・ニコルに戻って・・・。シットスピンも完璧。コンビネーションスピンも素晴らしい・・・のですが、ちょっとトラベリングがあったかな。90.18

アメリカのネイサン・チェン。バレエ「海賊」4Lz+3Tは最初のジャンプの着氷がもう一つだったのにセカンドを付けました。すごい。4Fは高さも幅も完璧ですね。キャメルスピンもいいですね。すごくバレエの雰囲気がありますよね。イーグルからの3Aは転倒。もったいない!シットスピンの後のポーズもバレエダンサーみたい。ステップのみのこなしもステキですね。コンビネーションスピンの回転も素晴らしい。でも、転倒したので渋い顔。97.33。転倒があってもこの得点か!すごいな。

イスラエルのアレクセイ・ビチェンコ。「チェンバーメイド・スゥイング」」3Aの着氷した姿勢がかっこいい。4T姿勢が美しい。コンビネーションスピンはもう一つかな。3F+3TもOK。キャメルスピンも難しいポジション。ステップがビートにあってて良いですね。シットスピンの回転とビートがあってて素晴らしい。最後のポーズがオシャレ。85.28

チェコのミハル・ブレジナ。「The way you look tonight」3F+3Tは高さもあって美しいジャンプ。3Aも高くて大きなジャンプ。キャメルスピンのポジションもきれいですね。3Lzは着氷で手をついてしまいました。ステップもショウのようにかっこいいですね。シットスピンも良い回転。コンビネーションスピンも回転が速いのですが、キャメルポジションになったところでややバランスを崩してしまいました。あれはどうかな。80.02

羽生結弦。すごい人気ですね・・・。プリンス「レッツ・ゴー・クレイジー」イーグルから4Lo。すごい。4Sはかなり滑った後に2Tを跳び、コンボ扱い。キャメルスピンは素晴らしい回転。手拍子がずっと鳴り止まなくてロックコンサートみたい。3Aは完璧。シットスピンもすごい回転速度。ステップはスケートの扱いが自由自在。ジャッジを挑発。観客も煽った後に。コンビネーションスピン。ミスがあっても忘れさせる。すごい。リンクに投げ込まれる花とぬいぐるみがえらいことに。もうフラワーガール&ボーイもどうしていいやら。98.39。なんとはじめるのが遅くて減点1。

宇野昌磨。「ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジー」完璧な4F。4T+3Tもすごい良いジャンプ。キャメルスピンも素晴らしいですね。足換えのシットスピンも素晴らしい。イーグルからの3Aは幅がすごい。こまのように跳んでいきました。ステップも良くコントロールされている。コンビネーションスピンも多彩なポジション。隙が無い。104.86

ロシアのマキシム・コフトゥン。ウォームアップ中に左膝を痛めたようですが、出場してきました。「バハムート」ヒッチハイクのマイムから。4S+3Tは成功。4Tは転倒。キャメルスピンはきれい。おもしろポーズがいろいろ合った後、3Aは成功。コンビネーションスピンはまずまず。ステップはもう少しスピードが欲しいかなあ。宇野くんの後だしな。シットスピンは足換えのジャンプが入っててかっこいい。89.38

スペインのハビエル・フェルナンデス「マラゲーニャ」完璧な4T+3T。4Sも素晴らしいですね。あまりに簡単に跳んでいるので3Sみたい。すぐにアップライトスピン。3Aも着氷した後のポーズがすばらしい。コンビネーションスピンの後、シットスピン。それからステップ。魅せるフラメンコ。文句のつけようがないですね。109.05

カナダのパトリック・チャン。額がやや心配になってきました。「ビートルズメドレー」4T+3Tは完璧。3Aも成功。シットスピンもずっと回ってそう。ステップはやっぱり世界で一番上手いかも。3Lzも飛距離が素晴らしい。キャメルスピンもすばらしい。コンビネーションスピンもポジションが変わっても回転が全く落ちないんですね。うーん、すごい。でも・・・ちょっとプログラムが地味なんですよね。この人もローリー・ニコルに振り付けてもらえばいいのになあって思うんですけど。102.13

アメリカのジェイソン・ブラウン。映画「スペクター」より。3Aは高さがあって美しいですね。3F+3Tもすばらしい。シットスピン、キャメルスピンと続けますが、どちらもすごい。特にキャメルの最後のポジションは見事。3Lzも流れのあるジャンプ。ステップはスピードの緩急が自在。コンビネーションスピンも身体の柔らかさが生かされた美しいポジションでしたね。93.10

○SPが終わっての順位(業界風に?)
1.ハビちゃん
2.宇野ちゃん
3.パトちゃん
4.金ちゃん
5.羽生さん
6.ネイさん
7.コリヤダくん
8.ジェイさん

1位のフェルナンデスは何も言うことないぐらい完璧でしたね。4回転2回入ってあれだけ滑ったらそりゃ、1位です。2位の宇野は4Fも見事にやはり4回転2回。すごい成長の仕方ですね。そして3位はパトちゃん。4年前なら4回転1回入れば確実に1位だったんですが、時代が変わりましたね。でも、改めて滑りが上手いなと思い知りました。ここまで100点越え。

4位は金博洋。4Lzと4Tが入って素晴らしい演技でした。5位が羽生。世界選手権なのにすごい人気でしたね。フィンランドでもあれだけ花とぬいぐるみが投げ込まれるのに驚きました。6位はネイサン・チェン。4Lzと4Fが入りましたが、3Aの転倒が痛かったですね。

7位のコリヤダくんと8位のジェイソン・ブラウンはノーミスだったんですが、コリヤダくんは4Tを1回、ジェイソン・ブラウンは4回転無しでこの順位。

4回転もトーループやサルコウじゃなくてその他のジャンプをばんばん跳んでるのがすごい。しかもジャンプしかないっていう人がいないのもすごい。フリーはどうなるんだろう。

One Comment

  1. Disney 鴨 より:

    こんばんは。
    ケヴィン選手は、SPで、12位以内に入ったので、富井副部長様の仰るように、私も、FSは放送があると思っていました。予想通り、ケヴィン選手のFSは、地上波では、放送されましたが、今年に入ってから、ケヴィン選手のスケートが、TV放送されたのは、これだけでしたね。また、ミーシャ選手は、今シーズン限りで引退すると宣言されていましたが、五輪まで、あと1シーズンなので、引退を平昌五輪まで延ばして欲しいです。
    ところで、ゆづが、5位スタートというのは、びっくりポンでしたが、これが、五輪本犯でなかったことは不幸中の幸いだったように思います。また、ゆづが4Loを、ネイサン選手が4Fを飛んだことで、今回の世界選手権では、SPで、4回転ジャンプが遂に、世界選手権史上初めてTからLzまで勢ぞろい。ついこの間まで、SPで飛ぶ4回転は、Tが相場だったことを考えれば、4回転を巡る状況が、格段に進化しましたよね。

コメントしてください