カーリング女子日本代表決定戦 第1戦 LS北見 .vs 中部電力

ちょっと目を離してるとオリックがいい戦いをするなと思うマイク松ですこんにちは。今日はスギモトとかいう小いもがプロ初ヒットが先頭打者ホームランだったらしいです。でも心細かった心境は小いもらしくていいですね。早く発芽して。あとラクテンがすごい弱くなってる。

さて、9月ですがもうカーリングにとっては大一番、カーリング女子のオリンピック日本代表決定戦が始まりました。5戦して3戦したら決まります。毎日いい試合がみられるのはいいのですが、2チームとも出られたらいいのにといつも思います。

今日は第1戦です。

カーリング女子日本代表決定戦、第1戦。実況は、解説は敦賀さん、石崎さんのダブル解説。

LS北見は吉田妹、鈴木、吉田姉、藤澤の世界選手権シフト。中部電力は石郷岡、北澤、清水、松村のシフト。中部電力は松村に似たねこのマスコットをみんなもってますが、あれは中電のマスコットでした。

第1エンド、石郷岡の1投目はスルーしてしまいました。吉田妹の1投目はコーナーガード。まだ両チームとも探り合いですね。鈴木のテイクショットに対して北澤のドローはなかなか正確ですね。サイドですが中部電力のストーンがたまってきた。しかしLS北見のストーンをうまく出せず、2点パターンになりましたが、自分のストーンを残せず1点止まり。

すごいストーンが曲がってる。そういうアイスセッティングになってるみたい。本番用。

第2エンド、吉田妹はいいところに置いてきた。石郷岡のコントロールもできてる。どっちがコンディションをおさえてきてるか。鈴木は序盤から安定してますね。中央付近のストーンをめぐる展開。吉田姉がうまくヒットロールして回り込みましたが、清水もプロモーションテイクアウトで応戦。しかし松村のショットがスルーしてしまい、LS北見はスティールのチャンス。中部電力は失点を最小限にするショットで、LS北見が1点スティールしました。ドローウェイトはLS北見がよくつかんでるか。

第3エンドは最初からテイクテイクの展開。アイスリーティングのエンドにするつもりか。テイクテイクでいって、最後はブランクエンドになるはずが、1点とってしまいました。

第4エンド、吉田妹のストーンが不思議なところにいって、それをテイクする展開に。サードで両方のストーンが出てしまい、後ろに回り込む展開に。最終的にはブランクエンドになりました。

第5エンド、中部電力は何かをかんでセンターガードになってしまい、LS北見はそれに当てられずスルー。北澤がプロモーションテイクアウトでいい形にもっていきました。センターガードを作ってはずす展開。入った中電のストーンをテイクできずスルー。それから奥の方でテイクテイクになります。めまぐるしい展開。最後はLS北見は1点とりました。ほんとはブランクにしたかったですかね。前半終わって中電 1-3 LS北見。慎重なゲーム運びでしたねー。

第6エンド、ガードに引っかかったりして、ハウスの前にガードがたまってくる。北澤がダブルテイクアウトを決めてる。まだ100%。ガードの後ろのハウスの中のストーンをめぐる展開に。LS北見のストーンがたまる一方、中電のストーンがガードにかかります。藤澤はスティールを狙います。狙い通りのところにおいて、中電にドローを強いる展開。ガードに当たってしまい、LS北見が4点スティールしました!ビッグエンドになってしまいましたねー。

第7エンド、LS北見はきれいな展開にするべくテイクテイク。中電はストーンをためたいです。なかなかそうはいってもたまらない。LS北見はナンバーワンを作りに行きますがひっかかり、2点パターンを中電はとりにいきますが、余裕でガードにかかってしまいました。LS北見が1点スティール。この大会は8エンドまではコンシードできないらしい。

第8エンド、LS北見はクリーンな展開。しっかり確実にテイクしていってます。しかし藤澤の最後のストーンがガードに当たってしまいました。これで2点とれたかなと思ったら、うすく当たってしまってかえって1点スティールされてしまいました。ここで中電がコンシード、中電 1-9 LS北見。

LS北見が普段通りのカーリングができた感じですが、中電もなかなか負け方が悪いという感じですね。しかも結構がまんくらべの展開でもじりじりミスを最小限にできたLS北見は強さが増してる感じ。中電は次の試合がポイントになりそうです。がんばってほしい。

コメントしてください