♪そのプレーに リクエースト セーフやろと リークーエーエースト

ショーさんが残留を表明しました。胸を張ってFAできるような成績を出したいですよね。でもハムでがんばってくれるのがとてもいいのですが。ともかくうれしいマイク松ですこんにちは。

さて、MLBではチャレンジという制度があり、プレー中の判定に対して検証を求めることができます。もともとNFLの制度でしたが、MLBも導入してました。

プロ野球でもホームランやホームのクロスプレーとかでリプレー検証が行われますが、あくまで審判が認めたときだけでした。これがMLBばりのチャレンジ制度になって導入されるそうです。でも名前が違うんですよね。

リ ク エ ス ト

涙のリクエストみたいですが、アメリカ版と同じく、2回失敗するまでチャレンジでき、延長に入ると1回追加されるそう。ストライクボールとか適用しないプレーもあるそうです。

MLBの場合は球場ごとにたくさんのチャレンジ用のカメラが設置され、判定の判断はニューヨークにある判定センター的なところが行います。でも日本はテレビ映像で実施され、よくわからないときは審判の判断に任せるそうです。このあたりがなんとも中途半端ですね。うまくいけばいいのですが。

あとチャレンジのサインは両手指で枠を作るみたいなやつだそうです。かっこよくやる人もいれば、くちで伝える人もいるでしょう。どうするかも楽しみ。

ところで涙のリクエストですよ。昔から思っていたのですが、結構不思議な歌ですよね。僕もよくラジオ聴いてますが、今のリクエストはメールとかファクスとかツイッターとかで行うようです。もちろん電話でもできるようですが、涙のリクエストはミッドナイトDJとやらに公衆電話から電話してるようですね。

最後のコインってなんなんでしょうか。小銭をもってないのか、そもそもおかねをもってないのか。やっぱり祈りを込めるとなればミッドナイトDJとやらにかからないこともあるのかもしれないですよね。あれですかね、WOWOWの解約時とかにある、電話はかかってるけど「ただいま非常に混雑しております」みたいなメッセージが延々と流れて小銭がなくなってるんでしょうか。

ダイヤルまわしてあの娘にまだ好きだよと伝えるのはいったい誰なんでしょうか。ミッドナイトDJなんでしょうか。

「富井さん?どーもミッドナイトDJですー。あのですね、リクエストがありまして、ラジオネーム地蔵戦士オガンダムさんから、まだ好きですよ、とのことですー。じゃあ曲いきましょうか、地蔵戦士オガンダムさんからのリクエストで、『狩りから稲作へ』

こういうことなのかと思いましたが、富井はまず「ラジオネームが悪すぎて、そいつだとわかったとしてもメッセージが伝わらなさすぎるよ、なんだよ地蔵戦士オガンダムって」とひとしきり説教したあとで、「歌に思いを託してリクエストするんだよ、メッセージは歌に込めるんだよ」といっていました。さすが古い人間。

トランジスタのヴォリュームあげて2人で踊ったのはラジオからの音楽で踊ったってことですかね。カセットテープ使えよって思いますが、トランジスタがラジカセを意味しているのかもしれないですよね。あと2番では新しい彼氏にふられたらその同じ音楽をリクエストすれば迎えにいくといっています。その曲が賛美歌13番なら完全にゴルゴ13ですね。ラジカセから賛美歌13番をかけて二人で踊るのは難しそうですが。

あと今だと「オレの贈った 銀のロケット」というとロケットマンのミサイルかな?などと思ってしまいます。

ともかく来シーズン実際にリクエストが起こったら、5分間検討する時間があるそうなので、その中できっと検討中に涙のリクエストを流す球団が出てくるでしょう。その時に備えて、みんなで手を回すポーズを練習しておいてください。よくわからない人は年配の人に聞いてくださいね。

コメントしてください