フィギュアスケートグランプリシリーズ2017 NHK杯(2):男子シングルSP

また月曜日が来てしまいました、富井です。フランス杯?なんのことやら・・・解説はホンダバンさん、実況は鳥海さん。なんと、羽生結弦が怪我のために欠場してしまうことになりました・・・まあ、日本国民全員知ってますね。パトリック・チャンも欠場しているため誰が優勝するのか混沌としています。順当に考えるとジェイソン・ブラウンですが。

佐藤洸琳。岩手大学4年生。NHK初出場。おお、結構苦労人ですね。「シルク・ド・ソレイユ」より。3Aは成功。4T+2Tも成功。すごいね。フライングキャメルスピンは回転がゆっくり。ステップシークエンスはカメラの撮り方が悪いけど躍動感がある。すごく身体の使い方が上手ですね。3Lzも何とか着氷。足換えのシットスピンは最後のポーズが忍者っぽくて良い。コンビネーションスピンもOK。素晴らしいですね。トリノオリンピックの頃なら間違いなくもっと国際大会にも出てたんだろうな。なんせ、今は男子の層が厚いから。75.95

友野一希。大阪が地元。「ツィゴイネルワイゼン」4Sは着氷がやや乱れたものの、成功。3F+3Tは安定感があります。シットスピンはまずまず。ステップシークエンスはステップが速いですね。ちょっと羽生結弦っぽい。上手いところをみんな次々受け継いでいきますね。フライングシットスピンもポジションがきれいで回転が良い。3Aは流れのある良いジャンプ。コンビネーションスピンは回転が速い。これは良いスピン。最後までスケートの流れが途切れませんでしたね。ガッツポーズをみせる友野。79.88

カナダのキーガン・メッシング。「雨に唄えば」4T+3Tは1つめのジャンプでやや体勢を崩したのに見事。でも、3Aで転倒。残念。フライングキャメルスピンは回転が速い。イーグルも美しい。足換えのシットスピンも回転が速くて素晴らしい。ステップシークエンスもターンが沢山。さすが上手ですね。3Lzは跳ぶ前の構えがちょっと長くないかな。コンビネーションスピンはOK。うーん、転倒がもったいない。80.13

カナダのナム・ニューエン。「虹の彼方に」4Tは転倒。跳ぶ前の姿勢が気になるな。4Sもちょっと前に重心がかかりすぎのような気がします。フライングキャメルスピンは上手。3Aは良いジャンプ。足換えのシットスピンもOK。ステップシークエンスも片足で滑るところとかが上手なんですけどね。コンビネーションスピンもポジションが個性的。まだ身長が伸びてから対応出来てないのかな。もう180センチぐらいあるように見えますよね。65.82

チェコのミハル・ブレジナ。「鼓童」より。4Sは転倒。3Aは幅も高さもある美しいジャンプ。フライングシットスピンも回転が曲のテンポに合ってて気持ちが良い。足換えのキャメルスピンもポジションが美しいです。3Lz+2Tは慎重でした。ステップシークエンスは躍動感があっていい。コンビネーションスピンも回転速度が素晴らしい。最初の転倒がもったいないな。76.24

ロシアのセルゲイ・ボロノフ。不思議な衣装の30歳。「アディオス・ノニーノ」4T+3Tは高い。慎重な3Lzはちょっとステップからではないのでは?フライングキャメルスピンはまあまあかな。背中が硬い。3Aも高さがある。コンビネーションスピンもポジションが多彩。ステップシークエンスはツイズルが上手。途中よく分からないポーズが沢山入るけど、足換えのシットスピンまで流れが途切れません。おー、ノーミス。90.06。へー、高い!やっぱりジャンプが良かったからだね。

ラトビアのデニス・バシリエフス。オペラ「トスカ」より。3Lz+3Tは優雅。3Aは一度着氷したのですが、転倒。足換えのキャメルスピンは美しいポジション。3Fもステップから。いいですね。コンビネーションスピンもパッと止まるところがかっこいい。ステップシークエンスはドラマチックでランビエールを彷彿とさせます。曲に良く合ってますよね。個性的なフライングシットスピンも。このスピン、今シーズン1番好きなスピン。オペラに良くあった高級感漂うプログラム。素晴らしいです。そしてリンクサイドのランビエールさんが最高にかっこいいです(いつもいってるな、これ)76.51

ロシアのドミトリー・アリエフ。18歳。「仮面舞踏会」4Lzは転倒。4T+2Tは成功。フライングキャメルスピンは美しいポジション。3Aは手をついてしまったかな。足換えシットスピンは上手。ステップも上手なんだけど、この曲って常にワルツを刻んでないとちょっと残念に見えるんですよね。コンビネーションスピンはちょっと疲れた感じ。77.51

アメリカのアダム・リッポン。おお、リッポンここに出てたのか!メイクが濃い。「Let me think about it」得意そうな曲だ。3F+3Tは流れのある美しいジャンプ。3Aは軸が歪んだように見えたけど成功。バタフライからのフライングキャメルスピンはさすがに上手。曲のアクセントの付け方が上手い。3Lzも何とか成功。足換えのシットスピンは回転速度が速い。ステップシークエンスも全身の使い方が上手い。ダンサーだね。コンビネーションスピンも姿勢の美しいこと・・・と思ったらバランスを崩してしまいました。でも最後のポーズがドラマチックだからわざとだったのかな。84.95

イスラエルのアレクセイ・ビチェンコ。衣装がちょっと素朴すぎますがどうなんだろう。「Hava Nagila」3Aは高さがあります。4Tは美しいジャンプ。コンビネーションスピンは姿勢が中途半端なポジションが・・・大丈夫なのかな。3Lz+3Tも流れのあるジャンプ。フライングキャメルスピンもOK。ステップシークエンスも曲に合わせて面白い。伝統舞踊の曲なのかな。衣装もそういうこと?シットスピンはもうちょっとかな。85.52

アメリカのジェイソン・ブラウン。ミュージカル「ハミルトン」より。3Aは良いジャンプだったのですが、ステップアウト。スピードのあるスケーティングからの3Lzはきれい。フライングキャメルスピンもポジションが美しいし回転も速い。きゅっと速度が増すところとか。足換えのシットスピンも回転が素晴らしい。見事なバレエジャンプのあと3F+2Tはセカンドジャンプが残念。ステップシークエンスも片足で滑るところとか高く上げた足とか美しい。コンビネーションスピンの回転のドラマチックさよ!すごい。目が離せない。身体のラインが美しい。ジャンプが残念だったなあ。ハグしてもらおうとフラワーボーイズ&ガールズが順番待ち。85.36

○SPを終えての順位(うどんにちなんで)
1.ボロノフおぼろこんぶうどん
2.ビチェンコ味噌煮込みうどん
3.ジェイソン・ブラウンきつねうどん
4.リッポンかきあげうどん
5.メッシング肉うどん
6.友野卵とじうどん

1位はボロノフ。・・・ボロノフ?本当に??ジュニアから期待の新星として上がってきて、20代前半から中盤ぐらいで成績が低迷して晩年に成績を上げるロシア男子(一部)の典型的なキャリアの積み上げ方。そうなんだね、まさかここにきて1位とはね。すごい。でもジャンプも高くなってるし、ロシア男子に立ちはだかるボロノフ兄さんの壁や!かっこいい。

さて、2位はビチェンコ。相変わらず上手だったけど、スピンがもうちょっと上手くなればいいのにな。でも、ジャンプの流れの美しさは世界指折りだと思います。3位はジェイソン・ブラウン。連続ジャンプで2回転になったのが残念。でもあのプログラムはやっぱりすごく個性的。フリーで巻き返して。

4位がリッポン。あ、この路線なのね。なんでもやれるから観客を味方につけるプログラムを選んだんですね。最後の謎転倒以外はよかった。5位はキーガン・メッシング。もっとできそうなのに、ジャンプが揃わないのが残念。ボロノフ兄さんみたいに遅咲きの大輪を咲かせて欲しい。6位は友野。がんばった。羽生結弦的ステップシークエンスが素晴らしい。日本男子も粒ぞろい。

コメントしてください