ぴょんちゃんオリンピック:ミックスダブルスカーリング決勝 カナダ vs. スイス

ポプテピピックのアニメが話題になっているそうですが、最近やっとみたマイク松ですこんにちは。まさかAC部がからんでいたとは。相変わらず独自すぎる道を歩んでいて最高でした。

ミックスダブルスカーリングは決勝。いい試合期待したいです。絶対いい試合になるけどね。

ミックスダブルスカーリング決勝、カナダ vs. スイス。実況は塚本さん、解説は敦賀さん。

カナダはローズとモリス、スイスはペレとリオス。両方とも世界選手権で優勝経験あります。強い。

第1エンド、のっけから両チームミスがない。すごい。カナダは大量点をとる配置にしていきます。さすがモリス。もうスイスは相手に2点はしょうがないというガードストーン。カナダもどう攻めるかなと思ったら、ラストストーンはわざとスルーさせました。カナダ2点。ミックスダブルスカーリングならではですね。

第2エンド、フリーズの連続で惑星直列みたいになったが、モリスのテイクショットでストーンが散らばった。スイスはダブルテイクからピラミッドの形にして強いナンバーワンを作る。お互いにストーンを出し切れず、スイスが結局2点とりました。

リオスもモリスもすでに汗だく。

第3エンド、中央のナンバーワンをめぐる争い。カナダがモリスのショットとローズのスイープでいい配置を作ったのに対し、スイスはリオスがテイクショットをスルーさせてしまいました。1つずつ残してカナダはナンバーワンからナンバーファイブまでもってる。スイスはストーンを減らしますが、カナダがそのスイスのストーンを出して4点とりました!ローズのスイープ力もありますね。

第4エンド、スイスは早くもパワープレイ。さすがいいタイミング選びます。両方ともフリーズを狙っていきます。しかしわりとクリーンな展開に。リオスの調子がよくなくて、自分たちのストーンをなくしたりしてます。それに対してカナダはコーナーガードの外をまわってスイスのストーンをテイクしました。まじか。スイスは1点とるしかなかったです。カナダ強い。

第5エンド、中央に強いストーンを作り合う形。スイスもいい形をつくるのですが、カナダがショットの精度が高い。モリスのショットはちょっとだけストーンを押すだけなのに、どうにもならない2点パターンを作りました。スイスもなんとかできませんでしたが、カナダはラストストーンがうまくいかず2点どまり。3点いってたらおおごとだったですね。

第6エンド、カナダの序盤のミスでスイスは大量点をとりにいきますが、ハウス中央だけあいたスイスのストーンの中に2つ、ドローでカナダが放り込んできました。めちゃ難しい。スイスはタイムアウトをとって考えますが、ラストストーンは形を崩せず、カナダが2点スティールしました。ここでスイスがコンシード、カナダが勝ちました。モリスの腕めっちゃ太い。ローズを片手ホールドで抱き上げていました。ペアか。

最初から最後までミスの少ない試合でした。でも4点ビッグエンドがあってカナダに一気に傾きましたね。ローズのショットもスイープもよかったけど、決勝ではモリスの力を思い知りました。ミスがなかったです。おめでとうモリス!ローズ!

ミックスダブルスカーリングものすごいおもしろかった。点がばんばん入るけど、あえてスルーさせて無理しない戦略も必要だったり。日本でもはやっていくといいなと思います。

コメントしてください