ぴょんちゃんオリンピック:カーリング女子予選 日本 vs. アメリカ

ローソンのあきこちゃん、将棋に強くなる。Ponanzaを実装してむちゃくちゃ強いらしいですよ。この調子でいろんなキャラクターが将棋や囲碁に強くなる世界があるのかと思うマイク松ですこんにちは。

さて!いよいよ男女の4人制カーリングが始まりました。毎日がエキサイティング。1つ1つみていきます!

カーリング女子予選、日本 vs. アメリカ。実況は振動さん、解説は敦賀さん。

アメリカはハミルトン、ジェビング、ピーターソン、ロス。日本は吉田妹、鈴木、吉田姉、藤澤。

第1エンド、クリーンな展開かと思ったら最初からわりと攻めてきます。アメリカのテイクショットで自分たちのストーンが出てしまい、日本チャンス。藤澤のラストショットで自分たちの強いワンツーを作りました。アメリカのラストショットは短くて、日本が1点スティールしました。まじかー!

第2エンド、アメリカも日本もガードをおいて、短いショットとかで中央にストーンがたまりはじめました。日本はガードをおいて守りに来ます。アメリカはプロモーションテイクを狙いますがいまいちうまくいかない。がっちり守ってアメリカに無理なショットを強いる形ができました。ロスもがんばりましたが日本がまた2点スティールしました。すばらしい形ができましたね。

第3エンド、日本はハウス周辺に散らす形。アメリカはセンターガードの後ろにいこうとするがうまくいかない。アメリカも2ついれていきますが、藤澤のダブルテイクアウトで完全に1点とらせるパターン。しかしロスのストーンのウェイトが大きく、ピールにしてしまい、日本が3点スティールしました!スティールでビッグエンドって!

第4エンド、日本はクリーンな展開にして、アメリカは全然ストーンをためられない。日本はまた1点とらせるパターンを作りました。アメリカはようやく1点とりました。

第5エンド、アメリカは遠いところにガードをおきましたが、吉田妹がパーフェクトウィック。両方ともほんとにフェンスの手前までいきました。おまけに鈴木のダブルテイクアウトも決まった。強い。でもその次はスルー。強くなかった。でもアメリカはウェイトコントロールがうまくいかない。日本はガード後ろにおいて2点パターン。しかしアメリカもいいショットを入れてきました。1点でもとれればいい日本はきっちり1点。

第6エンド、日本は中に入れてきます。鈴木がさっきからスルーしはじめてる。大丈夫かな。でもやっぱり第6エンドだからか両チームともミスが多い。そんな中でも日本はアメリカに1点とらせる形を作りますが、アメリカが思い切った攻めをみせて、3点のビッグエンドを作ってきました!これはナイスチャレンジ!

第7エンド、日本はいい感じで真ん中をあけていきましたが、アメリカにいいところに入れられてアメリカが1点スティールしました。ハーフタイム以降流れが悪い。

第8エンド、なんだかすごいぎりぎり、ぎりぎりの勝負になった。何度も何度もメジャーしてもわかりませんでしたが、なんとか日本が1点とりました。これは大きい。

第9エンド、日本もあまり調子が戻らない中でなんとか1点とらせる形。アメリカも最後に勝負に出たが実らず、日本が1点スティールしました。ここでアメリカがコンシード。日本 1-5 アメリカ。

序盤のスティールによるビッグエンドでこれは楽勝かと思いましたが、後半は意外に苦労しましたね。でも強いのは確か。明らかにコミュニケーションはしっかりしてるし、この調子でいってほしいですね。

コメントしてください