ぴょんちゃんオリンピック:カーリング男子予選 日本 vs. ノルウェー

e-taxがうまくいかないマイク松ですこんにちは。書類は作れるのでやっぱり証明書の問題なんだろうか。週明けですね。あ!フォルス・スタート商会は申告する所得がありません。申告する所得がほしい。

カーリングは男子も始まりました。いきなり強豪ノルウェーとの対戦!がんばってほしいです。

カーリング男子予選、日本 vs. ノルウェー。実況は塚本さん、解説は敦賀さん。

日本男子は20年ぶりのオリンピック出場。奇しくもこの日は敦賀さんがオリンピックで最後の試合をした日なんだそうです。すごい。ノルウェーはウルスルード、ネルボール、スバエ、ペターソン。スキップのウルスルードはむちゃくちゃ男前です。日本は両角弟、山口、清水、両角兄のいつものメンバー。

はじめてノルウェーの試合を見た方は、なんだあの派手なズボンは!?という気持ちになるでしょう。あれが男子カーリング名物、ノルウェーチーム伝統のクレイジーパンツです。なぜ派手か、理由はわかりません。今年はよりわくわく感がすごい。キューティーハニーのバックに使われそうです。そして練習の時は違うパンツがあるらしい。

第1エンド、最初は両チームとも探り探りだが、徐々に中央のくっつけあいに変化。後攻のノルウェーに1点とらせるためにばっちりフリーズしました。ノルウェーのラストストーンはショートして1点どまり。

ノルウェーの選手はものすごい筋肉なのに顔は小さいと富井大喜び。僕には投げる前の姿勢がツェペリみたいに見える。「なっ!? 座ったままの姿勢! 膝だけであんなショットを、何者!?」みたいな。

はと美がいる!おおっ久しぶり!海外ではグレート・ピジョンといわれていると聞きました。完全に大物スパイみたいに扱われています。さもありなん。はと美だから。

第2エンド、お互いにストーンがスルーしてる。2エンドだからかな。そのうちアジャストしたノルウェーがダブルテイクに成功するが、両角兄のショットもうまく縦列駐車のように入り込みました。これで日本は1点。

でもさすが男子、スイープの力がすごい。明らかにのびてるような気がする。パワフルだ。

第3エンド、いつの間にかハウスの前にストーンがたまってきてる。ノルウェーは日本のハウスの中のストーンをプロモーションテイクで狙う展開。日本はガードしてきますが、ノルウェーがガードをはずしてきた。日本はスティールを狙う形にし、ノルウェーはウルスルードがテイクをねらいますが、日本が1点スティールしました。ノルウェーからスティール!

第4エンド、ガードの後ろをヒットロールで狙う展開、山口が最初に決めました。ノルウェーはガードをはずし、日本はガードをつくる。ウルスルードがついに日本のストーンをダブルテイクしましたが、日本はうしろに回り込みます。ノルウェーのラストストーンは少しだけのびてしまい、また日本が1点スティールしました。いい罠だった。

第5エンド、日本は1点とらせるパターンを作りに行くが、後方にストーンがフリーズ合戦でたまる展開。ノルウェーはうしろの方にフリーズしていくが、両角兄がリフレクションを利用してノルウェーのストーンを出しました。これはすごいショット。男子ならでは。ノルウェーは1点とるしかありませんでした。見事。

第6エンド、コーナーガードになった日本のストーンに対してノルウェーが後ろにまわりこむ。清水のショットは外にはずれたが、Bプランに切り替えてうしろのストーンをテイクする切り替えができた。チームワークありますねー。しかしプロモーションテイクがうまくいかず、ノルウェーが1点とらせる形にしました。ラストストーンはちょっとだけのびてしまい、ノルウェーが1点スティールしました。なんかあのラインすごいのびたな。

第7エンド、最初はブランクを狙っていたがそうもいかない感じに。お互いすごいスイープのパワー。ハウス中央のナンバーワンをめぐる戦いに。両角兄のプロモーションダブルテイクが決まりました。ノルウェーは難しいダブルテイクは1つだけになり、日本が2点とりました。

第8エンド、うまく日本は1点とらせる形をつくっているが、なんだかノルウェーの持ち時間が減ってきた。だいじょうぶかな。ノルウェーはダブルテイクアウトを阻止するポジションをとりますが、両角兄がスーパーショットでノルウェーのストーンを一掃しました。ノルウェーは1点とるしかなかった。

第9エンド、ノルウェーはスティールを狙うが日本はテイク。すぐノルウェーはフリーズを狙ってきます。日本はいっぺんは入れ替えただけでしたが、2回目でノルウェーのストーンをダブルテイク。ラストストーンで2点狙いますが、ぎりぎりで1点どまりでした。

第10エンド、日本は中に入れていき、ノルウェーはコーナーガードを使います。ノルウェーはタイムアウトをとって時間を節約。しかしそのあとのしょっとで何かにひっかかってホックラインをこえませんでした。これは痛恨。残ったストーンを日本がテイクして勝利。日本 6-4 ノルウェー。

強豪ノルウェーに勝ちました!最初からいい流れできてましたが、終盤になってもぜんぜん精度が落ちなかったし、アイスリーティングもばっちりでした。僅差の試合をよく制しました。見事です。

コメントしてください