芋から水耕栽培へ

最近、ねんざでレギュラーから外れてますが大谷翔平はやっぱりすごいですよね。チームメイトにはスペイン語のニックネームで「ホルヘ」とよばれているらしいです。もし、トラウトにニックネームをつけるとしたら「マスオ」だなと思っている富井です。プーホールズは何だろう・・・「プー太郎」かな?

さて、日本はゴールデンウィークに突入。オリックはSBとの南海×近鉄の関西クラシック対決からはじまりましたが、カードの初戦を初めて勝ちました。2戦目も増井に回またぎなんかさせなければ勝っていたはずで、今日の勝利と合わせて3連勝してもおかしくない、なかなか良いスタートをきりました。去年は5月から失速したので今年はこれからがんばってほしいものです。

ゴールデンウィークだけあって、本拠地開催ではいろんなイベントがあります。明日は内野席に限りますが、女性先着300人に「ほうれん草」をプレゼントなんだそうです。

ほうれん草?

不思議じゃないですか。なぜ試合の前にほうれん草を配るのか。
実はこれ、オリックスの農業事業の一つだそうです。水耕栽培でほうれん草、クレソン、ケール、ルッコラなど栽培しているのだそうです。

マイク松が「種いも球団」と言っていますが、本社は芋でなく水耕栽培を始めてたんですね。「狩りから稲作へ」じゃなくて「芋から水耕栽培へ」。球団も新しい栽培法を試して欲しいです。駿太秋冬、年中栽培や!

コメントしてください