ドラフトのオリック、今年はにょきっとな

ドラフト会議、見ました。富井です。
みんな大好き根尾くんは中日へ。運任せとはいえ、中日とはいいチームに入れましたね。どのポジションでも4月から1軍決定ですよ。与田監督も「一日も早くユニフォームを着て欲しい」と明日からでも来てくれみたいな口ぶりでした。そして、その根尾くんを外した日ハムが金足農業高校の吉田投手を単独指名というのもすごかった。北海道ではぜひ農業高校で培った技を見せて道民を沸かせて欲しいですね。

さて、余所は余所。うちはうちということでオリック。
小園選手は競合で外したものの、なかなかいいドラフトでした。なんといってもだいたいみんな180㎝ぐらいあるということです。特にオリックスの野手は175㎝よりも小さい選手が多いんですよ。それが今年は、

1巡指名 太田椋  181㎝
2巡指名 頓宮裕真 181㎝
3巡指名 荒西祐大 178㎝(左投手)
4巡指名 富山凌雅 178㎝(左投手)
5巡指名 宜保翔  174㎝
6巡指名 左澤優  172㎝(左投手)
7巡指名 中川圭太 180㎝
育成   漆原大晟 182㎝(投手)

ね、だいたい180㎝超えてるでしょ。5巡指名の宜保翔選手はまだ高校生なのであと5㎝ぐらい伸びるかもしれませんし・・・期待したいところです。
それに左投手を3人補強できたのはなかなか良かったと思います。もう、ずっと松葉しかいない状態だったので。みんな来年は活躍してくれたらかなりいいところまで行ける気がします。いってくれ。

コメントしてください