世界ジュニアフィギュアスケート選手権2011:女子シングルFS

NHK「みんなのうた」年代別名曲セレクション。これは録画マストだと思うマイク松ですこんにちは。オリジナル音源・映像では実質DVDとかでの販売が望めない中、ベストセレクションの放送のチャンスは逃せない。万難を排して録画したいものです。

さて、今日は世界ジュニアの女子シングルFS。男子よりも女子の方が今回はおもしろいですよね。

世界ジュニアフィギュアスケート選手権2011、女子シングルFS。実況は小林さん、解説は藤森さんのゴールデンコンビ。

ベルギーのイーラ・バヌット。なかなかのスピードから3Lz+2Tを決めてスタート。3Lz単独も決めています。3Fはちょっとエッジがはっきりしない。ビールマンポジションがとてもきれいなスピン。なかなか資質を感じますよね。3Lo+2Lo、2Aと決めます。要素をしっかり1つずつ決めていく。CiStはがんばってます。3Sはちょっと回転がたりないそう。藤森さんよう見えるな。(当たり前だ)2A+2T+2Loと3連続をここで入れてきました。最後のスピンが終わってガッツポーズ。同じベルギーのケビンを思わせる勢いのガッツポーズでした。でも演技はちょっと技術に偏っている感じですね。133.51。

中国のジージュン・リー。FSでどんな演技を見せるのか注目。「Until the Last Moment」。3Lzはエッジが逆でした。2A+3Tは切れよく回って成功。もう2-3いけるんですね。3T+2T+2Tを決めて、レイバックはほとんどパールスピンのポジションですね。めっちゃ体がやわらかい。3Loはステップアウト。それにトランジションでぼんやり滑ってる感じはしますね。3Fはちょっと回転足りないか。スピンのポジションのバリエーションが広い。3Loは転倒。今日はループの調子がよくないか。もったいない。SlStは疲れてきましたね。なんとか3Sを決めて、キャメルスピンは最後は限界か、ふらふらしてフィニッシュ。ちょっときつかったでしょうか。でも才能はあるのでこれからしっかり体力つけていってほしいところ。139.81。

庄司理紗。FSでは庄司らしいところを全開にみせてほしい。最初は3Lz、エッジがインサイドだったか。2A+3Tはクリーンなコンビネーションでした。滑りのスピードもある。3Fも成功。スピンからSlSt。曲に合わせて深いエッジと大きな動きでステップしてます。3Loはなんとか持ちこたえました。3Lzもインサイドエッジらしい。藤森さん厳しくなってきた。ビールマンスピンはとてもきれいなポジションですね。イナバウアーから3S。ジャンプの雰囲気がとても出せてる選手ですね。3T+2T+2Tはサードジャンプが回転が足りないか。だいぶ疲れてフィニッシュ。151.27。でも雰囲気を滑りだけでよく出せる選手。楽しみです。

フランスのイレータ・シュルート。ゴールドの衣装。フランス映画「アデル」より。独創的な最初の振り付け。よく考えられてます。スピードに乗って3Lzはオーバーターン。でもよくそれでおさめた。3Loはステップアウト。がんばれ。少し蛇拳の動きがあった。3Fは手をつきました。今日はジャンプがよくないですね。3S+2Tはなんとか。キャメルスピンはなかなか勢いがあります。3Loは少し回転足りない。CiStも独特の動きとリズム感がある。なかなか最近いい選手が出てこなかったフランスにも、いい選手が出てきたようですね。持ち味を失わずにがんばってほしいです。今日はジャンプがよくなかった。3Tは転倒、2Aは決めました。128.60。

アメリカのコートニー・ヒックス。全米ジュニアチャンプ。3F+3Tはセカンドがやっぱり回転不足。フリップはいいのに。でかいバレエジャンプからの3Sは藤森さんもほめていました。ステップからの2Aを決めてスピン。ドーナツポジションはいいですね。3Lz+2T+2Loはインサイドエッジだったり回転不足だったり。3Fも足りない。3Lo+2A+SEQは流れよかったです。3Lzはロングエッジ。やっぱりまだ苦手なんだろうな。CiStからスピン。最後のポジションで一気に観客が沸きました。ジャンプが安定しなかったですがなかなかいい選手。サーシャ・コーエンへの道は遠いけどがんばるように。追い求める価値のある目標です。150.92。

西野友毬。最初かける音楽を間違えられました。これはアンラッキー。もう一度集中しなおして。観客もあとおし。韓国の観客すばらしいです。バレエ音楽「海賊」。最初の3Lzはあぶないところ。3Fはちょっとエッジがあやしい。3Loは回転不足。藤森さんもずばずば指摘してきます。ズバットモードだ。3Lzは回転がたりない感じ。2A+2A+SEQはうまくいきました。3Tはダブルに。今日もジャンプがかんばしくないですね。3S+2Tも回転不足。やっぱりなんというかフラットちゃん化しているのが影響しているのかも。ロシェット・ブートキャンプで筋力とスタミナアップが必要なのでしょうか。ジャンプが決まればいい滑りに相乗効果が期待できるんですが。今回は曲間違いという不運もありました。がんばって。121.14。

アメリカのクリスティーナ・ガオ。3Fからのコンビネーションはステップアウトでコンビネーションにできず。これは痛いな。3Sはクリーン。3Lzはオーバーターン。ジャンプが安定しないですね。みんな緊張してるんかな。3Loはおっけー。2Aは回転足りないらしい。3F+2Tとコンビネーションをここで。でもちょっと演技全体の流れがなくなってきてる。SlStはあんまりキレがない。SPのようにいかないですね。3T+2Tからスピンでフィニッシュ。うーん今回はよくなかったですね。SPよかっただけに残念。155.27。キスクラでひつじのぬいぐるみをだっこしてます。

大庭雅。4歳から10歳まで器械体操をやっていたらしい。「だったん人の踊り」。3S+2Tから入ります。2A+3Tはセカンドのキレがよかった。3Lzはツーフットですね。3Sは流れがあった。勢いを維持してがんばって。次のスピンはなかなかいいですね。3Loも跳ぶまでがスムーズ。いいぞ。3Lo+2Tも続けました。2Aからスピン、SlStは大きな滑りで躍動感を出してました。スタミナももってる。最後までしっかり演じました!これはいい滑り!初出場でがんばりましたね。148.62。

ロシアのアデリーナ・ソトニコワ。ジュニアの無敵将軍。FSではどうでしょうか。「ロンド・カプリチオーゾ」。3Lz+3Loのビッグジャンプを決めてきました!ぎゃー!セカンドがでかい。3Fはステップアウト。ところどころ入れるポーズがいかつくてタラソワっぽい。2A+3Tもセカンドが高い!でかい!イーグルからの3Lzも成功。高さでジャンプを成功させるみどりさまメソッドですね。2Aからコンビネーションスピンはポジションも多彩。3S+2T、2Aはジャンプ後のフォロースルーもかっこいい。レイバックスピンはビールマンで回れませんでした。SlStは会場からも歓声が。でたこの気迫!1つ1つの動きにこめる気迫。最後はI字スピンでフィニッシュ!ぐわーすごい!この演技で14とは。ソトニコワが他と違うのはいちいち演技がダイナミックなところだけど、それは動きに気迫がこもっているから。これがタラソワが浅田にやらせたかったことだろうし、14歳でもうできてるのはすごいです。タイプとしては安藤に近いんだろうけど。174.96。

ロシアのエリザベータ・タクタミシェワ。ソトニコワのライバルになっていってほしい。「アストゥリアス」。スピードに乗った滑りから3Lz+2T。3-3にはしませんでしたね。3Lzはバックスパイラルを入れて余韻たっぷり。かっこいい。3Loもキレがあります。2A+3Tはランディングで乱れましたがなんとか。ビールマンスピンも完璧なポジション。そしてトランジションの部分の表現力がすごい。これが14歳。3Loも流れを見せつけるようなフォロースルー。2S+2T+2Loになってしまいました。片手あげの2Aも美しいです。レイバックスピンのポジションもきれいですね。CiStはメリハリのある要素と高速ツイズルが入ってみせる演技。最後のスピンもすばらしかったです。すばらしい!会場を圧するすばらしい演技!みせてくれました。169.11!

ロシアのポリーナ・シェレペン。ロシア三連星の最後。こちらはかわいい衣装。「コロベイニキ」。2A+3Tはスムーズに。距離も出てましたね。2A+3T+2Tはサードで片手上げ。得意技で押していきます。しかし3Lzで転倒。痛い。3Fはアウトエッジのよう。片手ビールマンはきれいです。3Lz+2Tはルッツでツーフット。今日はジャンプがいまいちなのか。3Sは少し回転不足。3Loはステップアウト。このスピンで立て直そう。SlStはフォークダンスの雰囲気をよく出してます。最後のレイバックからビールマンスピンもポジションがよかったです。終わってちょーしょんぼり。めっちゃ悲しそう。ジャンプがうまくいかなかったですねー。SPは得意そうだったのに。149.93。めっちゃ落ち込んでます。気持ちはわかるのですが。

アメリカのアグネス・ザワツキー。「ツィゴイネルワイゼン」「ハンガリー協奏曲」。2A+3Tからスタート。3Fはアウトサイドエッジ。元気のいい雰囲気を出しています。3Lz+2Tは高かった。ビールマンスピンはめっちゃ回転が速い。気合いがこもってます。3Loはまずまず。3Lzはしっかり。3Sは回転足りないみたい。藤森アイズは的確にキャッチします。3T+2T+2Loはおっけー。SlStは躍動感ある。ザワツキーにスタミナは心配ないですね。最後のスピンも高速I字スピンでした。いい演技。派手なガッツポーズでました。161.07。なんとか3位を死守。

○最終順位:
1号機 ソトニコワちゃん
2号機 タクタミシェワちゃん
3号機 ザワツキーちゃん
4号機 GAOちゃん(会えない季節にキミだけ足りない)
5号機 庄司ちゃん
6号機 ヒックスちゃん

なんかSPと違って今日は回転不足が多かったですね。でもリスクを負ってでも難しい技にチャレンジするということの裏返しと考えたいです。

ロシア三連星が大きなインパクトを残しましたね。ソトニコワのダイナミックなスタイルと、タクタミシェワのあふれる表現力。タイプは違ってもすでにかなり高いレベルにあるようです。今回は失速しましたがシェレペンの芸風も磨いていく価値のあるすばらしさ。ソチマネーが入ってきているんでしょうか。このままうまくシニアに移行できれば、すごい選手になりそう。どうするんだ。

そんな中しっかりワグナーが3位を死守。しかしロシア三連星の長所にどうやって勝っていくか。バランスでは勝負できなさそうですし。どうしよう。GAO、ヒックスもなかなか苦しそう。

庄司はいい演技で5位にあがってきました。SPの出遅れが悔やまれますが、力を持っていることは証明できました。庄司も滑るごとに雰囲気を作り出せるスケーターになってきているのでとても楽しみです。

コメントしてください