フィギュアスケートグランプリシリーズ2018 アメリカ大会(3):男子シングルFS

今日おでかけしたときにうっかり音楽プレーヤーを忘れてしまい、スマートフォンで音楽を聴くために仮にイヤフォンを買ったのですが、300円ショップので、全然耳に合わず、音漏れもひどそう。心底がっかりしたマイク松ですこんにちは。せめて1000円以上のにしよう。

今日はアメリカ大会、男子シングルFSです。なかなか大変ですががんばってみんな。

フィギュアスケートグランプリシリーズ、アメリカ大会、男子シングルFS。実況は大西さん、解説は織田信成将軍。

イスラエルのアレクセイ・ビチェンコ。たった今まで殴り合いしてましたみたいな血のついた衣装ですが、映画「ドラキュラ」だからのようです。3Lz+3Tから入りました。3A+2Tはアクセルで止まってしまいましたね。でも成功。次も2Loになりました。コンビネーションスピンはまずまず。前の大会でけがしているんですが、それよりも殴り合いのせいで調子悪いみたいになってます。誰がそんなつじつま合わせろっていうたんや。ステップはなかなか勢いありました。後半は2Aから。3Aはステップアウト。なかなかスピードが上がってきませんね。キャメルスピンから2Lo+1Eu+2Sになったり。コレオシークエンスから3Fは決まりました。シットスピンでフィニッシュ。まあまずは殴り合いをやめる、じゃなくてけがを治すことが大事ぽいですね。197.47。

カナダのケビン・レイノルズ。SPよりもますますもじゃもじゃになってる。実験がうまくいかないのかな。「二ノ国」より。4Sは転倒もキレよくまわってます。2T+3Tになったり。助走スピードがもう少しほしいですね。3A+2T、3Sもスピードが足りないですね。がんばってほしい。キャメルスピンはさすがのポジション。ステップはリンクを大きく使ってます。次のジャンプも2Tになりました。どうもどこか痛めてるのか。3F+3Loは決まりました。3Lzも成功。おっこっちが心配すると決まり始めた。アップライトスピンからコレオシークエンス。このへんは大きな動き。コンビネーションスピンでフィニッシュ。まあまずは実験を成功させる、じゃなくてコンディションを上げることが大事ぽいですね。始まったばっかりやから。185.63。

ジョージアのモリス・クビテラシビリ。「ロックオペラ モーツァルト」より。最初は2S+3Tから入りました。4回転は狙っていたのですが。3Aはきれいなジャンプ+すぐイーグルに。ステップから3F+1Eu+2S、3Loと決めています。キャメルスピンはてきぱき。4Tは狙っていきましたが転倒。3F+3Tは成功。4回転以外は結構いけるみたいですね。シットスピンからステップ。大きな身体は見栄えしますね。コンビネーションスピンでフィニッシュ。最後は何か飲んでました。どういうことなんやろう。205.12。

カナダのナム・ニューエン。「ラ・ラ・ランド」より。いいの選んできましたね。いきなりやさぐれた感じの入り。確かに。4S+2Tは決まりました。いいジャンプ。4Sもしっかり踏んばりました。いいぞ。3F+1Eu+3Sもしっかり。シットスピンから曲が変わると思ったらまだやさぐれ。なかなか引っ張りますね。ステップはまだ沈んだ感じ。その雰囲気に演技も引っ張られてるぞ。気をつけて。3Aはうまくいきましたが次は1A。やっと曲が明るくなってきた。3F+2Tからシットスピン。だんだん盛り上げてきたぞ。コレオシークエンスからコンビネーションスピン、2Loを決めてフィニッシュ。メインテーマは入らなかったんですね。曲の使い方を考えた方がいいかも。212.99。

アメリカのジミー・マー。ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」。4Tに挑みますが転倒。3Loは成功。イーグルからの3Aは転倒。今日は氷が悪いのかな。みんながんばれ。キャメルスピンのあとコレオシークエンス。ちょっと足下がシンプルかも。3Lz+2T、1A、3Lz+1Euで終わったり、3Fで転倒したり。ジャンプの精度を上げていくことが大事ですね。ステップは動きを大きくがんばってました。コンビネーションスピンでフィニッシュ。185.06。お通夜になってる。

フランスのロマン・ポンサール。「カルメン」ほか。4Tに挑みますがダブルに。3Aも転倒。3Lzは決まりました。3Loからコレオシークエンス。イーグルきれいでいいですね。3Aは転倒。コンビネーションスピンで前半終わり。3Lz+2Tから後半。3Fはあぶないところでした。3連続予定。ステップからシットスピン、コンビネーションスピンでフィニッシュ。うーん連続でなかなかジャンプが決まらないと書くことがなくなるわ。187.92。誰かジャンプ跳べる人ー!(サンボマスター風に)

ロシアのセルゲイ・ボロノフ。ボロノフおじさんがんばって!映画「ローガン」より。この振り付けデニス・テンがやってくれたらしいですよ。4T+3Tから。あの一番上に何のジャンプだったか出てるのに、それをわざわざ名前で隠すのはなぜなんだろう。どういうこと。4Loのあと3T+1Eu+3S。いい感じですね。3Loとジャンプは決まってるぞ。デニス・テンの振り付けもいいですね。ボロノフにあってる。コレオシークエンスで大きく演技したあとに、3A+2Tから後半。3Aは転倒。どんまい。3Lzはツーフットですね。がんばれ。キャメルスピンのあとステップ。これは力を振り絞ってます。シットスピンからコンビネーションスピンでフィニッシュ。よくがんばりました。この演技でデニス・テンがどんだけ才能あったかを示していきたいとのこと。頼むよボロノフおじさん。226.44。

アメリカのビンセント・ジョウ。かっこいい衣装です。気合い入ってる。「グリーン・デスティニー」より。4Lz+3Tきっちり成功!セカンドは手上げです。4Fはダブルに。4Tからキャメルスピン。ゆっくりした音楽でもスピードありますね。ステップはエッジワークをがんばりたい。3A+2Tから4Lzを決めます。3Lzも手上げ。コンビネーションスピンから音楽変わって勇壮な感じ。3Lz+1Eu+3F。こんな難度の高い構成を飛んでくるとは。ステップであとはもっとがんばれれば。シットスピンでフィニッシュ。高度なジャンプでしっかり演技できました。やりましたね。225.75。

イタリアのマッテオ・リッツォ。「ザ・ローリング・ストーンズ・メドレー」。FSは4回転にトライするようです。4Tは両足でした。このあとがんばろう。3A+2Tはきっちり。3Lz+3Tも成功。3Loといい流れできてますね。キャメルスピンは軸が安定してますね。コレオシークエンスもうちょっとアピールしてからいきたかったです。3A、3F+1Eu+2Sと跳んできます。キャメルスピンからステップ。盛り上げていきますね。足下に技術あるしエッジも深い。コンビネーションスピンでフィニッシュ。いい演技でした!イタリアチャンプの力みせましたね。225.81。

アメリカのネイサン・チェン。横綱は最後でいいのに。woodkid「ランド・オブ・オール」。3Loから入りました。自重したんかな。4Lzはなんとか成功。でも当たり前みたいに跳んできます。3F+3Tは安定してます。余裕ある。そりゃそうか。3Aはスピード落ちましたが決めました。もう少し全体的にスピードあるといいかも。キャメルスピンからステップ。これは音楽はゆっくりでも見応えあります。大きな動きと曲の解釈。4T+3Tを決めて後半。4T+2T+2Lo、3Lzもしっかり決めました。ガッツポーズ。コレオシークエンスはしっかり表現してます。コンビネーションスピンからシットスピンでフィニッシュ。さすがの技術力でした。力みせてくれたわ。もうこれで終わりでいいのに。280.57。

マレーシアのジュリアン・ジージエ・イー。ちょっと順番悪いけどがんばれ。映画「LOVERS」より「セブン・ネイション・アーミー」。雰囲気ありますね。しかし最初は1A。うーん。4Sは転倒。3Aは決まりました。1つ1つやで。シットスピンから盛り上げていきます。ステップは場内をわかせる表現力あります。3F+1Eu+2S、3Loも決めてます。この調子。コンビネーションスピンは軸ぶれませんね。3F+3Tを終盤で決めてきました。次は2Lz。コレオシークエンスでまた盛り上げて、コンビネーションスピンでフィニッシュ。やりましたね!上出来でしょう。これからもっとうまくなればいい。207.51。

チェコのミハル・ブレジナ。AC/DC「サンダーストラック」ほか。4S+2Tから決めてきました。1つ1つやで。3A+2Tも成功。いいぞ。4Sはダブルになりました。タイミングがあわなかった。滑りの質はいい。シットスピンからステップ。ゆっくりした曲でもしっかり滑っていけるのが強みです。いいステップ。コンビネーションスピンから盛り上げていきます。3Lzもしっかり成功。3Aはステップアウトもがんばった。3Fは単独。3Loを決めてジャンプ終わり。コレオシークエンスでは場内をしっかり盛り上げます。エアギターも入れて。コンビネーションスピンでフィニッシュ。よしよし!できることを確実にやればブレジナの結果はついてきます。239.51。やった!

○最終結果:(細野不二彦のまんが的に)
1. ネイサン・ギャラリーフェイク・チェン
2. ミハル・BLOW UP!・ブレジナ
3. さすがのボロノフ
4. マッテオ・ダブルフェイス・リッツォ
5. ビンセントの城
6. ニューエン太郎

ネイサン・チェンが優勝。圧倒的でしたね。というか今回のメンバーでは勝たなければいけなかった。ちゃんと勝てました。2位はブレジナ。がんばりましたね。ちょっとコストナー作戦ぽいですが、できることをしっかりやる、ミスしても次のエレメンツをがんばるという姿勢が出ていました。この結果をもとにがんばらないとですね。ボロノフおじさんが3位。やりました表彰台。まだまだいける。リッツォはすごいうまくなってきています。まだまだがんばろう。ビンセント・ジョウやニューエンはもうちょっとこのメンバーの中では上にいきたかったかもー。

3 Comments

  1. みーちゃん より:

    ご無沙汰しています。色々と忙しいのですが楽しく読んでいます。

    オリンピック後あまり引退していないので嬉しいです。

    ボロノフは色んな意味で頑張ってほしいですね。テン君のことは未だに受け入れられなくてとてもつらいです。

    イタリアのリッツオは中々いいですね。ちょこっと期待しています。

  2. Disney 鴨 より:

    こんばんは。お久しぶりです。
    ヴィンス君が、SPFS共に、URをどっさり取られたのには、びっくりポンでしたね。マイクさんもご存知だと思いますが、トム先生が、余りにも多くのURの取られようには、お怒りでした。次戦には、どれだけ修正して来るかを楽しみにしています。
    また、SPで、ジュリアン君が、3位というのも、びっくりポンでした。FSでは、ジャンプの回転抜けと転倒で、順位が下がりましたが、ステップでは、よく体が動いていたのは、良かったです。EXも、ユニークでしたね。今回、SPで、PBを更新したことが、飛躍のきっかけになるという予感がしています。

  3. マイク松 より:

    みーちゃんさん、Disney 鴨さん、こんにちは。コメントありがとうございます。

    >みーちゃんさん

    リッツォはいいですよね。やっとイタリアにいいのがでてきた感じです。
    デニス・テンのことはゆっくり、時間をかけていただければと思います。だいじょうぶです。

    >Disney 鴨さん

    URは気にしすぎてもいけないので、気楽に修正してほしいですね。いい演技はできてます。

コメントしてください