フィギュアスケートグランプリシリーズ2018 フランス大会(3):男子シングルFS

関ジャムのフィギュアスケート特集ご覧になりましたか?改めて高橋大輔の「eye」の素晴らしさに感服した富井です。「eye」も大好きですが宮本賢二さんの振り付けだと鈴木明子の「リベルタンゴ」が心に残ります。これ、エキシプログラムだったんですね。SPだったと勘違いしてました。そんなに見てないのに印象が強いです。さて、フランス大会です。解説は佐野稔さん。実況は山崎さん。

カナダのニコラ・ナドーは棄権だそうです。残念。

イスラエルのダニエル・サモーヒン。映画「レジェンド・オブ・メキシコ」より。4T+3Tは成功。4Sもなんとか着氷しましたが、3Loで転倒。もったいない。キャメルスピンはゆっくり。コレオシークエンスのあと、3Lz+2T、シットスピンとつなぎます。3Lzは成功しましたが、3Aは転倒。次の3Aも転倒でコンビネーションになりませんでした。この選手、もうちょっとジャンプ得意なはずなのに。コンビネーションスピンもちょっとバランスを崩しています。ステップシークエンス躍動感があるステップなのですが、ちょっと疲れてしまったよう。205.99

田中刑事。「ウィリアム・テル序曲」4Sは着氷がもう一つ。3Aはいいジャンプ。3S+2Tは4回転の予定だったそうです。シットスピンのあと、ステップシークエンス。ややスピードがないですね。上半身の動きは素晴らしいのですが。3Aはステップアウトでコンビネーションジャンプになりませんでした。3Lzもステップアウト。3F+3Tは成功。キャメルスピンのあと、おなじみのファンファーレ。3LoはOK。コレオシークエンスは華やか。コンビネーションスピンはいいスピンですね。終盤良かったのでジャンプミスを忘れました。なかなかよかったのでは。216.32

中国の金博洋。映画「トーク・トゥー・ハー」より。4Lzは成功。いいジャンプですね。2Sは4Sの予定だったのですが。次も2Tになってしまいました。キャメルスピンはポジションがきれい。ステップシークエンスは上手になりましたよね。4T+2Tは途中で手をついてしまいました。3Aもステップアウト。次のアクセルも1Aに。3Lz+2Tはコンビネーションをどうにかつけました。シットスピン、コンビネーションスピンと続けます。コレオシークエンスもすてき。うーん、ステップは上手になったんですが、ジャンプがもう一つ決まりません。ちょっと難しいシーズンになっているようです。でも上手にはなっているのでボロノフみたいに長く続けて欲しいです。208.89

ロシアのドミトリー・アリエフ。「Clouds, The mind on the(Re)wind」始まりからモダンダンスのような振り付け。4T+3Tは間が空きましたがコンビネーションジャンプになりました。3Tは4Tの予定だったか。3Aもいいジャンプ。3Fも成功。質の高いジャンプが続きます。キャメルスピンもポジションがきれいです。ステップシークエンスの途中で手をついてしまいました。3Lz+1Eu+3Sも成功。3LoもOK。3Lz+2Aのシークエンスは着氷がいまいち。コンビネーションスピンは音楽に合っていますね。ステップシークエンスもポジションが美しい。シットスピンのポジションもきれい。このプログラムいいですね。リリカルで美しい。237.82

フランスのロマン・ポンサール。「カルメン」曲を変えたそうですが、今年はカルメン多いな。衣装がライサチェックを思い出す黒いセクシー衣装。4Tは美しいジャンプ。2T+2Tと次は4Tになりませんでした。3Aは成功。3F+1Eu+3Sも成功。キャメルスピンもOK。しかし次が1Aとちょっともったいないですね。3Lz、3Loは成功。シットスピンは普通。コレオシークエンスもかっこいい。コンビネーションスピンはポジションが面白いです。229.86
ラトビアのデニス・バシリエフス。映画「ラストサムライ」より。衣装が忍者っぽい。4Tは転倒。3A+3Tは成功。2Lo+2Tはちょっともったいない。ツイズルが上手なコレオシークエンス。キャメルスピンは入り方がかっこいい。刀を抜いての1A。決まったらかっこよかったのにな。3Lz+1Eu+3SはOK。3Fも高さがある。3Lzはちょっと強引だったか。コンビネーションスピンも回転が速い。ステップシークエンスは疲れているけど頑張れ。リンクの奥でランビエールが応援しています。そして得意のコンビネーションスピン。221.26

フランスのケヴィン・エイモズ。「In this shirt」4Tは着氷が乱れましたが成功。3Lz+3Tは成功。イナバウアーからの3A+2Tも美しい。次が2Loになってしまったのは残念。キャメルスピンもいい。イーグルからの3Aとジャンプに入る前が工夫がありますね。3Lz+1Eu+3Sは両足着氷。3Fはいいですね。コレオシークエンスもすてきですね。シットスピンはもうちょっと回転が速いといいな。コンビネーションスピンは音楽に合ってていいですね。ステップシークエンスも音楽にとても合ってて素晴らしい。この曲、退屈になりがちなのに。ドラマチックだったわー。コーチと振り付けがフォンタナ&ジマーマンだそうです。フランスらしい得点よりも独創性重視で面白い演技。これからも楽しみ。231.16

アメリカのネイサン・チェン。「Land of All」4Fは幅のあるジャンプ。4Tも安定感。3F+3Tも見事。3Aはやや着氷が乱れましたが素晴らしい出だし。キャメルスピンもきれい。ステップシークエンスも高橋大輔を思い出すような素晴らしさ・・・とはいえ、あれほどのスピードと華やかさはないけど。4T+3Tも美しい。3Lz+2T+2LoもOK。3Loも成功。コレオシークエンスもいいですね。コンビネーションスピンもスピードチェンジがいい。次のコンビネーションスピンは回転が速い。最後のポーズもさりげなくていい。派手じゃないけどしみじみ上手い。味噌汁みたいなFS。271.58

ロシアのアレクサンドル・サマリン。映画「グレイティスト・ショーマン」より。スピードのあるスケーティングからの4Lzでしたが手をついてしまいました。4T+2Tはフェンスに近かったから2Tになったのかな。3A+2Tは良いジャンプ。シットスピンはOK。3Loは突然跳んだのがよかったですね。ステップシークエンスは映画っぽいが、やや退屈。順番が悪い。3Aも着氷が乱れましたが頑張りました。3Lz+1Eu+2Sはちょっともったいない。3FはOK。キャメルスピンはもうちょっと工夫が欲しい。コレオシークエンスは気がつかなかったわ。あれ、コレオシークエンスだったのね。コンビネーションスピンは音楽に合ってていい。247.09

アメリカのジェイソン・ブラウン。「サイモン&ガーファンクル・メドレー」2Aは美しいけれども3Aだったのかな。3A+2Tもいいジャンプ。3Sも幅のあるいいジャンプ。キャメルスピンは回転も速いしポジションも美しい。コレオシークエンスのスパイラルの美しさよ。3Loも美しい。3A+2T+2Loもいい。3F+2T、2Lzとやや残念なジャンプ構成。しかしコンビネーションスピンは素晴らしい。ステップシークエンスは音楽に合ってて素晴らしい。バレエジャンプが高い。コンビネーションスピンも速い。おお、かっこよかった・・・ジャンプがもうちょっと決まればよかったけど、転倒もなく流れは美しかったので良し。すごいファンがいる。256.33

—-

○最終順位(チェッカーズの名曲にちなんで)
1.ネイサン・チェンにジェラシー
2.ギザギザブラウンの子守唄
3.サマリンのリクエスト
4.song for アリエフ
5.エイモズのロカビリーナイト
6.ポンサールのステージ

1位はネイサン・チェン、素晴らしいジャンプはもちろん、しみじみよかったな。ジャンプマシーンかと思いきや、そうではなかったのですね。金博洋も技術はあると思うのでネイサン・チェン倣って独自の道を歩んで欲しいと思いました。いやー、ネイサン・チェン、よかった。元々好きだったけど違う魅力を発見しました。
2位はブラウン、良かった。FSのジャンプでは表彰台落ちかと思いました。ブラウンはもうこのまま突き進んで欲しい。でも、ブラウンの良さを引き出すには「サイモン&ガーファンクル・メドレー」はもったいないかな。もっと複雑な曲を選んでもっとマニアックな振り付けが見たい。3位のサマリンはジャンプミスがちょっと多かったかな。

4位のアリエフはダンスのような美しさが魅力的。ステップシークエンスでミスをしてしまったのが悔やまれます。5位、6位のエイモズ、ポンサールも芸術的で面白かった。ジュベール&アモディオはもちろん、ポンセロやプレオベールも個性的で好きなスケーターだったのでフランス男子の活躍が楽しみ。
いやー、フランス大会、大満足。

コメントしてください