大相撲11月場所2018:10日目

もう世間はグランプリファイナルが始まっていますが、BSあさーひのファイナルのウェブサイトがおもしろいマイク松ですこんにちは。なぜかめっちゃ重いウェブサイト(黄色い丸がスポーツ)をたどるとたどり着くのですが、女子の写真はスケーター5人に熟女1人というまあ普通かなという感じなのですが、男子がそれぞれバラエティに富んだ顔芸を披露しているのでみてみてください。セリフをあててみると、

  • ネイサン・チェン:相場は結局、情報を握るやつが儲かる仕組みになっているのさ!
  • 宇野:チェンさんよ…あんた変わっちまったな…
  • ボロノフおじさん:この損失…キサマの血であがなわせてやる!
  • ブレジナ:オレの…オレの全財産が…
  • チャ・ジュナン:オレ、アニキに知らせてくる!
  • メッシング(ハニューの代わり):あのとき…徹底的にたたいておくべきだった!あいつは!

どうしてもいいたかったのでいいました。記事はとっくに終わっている九州場所です。

10日目。実況は沢田石さん、解説は正面が鏡山親方。

琴恵光×千代丸。琴恵光が幕内で。回り込む千代丸を突き出しました。今日は琴恵光の誕生日らしい。おめでとうございます。

阿武咲×千代翔馬。阿武咲左差し。千代翔馬もなんとかしようとしますが一気に出た阿武咲の圧力を止められませんでした。この体で出ればたいていの相手は下がっていくと鏡山親方。確かに。

荒鷲×遠藤。しっかり当たった遠藤が寄り切り。荒鷲は当たりを止められず。

佐田の海×明生。突き押し合い。明生が引いたところを佐田の海出ますが、明生がうまくまわりこんではたき込みました。両者の動きよし。

琴奨菊×大翔丸。立ち合いで当たった時点で菊の形でした。しっかり起こして寄り切り。稽古場っぽい。

隆の勝×大栄翔。大栄翔の当たりに隆の勝引いてしまいました。はたきは決まりましたがその前に隆の勝の足が出ていました。

勢×大奄美。おっつけあいになりました。右差しを防がれた勢が抱えて出ますが、大奄美が肩すかし。やっぱり十分じゃなかったですね。

碧山×宝富士。碧山のシュシュシュ突き押しをあてがう宝富士といういつもの形。碧山がどん引きしましたが宝富士の足があと一歩出ませんでした。形にはなってたんですが。インタビューでみると碧山わりとすっきりしてますね。減量ができてるのかな。

阿炎×隠岐の海。阿炎も一歩間違えるとダークサイドにいく可能性を秘めている力士だと思いますが、今日はパダワンのプロビデンスに圧倒されました。いつもの突き放しがなかったですね。さすがオッキー兄さんや!(勢いだけの讃美)

千代の国×松鳳山。激しい突き押し合いになりました。これはすごい。千代の国押し込みましたが左四つに土俵際で組んでしまいました。ここから松鳳山が逆襲で寄り倒し。激しくていい相撲でした。

豊山×輝。豊山がどしどし突いていきます。輝もまわりこんだり突き返したりしますが終始突き押した豊山が押し出し。輝ももっと反撃したかったところ。

貴ノ岩×竜電。両者いい当たりから、貴ノ岩がはたき込みました。竜電も足出なかった。

栃煌山×嘉風。おっつけあいから引いた栃煌山を押し出した嘉風。しかし物言い。でもやっぱり栃煌山の足が先に出てました。

妙義龍×錦木。妙義龍二本差しましたが、錦木が強烈なきめ。まわしをとりにいったところを錦木が小手投げ。きめられてしんどくなりましたね。

貴景勝×北勝富士。立ち勝った貴景勝が一気に突きだし。北勝富士立ち後れてしまいましたねー。これは痛恨。

玉鷲×魁聖。左から攻める玉鷲。一度引いていったん離れますが、改めて押し出しました。

御嶽海×正代。今日は攻めていったマサヨ、左四つからおっつけあいになりますが、ぱっと御嶽海が引いたところをマサヨが寄り切りました。御嶽海悪い形ではなかったのに引いてしまいましたね。これはいかん。

逸ノ城×栃ノ心。右四つから上手を探ります。先に上手を引いたt栃ノ心が引きつけて寄り切り。逸ノ城も上手をやってはどうにもならないですね。

千代大龍×高安。まだ千代大龍戦とかが残ってたのか。おっつけから右四つ左上手。寄り切りました。組めばこんなもんですね。

豪栄道×朝乃山。ゴーエードー左変化。見事な大関相撲ですね。

コメントしてください