大相撲11月場所2018:14日目

富井のいうようにオリックはニシの人的補償でタケヤスとやらを獲得しましたね。さぞ翌日のさんすぽとかは「奪られた!弱小オリックがタケヤスを”強奪”」「ルールだから仕方ない、それにしてもあんまりな」「期待の若手をめちゃ弱オリックに”強奪”される形となった猛虎」などと被害者的発想の言説が躍るんだろうと思ったら、とても静かでした。どこも事実のみみたいな。逆に期待できるなと思ったマイク松ですこんにちは。

九州場所は14日目。もう少しで終わります。

14日目。実況は藤井さん、解説は正面が尾車親方、向正面が二十山親方。

魁聖ふたたび休場。でもよくがんばりました。

大翔鵬×隆の勝。大翔鵬が幕内で。いい形で隆の勝が前まわしをとりましたが、大翔鵬が強烈にその差し手をきめて、寄り切りました。いい取り口でしたね。大翔鵬勝ち越し。

千代の国×明生。頭からあたって突き押す千代の国ですが、明生がかいなをたぐって突き落としました。よくみていましたね。明生9勝目。

佐田の海×遠藤。左四つからがっちり上手をとった佐田の海がすり足でよって寄り切りました。攻めが速かったですねー。佐田の海速攻はめずらしい。

大奄美×豊山。突き押しから体を寄せていく大奄美。豊山土俵際で体をかわしますが、その前に足が出ていました。大奄美の圧力勝ち。

琴奨菊×隠岐の海。オッキー兄さん登場。なぜか優勝戦線にいるようです。誰か優勝とかいってないといいのですが、菊にがっつり寄り切られました。誰かいったな…!これぞ暗黒卿の自縄自縛!これでマスターになるのかもしれません…。

碧山×大栄翔。大栄翔押し込みますが、碧山のシュシュシュ突き押しにエンジンがかかった。大栄翔必死に回り込みますが、最後は碧山が突き倒しました。見事な相撲でしたね碧山。

勢×千代翔馬。勢一気に出て寄り倒し。速攻相撲でしたね。体痛いのによくがんばります。

阿炎×阿武咲。阿炎もろ手からどん引き。阿武咲も寄っていったのですが、軍配は阿炎。物言いから取り直しになりました。これは同体でしたもんね。取り直しは立ち合いから阿武咲が一気に押し出し。さっきの一番が弱気でしたもんね。阿炎は気迫負け。

千代丸×輝。千代丸まわりこんで輝の攻めをしのぎ、突き起こして逆襲。最後は突き出しました。輝もあのままいけばよかったのに、起こされてしまいましたね。

千代大龍×大翔丸。千代大龍九重メソッド。静かな会場。

錦木×宝富士。左四つになりました。上手を探る両者。宝富士はいい下手をとっていますね。なかなか上手がとれない。そこで錦木がもろ差しになって寄り切りました。巻き替えは宝富士もびっくりしたかも。錦木勝ち越し。

栃煌山×松鳳山。栃煌山押し込んではたきましたが、残した松鳳山が突き押して突き出しました。栃煌山は今日は引きの相撲になってしまいましたね。松鳳山の地元ではやっぱりいかん。

貴ノ岩×玉鷲。玉鷲しっかり突き押して押し出し。力強かったです。貴ノ岩は最初は押し込んでいたのですが、リーチの差がでましたかね。

妙義龍×嘉風。嘉風いい感じで攻めていたのですが、引いたところを妙義龍が立て直して逆襲、押し出しました。妙義龍なんとか7-7に踏みとどまった。

竜電×北勝富士。当たりは互角。龍であてがって攻め手を探りますが、引いたところを北勝富士が押し出しました。竜電がまんできませんでしたね。残念。

正代×魁聖。魁聖休場でマサヨ不戦勝。ラッキー。

朝乃山×逸ノ城。5-8同士。引っ張り込んで右四つ左上手になった逸ノ城、がっちりつかまえて寄り切りました。ああなればね。

貴景勝×高安。貴景勝勝てば優勝。大一番ですね。勝ちたい。いい当たりで高安を押し込みましたが、土俵際で足が流れ、高安スピンで引き落とした形になりました。当たりはよかったのに。千秋楽に持ち越しましたね。どうなるのか。

御嶽海×栃ノ心。当たって左上手をとった栃ノ心が寄り切り。栃ノ心ようやくカドバン脱出。御嶽海は負け越しました。藤井さんもいうように普通の力士に戻ったみたいなもろさですね。

コメントしてください