カーリング日本選手権2019 男子予選リーグ:長野県CA vs. チーム東京

バーコード決済のアプリを何にしようか悩むマイク松ですこんにちは。使ってる超小型携帯はFelicaはついてないので。いろいろあるけど何がいいんやろう。

さて、今年もカーリング日本選手権が開幕しました!うれしい。しばらく楽しみな日が続く。うれしいです。今日は男子の試合。

カーリング日本選手権、男子予選リーグ、長野県CA vs. チーム東京。実況は飯塚さん、解説は敦賀さん。敦賀さん今年もよろしくお願いいたします。

チーム東京は、橋本、岩本、両角、神田。両角はもとSC軽井沢の弟の方です。長野県CAは甲斐、西澤、佐藤、松村。松村はコンサドーレや中電の松村の弟だそうです。よく似てる。カーリング一家だ。

第1エンド、東京はハウスの中に入れてきました。長野もテイク。テイクテイクして最終的にはブランクエンド。まずは探りですね。

第2エンド、東京はまたハウスの中に。すると長野はガードを置いてきました。ハウスの中をめぐる戦いに。東京は少しショットが長すぎてしまい、長野はピールになってしまった。またブランクエンドかなと思ったら、長野が1点とってしまいました。

第3エンド、なかなかヒットアンドステイができない。しかしやっとうまく東京がガードの後ろに隠せましたが、長野がぎりぎりガードをかわしてヒット。だんだんアイスが読めてきたか。東京がフリーズがうまくいかず、長野はテイクして3点の形をつくりました。これはチャンス。しかし長野がまたステイできず、東京もダブルテイクはできず。結局ブランクエンド。両チームとも決定的なショットができてない。

第4エンド、長野はガードをおいてきました。東京もTライン後ろ。T前が大事ですよね。突然ハウス中央をめぐる攻防。混んできました。長野はストーンをためてきましたが、自分でストーンを減らしてしまい、東京チャンスもスキップ神田がスルーしてしまいました。長野も自分のストーンを残せず、結局ブランクエンド。もどかしい。

第5エンド、長野はセンターガード。中のストーンをめぐる形ですが、また長野が自分のストーンを全部テイクしてしまいました。なかなかセットアップがうまくいかない。なんとか長野がガードの後ろにきれいに隠せた。うまく東京がテイクして逆に2点チャンスだったが、最後のストーンはショートして1点止まり。うーん。

第6エンド、相変わらずセットアップがうまくいかない。でも外にたまってきた。後攻の長野にチャンスか。そして長野のダブルテイクアウトが成功!今日初めて決まりました。でも東京もフリーズショットで追いすがる。そして1点とらせる形を作り、長野が1点とりました。東京がピンチを回避できたのか。

第7エンド、長野はセンターガード。東京は中心において、ハウスにストーンがたまりはじめる。意図せずお互いがガードをはじきあったあと、徐々に東京がストーンをうまく残し始める。この試合の鍵になりそうなゲームになってきた。テイクテイクで長野もいくのですが結局1つしか出せず。東京は3点とりました。ビッグエンド!

第8エンド、東京はクリーンな展開にもっていきます。長野は2点以上とりたい。東京はガードの後ろでラストストーンを待ちますが、長野がラストストーンをスルーしてしまい、東京が1点スティールしました。これは痛い。

第9エンド、長野のセットアップがあまりうまくいってないのに、東京は連続でどしどしスルーしてしまう。普通に逃げ切ろうぜ。ごちゃごちゃしてきて長野に3点チャンスがきました。ちょっと難しいけど。松村がこのショットを決めて、3点とりました。やっといい笑顔でた。

第10エンド。長野のセンターガードに対して東京のウィックはうまくいかず。しかしとにかくガードを作る長野。しかし両角がなんとかガードをかわしてハウスの中のストーンをテイクしました。長野がもう1つ入れますがテイク。最後に入れたショットは完全にガードの後ろに隠しました。最後にいいショットできた。しかし東京がまたいいショットでテイクして1点とりました。試合終了。

最後の第10エンドはとてもレベルの高いショットが連続しましたね。よかったです。でもセットアップの重要性を痛感しました。

コメントしてください