全米フィギュアスケート選手権2020(7):アイスダンスRD

そういえば日経の日経歩数番というアプリがあるのご存じですか。マイク松ですこんにちは。歩数計アプリはずっと使っていて高機能で不満はまったくないのですが、こういうのが出ると使ってしまいます。日経アプリで記事を読むと知力が上がるとかいわれるとね。

今日はフィギュアスケート。全米アイスダンスのRDです。

全米フィギュアスケート選手権2020、アイスダンスRD。実況は小林さん、解説は滝野さん。9組が出場しましたが、1組は得点が30点台という、どうやってとったんだと逆に気になる結果だったので放送されませんでした。武士の情け。

リヴィン・シリング&アレクサンドル・ペトロフ。昨年結成したばっかり。ジュリー・アンドリュース「ル・ジャズ・ホット」。リズムダンスのテーマはミュージカル、オペレッタだそうです。MiStはじっくりやってますね。でもお互い表情は作れてる。パターンダンスはあまり正確じゃなかったみたい。ツイズルはゆっくりですがよくあってます。SlLiはなかなかスムーズでした。これからのびていきそう。56.24。

エヴァ・ペイト&ローガン・バイ。こちらも組んだばっかり。ミュージカル「エニシング・ゴーズ」より。チャールストンのリズムから。DiStは少しつまづいてしまったみたい。パターンダンスは結構慎重にやってる。ツイズルはダイナミック。少しずれてましたがいい出来。MiStはやっぱりステップに入るとスピードは落ちますががんばってます。RoLiはスムーズな実施でした。元気にやってました。大事。60.07。

キャロライン・グリーン&マイケル・パーソンズ。ミュージカル「クライ・ベイビー」より。ともにきょうだいカップルを解消して組んだらしい。格段にスケーティングの質が上がったと。スピードが違いますね。パターンダンスはステップに気をつけながらも工夫がある構成。CuLiは流れがあってスムーズ。ツイズルはしっかりあってるしミスがなかったです。組んだばかりとは思えないですね。最後のステップもあっという間でした。やっとアイスダンスになってきたぞ。前の2組には悪いけど。77.42。

ロレイン・マクナマラ&クイン・カーペンター。ライザ・ミネリ「キャバレー」より。パターンダンスはスピードがめちゃあるしエレメンツ感がない。音楽をうまく使って終わりも印象的。MiStはよくあわせてます。スピードがあってダイナミック。ツイズルはややずれてましたが高速ツイズル。CuLiは空中のアピールもよかった。さすがですね。75.79。

クリスティナ・カレイラ&アンソニー・ポノマレンコ。ミュージカル「キス・ミー・ケイト」より。MiStはよくそろってますね。ツイズルをはさんでるのもポイント高い。ツイズルは高速ツイズルでよくできた。うまいつなぎからパターンダンス。ステップも正確だしスピードが落ちない。規定なのにミュージカルの雰囲気もよくでてる。盛り上げたあとでRoLiは入り方が難しかったです。これはすばらしい演技!いい演技できましたね。78.02。

マディソン・ハベル&ザッカリー・ダナヒュー。ディフェンディングチャンプ。ダナヒューが野球のユニフォーム。どうもジョー・ディマジオとマリリン・モンローをイメージしているそう。少しバランスを崩したかも。ツイズルはダイナミックです。つなぎで雰囲気を高めてMiSt。速いターンとスケーティング。SlLiもさらっと入ってダイナミック。ハベルの表現力は高いとのこと。パターンダンスはちょっと最後でリズムがずれてしまったそうです。スピードはすごくあるんですが。かっこいい終わり方でした。86.31。ミスもあったみたいですが圧倒。

ケイトリン・ハワイエク&ジャン=ルック・ベイカー。ビー・ジーズメドレー。ディスコミュージックで盛り上げます。ダンスもうまいぞ。ディスコのおかげでエレメンツ感ゼロ。ばっちり盛り上げます。パターンダンスがディスコと完全に融合しています。ツイズルはスピード出てる。MiStはちょっと雰囲気変えて。そしてCuLiはすごい難しいポジションをハワイエクがとってます。またディスコに戻って踊りまくり。最後もばっちり決めました。これは楽しかった。得点うんぬんじゃなく楽しかった。82.59。

マディソン・チョック&エヴァン・ベイツ。またミュージカル「キス・ミー・ケイト」より。音楽が始まる前に演技に入ってます。いきなりSlLiに入りました。スムーズだしすぐステップに戻る。イーグルを使った音楽表現もすばらしいですね。パターンダンスはスケートに遊びがあるとのこと。エッジが深いからスピードも落ちないし。2人の足も距離も近い。ツイズルは完璧なユニゾン。ばっちりです。DiStは全体が表現になってる。音楽表現もよくできてますね。ばっちりでした。これはすばらしい出来。87.63。トップにきました!

○RD終わっての順位:(麒麟がくる的に)
1. チョック・ベイツがくる(2人で)
2. ハベル・ダナヒューがくる(2人で)
3. ハワイエク・ベイカーがくる(2人で)
4. カレイラ・ポノマレンコがくる(2人で)

チョック・ベイツがトップにきました。演技の華がすごい上にレベル高かったです。ハベル・ダナヒューは2位でしたが、ミスもあった割にしっかり2位。ハワイエク・ベイカーはディスコでめっちゃ盛り上げました。ある意味勝った。カレイラ・ポノマレンコはキス・ミー・ケイトつながりで4位。

カーリング日本選手権2020 名寄市役所 vs. TM軽井沢

今日はVデーですね。Xデーみたいに書くとかっこいいと思うマイク松ですこんにちは。ちょこは自分で自分に買いましたが、それよりもうれしい知らせがあってよかったです。

カーリング日本選手権は男子。これはどっちが勝つかな。

カーリング日本選手権、名寄市役所 vs. TM軽井沢。実況は飯塚さん、解説は敦賀さん。

名寄市役所は全員公務員?小川、清水野(内定者)、吉川、滝ケ平。チーム東京に勝ってます。TM軽井沢は同じメンバーでBE TOGETHERです。(以前と同じくTMつながりで、TM Networkの曲名が入ってます。)

第1エンド、軽井沢はコーナーガードでTIME TO COUNT DOWN。そこからハウスの中のストーンを打ち合う。最後はスルーでブランクエンド。

第2エンド、小川とコーチのお父さんは農家、リザーブの兄が市役所に勤務のカーリング一家らしい。名寄はガードの後ろにうまく隠してダブルをされないようにしたい。お互い決めきれない展開で、名寄のラストショットは微妙でしたが、無理せず軽井沢は1点とりました。THIS NIGHTは。

第3エンド、軽井沢は前のガードの後ろに隠して、さらにガードしてきます。Nights of The Knifeにしますね。名寄はなかなかガードがきれいにできない。ドローを強いられますが、ナンバーワンにはできません。軽井沢はさらにガード。スティールを阻止できるか。ガードの間を通すショットを選択しましたが、間は通ったもののスルーしてしまいました。軽井沢が2点スティールしました。

第4エンド、ぽんぽんと入れたストーンをガードしにいく軽井沢。名寄はセンターを支配されてなかなか大変。軽井沢はガードを作り続ける。苦しい展開でしたが、滝ケ平がトリプルテイクアウトを成功!一気に形勢を有利にしました。KISS YOUですなー。しかし両角兄はドローでガードの後ろに隠してやはり難しいショットを強いる。名寄はレイズで2点とりにいきましたが及ばず。バックガードに当たってナンバーワンになりそうだったのですが。

第5エンド、両角弟のセットアップはいつもばっちりですね。フロントエンドの質がものをいってます。名寄はナンバーワンをドローで入れて、軽井沢はつけていきます。岩井のショットはノースイープでいいところいきました。中央にごちゃごちゃする展開になってきた。両角兄のラストストーンは強いウエイトでナンバーワンをとりますが、まだ名寄のチャンス。狙い通り軽井沢のストーンを出して、2点とりました。名寄も元気になってきた。Come on Let’s Dance!

第6エンド、このエンドは強いテイクショットが多い。左サイドに固めたあとで、離して右サイドにおいて、それを打ち合う。一途な恋です。名寄がシューターを残せなかったところで軽井沢チャンス。名寄がヒットアンドロールを決められればよかったのですが、いきすぎてしまいました。両角兄がドローを決めて3点とりました。

第7エンド、前にガードがごちゃごちゃしている展開。軽井沢はストーンを固めていきますが、名寄がWINTER COMES AROUNDでいいナンバーワンをとった。軽井沢は前後を固めて本当に1点とらせる形に。そこからお互い打ち合って、軽井沢のラストショットはかなり難しい形を作った。名寄は遠くから反射して狙う方法をとりましたがうまくいかず、軽井沢が1点スティールしました。あれは無茶だわ。

第8エンド、やはり先攻の軽井沢がもりもりストーンに入れてきて、前を守っていく。例によってばーんとガードが外せない名寄。そんな中でまた大変そうなショットになりつつある。そこに名寄がCHASE IN LABYRINTH的に苦戦している間に、軽井沢は自分たちのガードの間をすり抜けてまたボタンに置いた。名寄が超難しいショットをミスして、軽井沢のストーンもハウスに入れてしまい、軽井沢が4点スティール。ここで名寄がコンシード。名寄市役所 2-12 TM軽井沢。

TM軽井沢は最初こそコンサドーレに惜敗でしたが、すっかり調子をつかんでいるようですね。決勝トーナメントにいい流れでいけそう。HUMAN SYSTEMが構築されています。

カーリング日本選手権2020 コンサドーレ vs. チーム東京

今日お芝居をみてきたのですが、いい作品なのになぜか追加で話を付け加えていて、その部分がほんとに蛇足だったなと思うマイク松ですこんにちは。もとの部分はおもしろかっただけに、難しいもんだなと思います。

カーリング日本選手権は男子。でましたチーム東京!

カーリング日本選手権、コンサドーレ vs. チーム東京。実況は飯塚さん、解説は敦賀さん。コンサドーレはいつものメンバー。チーム東京は橋本、両川、大谷、神田。知将神田のプランをいかに実行できるか。

第1エンド、東京はクリーンな形にしたかったのに、コンサドーレがもりもりストーンをためていく。なんとかストーンを減らしていきましたが、まだ1エンドということで減らし切れず、コンサドーレが2点とりました。

第2エンド、東京のセカンドは美容師らしい。遠征とか便利ですね。東京は複数点を狙いたかったのですが、セットアップがうまくいかずブランク狙い。テイクアウトも成功してブランクになりました。

第3エンド、最初はクリーンな展開だったのですが、ガードの後ろのストーンをめぐる争いに。東京はダブルテイクアウトのチャンスでしたが、恐れたとおりガードにひっかけてしまいます。コンサドーレはさらにガードを置いて、1点スティールしました。

第4エンド、センターガードの後ろでコンサドーレはスティールの形を作ります。なかなかうまく東京は崩せなかったのですが、神田が形勢逆転のショットでナンバーワンをとります。コンサドーレは強いナンバーツーを作って1点とらせる形。しかし今度は神田のナイスドローショットで2点とりました。神田どや顔。歌舞伎役者みたい。

第5エンド、コンサドーレはハウスの中にどしどしストーンを入れていく。東京は自分たちのストーンが残せず、コンサドーレはビッグエンドを狙って散らしていきます。ダブルテイクアウトできないところに置くし、東京も出せない。神田は1投目はダブルテイクアウトできたのですが、2投目はできず、コンサドーレが3点とりました。

第6エンド、ハーフタイムを経てもコンサドーレは先攻をいかしてもりもりストーンを置いていきます。ガードの後ろにストーンをためてる。神田がその対応に追われるという構図は変わってません。1点とりにいくのも許さないどころかスティールを狙います。ナンバーワンにフリーズ。神田はダブルテイクアウトを狙いますが、うまく出せず、コンサドーレが2点スティールしました。

第7エンド、なんとか東京はゲームを継続。複数点を狙いますが、松村のダブルテイクアウトが決まりました。東京は1点とってコンシード。コンサドーレ 8-3 東京。

神田がほんとに苦労させられた試合でした。もっと他の人が支えて上げないと。コンサドーレの試合運びもいいんでしょうけどね。

全米フィギュアスケート選手権2020(6):ペアFS

先日どこかの駅のショッピング施設にいったのですが、2Fの本屋さんにあがったらもうそこからどこにもいけなかったマイク松ですこんにちは。そんなことあるんかな。上に上がるエスカレーターが1つしかなくて、その先が行き止まりって。

さて、現在は毎日カーリングがみられて幸せなのですが、フィギュアスケートもみていきたいです。今日は全米ペアのFSです。

全米フィギュアスケート選手権2020、ペアFS。実況は小林さん、解説は岡部さん。

ジェシカ・ファンド&ジョシュア・サンティラン。SP8位。ハンス・ジマーの曲。3Tはサンティランが転倒でコンビネーションならず。3Twはキャッチがずれた。グループ5アクセルラッソーリフトは上であぶない感じでこわごわしてました。3Sはばっちり成功。Dsからそのままペアスピン。おもしろい入り方でした。このへんはちゃんとできてる。ソロジャンプとかが苦手なんだな。CuLiから3LoThへの流れもうまかったです。グループ5リバースラッソーリフトはなかなか思い切って上げられない。要練習ですね。3SThも決まってる。グループ3リフトはキャリーでしたがほんとにあぶない。なんとかがんばって続けました。StLiとダンスリフトでフィニッシュ。リフトは要練習。でもよくがんばりました。165.93。

ヘイブン・デニー&ブランドン・フレイザー。「ライオン・キング」より。やっぱり滑りも違いますね。3Twはいい感じ。3LoThも高さと幅あった。3Sはデニーがダブルに。ソロジャンプはよくないです。2A+1Eu+2Sは全体的にうまくいってない。ダンスリフトから3SThは転倒。ジャンプでのっていけないですね。Dsで落ち着こう。グループ5アクセルラッソーリフトは空中姿勢ばっちり。さっきのあとだけによくみえます。グループ5リバースラッソーリフトもすばらしい。コレオシークエンスでダンスリフト入れて。ペアスピンの入り方もよかった。もと全米チャンプだけあります。グループ3リフトも安定感あるし、降ろし方に工夫あり。最後はアクロバティックなフィニッシュでした。ジャンプがよくなかったですがそのあとは大丈夫。186.25。

オードリー・ルー&ミーシャ・ミトロファノフ。SP5位。「パリのノートルダム」。3Twは空中姿勢もよかったしいいですね。3S+1Eu+3Sを決めてきました!回転微妙でしたがこれは大きな武器。3LzThはなんとか。よく降りました。グループ5リバースラッソーリフトは降ろし方工夫あり。このへんでスピードのりたい。3Tは成功。3LoThは転倒。もうちょっとうまく投げてやって。グループ4リフトはうまくできた。得意なんですね。ペアスピンはいいポジション。グループ5ステップインラッソーリフトはキャリーのときはあぶなかった。コレオシークエンスからDsでフィニッシュ。急いで間に合わせた感じですがだいじょうぶかな。ジャンプを極めたらもっと上にいけそう。181.49。やっぱりタイムバイオレーションとられてる。

オリビア・セラフィニ&マーヴィン・トラン。スノウ・パトロール「チェイシング・カーズ」。3Twはまずまず。3Fに挑戦しますがセラフィニが転倒。挑戦大事。3T+1Eu+2Sを決めてきました。ジャンプはチャレンジがみえますね。グループ5トゥラッソーリフト。バリエーションがんばってる。3LzThは手をつきました。Dsはもう少しまわりたい。3SThはタッチありました。グループ5アクセルラッソーリフトはポジションがんばってる。岡部さんはもう少しがんばれとのこと。グループ4リフトはトランよくホールドしてます。コレオシークエンスからペアスピンに。それをいきなり止めてフィニッシュ。なるほど。まだまだのびる要素はあります。171.21。実況陣はトランをべた褒めしてました。

アメリカのアシュリー・ケイン=グリブル&ティモシー・ルデュク。SPは3位。いろんな人のメドレー。3Twはキレありました。3Loをもってきました。なんとか成功。ループもってくるの珍しいですね。3LzThはツーフットです。高くあがってました。3S+2T+2Loをいきましたが、ケインがついてこれませんでした。グループ5リバースラッソーリフトはさすがケインはうまいですね。ペアスピンは回転速い。見事です。スピードに乗って3SThはなんとか降りました。あぶなかった。グループ5アクセルラッソーリフトはてきぱき。グループ3リフトはじっくりみせました。コレオシークエンスはMiStを入れて、そのままDsにもっていく構成がいいです。今日は丁寧にやりました。SPのミスは挽回しましたね。197.12。

ジェシカ・キャララン&ブライアン・ジョンソン。SP4位。カラム・スコット「ユー・アー・ザ・リーズン」。最初からスピードに乗った滑り。3Twも高さありました。いい入りだ。3T+2Tから決めて、続けざまに3Sもなんとか成功。グループ3リフトはよくジョンソンがホールドしてる。この滑りは雰囲気あっていいですね。Dsもキャラランのポジションがいい。3SThも流れよく成功。グループ5リバースラッソーリフトも安定感ある。コレオシークエンスもよく考えられてるし。3LzThは慎重に決めました。グループ5アクセルラッソーリフトからのキャリーは物語を感じました。会場もよくわいてます。ペアスピンでフィニッシュ。いい演技でしたね!大事な大会で会心の演技でしょう。213.57。ものすごい喜んでます。キャラランも泣いてるし、ジョンソンもめちゃくちゃガッツポーズ。

タラ・ケイン&ダニー・オシェイ。「レ・ミゼラブル」より。動きにキレありますね。3Twはまずまず。急にペアがおもしろくなってきたぞ。3S+1Lo+2Sはばっちりそろって成功。これはレベル高い。2Aも決めました。グループ4リフトはキャリーにもっていっても自然でポーズするといういい構成。ダンスリフトから3SThはかっこよかったですがタッチありました。Dsは中央できれいな実施。ペアスピンは音楽にあわせて。コレオシークエンスはSeLiぽい動き。そこから3LzThはステップアウト。グループ5リバースラッソーリフトもスムーズな実施。グループ5アクセルラッソーリフトでフィニッシュ。スロージャンプだけでしたねー。204.07。

アレクサ・シメカ・クリエリム&クリス・クリエリム。トップ守れるか。いろんな人のメドレー。ほんとにそう書いてあるんです。3Twは今日いちの高さ。すばらしいレベル。3T+1Tは夫が転倒。また夫だっていわれるぞ。3LoThは幅がすごい。加点つきますねー。3Sはダブル。ソロジャンプうまくいかなかったなー。グループ5リバースラッソーリフトは安定感ある。流れもいいしエレメンツ感がない。3LzThは流れよく成功。つなぎ部分もいい雰囲気。Dsからグループ3リフトはポジションがいいし、つなぎ部分に結びつけてるのもいい。コレオシークエンスからグループ5アクセルラッソーリフトもスムーズでした。ペアスピンはあぶないところもありましたがフィニッシュ。どうですかねー。216.15。なんとかかわして優勝しました!

○最終結果:(麒麟がくる的に)
1. シメカ=クリエリム・クリエリムがくる(2人で)
2. キャララン・ジョンソンがくる(2人で)
3. ケイン・オシェイがくる(2人で)
4. ケイン=グリブル・ルデュクがくる(2人で)

クリエリム夫妻が優勝。SPの貯金が効きましたね。昨シーズンの敗戦でスポンサーを失って大変だったそう。また戻ってくるといいですね。今日はFSで会心の演技をしたキャララン・ジョンソンがよかったです。僅差の2位は自信にしていいでしょう。あれだけできるんですからね。ケイン・オシェイやケイン=グリブル・ルデュクも上にいく力はある。もとチャンプですからね。

カーリング日本選手権2020 富士急 vs. 札幌協会

クルーズ船に「シウマイ弁当」4000食を寄付。すばらしい行動だと思います。マイク松ですこんにちは。僕ならこのときのシウマイ弁当の味は一生忘れないと思います。

カーリング日本選手権は女子。富士急登場です。

カーリング日本選手権、富士急 vs. 札幌協会。実況は西阪さん、解説は石崎さん。

富士急は淳子さんがチームを離れ、いろいろがんばって成長してきたそう。小谷妹、石垣小谷姉、小穴です。しかし札幌協会はジュニア準優勝で、チーム平均年齢が16.5歳だそうです。強そうだ。仁平、大関、中島、佐々木。

第1エンド、富士急はかなりパワーがついているみたい。全員二の腕がすごい。最初はアイスリーディングのエンドになりそう。札幌協会はスルーもありますが、富士急も狙ったところには置けてない。小谷姉めがねかけてますね。中島がダブルテイクアウト決めました。うれしそう。さすが中学生。ここからブランクエンドになりました。

富士急はコッターコーチ。この大会が終わったらカナダ選手権に出場する現役選手で、富士急は4人の外国人コーチに教わってるらしい。

第2エンド、ガードのうしろにドローしあう展開。まだまだアイスの読みあいになってますね。その中でも富士急はストーンを残しています。中島のテイクショットに対して小谷姉はフリーズ。いい感じのサードです。双方にミスもあるものの、富士急はスティールを狙っていきます。小穴がいいところに置いてプレッシャーをかけます。佐々木のラストショットは少し伸びて、富士急が1点スティールしました。でも1点止まりというところもある。

第3エンド、ハウスの中に入った自分たちのストーンを、富士急は守りにいって、札幌はテイクしたいところ。中島がなんとかストーンをずらすことに成功も、佐々木がスルーしたりしてチャンスをものにできない。小穴がいいところに置いてまた難しくしてます。札幌のラストストーンはまたもうまくいかず、富士急が1点スティールしました。小穴のショットいいですね。小谷妹のコールもいい。

第4エンド、また富士急がストーンをためますが、大関がダブルテイクアウトを決めました。ストーンがもりもり減ってしまい、結局ラストストーンはわざとスルーしてブランクエンドに。

第5エンド、大関がヒットアンドロールでいいところにおきましたが、石垣さんもガードの間を抜いてテイクしました。いいですね。富士急はいい形にできていたのですが、ホックラインを越えられずエラーになったりしてます。お互いに決めきれない。札幌も失点を止めきれず、結果的に富士急が3点スティールしました。これは札幌には結構痛い。

第6エンド、富士急はとてもよくコミュニケーションができてる。特にスイーパーになってる2人がいいですね。札幌は負けてますが楽しそうにやってます。クリーンな展開になって、札幌が2点とりました。やっとスコア。

第7エンド、札幌のセンターガードを小谷妹がウィック&シューターをハウスに入れました。さすが妹。石垣さんもダブルテイクアウトを決めてきてます。札幌は粘り強くセンターガード。札幌は1点とらせる形を作っていたのですが、最終的にはなんとか1点とらせました。まだ運良くできたって感じ。

第8エンド、仁平がガードの後ろにうまく隠せましたが、石垣さんがレイズテイクアウトを決めてきました。いい展開になってきてる。ところが自分たちのストーンが寄ってしまい、小穴にダブルテイクアウトをされてしまいました。これで1点かブランクエンドかと思ったら、小穴のラストショットがまさかのスルー。なんとか札幌が2点とりました。2点差まできましたね。

第9エンド、札幌は自分たちのストーンをガードしにいきます。富士急はテイクしていってまた札幌がガードをおくという形でしたが、ガードしきれずハウスの中をテイクされました。終盤ということで富士急はタイムアウトをとって検討します。結果テイクアウトして、複数点はともかく1点とりました。

第10エンド、札幌は3点が必要です。コーナーガード置いてきます。うまく置けたところでタイムアウト。でも次の手はハウスに届きませんでした。なんとか形を作っていきます。個数的には3つ入れられそうですが中央をおさえられている。富士急はストーンを減らそうとしますが、小穴のショットが自分たちのストーンを全部出してしまいました。うそやん。そんなのある?札幌にとってはなんたる僥倖。フリーズで3点を狙いにいきます。小穴のラストショットは最高の形で決まりました。時間が少なくなって、これはどうにもならないということでコンシード。富士急 7-4 札幌協会。

前半はいい展開ではなかったですが、後半は札幌協会追いかけていって、一歩間違えたら勝ててました。前半でもう少し追い込めていれば。富士急はあぶないところでした。小穴がすごい盛り上げてくれましたが、結局試合を決めたのも小穴。さすがです。こういう試合を拾いながらがんばりましょう。