予告された敗戦の報告 week5 BAL@ビリーブランド

オリックスは福良監督から西村監督になりました。監督は誰でもいい、強くなって欲しいと心から願う富井です。強いチームを応援するのは楽しいですからね。

さて、ビリーブランドことブラウンズも今年は強いぞ(例年比)とスタジアムにお客さんが詰めかけていました。勝つかもしれないと思って見る試合はいいもんですからね。しかも相手はクリーブランドからチームを連れて行った因縁のオーナーが所有するレイブンズ。スタジアムも最初から盛り上がっています。

1Qはお互いよく守っていたのですが、ブラウンズのQBメイフィールドからのパスをインターセプトしたレイブンズがFGを決めて3-0。インターセプトは痛かったですがなんとかTDは防ぎました。

2Qはお返しとばかりにゴール前でブラウンズがインターセプトを決め、メイフィールドのパスをヒギンズ#81がTD。しかし、トライフォーポイントが成功せず3-6。今シーズンすでにキッカーをクビにしたというのにまたもやいやな予感。
ディフェンスはFGをブロックするなど大活躍で前半はこのまま折り返します。

3Qはヒギンズへのロングパスが通るなどいい感じでオフェンスを進めましたが、TDに至らず3-9。このキックは成功して良かった。しかしそのあとレイブンズのFGも決まり、6-9。じりじり追いつかれています。でも、まだリードしてるんですが!

4Qもこのままリードを保ちたかったのですが、レイブンズのFGで9-9の同点。ブラウンズ、ピンチが続きますが、なんとかFGまで持って行きます。これで勝てる!と思ったところで再びFGが失敗。ああ、やっぱりあの1点があれば勝ってた!ということでまたもやオーバータイム突入。これってWeek2と同じような展開じゃないですか。。。かなりいやな予感がします。

OTはブラウンズの攻撃からでしたが、パントになります。ああああ、もうだめだーーーと半分目を閉じながら見ていたのですが、レイブンズもパント。なんとかメイフィールドのパスが通り、FGが決まる距離まで進み、今度は成功させて9-12でブラウンズが勝利しました。ブラウンズのファンがうれしそうでした。

なんとか、キッカーのクビもつながったようで良かったね。

ここまでの成績、2勝2敗1引き分け。

新しい蔑称、鬼ックス

なんか最近だしの効いたおつゆとかが本当においしいマイク松ですこんにちは。牛乳ダイエット終了後だからか、おいしい蕎麦とかたべると超しあわせです。あと極東事務所で湯豆腐つくってみたのですが、野菜だけで超おいしいものができました。富井は「もうちょっと肉とか入れようぜ」といっているのですが。

さて、敗北ダイエット(負けてばかりいて勝たないこと)を続けたおかげで勝利が本当にうれしくなっているであろう種いも球団オリック。昨日ちょうどニシムラカントクが就任するとお伝えしましたが、なんだかおもしろい蔑称がついているようです。

西村新監督 鬼ックス宣言

鬼ックスですか。思いつきそうで思いつかなかった蔑称ですね。まあすぽにちが勝手につけてくれているのですが、どうも今シーズンの後半は「気持ち的に弱い部分があったと感じた」とのことだそうです。感じたんならなんとかしてくれよという人には、弱い部分があるのは気持ちだけじゃねえよといわれるだけなのでいわない方がいいですよ。焼けストーンにウォーターですよ。

ということで強い気持ち強い愛を植え付けるため(愛は和のちからの方ね)、打撃面をしっかり強化するために練習させるそうです。足も使うようにするそうです。とても大事なことですが、他球団がずーっと練習もせずにテレビゲームとかやってくれてればいいのですがそうもいきませんよね。

結局差が埋まらないことも考えて、「チームが一つの方向を向くことが大事」として意識統一をがんばるそうです。それこそ和のちから。和だけはがんばりましょう。鬼なのに和。気持ちが1つになった鬼。鬼ックスかいもックスか。それが問題です。

カネモトカントクが辞任、ニシムラカントクが就任

富井も帰ってきたので牛乳ダイエット(牛乳だけ飲んで過ごす)を終了したマイク松ですこんにちは。うどんたべましたが超おいしかったです。結果としては体重は減ったのですが、体型は全然かわりませんでした。健康診断対策なのでそれでいいのですが、もうちょっとおなかがへこんだりしてほしかったです。

さて、びっくりしましたが、カネモトカントクが辞任しました。てっきりやるもんだと思っていたので。でもやめろってヤジられたらカントクはやめますよね。

「黄泉瓜は3位でもやめないといけない」となにげにハラカントクにプレッシャーをかけていますが、ハンシン最下位はカントクだけが悪いわけじゃないと思いますけどねー。おつかれさまでした。あとこれでフジナミさんがめっちゃ復活したらおもしろいと思うのでがんばってほしいです。

そういえば種いも球団オリックにはニシムラカントクが就任しました。フクラカントクからニシムラカントクに代わってチームは強くなるのかと考えるファンが大半だと思いますが、まあ田口壮へのつなぎと考えれば、むしろよく引き受けてくれたと思います。ありがとうございます。

ところでニシムラカントクといえば和のちからですが、今の種いも球団に和のちからがあるかといわれると微妙ですよね。オリックにあるのは、

  • 仮の力(本当はない)
  • 蚊の力(小さい)
  • 差の力(差がある)
  • 砂の力(もろい)
  • 詐の力(うそ)
  • 他の力(自分の力じゃない)
  • 泣の力(涙)
  • 無の力(ない)
  • 負の力(負け)
  • 魔の力(謎)
  • 裸の力(ひもユニ)

とかになるでしょうか(全部あ行で読んでください)。

つまりオリックには和のちからがないということです。勝ってチームがまとまるとかつての西武はいっていましたが、勝てないのですからまとまりませんよね。和のちからがあればいいこともあるかも。もう発芽とかはいいので、とりあえずそれだけやってみていただけると幸いです。

アホアホオフェンスにチーム全体で近づく week4 JAX@KC

WOWOWでサマソニの放送みているマイク松ですこんにちは。The SherlocksNickelbackがよかったです。もっとバンド呼んでほしい。Shawn Mendesはめっちゃ男前でした。あれはスター。

さて、富井も旅行から帰ってきたので、week4のJAX@KCをみました。
結果からいうとKCが圧勝という感じだったのですが、いい感じでおつきあいをしています。
KCのマホームズは相変わらずすばらしい活躍をしているのですが、とにかくフォルススタートとホールディングでもりもり下がります。それを必死にマホームズやケルシーさんが挽回するという流れでした。反則やめよう。

一方JAXのボートルズは途中まではめっちゃがんばってるし、RBイェルドンのランもよく出ているのですが、エンドゾーン前になってINTとかファンブルロストとかを連発。4Qになったらばんばん4thダウンギャンブルにいってばんばん失敗。特攻精神を感じました。

こんなJAXなのにKCはディフェンスの反則でどしどし勢いづけます。やーめーてー。結局KCの反則は11回109yds。すさまじい罰退ヤードです。

でもそういえば前回のアホアホオフェンス時代(ヴァーミール時代)も反則はそんなに少なく、とにかく殴り合って勝つみたいなチームだったように思えます。今までアホアホオフェンスはマホームズ中心のオフェンスで回帰していましたが、これはただのハイパーオフェンスですよね。やはりアホアホオフェンスというからには、これくらいでないといけないのかもしれません。

いやいやディフェンスは4sck,4INT,1FFとがんばってるんですから。反則を減らしましょう。リードおじさんとの約束だよ!

NFL2018 week5 いるか@CIN

今週はダイエットしているマイク松ですこんにちは。牛乳だけで過ごすという荒技ダイエットですが、富井にいうと「それはもう仔牛だな!仔牛ダイエットだ!」とかわいい名前をつけられました。確かに仔牛は牛乳だけで育ちますからね…。

さて、いいスタートを切ったのに先週はNEにぼこぼこにされてしまったいるか。week5は敵地でCIN戦です。

・week5、いるか@CIN
・最初のいるかオフェンスはパントで、返しのCINオフェンスがランパス織り交ぜてすっごい長い間かかってエンドゾーンに近づいたのですが、その直前でINTがありました、僥倖
・CINオフェンス、いるかもよく守っていたのですが、ランニングイントゥザキッカーで1stダウンをプレゼント、学生か、なんとか抑えたけど
・その次のいるかオフェンスはなかなかランパス使っていい感じでしたが、オフェンスパスインターフェアとられます、でもウィルソンのいいランで挽回、今日はウィルソンいいですね
・そしてレッドゾーン手前からドレイクへのパスが通ってTD!やったー!!いるか先制
・返しのCINオフェンスはよく進みますがレッドゾーン前でなんとか止めてFGに抑えましたが、なんとFGブロックが決まりました!僥倖やー!!
・その次のいるかオフェンスは止められますが、CINオフェンスもロスタックルでパントに、そしてグラントがパントリターンTDを決めました!!ついにスペシャルチームでいいのが出た!わーい!前半いるか 14-0 CIN
・後半、最初のCINオフェンスはロスタックル&サック!ディフェンスがんばってますね
・いるかオフェンスはゴアのランで前進、しかしサックされてFGに、これは決めました
・とにかく相手オフェンスのランはよく止めてる、あとはパスだな、サックしてFGに抑えました
・リードしているのでラン多め、パントにしたもののアンスポーツマンライクコンダクトをとられてます、4thダウンにおさえてるのに反則で1stダウンをプレゼント、学生か
・ダルトンは常にプレッシャーをうけていましたが、サックされる直前にパスを通してTD!まじかー。さすがダルトン
・そして返しのオフェンスでタネヒルサック、でもドレイクがランで1stダウンとりました、助かるー、とにかく時間使おう
・と思ったらパスを投げ捨てようと思ったらINTされてTD、同点に追いつかれてしまいました…。いるからしいぜ!もうホームのCINはノリノリ
・3rd&1でランとみせかけてのタネヒルのランで1stダウン、気合いみせます
・またホールディングで罰退、とにかく反則すんなって、パント
・進まれてFGとられてしまいました、CIN勝ち越し
・もうオフェンスがわたわたしててとれる気がしない
・ロングパスを投げようとしたタネヒルがファンブルロスト、CINリカバーでそのままTD!とどめをさされました、いるか死亡
・最後のオフェンスがんばりますがやっぱり反則があって下がり、最後もINTされました、はちゃめちゃ
・試合終了、いるか 17-27 CIN

・途中まで勝ってたのに流れを手放してしまいました
・いるかはタネヒルが20/35,185yds,1TD,2INT,1FL、ターンオーバーがそれはそれは得点につながっていました
・ランもまずまず走ったし、レシーバーもがんばってはいたのですが
・何よりディフェンスのがんばりが目立ちました、なにせ地区首位だったんですから
・地区首位でした、先週までは…。

・CINはダルトンが20/30,248yds,1TD,1INT、そんなによくなかったですが尻上がりに
・ランはミクソンがランにもパスにも大暴れ、レシーブはさすがグリーンが6rec,112yds

・勝ってたんだ途中までは…