今年もニックネームのユニフォーム

マイク松からシカゴの情報がやってくるのですが、どうやらシカゴにはフォルス・スタート商会の本社はなさそうですね。シカゴはフォルス・スタート商会の本社じゃなくてフレディ・ミッチェルさんの方が遭遇できるんじゃなかと思っている富井です。

さて、日本国内からもメジャーの話題。
昨年好評だった(?)ユニフォームにニックネームを表示するアレ、今年もやるそうです。マエケンは「MAEKEN」ダルビッシュは「YU-SAN」と、これは昨年通りなのですが、田中マー君は「MASA」から「TANAKA TIME」へ・・・。きっとこれは大谷が「SHOWTIME」だからだと思うんですが、翔平からSHOWを連想してSHOWTIMEにするのはありとしてもTANAKA TIMEにいったいどういう意味があるというのですか?ラオスにいったい何があるというんですか?というぐらい疑問です。

日本人選手以外を見てみると、ハーパーが「BIG KID」から「MONDO」に変わっています。まさか「門戸(厄神)」の意味じゃないと思います。そうなると虎の恋人(門戸厄神は西宮市にある地名)になってしまいますからね。どうやらイタリア語で「WORLD」の意味のようですがそれもよく意味がわかりません。

よくわかったのはみんな大好きマックス・シャーザーの「BLUE EYE」。シャーザーは右目と左目の色が違うオッドアイなので。プーホールズの「THE MACHINE(機械のように安打を打つ)」チャップマンの「THE MISSILE(球がミサイルのように速いから)」とかもかっこいいですが、ニックネーム、日本では導入しない方がよさそう・・・。

リグレー・フィールドにカブス戦みにいってきました

今いるホテルは冷蔵庫がないのですが、冷房ががんがんかかってるからいけるやろと思っていたら、やっぱりだめっぽいマイク松ですこんにちは。海外で食あたりはしゃれにならないので気をつけます。

さて、フォルス・スタート商会の本社を探すのも大事ですが、今回楽しみにしていたのがメジャーリーグをみにいくことでした。念願かないました。シカゴには2つ球団がありますが、今回はカブス戦をみにいきました。

本拠地リグレー・フィールドはシカゴの電車で中心部から10分くらい、そして駅のすぐそばという超便利なところにあります。手軽にMLBみにいくならシカゴはいいところのようですね。すでに車内はカブスのユニやTシャツを着た人たちでいっぱいです。でもハンシンファンのような圧力はあまり感じないです。駅から球場まではすごい近いですが、その間にもダフ屋とかグッズを売ってる人たちがいました。

もともと球場でチケットを買おうと思っていたのですが、急に思いついてネットで買うことにしました。ほとんど売り切れ間近というところだったので。カブスのみならずMLBは共通のアプリがあります。使い勝手はあまりよくないですが、それでバーコードを示して読んでもらう感じでチェックインです。

さすが歴史のある球場。中は日本の球場のようなきれいな感じではありません。でも居心地はいいみたいな。鉄骨むき出しの魚市場みたいな感じです。僕は日本でいえば内野席の一塁側の一番端っこの一番上のところの席でした。見晴らしはよかったです。すっごいいい席だと2,3万円近くします。でも驚いたのはどこでもよく見えるんですよね。甲子園のような見晴らしのよさを感じました。

景色はもう爽快そのもの。天気もいいし、青空に映える球場です。みんながこの球場が好きな理由がわかりました。シカゴはだいたい風が吹いているのですが、それもいい感じでした。スコアボードが何でもできるビジョンなのに、古い緑の感じの表示にしているのもおしゃれです。

ものは試しとイタリアンサンドイッチを買ってみました。シカゴ名物で薄切り肉の炒め物をパンにはさんでいるのですが、ものすごいでかかったです。でかいなーといったら「知ってるわ!」といわれました。そりゃそうですね。食べるのも一苦労。2人で1つにするか、フライドポテト的なものを頼んだ方がいいでしょう。ケチャップとかはかけ放題です。

今日の相手はナショナルズ。僕も富井もわりとナショナルズ好きなのですが、ハーパーがみられてよかったです。シャーザーさんは見えませんでした。あとこっちでは当たり前なのかもしれませんが、相手チームのグッズは買えませんでした。グッズはカブスのものはすごい充実しています。Tシャツ3枚買いました。

印象的だったのが、イニングの間のCMがみんな品があることでした。全部カブスにひっかけて、「歴史のあるカブス、オレたちも歴史があるよ」とか「カブスファンの情熱に負けないくらい俺たちも」みたいな感じです。なにげない感じですが、野球と全然関係ないCMみて気分がちょっと萎えることってありませんか?みんなが何かしら野球やカブスにひっかけてあるので、雰囲気が維持されるんですよね。これは発見でした。

試合は序盤は両チームともピッチャーがよくなかったのですが、カブスは点がとれないのにワシントンは点がとれるという感じで、カブスファンも盛り上がれない感じでした。ちょうど僕の前の団体がたぶんおじいちゃんの90歳をお祝いするみたいな団体で、おじいちゃんがビジョンに写るとすごい盛り上がってました。たぶん小さい広告みたいに、お金を出すと?写してもらえるんですね。

僕は用事があったので途中までみて帰ったのですが、僕が帰ったとたんにカブスが活性化して、逆転勝ちだったようです。Wの旗とかみたかったです。ということでリグレー・フィールドはめっちゃおすすめです。シーズン中にシカゴにいったら行かない手はないですね。

NFLプレシーズンゲーム2018 week1(1)

現地のスポーツニュースをみているマイク松ですこんにちは。NEとかにいたダミエン・ウッディが解説者で、キャスターとどしどし話し合うスタイル。すごいですねー。プレシーズンでここまで盛り上がるのはさすがアメリカです。

そんなちょっとしたニュースもふまえて、プレシーズンの結果をまとめてみます。記事の中によく「現地」という言葉が出てきますが気にしないでくださいね。横目でニュースをみながら書いてます。

IND 19-13 SEA

両チームともいい感じです。

INDはなんといっても、肩の手術でどこにいったのやらさっぱりだったラックが戻ってきました。これはプレシーズンといっても非常に大きいでしょう。現地でもこれはいい感じちゃうのといういいプレーをしていました。スクランブルしてほえたり。今日は6/9, 64ydsという内容。あやつが戻ってくるのは何より大きいでしょう。なぜかすごいファンブルした形跡がありますが大事には至ってない感じ。ディフェンスはよく守ってます。ヘルメットトゥヘルメットのタックルの新ルールではじめて退場になった人がいました。

SEAは負けましたが、ラッセル・ウィルソンはTDとってますし心配ないよう。ランをみんなでわりと出してます。あとはパスゲームをがんばるだけですね。ディフェンスは看板だからもっとがんばらないと。ラックに花を持たせてる場合じゃない。

DAL 21-24 SF

両チームとも悪くないです。

DALはプレスコットが最初からいいドライブでTDとるし、ラッシュとやらが15/23,145yds,1TDとアピールしてます。ランもパスもいい感じ。その割にディフェンスがよくないのか負けてしまいましたが。徐々にね。

SFはガロポロは普通に出てきましたが、そのあとのベサードとやらとマレンズとやらがすごいがんばってチームを勝利に導いています。目立ったのはRBのモーステット。いい走りで8att, 57ydsと現地でも評価されています。今日はすごいレシーバー陣ががんばってDALから356ydsとってます。何より勝ったのがいいですね。

HOU 17-10 KC

いい流れできてる感じ。

HOUはQBワトソンが1ドライブだけですが復活してきました。これはHOUにも大きい。試合は空気読まないウィーデンがどしどしがんばってました。ランはなぜかQBウェブががんばってる。オフェンスはもうちょっとがんばらないとですね。ディフェンスはまずまず。

KCはマホームズがちゃんと出てきて、いい感じのプレーをしていたと現地で評価されてました。もうスミスはおらんのやからがんばらんとな。ランはちょぼちょぼ、レシーブもそこそこですが、主要メンバーは出てました。ディフェンスも負けはしましたが悪くない。少しずついきたいですね。

TEN 17-31 GB

GBのオフェンスがいいのか、TENのディフェンスがあかんのか。

GBは最初の試合なのにめちゃくちゃパスオフェンスがうまくいきました。ロジャースは出てないのですが、3人のQBがみんな100yds超え。すごい。ランはTDでてます。レシーブでバルデス=スキャンティングという不思議な名前の人が大活躍、現地でもいいのでてきたぞといわれてます。5rec, 101yds, 1TD。ディフェンスもこういう試合で17点は十分合格点でしょう。

TENはマリオタがTDとってますし心配はないのかも。オフェンスは結構いけてる。ディフェンスはさすがにトータル445ydsはとられすぎでしょう。ロジャースいないのに。がんばろう。

WAS 17-26 NE

いつもの参考にならんやつ。

WASはあれ?スミス出てない。何してるんやろ。そのかわりにマッコイがすごいがんばって13/18,189yds,2TDと大暴れしてます。ランはルーキーのガイズやったかな?いいランしていたのですが早速負傷してしまいました。ディフェンスは後半に立て続けにTDとられて逆転負け。あららー。

NEはブレイディさんもグロンカウスキーさんも出てない。参考にならないけど勝ってます。ランで140ydsとってるし。レシーブはルシエンとやらが4rec, 71yds。まあ順調ということでいいんでしょうか。どうせブレイディさんは順調ですからね。

LAR 7-33 BAL

ラムズー!!

BALはフラッコも1つTDとってますし順調。まあ相手も相手ですが、ランもよく出てるしレシーバーもいい感じ。ディフェンスも相手が相手ですが1TD、トータル170ydsにおさえてます。次のことを考えましょう。

LARは何もかもさっぱり…といいたいですが、RBケリーは13att, 77ydsといい感じです。でもパスオフェンスがさっぱりだし、ディフェンスもやられまくってます。がんばれ。せっかくよくなってきたんちゃうのん

PIT 31-14 PHI

両方ともスターターは出てない。

PITはいつものようにロスリスバーガーさんは出てない。まだ冬眠から目覚めてない。バックアップどもはよくやりました。今日はパスオフェンスがなかなかいい感じだったよう。ディフェンスは良くも悪くもなく。

PHIはウェンツもフォールズも欠場。フォールズは首のけがだそうです。ゆっくりしてください。バックアップもオフェンスはよくがんばりました。ディフェンスも全然PITと同じくらいなのですが、点がなんでこんなに離れてるんやろう。不思議。

CLE 20-10 NYG

両チームともめでたいニュース。期待の新人が活躍しました。

CLEは現地ではメイフィールドのニュースでもちきりです。タイロッド・テイラーもTDはとったのですが、11/20, 212yds, 2TDに加えてスクランブルも見事。光明!光明!ランはちょびっとなのが気がかり。レシーブはキャラウェイが3rec, 87yds,1TD、TEのニョーク?とやらが2TDといいターゲットになってました。希望を見出していこう!

NYGはイーライをはじめQBどもはまずまず。それよりも現地ではRBバークリーの評価が高いですね。4att, 43ydsはそれほどでもないですが確かに走りっぷりがかっこいい。すげえすげえと番組でもいってましたね。明るいニュースや。試合は負けたけど。

テレビでCFLがみられてます

今シカゴのホテルにいるマイク松ですこんにちは。MLBのとある球団が有望な日本人を抱えており、それがフォルス・スタート商会の本社なのではないかという情報があったためです。今回マイク松は初アメリカなのですが、MLBの試合、なんとかみにいきたいと思います。いつも陰謀めいた雰囲気のこの本社探しですが、カブスやホワイトソックスが本社だったら僕らも夢のMLB球団職員ですよ。そうだといいのになー。

さて、アメリカにきて一番楽しみなのはもちろんスポーツ観戦です。それはテレビでも同じですよね。この時期はMLBが一番。実はNFLもプレシーズンゲームが始まっているのですが、テレビで探してみると、遅い時間ですが、CFLがライブでやってました。

CFLはカナダのフットボールリーグ。ルールはNFLと若干違うらしいですが、みたところほとんど同じです。反則のときに投げられるフラッグが、NFLは黄色(フォルス・スタート商会の社章のモチーフ)ですが、CFLはオレンジになってるくらいです。

時差でライブでできるんですね。テレビではブリティッシュ・コロンビア・ライオンズ@エドモントン・エスキモーズの試合のようです。BCはGBにすごいユニフォームが似てます。EEはCLEやTBとかのユニフォームを混ぜてる感じ。

なんかみてるとちょっとずつルールが違うところがあって、それをみつけるのはおもしろいです。NFLではレシーバーがスナップ前に複数動くとイリーガルモーションだと思いますが、CFLではレシーバーがキックオフのときみたいに複数同時に走り込んでもいいみたいです。

あとこれは中継の方ですが、QBやHCの声がよく入ってます。いいんかな。

試合はBCが堅固なディフェンスでターンオーバーをとって試合を優位に進めますが、EEががんばって追い上げました。最後はヘイルメアリー的なパスをBCがINTして勝負あり。EE 23-31 BC。

こういうのがテレビでみられるのってほんと素敵です。堪能します。

村元&リード組、カップル解消

今日は夏の陣、3日目。ついにオリックの後藤又兵衛こと吉田正尚が満塁ホームランを放ち、なんとか徳川軍こと西武ライオンズに一矢報いたそうです。しかし、よく見てみると、森13号、秋山16号、山川29号、中村17号とホームラン打たれまくりでした。。。満塁に救われましたね、富井です。さすが山賊、強いや。なんとか1勝できて良かったですよ。明日からは千葉ロッテだそうです。最下位の楽天との差が2ゲームなんですが、楽天に追い抜かれて最下位転落となればいよいよ福良政権も終わりだと思うのでなんとか勝ち越したいところです。

さて、衝撃のニュースです。アイスダンスの村元哉中&クリス・リード組が突然解散してしまいました。お互い現役は続行だそうですが、こんなシーズンが始まってからどうやってパートナーを探すのでしょう。もうすでに新プログラムにも取り組んでいたはずなのですが。。。もったいない。お互いこれ以上の相手が見つかればいいのですが日本代表となると難しそうです。もう一度考え直して・・・っていうことはペア競技ではなかなかないんですよね。解消して良かったねと言えるような切磋琢磨できるカップルが2組できあがることを願っています。