大相撲11月場所2017:5日目

玉鷲、飲み会よりドラマ。事件は殺伐としてますが、久方ぶりにこんなすがすがしいニュースみたなと思うマイク松ですこんにちは。独自路線とかじゃない、飲み会より普通にドラマがみたいんだ。僕も職場の飲み会とテレビで野球なら断然野球です。そんなにえらくならなくてもいいから、飲み会より野球を選べるくらいえらくなりたいです。

5日目。実況は三輪さん、解説は正面が春日野親方、向正面が西岩親方。

照ノ富士が休場。あらー。これで大関正式陥落ですね。ゆっくり治そう。幕内にいられるだけ休もうぜ。

徳勝龍×妙義龍。徳勝龍が幕内で。しかし二本差した妙義龍が寄り切り。相手にしませんでしたね。いいぞ。徐々に強いときの妙義龍が戻ってきている。

琴勇輝×錦木。琴勇輝の突き押しを受けながらもおっつけて押した錦木、押し出しました。手がよく伸びてましたねー。

大奄美×安美錦。上手をとりにいったアミー。大奄美も胸を合わせて右四つにし、体をいかして出て行きましたが、アミーが土俵際ですくい投げで逆転しました!今日は大変でしたがしっかり勝ちましたね。蹴返しも交えながら、突き落とし気味のすくい投げ。西岩親方も感心してました。

豪風×勢。左四つですが勢がかいなを返して起こし押し出し。逆の四つですが前に出る方がいいですよね。

魁聖×輝。立ち合い押していきますが、魁聖が右を差して右四つに。かいなをつきつけて寄り切りました。西岩親方も輝は突き押しでいった方がよかったとのこと。

隠岐の海×大栄翔。突き押し合いから組みかけたところで、中に入られる前にオッキー兄さんが肩すかしで仕留めました。春日野親方は三輪さんに今場所オッキー兄さん調子いいですねと聞かれて、「そうですよね…」と不思議そうな受け答えでした。不思議じゃないもん!

遠藤×朝乃山。遠藤が右を差しました。朝乃山も起こそうとしていましたが、遠藤の左おっつけで逆に起こし、腰を落として寄り切り。キャリアの差を見せつけましたね。

千代丸×栃ノ心。栃ノ心が両前まわし。がっちり引きつけて寄り切りました。千代丸もあの形にされたらどうにもならん。

正代×荒鷲。マサヨの差し手をきめて小手投げにいく荒鷲。マサヨもどんどん前に出て行きますが、荒鷲も動き回ってもろ差しは許さず。最後は小手投げで仕留めました。動き勝ち。

宝富士×大翔丸。突き放す宝富士。大翔丸はおっつけにいきますが、宝富士が左を差して寄り切りました。左さえ差せれば。大翔丸もそれはわかっていましたが。

千代翔馬×逸ノ城。千代翔馬突き押しから右上手のはず攻め。そこから寄り切りました。逸ノ城は千代翔馬に4連敗。苦手な相手か。

千代の国×北勝富士。激しい当たりから右四つになりました。両者上手を探る展開か。おっつけあいになります。北勝富士が先に上手に手をかけましたが切られました。しかしすぐに攻めていって、のど輪から押し出し。形にあまりこだわらなかったのがよかったようです。

琴奨菊×千代大龍。ぱっともろ差しになった菊、がぶって寄り切り。今日は余裕でしたね。立ち勝ったのもよかった。

御嶽海×照ノ富士。照ノ富士休場で御嶽海不戦勝。ラッキー。

貴景勝×嘉風。貴景勝当たりからいなして押し出し。嘉風も当たりでくらっときたのか、抵抗らしい抵抗ができませんでしたね。貴景勝のいい立ち合いということか。

玉鷲×高安。今日は玉鷲の誕生日。高安に立ち合い押し込まれますが、玉鷲が突き押しから後ろを向かせて最後は送り出しました!これはいい相撲!上位を倒して存在感を出していきたいですね。春日野親方はかちあげにいったところで上体がのびてしまうのがおっつけやすいとのこと。ともかく玉鷲は横綱大関戦を終えて3-2。

豪栄道×阿武咲。阿武咲いい立ち合いでしたがゴーエードーがはたき込みました。阿武咲いいところまではいくんですが。

栃煌山×白鵬。時間前に白鵬が立ち合いました。まあそういうこともあるよね。白鵬いなして崩して押し出し。栃煌山も安定しないですね。

稀勢の里×松鳳山。のど輪で攻める松鳳山。そこから右上手をとった松鳳山がどんどん寄っていきました。あと一歩のところでキセさんが土俵際で突き落とし。ちょっと松鳳山上手が深かったですね。でも相撲は完勝でした。

大相撲11月場所2017:4日目

さっきハルマの暴行事件について、時論公論で刈屋っちが解説してました。解説自体は無難なものでしたが、「うやむやにしたり、世間が忘れるのを待つような対応をすればどうなるかは、この10年、身にしみてわかっているはずです」といってました。刈屋っちもさぞかし無念だろうと思うマイク松ですこんにちは。

というかもう理事長は刈屋っちにやってもらえばいいんだと思います。Bリーグも川淵三郎キャプテンを招聘して変わることができたんですから。

4日目。実況は厚井さん、解説は正面が舞の海さん、向正面が立浪親方。

琴勇輝×竜電。竜電が幕内についにきました。激しい突き押しに対しておっつけで対応。そしてもろ差しから寄り切り。よくねばって琴勇輝の突き押しをこらえましたね。

豪風×錦木。豪風がなぜかもろ差しに。錦木もかいなを抱えて小手投げにいきますが、ふりほどいた豪風が突き落としました。

妙義龍×安美錦。アミーもろ手からどん引き。妙義龍も前に落ちてしまいました。思い切ってやってるからかみんなくってしまいますねー。張り差しやってるのか。でもあまり引く相撲ばかりだと足が心配です。

大奄美×輝。さっと右を差した大奄美、残した輝が小手投げから後ろについて送り出しました。大奄美も右ばかりケアしてるとこうなりますね。

魁聖×隠岐の海。左四つになりました。魁聖がどう体勢を作ろうかと考えてるところで、オッキー兄さんが下手から投げました。上手の方にケアがいってたか。

遠藤×勢。左四つから遠藤前に出て行きますが、下がりながら勢が下手投げで逆転しました。遠藤は前まわしもとってたしいいかなと思ったのですが、舞の海さんは思いきっていったのが効いたとのこと。

朝乃山×大栄翔。朝乃山が突き放しますが、大栄翔が右差しから一気に走って最後は寄り倒しました。朝乃山も最初の攻めはよかったのですが、もろ差しを許してはいけないです。

千代丸×正代。いちおう二人とも九州ご当所なのか。そういえば。突き放す千代丸に対してマサヨが左四つに組みました。巻き替えたマサヨに対して外四つで出た千代丸、返しの引き落としが決まりました。同学年だし負けたくなかったかも。

千代翔馬×大翔丸。左四つに組んだあとすぐに千代翔馬が上手投げ。速攻で仕留めました。大翔丸に時間を与えるとやっかいですからね。

宝富士×栃ノ心。右四つに組みましたが宝富士が先に上手。栃ノ心は上手をとりながら腰を寄せて下手でコントロールしながら寄り切りました。決まり手は寄り倒しか。

荒鷲×逸ノ城。右四つになりました。荒鷲が土俵際で体を入れ替えて寄るも、逸ノ城がさらに体を入れ替える。荒鷲が投げにいったところで足が出てしまいました。

北勝富士×栃煌山。突き押し合いになりましたが、栃煌山に差させないようにしながら北勝富士の粘り強い突き押しで最後は押し出しました。栃煌山もこういう悪いところがでてしまうとしんどい。

照ノ富士×琴奨菊。右差し左上手の菊、がぶって寄り切りました。オマエも平幕にしてやろうか!的な。

阿武咲×嘉風。激しい突き押し合いとはたきあい。スピード勝負になりましたが、こうなると嘉風有利。どんどんステップからはたき込みました。これが嘉風の相撲!阿武咲はやっぱり若手として引いたらいかん。

御嶽海×千代の国。激しい突き押し合いから両者引きますが、御嶽海が押し返して最後は押し倒し。千代の国はまだ御嶽海に勝ってない。

豪栄道×玉鷲。ゴーエードーが手をつかず何回か待った。突き押し合いからゴーエードーがクロールのようなはたきで仕留めました。でも手はちゃんとつこう。

松鳳山×高安。左四つに組みました。お互いまわしをとろうとしますが、高安が起こしてきました。長い相撲になってきた。徐々に起こして左下手から引きつけて寄り切り。組んでからはなかなか松鳳山は自分の形にできませんでした。

稀勢の里×貴景勝。最近キセさんは仕切り前におもしろい顔をすることがあるんですが不安です。立ち合いから貴景勝がどんどん突き押していって、おっつけにもひるまず突いて押して最後は突き出しました。見事な相撲!立ち合いでしっかり押して、また全部いいところを押してるんですよね。決まってます!

千代大龍×白鵬。がばっともろ差しになった白鵬。ひじをはって寄り切りました。万全以上に強い。というかなんでこんなところで千代大龍とってるの。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2016 NHK杯(1):女子シングルSP

カレーパン大好き、富井です。特に何も言うことはありません。
さて、なんとかNHK杯。解説は荒川さん、実況は船岡さん。

ロシアのアレーナ・レオノワ。おお、続けていたんですね。「Bla Bla Bla Cha Cha Cha」3T+3Tは成功。フライングキャメルスピンもいいですね。ステップシークエンスも滑りが良いですが、もうちょっとスピードが欲しい。3FもOK。2Aもいい着氷。コンビネーションスピンも多彩なポジション。レイバックスピンのポジションも美しい。得点はともかく、楽しそうに滑っていたのが良かった。最後の投げキッスもかわいい。63.61

ロシアのポリーナ・ツルスカヤ。ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」より。3Lz+3Tは高さがあります。フライングキャメルスピンもポジションが美しい。ステップシークエンスも大きな身体をめいっぱい使って手足が美しい。男子のステップみたい。スピードを増して3Loは幅のある美しいジャンプ。2Aも飛距離がすごい。コンビネーションスピンもポジションがきれいで回転がはやい。レイバックスピンの回転も速い。曲に合わせてピタッと止まるところがかっこいい。ロシア女子、次々出てきますね。何人グランプリシリーズに居るんだ。70.04

カナダのアレイン・チャートランド。「リベルタンゴ」最初の3Lzは転倒。ジャンプ得意なのにな。3Lo+2Tとセカンドジャンプをつけました。フライングシットスピンは回転がいい。持ち味のきびきびした感じがないなあ。2Aは回転不足のよう。ステップシークエンスは緩急をよく使えています。でも、ちょっと体調悪そう。レイバックスピンは回転がいい。コンビネーションスピンはまずまずかな。49.60

韓国のパク・ソヨン。映画「ブラックスワン」より。2S+2Tと3回転が入りませんでした。3LoはOK。フライングキャメルスピンもまずまず。2Aは流れのあるジャンプ。ステップシークエンスは曲に合ってていいですね。レイバックスピンは回転が速くてとてもいいスピン。コンビネーションスピンもどんどんポジションが変化して曲に合ってました。最初のジャンプが残念でした。51.54

白岩優奈。濱田先生、めちゃくちゃグランプリシリーズにいますね。「亜麻色の髪の乙女」スピードのあるスケーティング。3Lo+3Tは両足着氷。フライングシットスピンは回転が速くて良い。レイバックスピンも素晴らしいですね。氷のタッチが素晴らしい。2Aはバランスを崩してしまいましたがなんとか着氷。3Fは飛距離があります。ステップシークエンスも素晴らしい。足換えのコンビネーションスピンの回転も速い。ジャンプはもう一つでしたがスケーティングがなめらか。15歳ですか。このまま成長して欲しい。57.34

スロバキアのニコル・ライチョバー。「Une page d’amour」3T+3Tはコントロールされたジャンプ。3Lzは転倒。フライングキャメルスピンは回転が速くて良い。レイバックスピンはまずまず。2Aも流れのあるジャンプ。ステップシークエンスはもうちょっとがんばって欲しいかな。でも、丁寧にやっています。コンビネーションスピンは回転が速くて良い。53.36

アメリカのマライア・ベル。映画「シカゴ」より。3Lz+3Tは成功。レイバックスピンは回転が素晴らしいですね。ポジションも素晴らしい。フライングシットスピンもスピンに入る流れもいい。2Fになってしまいましたが、2Aは流れのあるジャンプで良い。ステップシークエンスは曲に合っててショーを見ているよう。アメリカ女子っていう感じです。コンビネーションスピンも回転が速くて最後のポーズに至るまで隙が無い。でも、3回転ジャンプが入らなかったので表情が冴えません。57.25

イタリアのカロリーナ・コストナー。7年ぶりのNHK杯だそうです。「行かないで」3T+3Tは1つめのジャンプが良すぎましたかね。3Loも高さがあります。フライングキャメルスピンの回転も素晴らしい。2Aも流れがあります。レイバックスピンもポジションがドラマチック。ステップシークエンスも見とれてしまいます。コンビネーションスピンもポジション変化が素晴らしい。完成された世界ですね。74.57

アメリカの長洲未来。ショパン「ノクターン第20番」険しい顔。3Aは高さがあるジャンプ。素晴らしい。3F+3Tも成功。フライングキャメルスピンもいいですね。3Lzは流れがあります。コンビネーションスピンの回転の速さもすごい。ステップシークエンスも気合いを感じます。レイバックスピンも完璧。おお、3つの3回転ジャンプを揃えましたね!すごい。気迫がすごい。65.17。もうちょっと点を上げて欲しいな。

本郷理華。初NHK杯。「カルミナ・ブラーナ」3F+3Tは幅があるジャンプ。レイバックスピンも回転が速くて良い。フライングキャメルスピンもポジションが美しい。片手を上げた3Lzも成功。2Aも片手を上げてコントロールされたジャンプ。ステップシークエンスもスピードがあって良いです。コンビネーションスピンも速い。流れが途切れず、走りきりました。素晴らしいです!65.83

宮原知子。映画「SAYURI」より。スピードがすごい。3Lz+2Tになってしまいましたが着氷は上手く行きました。フライングキャメルスピンも回転が速い。コンビネーションスピンもポジションチェンジが速い。3Loは流れのあるジャンプ。ステップもスピードがありますね。2Aも着氷のポジションがきれい。レイバックスピンもいい。最初のジャンプが残念でしたが、復帰戦とは思えない完成度。さすが。65.05

ロシアのエフゲニア・メドベージェワ。ショパン「ノクターン第20番」フライングキャメルスピンはポジションが美しい。ステップシークエンスも緩急が自由自在。滑りが素晴らしい。3F+3Tも流れの中で急に入ってくるのがすごい。3Loも流れが素晴らしい。2Aも幅があります。コンビネーションスピンのポジションもなぜあれが立っていられるのか。レイバックスピンも素晴らしくて最後まで流れが途切れない。うーん、すごい。79.99

○SPを終えての順位(ふりかけにちなんで)
1.メドヴェージェワのりたま
2.コストナーゆかり
3.ツルスカヤ旅行の友
4.本郷瀬戸風味
5.ミライ・ナガスかつおみりん
6.宮原大人のふりかけ

1位のメドヴェージェワは完璧。なんか夢を見ているようにあっという間に終わってしまいました。どこにも力が入ってないのに、高難度の技を繰り出してくるのが幻のよう。2位のコストナーはちょっと違ってまるで劇場にいるような感じ。もうスケーターなのか女優なのか。みたいな、こちらの夢うつつ。

3位のツルスカヤはまたすごい人出てきちゃった、って感じ。もう誰が誰やら。でも上手い。ちょっとコフトンみたいな姿勢の美しさ。4位は本郷。スピードが最後まで衰えずパワフルでした。最高の出来だったんじゃないかな。5位の長洲未来は3回転ジャンプだけだったのに点が低いんじゃないのかな・・・と思ったけど、メドヴェージェワと同じ曲なんですね。うーん、確かに並んで滑るとちょっと違いが際立ってしまうかな。この際、曲を代えるといいんじゃないでしょうか。

6位の宮原は復帰戦にしては上等。全日本にいかに間に合わせるかだけ。

大相撲11月場所2017:3日目

どんなに光を強くしても、影が消えることはけっしてない。フォースのライトサイドとダークサイドもそんな関係といえよう。(スター・ウォーズ ジェダイの哲学より)

せっかく盛り上がっていた九州場所に水を差しまくりのハルマの暴行事件。ミッキー兄さんがその命と引き替えに(相撲人生のこと、まだ生きてます)守った角界にまたえらい事件が起きてしまいました。プロビデンスのとばりは角界に潜む闇をまたもや表に出してきました。とりあえず今は九州場所を無事に(もう全然無事じゃないけど)終わらせることですね。マイク松ですこんにちは。

九州場所は3日目。みんな、こんなときこそ思い出すんだ技量審査場所を。またあの冬の時代に戻りたいのか?こんなときこそ思い出すんだ永世大関を。またあの相撲をみたくないか?(後半は今関係ない)

3日目。実況は太田さん、解説は正面が北の富士さん、向正面が不知火親方。

旭秀鵬×大奄美。旭秀鵬が幕内で。張り差しにいきましたが大奄美止まらずつかまえて寄り切りました。大奄美初白星。よかったですね。緊張のインタビュー。

琴勇輝×妙義龍。妙義龍手を出して出て行きました。押し込んでいきますが、琴勇輝が逆襲で突き倒し。土俵際で妙義龍いなしましたが及ばず。

錦木×安美錦。アミーの出足に錦木逆襲。しかし土俵際ではたき込みました。決まり手は肩すかしか。それにしてもいいタイミング。

隠岐の海×豪風。豪風当たっていなしにいきますが、オッキー兄さんが首ひねり気味のはたき込み。なかなかトリッキーな決まり手でした。

輝×朝乃山。輝が小手に振って崩しにいきますが、朝乃山しのいだものの組んでしまいました。もろ差しになった輝が寄り切り。朝乃山も動きは悪くないぞ。

魁聖×碧山。碧山が足を痛めて全治1ヶ月らしく休場。魁聖ラッキー。

勢×大栄翔。大栄翔の応援団がきています。突き押しで勢を中に入れずそこから引き落とし。これはタイミングがよかった。応援のかいありましたね。

遠藤×正代。北の富士さんも前半戦屈指の好取組とのこと。マサヨのもろ差しをブロックした遠藤ですが、突き押し合いの中で左をねじ込んだマサヨが寄り切り。今場所は自分の相撲取れてるっぽい。

大翔丸×千代丸。大翔丸が千代丸の突き押しよりも先に左からおっつけ、押し出しました。相手に相撲をとらせなかったいい取り口。

栃ノ心×荒鷲。右の相四つになりましたが、栃ノ心が出たところで荒鷲の下手投げが決まりました。回転の小ささがいきた。北の富士さんは痛い方の足でこらえないといけなかったのが響いたとのこと。

宝富士×千代翔馬。千代翔馬のど輪で起こしますが、宝富士が右上手をとって裏返しに投げました。さすが右とると強い。

逸ノ城×北勝富士。北勝富士中に入ろうと低くいったところで逸ノ城が押しつぶしました。肩すかし。

松鳳山×千代の国。また松鳳山コール。さすが地元はいいですね。張り差しから張り手も繰り出す松鳳山。千代の国も受けに回りますが、間があいたところではたき込みました。やっと松鳳山に勝てた。苦手な相手でしたね。

御嶽海×琴奨菊。これはいい対戦。御嶽海が差し勝ってもろ差し。菊も抱えて出ようとしますが、御嶽海のすくい投げが決まりました。ばっちり差せましたね御嶽海。遅れ気味に立ったのがよかったと北の富士さん。

照ノ富士×嘉風。ご当地力士が続きますね。嘉風ふわっと立っておっつけから左を差して寄り切りました。タイミングというよりも安全策でしたね。これで嘉風は幕内500勝だそう。

阿武咲×高安。高安に立ち勝った阿武咲、どんどん突き押してはず押しで浮かせるところもありましたが、あと一押しというところで阿武咲の足が流れてしまいました。これはもったいない。あと少しでした。

豪栄道×栃煌山。しっかり栃煌山の立ち合いを止めたゴーエードー、肩すかしで仕留めました。楽に勝てましたね。

貴景勝×白鵬。貴景勝左右からおっつけていきますが、どちらからも白鵬がきっちりおっつけて最後は寄り切り。張り差しで当たりを止めました。貴景勝ももっと張り差しにひるまない立ち合いをみせたいですね。

日馬富士×玉鷲。ハルマ休場で玉鷲不戦勝。ラッキー。

稀勢の里×千代大龍。当たりは五分でしたが、千代大龍が引いたところをしっかり出て寄り切りました。引くとわかっていれば今の状態でもいけますね。これで自信をつけていってほしい。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2016 中国大会(4):男子シングルFS

気づくとNHK杯も終わってしまって週末も近い!まずい!全然追いつけないばかりか引き離されてしまっています、富井です。解説はさのさん、実況はカクザワさん。

カナダのケビン・レイノルズ。「平和への道程」4Loの予定が1Loに。4Tは成功。4S+3Tはサルコウの回転がちょっと足りないみたいですが、上手くコンビネーションにしました。キャメルスピンはまずまず。コレオシークエンスはスパイラルポジションがきれいなのでもうちょっと長く見たい。3Aも成功。3F+3T+3Loは最後がちょっと回転が足りないかもしれないけど成功。3S、3Lz+3Loも成功。2Aももちろん成功。両足で回るアップライトスピンもいいでうsね。ステップもおもしろい。コンビネーションスピンは回転もはやくて素晴らしい。最高とは言えませんが、なかなかの出来。3連続のトリプルジャンプは結構久々に見る気が。コーチの先生もお元気そうで嬉しい。226.50

スウェーデンのアレクサンドル・マヨロフ。映画「黄金の腕」より。4Tの予定が2T。拳銃を構えるポーズはジュベールへのオマージュか。3A+2Tは予定通り。3Lzは降りた後がかっこいい。3Fの予定が1Fに。フライングシットスピンはいいですね。ステップシークエンス歌詞に合わせて手を振ってみたり。ステップからすぐ跳んだのですが、1Aに。2A+3Tは良かったのですが、3T+2T+2Loは2Tが3回目でノーカウント。スピンに入る前に転倒してしまってスピンもノーカウント。3Sは成功。コレオシークエンスはノリの良い曲で踊りまくっています。コンビネーションスピンは良かったんだけどな。ちょっと残念。186.04

中国の張鶴。「アラビアンナイト」4Sは高さがありましたがバランスを崩してしまいました。3Aも高かったのですがセカンドジャンプがつかず。3Lz+3Tは成功。足換えのシットスピンもなかなかいいですね。ステップは普通かな。曲は良く聴いていると思うのですが。2Aのあと、3Lzとちょっと惜しいジャンプが続き、3Loはステップアウト。フライングキャメルスピンはポジションがきれいですね。コレオシークエンスはもうひとつ物足りないな。3Fは成功。2Aは3連続の予定でしたが両足着氷。コンビネーションスピンは手の位置が個性的。167.58

アメリカのグラント・ホッホスタイン。ミュージカル「オペラ座の怪人」最初のポーズが良いんですよ。4Tの予定が2Tになってしまいました。3A+2Tは何とかセカンドジャンプをつけました。4Tは転倒。回転不足のよう。足換えのキャメルスピンのあと、ボーカルの入ったところでステップシークエンス。良いところで入る3Aでしたが1Aに。3Lz+1Lo+3Sは成功。フライングシットスピンもOK。3LoもOK。3Fも何とか成功。コレオシークエンスはイーグルが素晴らしい。3T+1Tになってしまいました。残念。コンビネーションスピンは回転もはやくて美しい。うーん、ジャンプが決まらなかったのが残念。良いプログラムだけに、完璧なのを見たい。216.44

アメリカのビンセント・ジョウ。映画「ムーラン・ルージュ」より。高さのある4Lz+3T!すごい。4Fは斜めになっていましたがなんとか着氷。4Sは転倒。足換えのシットスピンも上手。見事なイーグルのコレオステップ。4Lzはステップアウト。3Aは簡単に成功。4S+2Tは成功。3LoもOK。フライングキャメルスピンも背中が柔らかい。ステップシークエンスも上手。さすが昨シーズンのジュニアチャンピオン。3Lz+1Lo+3Fも上に伸ばした両手がまっすぐ伸びていてかっこいいですね。最後のコンビネーションスピンまで良かった。すごいなあ。256.66

ロシアのアレクサンドル・ペトロフ。「Chicago」ほか。4Tは両足着氷で、回転が足りなかった。3A+2TはOK。3Aは転倒。フライングキャメルスピンはまずまず。ステップシークエンスは身体の使い方が上手ですが、もうちょとスピードがあったらな。3Lz+2Tは何とかセカンドジャンプをつけました。3Fは3連続の予定でしたが転倒。3Lzも転倒。小粋な振り付けをはさんで3Loも転倒。足換えのシットスピンは歌を歌っているよう。リズムが変わってスピード感のあるコレオシークエンス2A+2Tは3つめの2Tがカウントされず。コンビネーションスピンもかっこいいんですけど、ジャンプが残念。でも、がんばりました。フランク・シナトラの雰囲気が良く出ているプログラムで面白かったんですが・・・次、次!!成功したらめっちゃかっこいいと思います。186.02。今シーズンから4転倒で減点6点になったんですね・・・知らなかった!

中国のハン・ヤン。銀髪(のワックス・・・多分)!モテに走っている感じですが、歓声もSPより多くて、ハン・ヤンの狙い通り。「I’ll take care of you」美しい3A+3T。ビッグジャンプですね。4Tも流れのあるジャンプ。3Aも高い。フライングキャメルスピンもOK。コレオシークエンスもブルースに良く合っている。3Lzはコンビネーションの予定が単独に。3Loも高さがあります。3Lz+2T+2Loはもう一つかな。3Sは両足着氷。3Fもややバランスを崩したか。足換えのシットスピンもいい。ステップシークエンスは音楽が難しいところだなあ。ちょっと合ってない感じが。でもハン・ヤンはスケーティングが上手。足換えのコンビネーションスピンも回転がはやくて良かった。全体的にはまだ完成されてないかなという感じ。特に後半。これからの仕上がりが楽しみ。254.61

アメリカのマックス・アーロン。「オペラ座の怪人」より。4T+2Tは成功。4Sは音楽にあったジャンプで良いですね。3Loも見事。ステップはもっとスピードがあればなあ。コンビネーションスピンは回転がはやい。4Tは何とか着氷。3A+2Tも成功。3Aも高さがあります。3Lz+1Lo+3SもOK。フライングシットスピンもいいですね。コレオシークエンスのあとすぐに2A。足換えのコンビネーションスピンもOK。ジャンプミスがなくて流れが途切れませんでしたね。良くまとめました。259.69。パーソナルベストを更新。コーチも嬉しそう。

田中刑事。「フェデリコ・フェリーニ・メドレー」4Sは成功。4Tの予定が3Tに。3Aは成功。足換えのシットスピンは美しい。ステップも身体の使い方が上手。手が高橋大輔っぽい。ものすごく研究していると思う。4Sの予定が3S。高さのある3A+2T+2Loは見事。3F+3TもOK。フライングキャメルスピンはもうちょっと回転数を上げて欲しい。何でも無いところで転倒。しかし3Lzは良いジャンプ。アクシデントもはねのけますね。コレオシークエンスはコミカルだけど顔が真剣。コンビネーションスピンはポジションが美しい。247.17

スペインのハビエル・フェルナンデス。「ラ・マンチャの男」4Tの予定が3Tに。4Sのコンビネーションの予定も単独に。でも滑りが素晴らしい。3Aは両足着氷。コレオシークエンスは曲のとらえ方が素晴らしい。すぐに足換えのシットスピン。つながりが良い。3S+2Tとここも4Sの予定だったらしい。イナバウアーの後3Lo、これはOK。しかし3Aは単独になってしまい、ここはセカンドジャンプをつけるところでしたね。大きくはないけどジャンプミスが続きます。3LzはOK。2F+1Lo+2Sは大きなミスですね。コンビネーションスピンは見事。ステップはさすが上手。でもちょっとやる気が・・・。最後のコンビネーションスピンもステキ。ジャンプミスが積み重なってしまいましたね。転倒はなかったのですが。ま、不調と言うよりはオリンピックに照準を合わせているんでしょう。253.06

中国の金博洋。組曲「惑星」より。4Lzは着氷に乱れ。4Sもステッピングアウト。3A+1Lo+3Sは見事なコンビネーション。フライングキャメルスピンも良いですね。コレオシークエンスはジャズのリズムをジャッジへアピール。4Tは手をついてしまいました。続く4Tは転倒でコンビネーションにできませんでした。3Aは何とか着氷。3Lz+3Tは成功。3Fはステップアウト。良いのと悪いのが交互に来ますね。シットスピンの後、曲がスターウォーズに。ああ、この衣装、ルーク・スカイウォーカーね。ステップはもう一つかな。コンビネーションスピンはOK。うむ。後半にジャンプを集めすぎじゃないですかね。最後にステップを置いているのもしんどそう。264.48

ロシアのミハイル・コリヤダ。「エルビス・プレスリー・メドレー」ペトペトさんといい、アメリカンだね。4Lzは転倒。2Sは4Sの予定でしたが・・・。3A+3Tは高さがあるジャンプ。立て直した。フライングシットスピンはポジションも美しい。ステップは全身を使って難しいステップを踏んでいますね。4Tは流れのある美しいジャンプ。1Aになってしまいましたが、続く3Lz+1Lo+3Sは成功。3LoもOK。3Lz+2Tも最後のジャンプとは思えない高さ。コンビネーションスピンもいいですね。コレオシークエンスもエルビス。足換えのキャメルスピンもポジションが美しい。リンクサイドで見てる趙宏博兄さんの存在感がありすぎる。あんなに小さくしか映ってないのに!279.38。優勝にニッコリ。

○最終順位(551の旨い順で ※個人の感想です)
1.コリヤダ豚まん
2.金博洋焼餃子
3.アーロン海老シュウマイ
4.ビンセント・ジョウアイスキャンデー
5.ハンヤンちまき
6.フェルナンデスシュウマイ

1位はコリヤダくん。フリーは緊張していたようでしたが、何とか揃えました。まあ、上位が崩れたのも追い風になりました。でも、ロシアのエースとしての地位は固めつきありますね(コフトン・・・)。2位の金博洋も緊張してたな。難しいプログラムをこなすのが大変。でも、完成すれば面白くなりそう。

3位はノーミスのアーロン。ジャンプがきちんと入るとアーロンはすごい。上位が崩れるという条件も多少ありますが・・・4位のビンセント・ジョウもジャンプ構成がすごすぎるので、成功すればあっという間にフリーで逆転出来ますね。4Sの転倒がなかったら銀メダルだったかも。惜しかった。

5位のハン・ヤンは難しい曲に挑戦中。あの曲の流れでビッグジャンプを跳ぶのは難しいと思うけど、完成するのが楽しみ。焦らずがんばって欲しい。6位のフェルナンデスはグランプリファイナルに出るより、オリンピックの金メダルだけを目指しているとすれば、ここの順位は関係ないですね。いい調整を!