2008年3月3日

卓球世界選手権2008:決勝トーナメント(2)

それより知ってますか?富井はお友達と温泉旅行にいったみたいですよ。マイク松ですこんにちは。僕はフォルス・スタート商会の事務所で一人留守番です。温泉旅行かー。いいなー。僕も行きたいですが、お仕事がそれを許してはくれないようです。

さて、もう卓球世界選手権は終わってますが、今日は男子準決勝の試合をみておきます。

---

準決勝は韓国戦。韓国はチームランキング2位です。2位。

第1試合は吉田×リュ・スンミン。リュは世界ランク7位。こういう顔の芸人っていますよね。誰だろう。両方ともペンで裏面はないみたいですね。フォアドライブ対決。第1ゲームからドライブで仕掛けていく両者、リュのコースがいいですね。吉田も対抗しますが、サービスのキレがよく第1ゲームはリュ。第2ゲームはリュのバックドライブがすごい。ペンで裏面じゃないのにあれだけできるんですね。ドライブの打ち合いになり、フォアの厳しいコースを狙ってくるリュが打ち勝ち、第2ゲームもリュ。あ、日本女子チームが客席で応援してる。心強い。たぶん客席から福原の声が聞こえてきます。よく聞こえますね。第3ゲームもリードされますが、タイムアウトで流れを変えて、長いサービスでデュースに持ち込みます。お互いにゲームポイントをとりあいますが、最後はリュがとり、リュが3-1で勝ちました。吉田もいい粘りを見せていたんですが。

第2試合は水谷×リ・ジョウン。リもペンでドライブにパワーがあって、水谷が受けきれないこともしばしばですが、水谷のテクニックで互角に戦います。やっぱり福原の声がかすかに聞こえてくる。パワー対テクニック。9-9までいきますが、第1ゲームはリがとりました。第2ゲームは徹底したコースのゆさぶりといいブロックで水谷がリード。エッジのラッキーもあり、第2ゲームは水谷がとりました。よしゃ!

あれ?会場が水谷を応援しているような気がする。人気あるんだろうか。たぶん決勝に韓国より日本が出てきてくれた方が中国楽勝という感じじゃないだろうか。

第3ゲームはリの短い返しと粘りのレシーブでリード。水谷もコースを攻めますが、相手のレシーブもサービスもよく切れてます。水谷が受けに回ってしまい、第3ゲームはあっさりリがとります。第4ゲームは気持ちを入れ直して先手を取る攻めが出てます。打ち合いになってもいいコースに返しが決まってリード。必殺サーブもばんばん出して、第4ゲームは水谷がとりました。攻めの姿勢が戻った。第5ゲームは気迫を前面に出すリの攻め。一気に引き離されますが、水谷も追いつこうとします。そして壮絶なラリーがあってリがとって万事休す。3-2でリがとりました。水谷よくやりました。

第3試合は韓陽×ジョ・セヒュク。ジョはカットマンですね。農協の職員ぽいです。でも攻撃的なドライブとあわせて攻撃してくる世界ランキング12位。第1ゲーム、相手の裏が粒高ということで苦戦している韓陽。追いついていきますが、最後のラリーはカットとドライブのめまぐるしい切り替えでジョがとり、第1ゲームをとりました。うまいこのカットマン。ドライブもパワーあります。第2ゲームはより攻撃的にくるジョ。しかしこれが途中から裏目にでて韓陽がリードし、第2ゲームは韓陽が取りました。じっくり打ち合おうとしたところが功を奏したようです。

相変わらず女子チームの応援は続いています。福原の「韓陽さんナイスボール!」という声が聞こえます。試合で悩んでいない福原はほんとスターの輝きを放ってますよね。というかみんないい顔してます。全力を出したということでしょう。石川は座高が低いのか前の人に隠れてよく見えません。

第3ゲームは点の取り合い。しかし途中からジョのペースになり、最後は強烈なスマッシュでジョがとりました。第4ゲームは点をとりあいつつ、韓陽のレシーブが相手のミスを誘い、韓陽がとりました。フルゲームに持ち込んで第5ゲーム。ここは韓陽の粘り勝ちでした。少しジョの体力が落ちていたような感じで、粘り強い韓陽のレシーブが実を結びました。3-2で韓陽。

第4試合は水谷×リュ・スンミン。序盤から水谷がリードしていたのですが、徐々にリュが追いついてデュースに持ち込みます。粘る両者でしたが、第1ゲームは水谷がとりました。第2ゲームは水谷がリュのバックに集める作戦。そして回りこんできたらフォアに送る。しかしリュも対応してきて接戦になります。そしてリュが第2ゲームをとりました。ドライブの気迫がまさった感じです。第3ゲームも接戦でしたが、途中から水谷のブロックとレシーブがどんどんさえてきます。強力なドライブを逆に利用してコースをつき、第3ゲームは水谷。第4ゲームはリュがリードしますが、後陣での打ち合いで勝って流れを引き寄せます。しかし接戦をまたリュが制しました。フルゲームに持ち込みました。しかし第5ゲームは大差がついてしまい、水谷の粘りも及ばず届きませんでした。うーん。

日本は1-3で韓国に敗れました。しかし銅メダルは前回の14位から大きく躍進しましたし、全体的にいい試合を見せてくれました。今日にしてもなんか今後に期待できる内容。オリンピックでもいい試合見せてくれそうです。今回は水谷の才能と、吉田の熱さと、韓陽の堅実さと、大矢の声のでかさが印象に残りましたね。

---

結局優勝は男女とも中国。決勝戦は女子はシンガポールががんばりましたね。郭躍がリー・ジャウェイに0-3で負けたときはすごいなと思いましたが、中国は張怡寧と王楠がしっかりあとの3つをとって優勝。強い。男子はちょっと王皓が苦戦したくらいで結局圧勝。王励勤の笑顔が素敵すぎました。すごい微笑み。圧倒的なすてきさでした。ほんとはこっちも詳しくレビューしたいのですが、あさってからもう忙しくなりますし。これくらいにしておきます。

日本チームも男女とも表彰台に上がり、平野監督侍含めみんなうれしそうなのでよかったです。

いずれにしても卓球世界選手権すごいおもしろかったです。じっくり卓球みられました。世界レベルの卓球は今まできっと多くの人がお持ちの地味なイメージとは全く違います。ぜひ一度ごらんになってはいかがかと。

僕も意外にまだまだペンは生き残っていて、それも表だけでばっちり強い人ばっかりだということがわかったのでうれしくなりました。よかった。

投稿者 マイク松 : 00:58 | 卓球

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.falsestart.biz/tt_tb.cgi/1489

コメント

私も実は卓球好きで、全部は見ませんでしたが、見れる時はハマってました・・・
というか、見るとハマってしまうから時間を決めて見るというか・・・(笑)

女子はなんといっても平野さやかさんにつきますよね!
彼女の試合をもっともっと見たい気になりました。オリンピックも楽しみです♪
日本男子も女子に負けず強くなっていい大会でしたね。

初めうっかりテレ東で放送をみてしまい、石原氏の登場に少々引いてしまいました(笑) 悪い人ではありません・・・悪い人ではないのですが、どこか「シュゾシュゾしい」ところがあって〜(汗)

投稿者 おたか : 2008年3月5日 21:29

連投すみません!
よく見たら!ついに「卓球」の単独カテゴリーが出来てるんですね!
やった!(笑)

オリンピックにはぜひ体操のカテゴリーも増やしてほしいです〜

投稿者 おたか : 2008年3月5日 21:30

おたかさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

> 女子はなんといっても平野さやかさんにつきますよね!彼女の試合をもっともっと見たい気になりました。オリンピックも楽しみです♪

平野監督侍はとにかく精神面の強さが際だってますよね。ほんと楽しみです。

石原氏の登場に少々引いてしまいました(笑)どこか「シュゾシュゾしい」ところがあって〜(汗)

やはり同じ臭いを感じてしまいますよね。僕も締めのガッツポーズとかでどっと疲れました。

> よく見たら!ついに「卓球」の単独カテゴリーが出来てるんですね!

僕らが唯一やってるスポーツですからね!

投稿者 マイク松 : 2008年3月5日 23:52

この日、水谷と戦った蒋ほう龍はコバマサばりの
劇場王なんですよ。先日の五輪予選ではあと一勝で
一位通過という状況から連敗して予選落ちしてしまいました。台湾は団体の大将がこの人なので、目が離せません。

投稿者 cpl : 2008年3月13日 02:58

cplさん、こんにちは。はじめまして。コメントありがとうございます。

> この日、水谷と戦った蒋ほう龍はコバマサばりの劇場王なんですよ。先日の五輪予選ではあと一勝で一位通過という状況から連敗して予選落ちしてしまいました。台湾は団体の大将がこの人なので、目が離せません。

そうだったんですか!それがまた大将て!確かに毎回毎回スリリングに楽しめそうですね。チェックしておきます!

投稿者 マイク松 : 2008年3月13日 23:38

コメントしてください




保存しますか? はいいいえ