2008年4月13日

琴M紀行

旅行から帰ってきたマイク松ですこんにちは。疲れましたがとてもたのしかったです。

今回はフォルス・スタート商会の社員旅行ということで、用事ついでに愛知の蒲郡にいってきました。温泉に入ってゆっくりという感じです。古いところでしたが若者じゃあるまいし、温泉があれば十分です。スポーツ観戦は名古屋でいいのがやってなくて断念。

そのかわり今回は当サイトにとって重要な地へ足を伸ばしてきました。(このあたりから大河ドラマの歴史探訪的な雰囲気で)

愛知県岡崎市。もちろん徳川家康の最初の居城、三河武士のふるさととしても有名ですが、われらが永世大関、ミッキー兄さんのふるさとでもあります。今をときめく永世大関、さぞかし魅惑の琴M喜グッズや名所にあふれているのだろうと思い、足を伸ばした次第です。

JR岡崎駅。新快速も止まる岡崎の中心となる駅です。ここには琴M喜グッズがありませんでした。まったく。あまり情報をゲットしてこなかったので観光案内所を探しましたがみあたらず。名鉄の東岡崎駅の中にあるそうで、岡崎駅には観光情報はさっぱりありませんでした。作って下さい。観光案内所「摂理」というところを。

とりあえず観光名所にいってみようと、岡崎城にいってきました。「徳川家康」を読んでいたので(もちろん横山光輝版)、一度いってみたいところでした。もちろん歴史に残る永世大関ミッキー兄さん(いろんな意味で)、この観光名所でももちろんJR岡崎駅からローカル線愛知環状鉄道で中岡崎駅に降り、徒歩ですぐです。途中には「やんちゃ貴族」といういけないホテルがありました。名古屋はそういうのが多いです。

岡崎城。徳川家康の居城で、ここから天下統一がはじまったといえる、歴史的な史跡ですね。ここには歴史的永世大関ミッキー兄さんのグッズはありませんでした。三河武士の中にこっそり琴M喜グッズがまじっていると思っていたのに。家康館という三河における家康の軌跡がよくわかるところがありました。富井は井伊の赤揃えのかぶとをかぶってひこにゃんになりきろうとしていましたが、派手な足軽にしかみえませんでした。

このほか折に触れてあたりをみまわしてみましたが、琴M喜グッズはありませんでした。永世大関の香りがまったくしなかった、岡崎市です。

岡崎城:JR岡崎駅から愛知環状鉄道で中岡崎駅下車、徒歩10分ほど

---

ということでなかったんですよ、ミッキー兄さんグッズは!どういうことでしょうか岡崎市。家康公もお嘆きですよ。岡崎城にあった遺言碑にも「M喜は一人のM喜に非ずM喜は天下のM喜なり」と書いてありましたよ。(書いてません)こんなことではいかん。ということでわれわれが考えてみました。以下われわれが考えた、あったらいいなのミッキー兄さんグッズです。(岡崎市観光協会参考)

  • M喜まんじゅう(ほろ苦い味)
  • M喜のこ(よくだしがでるきのこ)
  • M喜漬け(かなり長期間の古漬け)(お口いっぱいにしょっぱい味が)
  • M喜じねんじょ(土俵際での粘り腰)(でも後味はさらっと)
  • M喜みそ・M喜豆腐(白星黒星を象徴)
  • 若手狩り(ぶどう狩りイベント)
  • 清酒「永世大関」(変わらない味)
  • 清酒「土俵の小鬼」(いたずら好き)
  • M喜仏壇(南無八幡大摂理)
  • M喜87火(華麗に散る)
ミッキーまんじゅうとかいうとちょっと舞浜あたりから苦情がきそうなので、M喜および永世大関あたりを登録商標することを検討してほしいですね。

続いて町おこし的イベント「琴光喜大祭」を考えてみました。「M喜祭り」だとイノキ祭りみたいになってちょっとアレなので。日本を代表する奇祭にしてみたいです。
  • 田んぼで先輩から後輩、ベテランから若手に泥を投げ合い、土をつけあう(夜通し)
  • 奉納相撲でも8勝7敗をしっかり再現
  • 神様を相手に28年連続で負け、29年に1度だけ勝つ奉納相撲もある
  • 年男がマダイを奪い合って水の中で格闘
  • マダイの稚魚放流
  • 砂浜に巨大な「横綱」という字を書いていき、それを荒波が消していく
  • 子どもが「摂理石」という石にひもをつけて、あちこちに穴をつくっていく
  • 綱が川を流れていって、自分のところに来る前に世をはかなむ短歌を詠む
  • 琴光喜御輿をみんなでかついで神社まで運んでいき、87段目から放り投げる(大破)
  • おなか痛そうな顔コンテスト
  • ミッキー兄さんの土俵生活をテーマにしたからくり人形(勝つシーンと負けるシーンが交互に)
  • 「スランプ。もうヤダ」大声コンテスト
  • 「思い切ってとってこい!」大声コンテスト
  • 7歳の男の子、8歳の女の子がうさぎをなで続ける(癒し)
これで10年後には岡崎市は琴光喜の街になりますね。ちなみに福岡県直方市には、特急「かいおう」が走ってますよ。負けずにがんばってください。まあ「ことえむき」っていう電車はたぶん、新しい駅にしか止まらない変な急行だと思いますけど。

投稿者 マイク松 : 22:47 | スペシャル

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.falsestart.biz/tt_tb.cgi/1537

巨漢投手!

始球式に琴光喜関が登場! このユニフォーム、洗濯機回るかぁ?

No BASEBALL,No LIFE. : 2008年4月18日 11:15

コメント

初めまして。いつも楽しく拝見してます。

ところでご存知ですか?
愛子様のお気に入りの力士は、
琴光喜関なんだそうですよ〜

テレビのご入学関連でさらっと話題に出ただけなので、
どこにグッときたのかが知りたいです。

投稿者 mito : 2008年4月14日 12:25

僕は生まれも育ちの岐阜のド田舎なのですが、実は大学の関係でミッキー兄さんの故郷在住なんですよね。
しかも、家の近所の駅から東岡崎まで電車で10分だったり。
まさか、結構近所に来ていたとは……とビックリです。
僕も駅の中を詳しく見てないので分かりませんが、確かに、ミッキー兄さんグッズはありませんね。
今度駅に行く機会があったら詳しく見てみます。

友人が中国(北京)に行っても三国志グッズがなかったみたいですし。(お土産は唯一の関連商品であるライターでした)
地元って、意外とないのかも。

それに、マジカルスコアって、普通に考えたらあまり誉められた成績ではないですよね。
でも、何故か望んでしまう……。
それも、ミッキー兄さんの魅力かもしれませんね。

バモM喜 バモM喜 我等と共に

もし愛子様に会う機会があったら、このチャントを教えたい……なんてジョークはどうでしょう。

投稿者 YM5 : 2008年4月14日 14:04

永世大関の地元にM喜グッズがないとは残念ですね。地元の力士のことを考えてみました。
嘉風の地元の駅には「大相撲力士嘉風関 佐伯市出身」と駅の外に看板のようなものがありました。JRから見える宇佐市の田んぼの中には「大横綱双葉山生誕の地」と書かれた大きな看板が立っていました。同じ市の出身の垣添のものがあるか知りませんが、土地柄から駅に「わが市出身の垣添関」という看板があっても不思議ではありません。
最後にCですが、この種の看板を見たことがありません。どこかに書いていないか、今度駅に行ったとき探してみます。一応大関ですが、グッズは絶対にないと思われます・・

投稿者 アリョーシャ : 2008年4月14日 20:48

みなさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

>mitoさん(はじめまして!)

> 愛子様のお気に入りの力士は、琴光喜関なんだそうですよ〜

ああこれは当サイトでももちきりです。いちおう見守る会の名誉会員的役割をはたしていただいてます(脳内で)。

>YM5さん

> 僕は生まれも育ちの岐阜のド田舎なのですが、実は大学の関係でミッキー兄さんの故郷在住なんですよね。しかも、家の近所の駅から東岡崎まで電車で10分だったり。

それは偶然でしたね!ぜひ琴M喜グッズをさがしてやってください!どこかにあるような気がするのですが…。

>アリョーシャさん

> 嘉風の地元の駅には「大相撲力士嘉風関 佐伯市出身」と駅の外に看板のようなものがありました。

大分は力士出してますものねー。それはぜひみてみたい!力士グッズor看板めぐりしたいですねー。

> 最後にCですが、この種の看板を見たことがありません。

なんですかね、オーゼキは看板出さないんですかねー。謎です。

投稿者 マイク松 : 2008年4月15日 01:09

コメントしてください




保存しますか? はいいいえ