2008年4月22日

フィギュアスケートジャパンオープン2008に、幻の珍スケータークチピーを見た!

(派手なタイトルコール)
「フィギュアスケートジャパンオープンに、幻の珍スケータークチピーを見た!」

(テーマソング)

ゆけ!ゆけ!富井と松 (元ネタ:嘉門達夫「ゆけ!ゆけ!川口浩!!」 歌詞)

富井と松が記事を書く
書いた記事を超えるような事件が起こる
記事の中にはミッキー兄さんがでる
何かに導かれるような星勘定のミッキー兄さんがでる
すると突然NFLから サイドラインのハリントンが出てくる
なぜか不思議な事に ヘルシーなのにサイドライン
ハリントンの記事が終わると ダンスが得意なサンデュ先輩が出てくる
サンデュの次はジュベールだ 富井はカープの勝利を祈る
ゆけゆけ富井と松 ゆけゆけ富井と松 ゆけゆけ富井と松 どんとゆけ!
---

われわれフォルス・スタート探検隊は、幻の珍スケーター、クチピーが出没したとの報を受け、さいたまスーパーアリーナに向かった。これは演出で、ほんとはいっていない。VTRをみているだけだが、そういう気分で読んでいただきたい。

扇情的な感じでチームの紹介が入る。われわれのもつ情報では、この大会に参加するチームヨーロッパにクチピーが入っているということらしい。あ、紹介が流された!
「チームヨーロッパは、トリノオリンピック銀メダル、世界一のスピンマスター、ランビエール。これにフィギュア界きっての美女コンビが加わる」
松:あ!副部長!左上をみてください!
富井:あれは!!

確かに左上にわれわれの追い求めるクチピーこと、シュルタイス(字ママ)が映っているではないか!しかし!なんと!ナレーターはそのクチピーが見えてないが如く、ドン無視である!さすが珍スケータークチピー!見えているのに見えていないのか!?クチピーは妖怪なのか!?

しかし、われわれを驚かせる出来事はさらに続く!

松:あ!副部長!また何かが現れました!
富井:おおっあれこそは!

チームジャパンに現れたのはなんと、失われた古代文明、いや競技を引退した古代スケーター、ホンダバンではないか!あいつはもう引退したはずだ!しかもテロップには驚愕の文字が!
「日本の第一人者」
なんということだ!ホンダバンは引退したどころか、この空間では日本の第一人者として扱われているではないか!この古代文明しかなしえない時間の逆行はどういうことなのか!それとも第一人者は、クラッシュの第一人者ということなのか!?謎はさらに深まる!

リンクにいよいよ選手が登場する。おおっ確かにリンクには、クチピーことシュルタイスがはじで手をつないで登場している!この貴重な姿を見逃すな!しかし!そんなことよりわれわれはまたもや驚愕の事実に戦慄することになる!

松:あ!副部長!ランビエールの頭が!
富井:なんということだ!

なんと、あれだけ流麗なヘヤーを誇っていたランビエールが、丸坊主になっているではないか!どういうことだ!?日本に来るからということで、ブッダのスピリチュアル・パワーを得ようとしているのか!?それとも、プルシェンコがこられず、かわりにクチピーを連れてきたということで、おわびの丸坊主ということなのか!?こんなのでごめんなさいということなのか!?

クチピーを紹介するのはテレ東のスポーツアナウンサー、小島さん。その実況は民放では高いレベルと評判だ。しかしその小島さんをもってしても、「19歳の新星、ワイルドな個性を持つ」「スウェーデンのシュルタイスをもってきていまsさて、競技の方がいよいよ」などといいにくそうに話している!何かあるのか。われわれ探検隊の興味はますます高まっている!

つづいてチームジャパンにホンダバンが登場。すごくふくらんでいる!小島さんは「チームジャパン、死角はありません!」などといっているが、これもやはりわれわれが死角が見えないだけなのだろうか!?そのはしっこにいるふっくらしたのは死角じゃないのか!?ますますホンダバンがこの会場では古代文明の禁断の法を使って黄泉がえり、いやもともと死んでいない、甦ったということなのだろうか!?

こんな衝撃の事実の中では、エルドリッジにFSのフルプログラムを滑らせるという鬼の所行などたいした問題ではない!しかしエルドリッジはしっかり滑っていたし、ミライが「エルドリッジおじちゃんすごーい」という感じで拍手をしていたのは付け加えておきたい。

そしてホンダバン登場!またもや「日本の第一人者」のテロップが。この中継クルーたちは何かに操られているのか?それにしては紹介文で「脂ののりきった」と事実を忠実に表現しているのも気になる!

プログラムはプッチーニ「トスカ」。この悲しげな音楽に乗って悲劇的なクラッシュがみられるのかと期待心配していたが、ジャンプは回転が抜けることもあるものの、大きなクラッシュはなくむしろ安定した出来。後半に入ってかなり体力的にきつくなり、トスカのテーマがホンダバン体力警報みたいに聞こえてきた。そしてホンダバン必殺技の1つ、曲終わりと演技終わりがあわずに不思議な振りをくり返すが発動!われわれ探検隊の大爆笑を誘う!そしてあやうく最大の奥義、曲終わりと同時に体力が尽きてがっくりフィニッシュ、になるかと思ったが、それはギリギリ回避。危ない!しかし十分滑っていたし、絞れば現役に戻れるんじゃないかと思わせるスケート勘のようなものは感じた。さすがだ。問題は絞れるか(以下自粛)

そして!ついにクチピーが登場!エルドリッジ、ホンダバン、クチピーという明らかにおかしい構成も気になるが、演技をみてみることにしたい。しかし!ここでまたわれわれは戦慄の映像を目撃する!

松:あ!副部長、あのマイクをみてください!
富井:おそろしい…!

なんと!クチピーに決死のインタビューを試みた命知らずがいたのか、コメントをとっているが、「いい演技をするよ、楽しんでくれ」というようなことをいっていたそばで、向けたマイクが激しくふるえていたのをわれわれは見逃さない!やっぱり食べられてしまうのか、それともかつあげされてしまうのか!?そんな決死のインタビューに拍手をおくりたい!そのあとのシュゾい人のCMはうざい!

小島さんの紹介は「口ピアスにビビッドカラーのヘアスタイルはフィギュアスケートの新たな可能性を」とかなり強引な紹介。のっけから3T+2T+2Tやら、3A+1Tという、エンジン全開で大人げなさを表現!口に指を当てたのは、「しゃべるとぶっコロス」という意思表示なのか!?怖い!その後も全部の種類のジャンプを跳んだり、バタフライスピンなどエンジン全開。ちょっとサツを警戒するような小芝居を入れたりして、小島さんにも「攻撃的なヘアスタイル」「いつも犯罪的な笑みを絶やさない」などと評価。ちょっとスピンでよろけたら「オマエら見たのか!?」などと小芝居。そして必殺のジャッジみなごろしのイーグルポーズ。ホンダバンとエルドリッジを相手に、得点差で20点ほど引き離す、容赦ないスケーティングをみせてくれた、いやみせてしまったというべきか!恐るべし、クチピー!

しかし!キスクラではマイヤー、コルピという超絶セレブを相手にあまりからむことはせず。おそるおそるハグしていたのが印象的だった。緊張していたのか、それとも硬派なところをみせていたのか。

クチピーの出番は終わったが、これがホンダバンの古代文明の生み出したという説も否定できない。われわれの目撃情報を確信に変えるため、VTRの終わりまで見守っていきたい。なお、今回出場した他の人の演技は、とりあえず今回は関係ないので下に小さくまとめておく。
  • ライサチェック…元気になったようでなにより。「世界選手権の分もこのジャパンオープンにかける」はそれほどでもないよとつっこんでおきたい。演技はばっちり。来年が楽しみ。
  • 高橋…せいいっぱい盛り上げてくれたのにな。やっぱり世界選手権の疲れがまだ抜けてませんでしたか。しょうがないよね。あ、最初の紹介VTRは見てません。長いし。
  • ランビエール…「僕の芸術を楽しんで」という頼もしい言葉。こちらもお疲れだったが4Tにトライしたりがんばってる。ジャンプはよくなかったが、CiStは今回一番。会場が坊主はどうよという雰囲気もありつつ酔いしれてた。
  • 荒川姐さん…継続的にトレーニングしているらしく、今から現役復帰しても十分上位にいけそう。表現力はどんどん上がってますね、まだ。衣装はもうちょっと普通でもいいと思う。
  • セレブ(コルピ)…調子は最悪。世界選手権で今年は終わりといったところか。でもいい、セレブだから。点数を見てしかめた顔もセレブ。
  • ミライ…ジャンプのミスはあったが力を十分みせてくれた。これだけやってくれれば文句ありません。すばらしい。キスクラでは両隣のエルドリッジとライサチェックがコーチみたいだった。
  • 中野…コンディションは最高。3Aも決めたし(回転不足だったけど)すばらしい演技をみせた。高橋が所在なさげだったほど。
  • マイヤー…この演技もすごく雰囲気があってよかった。よくこの大会にあわせてきたなあ。投げキッスがナイス。
  • マイズナー…よくきてくれた。みたかったなあ。今回は十分の働き。元気そうでなにより。キスクラでライサチェックが座れてなかった。
  • 浅田…最初の動きだけで「勝ったな」(ゲンドウ)と思ったが、ジャンプのミスはあっても後半から怒濤の技の連発。ショルダーキャノンは装備してなくてもガンダムはガンダムということで。点が出たあとでホンダバンと高橋が土下座していたのに大爆笑。ジャパンオープンにふさわしい日本文化。DOGEZA。
  • 小島さん、テレ東:今回に十分準備していたようで、カメラワークもよかった。あとは他の民放におもねらない紹介VTRカットとか(ちょうどクチピーはなかったけど)やってほしい。小島さんはさすがの出来。言葉の量もちょうどよかった。
このように適当にコメントしてしまったが、今回のわれわれの探検の目的がクチピーであるということで了解いただきたい。適当すぎる。わかっている。

続いて登場したのはランビエールの演技のあと。高速スピンで場内が沸く中、なんとクチピーはやる気のない拍手。さすが凶悪!「オレの舎弟がよくやったよ」とか「いつかオレが抜いてやるよ、ランビエールさんよお」とか思っているのだろうか。得点がでたらランビエールと肩を組んでサムアップ。妖しく光るクチピー。

次にでてきたのはコルピの演技。終わったあとでやっぱりにやにやしながら拍手してました。点を見ている間所在なさげ。なにげなくランビエールがセレブにキッスしているところ、「なんだ、オレをみてるのか?」という感じだった。周囲への警戒を怠らないクチピー。きっと日本まで敵がきているのかもしれない。…いやここで素直な感想を述べておこう。こいつ意外といいやつ

そしてマイヤーの演技の時。いい演技をしたあとでキスクラでぴょんぴょんとんでたランビエールも気になるが、またマイヤーとハグしていたランビエールを横目で見ていた。きっとマイヤーにもセレブにも「女子とはつるまねえ」などといっているに違いない。

そして最後に表彰式。$80000のチケットをいいなあとみていたクチピー。次はそのゴールドチケットをゲットするぜ、ホンダバンさんよお!(目をつける人間違ってる)とでも思っているのかもしれない。あ、大会は日本の優勝、2位欧州、3位北米という結果だったようだ。

それにしても今回、一体誰がクチピーを呼んだんだろう。いくつか説を考えてみよう。
  • JO実行委員会…きっとどこかにクチピーファンがいるんだ。
  • ランビエール…世界選手権で仲良くなったか。かわいがってくれ。
  • テレ東…確率は低いがテレビ映えするからと。いやほかの人も十分映えるから。
  • プルシェンコが指名した…接点がないな。知ってるとしたらきっと同じ色物と思われてる。
  • ベルントソンが推薦した…もうすでに舎弟にしているのか。いずれにしろ世界選手権で何かあったんだろう。
  • クチピーがついていきたがった…ひょっとしてプルシェンコに物陰からかみついて…などと考えてしまう。
今回のわれわれの探検はこれで終わった。クチピーは凶悪だがいいやつという印象で、探検の成果はここに結実した。むしろ謎としてはホンダバンがなぜ日本の第一人者なのかという方が残った。過去の第一人者でもいいなら、五十嵐さんとかサノさんとか佐藤コーチとか樋口地蔵尊とかもジャパンオープンに出場する日がくるのかもしれない。

いずれにしろ来年も珍スケータークチピーから目が離せない。われわれも「クチピーを見守る会」を結成し、しっかり、といっても見つかってかつあげされない程度に見守っていきたいと思う。ゆけ、クチピー!がんばれ、珍スケータークチピー!
(エンドロール)

投稿者 マイク松 : 00:49 | フィギュアスケート

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.falsestart.biz/tt_tb.cgi/1546

[フィギュアスケート]アンテナ先様に感謝その2+諸々

先日のジャパンオープン。「False Start」様の素晴らしい記事で、スウェーデン選手の名前を思い出す(待)。シュルタイス選手だよ…でもこの記事でもうクチピーとしか呼べなくなりそう。 とりあえずこれだけでは...

日常ツバメガエシ : 2008年4月23日 00:11

コメント

こんばんは。
いつもいつもスケートの記事にコメントをしたいと思いつつ出遅れてしまうえむぞうです。
昨日の予告を見て、クチピーの記事を楽しみにしていました(笑)
期待以上の素晴らしいレポートに大爆笑しました。本当は出遅れを気にせず世界選手権のODから順にコメントをしていこうかと思っていたのですが、爆笑の勢いでこちらにコメントしちゃいます。

ホンダバンに関して、「脂ののりきった」と事実を忠実に表現・・・のところで笑いすぎて椅子から落ちそうになり、寝ていた猫が起きてしまいました。
私はまだ放送は見ていないのですが(会場には行きました)、TVではホンダバンとクチピーはそんな風に扱われていたのですね!見るのが楽しみです。
会場では、ジャッジ皆殺しのイーグルポーズですごく客席が沸いていました。
エキシビションでは、更なる珍スケーターぶりを発揮して歓声を受けていました。日本で確実に舎弟を増やしたようです。TV放送があるようですので、こちらも是非つっこんでいただきたいです。
クチピーレポート、隅々まで面白くて最高でした!

最後になりますが、ODの記事でさり気なくHOT LIMITネタが挿入されていたのが、西川貴教ファンの自分はちょっと嬉しかったです。ここで書くのも何ですが、ありがとうございました!

投稿者 えむぞう : 2008年4月22日 01:33

おはようございます!
もう、朝から爆笑しっぱなしですよ〜。
おなかが痛いです!
なんですか、「ジャッジ皆殺しイーグル」って。>いえ、わかりましたけど(笑)
クチピーとランビが衝撃的過ぎて、男子は印象薄いです(^^;)
本田くんは、きちっと体絞ってトレーニングすればまだいけそうな気がちょっとだけしました。(最初のジャンプ、あれ現役時代だったらクアドですもんね)
女子はゆかりんとマイヤーがよかったですね!
マイヤー世界選手権ではジャンプがいまいちだったので、安心しました。
あとでもう一度、おふたりのレポート読みながら録画を見直したいと思います。

投稿者 ゆみさまま : 2008年4月22日 05:28

マイクさん、ひとつ付け加えさせて下さい。
"ランビエールのコーチは実は野球部の監督もしている“という説が我が家では急浮上です。「試合に負けたら坊主にしろ!」という野球部お決まりのせりふです。でも監督(違う)、せめてシーズンが終わるまで坊主にさせるのはやめてほしかったです。
あの頭で“ポエタ”をやったのですか?”座等一”がぴったりですよ!このプログラム、意外とランビに似合いそうです。

クチビーはシュルタイスというのですね。マイクさん始め、いろんな方がクチビーとよんでいるので、名前を聞いても誰?という感じです。ジャパンオープンはこちらでは放映されませんでしたし、ワールドの演技もみていないので本当に“幻のクチビー”です。ワールドの地上波はベルントソンから始まりましたし。こんなに突っ込みどころ満載のジャパンオープン、見たかったです。

投稿者 アリョーシャ : 2008年4月22日 07:01

祝♪クチピー日本初上陸♪
マイクさんのこの熱いエールをクチピーに捧げたいですよ〜
それにしても「珍」って…ぷぷぷ。

コルピにハグされるなんて、やったじゃんクチピー!!
でもハグが短かっ!しかもクチピーってば、「ふっ、女なんて興味ねえよ…」と言わんばかりのニヒルな笑み!
やる気のない拍手はワールドのエキシビでもそうでした。でも、そういう所が面白いです。
実はシャイだったりして?!

彼のフリー大好きなんです。
必殺イーグルは「COOL!」とコメントされてますよね。ユーロでもワールドでも黄色い声が飛んでたし。
アレは加点されるんですか?あたしがジャッジなら+3ですよ(笑)
小島さんも指摘してましたが、中盤のステップの出だしもカッコいいです。淡々と演じてますが、踊りが結構うまいと思います。
あの「しっー」はコストナーのパクリかと。「しゃべるとぶっコロス」ですか!ひい〜

今回、保護監察官(コーチ)は一緒じゃなかったのかな?

生クチピーを見られた方、ほんとに羨ましいです。

インタビュアーさんのマイクが激しくふるえていたなんて!恐るべし!。やつ、ガンでも飛ばしたんでしょうか?眉毛も金髪だから、眉毛剃って見えますが、違いますよ〜
北欧へ行った際、彼みたいなプラチナブロンドの子供がいて、光をあびるとまるで天使のようでした。
彼も子供の時はそうだったのかな〜

投稿者 コリン : 2008年4月22日 10:28

まるで放送を再放送で見ているかのように
楽しませて頂きました。
私もなぜクチピーが呼ばれたのかが知りたいです。
もしかして、関係者がここを見ていてクチピーチェックしていたとか!?
(川口浩、、、若い人はしらないでしょうね・・・
数々のネタから同年代のにおひを感じます(笑))

女王真央にかしづくホンダバンとステップ王子(テレ朝風)の図は圧巻?でしたね。

投稿者 ふくちゃん : 2008年4月22日 12:19

こんにちは。
レポート、朝から大爆笑です。確認の為にビデオを見返してしまいましたよ!
何とも所在無さげな、それとも無関心を装っているのか、「間違って地球に連れてこられた宇宙人」に見えてしまいます。そうそう彼の名前がどうしても”エイリアン”と聞こえてしまい困っています。

この時期に試合なんて選手にはきついなーと思いつつも突っ込みどこ満載でとても楽しめました。
クチピーがこれからどう進化するか楽しみが増えました。

(川口浩、懐かしーい。つでに嘉門達夫も結構好きです)

投稿者 みーちゃん : 2008年4月22日 15:36

どうもはじめまして、栗ご飯と申します。
いつも楽しく読ませていただいております。

わたくしもジャパンオープン、会場まで行ってまいりました。テレビで眺めると、生で見たのとはまた違った印象が得られました。

プロスケーター陣は、現役と比べちゃいけませんね(笑)。
モヒカンピアスのシュルタイス氏は、遠目から見れば初々しい好青年な感じでした。ホント、何でテレビで見るとあんな凶悪な…?
あとコルピ・マイヤーにハグキッスと、ランビエールの薄利多売さも見所で。コストナーが見たらなんて言うだろーか。

 そんな中で中野・マイヤー両選手の正統派の美しさは別格でした。特にマイヤーは、6分間練習の最中に派手にすっ転んでそのまましばらく動けない、というアクシデントがあって(慌ててセレブが駆け寄ってましたが、気付いたお客さん少なかったみたい)、どこか痛めていないかと心配していた矢先の完璧な演技だったので、余計に感動してしまいました。

チケット代もなかなか高いので、そう頻繁には見にいけませんが、ヤッパリ楽しかったです!

投稿者 栗ご飯 : 2008年4月22日 15:39

こんにちは☆
ジャパンオープン、プルの代わりにクチピーが!と知った瞬間から、False Startさんの更新を楽しみに待っていました。期待に違わぬ爆笑レビュー、ありがとうございます^^

地上派しか見られないので、TVの鮮明な画面でクチピーを確認したのは今回が初めてだったんですが、あれが噂のジャッジ皆殺しイーグル!!
堪能しました〜。
なのに所々に垣間見える「意外といいやつ」感。かなりはまってしまったかもしれませんクチピー。

他にもランビの坊主とか、本田君に乗り切った脂とか曲終わりの繰り返し振付とか、エルドリッジおじさんの円熟スケーティングとか、この時期に完璧演技披露する中野さんの漢気とかDOGEZAとか、ツッコミどころも見どころも満載で楽しかったです〜。

あ、あと、キミーの演技後ライサチェクが椅子に座っていなかったのは、戻ってきたキミーに恭しくひざまずいて汗拭きティッシュを差し出していたから、らしいです(真偽不明ですがどなたかの現地レポで読みました)。
ライサチェク、四大陸あたりからハジケてますね!世界選手権欠場が返す返すも残念。

カーニバルオンアイスの放送もほんとに楽しみです!

投稿者 こば : 2008年4月22日 17:05

ユーロのキスクラは”ランビエール王国 in クチピー”って感じで、正直試合よりそっちばかり気になっていました。

ランビ選手は外見は”坊主”でもやはり心には”ラテンの風”が吹き荒れているんだな〜とか。
(コルピ選手にKISSとか女性陣とハグとか)

王国の隅で所在無さげにしてるクチピー君は意外と人見知りキャラなのかな?とか。

とにかく色々気になるキスクラでした(笑)

投稿者 tica : 2008年4月22日 19:02

はじめましてm(__)m
最近ROMらせていただいております。

クチピーレポ、最高に面白かったです。
これからも楽しみにしております。
「クチピーを見守る会」に入会希望いたします(笑)。
若手有望株でもありますし、これからの彼の演技も、とても楽しみですね!!

今年の欧州チームがクチピーとトラ(トマシュ・ベルネル)だったら、
どういうキスクラだったのだろうかと妄想する、
トマシュファンの私です…

投稿者 tareko : 2008年4月22日 20:04

こんばんは〜

埼玉でクチピーを生観戦してきました。
マイクさんのおっしゃるとおり、
セレブに囲まれたクチピーはどこか借りてきた猫のようでしたよ。

EXのカーニバルオンアイスの時には、
客席で他の選手の演技を見ようとしたものの
青田買い日本人女子に見つかって
サイン攻めに逢っていました。
そんな姿は、純な青年でした。

ランビ君はまるで「兵役から帰ってきたら、恋人が亡くなっていたの」なロミジュリをEXで披露してくれました。

母の「真央ちゃんが観たいのよ!」の一言で
取った高額チケットでしたが
思い起こせばキミーちゃんも初EXだったので
良い買い物でございました。
クチピーも思いのほか早く観れたし。

投稿者 松雄 : 2008年4月22日 21:12

こんにちは! 爆笑です!!
当日は帰宅してテレビつけたらちょうどキミーの演技が終わったところだったので、前半部分の放送をまだチェックできてないです。でも読めば読むほどによみがえる、2日前の衝撃の数々。ホンダバンの「すごくふくらんでいる!」「必殺技」のくだりに爆笑。でも表現力は増していたように思いましたよ(疲れてくるまでは)。

試合前にビジョンに流れる予告もクチピーは完全無視状態でしたが、やっぱりそのまま放送されてたんですね〜。周りの席もクチピーを知る人は少ないようで、ジャッジ皆殺しイーグルで「おおっ」と沸いていました。長旅の疲れも時差ボケもニヒルに若さでカバー。既に書かれてる方もいらっしゃいますが、エキシビでの珍スケーターぶりが見モノです。ぜひチェックしてください!

マイクさんが「ランビがぴょんぴょん飛んでた」と書かれた部分、現地で見た一部始終はこうです。マイヤーの演技中、ソファの上に乗って背もたれに腰掛けて見ていて(お行儀悪い)、ジャンプが決まる度に声をあげ、演技が終わった瞬間には激しく「Hooooooooooo!」と絶叫しぼんぼん飛び跳ねてたのです。放送でも彼の声は入ってたんじゃ? そんなまるで大きな子供状態の彼の横でクチピー静かに観戦。
遠目にはど真ん中に陣取りお喋りに花が咲くランビとセレブたちの横で、クチピーはちょこんと遠慮がちに座ってるように見えましたが、これからじっくり放送をチェックします! 期待通り突っ込みどころ満載のようですね。

そうそう、マイヤー嬢が6分間練習で激しく転倒してしまいすぐに立ち上がれず、相当痛そうにしていたので心配でしたが、終わってみたらすごくいい演技で安心しました。だってはるばるスイスから来てもらってしかもオフ前のお気楽な大会なのに、怪我なんてされたら申し訳ないじゃないですか!

他チームも放送に載らない部分で面白ネタを色々発見しましたが、そんなの霞んでしまうくらいに強烈でした、今年のチームヨーロッパ。日本では無名と言っていい(ここ以外では)クチピーを呼んでくれたスタッフさん達に感謝です!

投稿者 マロン : 2008年4月22日 21:15

連投すみません!
コメント作成途中で放置してしまいました! 完成させてポチッと押したら間にたくさんのコメントが(当たり前だ)。内容の重複等々申し訳ありません〜。

投稿者 マロン : 2008年4月22日 21:24

こんばんは!笑いすぎて腹筋が痛くなってしまいました……
会場に行ってきたので、いっそう楽しく拝見致しました!
やはり注目は本田選手とクチピー選手ですよね。

脂ののりきった本田選手、フィニッシュ後即座に疲労を隠そうともしない姿に会場から笑いが…
「4分半がこんなにしんどいなんて……もう、なんでこんなことしなくちゃいけないんだろうって…」
本音を隠そうともしないインタビューにも、会場から笑いが。

そして、ご注目のクチピー選手、まさかこんなに早く来日するとは。
会場で「肉襦袢さんが体調不良につき、クチピーさんが〜」との告知を目にし、我が目を疑いました。
やんちゃに見事に盛り上げてくれました。
EXでは浅草で売っていそうな外国人観光客好みの漢字Tシャツ?着用で、連れと爆笑しました。
偶然遭遇し、ご迷惑をお掛けしないよう軽く声を掛けてみました。
「ロック似合いますね。(ジャッジ皆殺し)イーグルがイカしてます。エイドリアン、また日本に来てね」と簡潔に纏めたら、
「ロック好きなんだ。ありがとう、楽しんでくれて。名前覚えてくれて。また来たい」と簡潔に答えてくれました。
ナイフみたいに尖ってて触れば傷つけられるんじゃないかと内心少々心配で、連れなどは失禁寸前でしたが、
意外にシャイな感じで年齢相応に可愛かったです。
(とはいえ、優等生代表の小塚選手と同世代とは思えませんでしたが)

私も今後も傷つけられない程度にひっそりと、クチピー選手を観察していきたいと思います。
ではでは、長々と失礼致しました!

投稿者 びっけ : 2008年4月22日 22:32

トラバさせて頂きました。
そちらでも言っていますが、シュルタイス選手の名前をようやく思い出せました。ありがとうございました。でもこちらの印象が強すぎて、きっとクチピーとしか言わなくなると思います…。
それにしても、「シュルタイス」という音が覚えにくいのは私だけでしょうか…。

投稿者 morina0321 : 2008年4月23日 00:13

みなさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

>えむぞうさん

> ホンダバンに関して、「脂ののりきった」と事実を忠実に表現・・・のところで笑いすぎて椅子から落ちそうになり、寝ていた猫が起きてしまいました。

そうでしたか。うれしいですが猫には悪かったですね。ごめんな猫。

> TV放送があるようですので、こちらも是非つっこんでいただきたいです。

ぜひつっこませていただきたいのですが、いまいち放送時間がはっきりしないんですよね。しっかり調べます。

>ゆみさままさん

> 本田くんは、きちっと体絞ってトレーニングすればまだいけそうな気がちょっとだけしました。(最初のジャンプ、あれ現役時代だったらクアドですもんね)

ですよね!完全に体力がついていってませんが、さすがだなと思いました。第一人者ですし。

> 女子はゆかりんとマイヤーがよかったですね!マイヤー世界選手権ではジャンプがいまいちだったので、安心しました。

あの演技はすばらしかったですよね!ちゃんとコンディション維持していて拍手です。

>アリョーシャさん

>"ランビエールのコーチは実は野球部の監督もしている"という説が我が家では急浮上です

そうでしたか。やはり懲罰坊主でしたか。誰だカントク!

> 座頭市がぴったりですよ!このプログラム、意外とランビに似合いそうです。

刀持ってですね!ジャパンの話にトライしてほしいですね。

>コリンさん

> コルピにハグされるなんて、やったじゃんクチピー!!でもハグが短かっ!しかもクチピーってば、「ふっ、女なんて興味ねえよ…」と言わんばかりのニヒルな笑み!

そんな感じでしたね。ぽんぽんくらいで。硬派ですかね、硬派。

> 必殺イーグルは「COOL!」とコメントされてますよね。ユーロでもワールドでも黄色い声が飛んでたし。

地元で盛り上げる必殺技だったのかもしれませんが、こっちでも大歓声でした。よかった。

>ふくちゃんさん

> 川口浩、、、若い人はしらないでしょうね・・・数々のネタから同年代のにおひを感じます(笑)

やっぱり知らないんでしょうね…。まあ僕も歌しか覚えてないんですが。

> 女王真央にかしづくホンダバンとステップ王子(テレ朝風)の図は圧巻?でしたね。

かしづくどころか服従してましたからね!セイフク!

>みーちゃんさん

> 「間違って地球に連れてこられた宇宙人」に見えてしまいます。そうそう彼の名前がどうしても”エイリアン”と聞こえてしまい困っています。

僕なんかあいつの名前はもうクチピーしか思い出せません。困っています。

> 川口浩、懐かしーい。つでに嘉門達夫も結構好きです

いいですよね嘉門達夫。で一番好きなのがなんだかんだで川口浩です。

>栗ご飯さん(はじめまして!)

> プロスケーター陣は、現役と比べちゃいけませんね(笑)。

ですね!でもあやうくホンダバン、エルドリッジ、プルシェンコということになるところだったんですよね。誰か事前に気づいてほしいです。

> 特にマイヤーは、6分間練習の最中に派手にすっ転んでそのまましばらく動けない、というアクシデントがあって(慌ててセレブが駆け寄ってましたが、気付いたお客さん少なかったみたい)、どこか痛めていないかと心配していた矢先の完璧な演技だったので、余計に感動してしまいました。

そうでしたか!おなかでも打ったんでしょうか。でもすばらしい演技がそのあとでできるとは。さすがですねマイヤー。

>こばさん

> 地上派しか見られないので、TVの鮮明な画面でクチピーを確認したのは今回が初めてだったんですが、あれが噂のジャッジ皆殺しイーグル!!堪能しました〜。

そうなんですよ〜。よくジャッジが怒り出さないかという。命知らずです。

> キミーの演技後ライサチェクが椅子に座っていなかったのは、戻ってきたキミーに恭しくひざまずいて汗拭きティッシュを差し出していたから、らしいです

そうなんですか!ライサチェックほんとはじけてますよね!でもみんなティッシュで汗拭きますよね。

>ticaさん

> ランビ選手は外見は”坊主”でもやはり心には”ラテンの風”が吹き荒れているんだな〜とか。(コルピ選手にKISSとか女性陣とハグとか)

なかなかの役得でしたね!ラテンを隠れ蓑に(違う)

> 王国の隅で所在無さげにしてるクチピー君は意外と人見知りキャラなのかな?とか。

ナイフみたいにとがってますからね!

>tarekoさん(はじめまして!)

> 「クチピーを見守る会」に入会希望いたします(笑)。若手有望株でもありますし、これからの彼の演技も、とても楽しみですね!!

いっしょに見守っていきましょうクチピー!かつあげされない程度に!

> 今年の欧州チームがクチピーとトラ(トマシュ・ベルネル)だったら、どういうキスクラだったのだろうかと妄想する

きっと大騒ぎでしょうね。みんなであのイーグルポーズやったり。みてみたい!

>松雄さん

> 客席で他の選手の演技を見ようとしたものの青田買い日本人女子に見つかってサイン攻めに逢っていました。そんな姿は、純な青年でした。

やりますね日本人女子!命知らずな!でも青田買いは正しいです。認知度が高まってほしい。

> 母の「真央ちゃんが観たいのよ!」の一言で取った高額チケットでしたが思い起こせばキミーちゃんも初EXだったので良い買い物でございました。

お母様も楽しまれましたか!よかったですね!

>マロンさん

> マイクさんが「ランビがぴょんぴょん飛んでた」と書かれた部分、現地で見た一部始終はこうです。

なるほどよくわかりました!すごく喜んでましたものねランビエール。そんななかでもクチピーは静か。

> 日本では無名と言っていい(ここ以外では)クチピーを呼んでくれたスタッフさん達に感謝です!

よく断らなかった!ナイス!

>びっけさん

> 「4分半がこんなにしんどいなんて……もう、なんでこんなことしなくちゃいけないんだろうって…」

これは琴M喜さんの「スランプ。もうヤダ」に匹敵する名言ですね!

> 偶然遭遇し、ご迷惑をお掛けしないよう軽く声を掛けてみました。

それは貴重な経験を!ご無事で何よりです!

>morina0321さん

TBありがとうございました!

> そちらでも言っていますが、シュルタイス選手の名前をようやく思い出せました。ありがとうございました。でもこちらの印象が強すぎて、きっとクチピーとしか言わなくなると思います…。

僕も思い出すよりもまず本名が入ってませんでした。今でもよく思い出せないので、これからもクチピーで通そうと思います。

投稿者 マイク松 : 2008年4月23日 00:48

おもしろ過ぎて、とうとうコメント書いちゃいます、はじめまして、宜しくお願い致します。
特にこの記事でホンダバンさんのファンになりました、おもしろ過ぎます。
私は今回生観戦してたもので、初めてホンダバンさんの演技を観ました。
なんか「気合の入った衣装」ででてきたので、この日のためにあつらえたのでしょうか、ふっくらした身体にもピッタリで、高橋選手の衣装も並べたら、男子チームの中では日本チームがダントツに気合がはいっていたように思います。
ホンダバンさんの演技も迫力と重厚さと重々しさに溢れて素晴らしかったです。特にフライングスピンがすてきです(よく足を上げてます。)。
でも最後の・・あら?あれ?「曲終わりと演技終わりがあわずに不思議な振りをくり返す」は・・・
生観戦してる私も「早いかも・・あまっちゃうううう・・・は!」なんて。
それから、ずーとその「モジモジ動作」が忘れられなかったところだったんです。
なんか、この記事読んで「大爆笑」してやっと吹っ切れました、ありがとうございました。

投稿者 ケイトー : 2008年4月24日 00:23

はじめまして。ころりんと申します。
JOレポ最高に笑いました。

当日は生観戦していたのですが、本田プロの必殺技
>曲終わりと演技終わりがあわずに不思議な振りをくり返す
に遭遇した時は見ちゃいけないもんを見たような、どうにもいたたまれない気持ちになり
思わず目を伏せてしまいましたがここは笑う所だったのですね!気が楽になりました。
彼のあの必殺技ですが特にトスカでは発動率が高いような気がします。
っていうかあの曲、現役時代から曲終わりと演技終わりがピッタリ合ってたのを見た記憶がありません。
プロというか曲編集に問題ありなのでしょうか。
slst前のグダグダなタメも味わい深いですよね。

クチビーはマイクさんや皆さんが仰ってるように、リンク外ではシャイな印象を受けました。
チームメイトとのスキンシップにもどこか腰が引けてるような・・・人見知りするタイプかも?
大胆なのか小心なのかよくわからんですが演技中も演技後も挙動不審で面白かったです。
来シーズンの活躍が楽しみです。

ガラの放送レポも楽しみにしております。

投稿者 ころりん : 2008年4月24日 15:18

ケイトーさん、ころりんさん、こんにちは&はじめまして。コメントありがとうございます。

>ケイトーさん

> ホンダバンさんの演技も迫力と重厚さと重々しさに溢れて素晴らしかったです。特にフライングスピンがすてきです(よく足を上げてます。)。

あんなにふっくらしていたのに動きはよかったですよね。ふっくらしてもさすがホンダバンだと思いました。日本のスケート界を引っ張ってきた自負を感じました。うん。

> でも最後の・・あら?あれ?「曲終わりと演技終わりがあわずに不思議な振りをくり返す」は・・・

あれは現役時代からの仕様なので。最大の奥義までいかなくてよかったです。うん。

>ころりんさん

> どうにもいたたまれない気持ちになり思わず目を伏せてしまいましたがここは笑う所だったのですね!気が楽になりました。

その通りです。僕らもむっちゃ笑ってました。最後まで気の抜けない演技!

> 大胆なのか小心なのかよくわからんですが演技中も演技後も挙動不審で面白かったです。来シーズンの活躍が楽しみです。

まあまだまだキャリアも始まったばかりですし、挙動不審なのも少し影響してますよね(1割くらい、のこりは凶悪だから)。来シーズンはベルントソンさんとツートップになると思いますし、スウェーデン勢から目が離せません。

投稿者 マイク松 : 2008年4月24日 22:51

はじめまして。アドリアンのファンのマと申します。

アドリアン、2002年にイタリアで行われたミーシンのサマースクールに参加していました。
ですのでプルシェンコと「一応は」接点があるようですよ。
ま、ただガラの直前にケガをして滑りはしなかったらしいですし、
当時のアドリアンはびっくりするほど若いのでおそらくプルの記憶には残ってないと思いますけど(笑)

投稿者 マ : 2008年8月6日 13:12

すみません、イタリアではなくスペインでした。(恥)

投稿者 マ : 2008年8月6日 13:13

マさん、こんにちは。はじめまして。コメントありがとうございます。

> はじめまして。アドリアンのファンのマと申します。

いちおう僕もファンなのですが、クチピーとかいってすみません。

> アドリアン、2002年にスペインで行われたミーシンのサマースクールに参加していました。ですのでプルシェンコと「一応は」接点があるようですよ。

そうだったんですねー。まったく無接点はないとは思っていたのですが。滑ってはいなくてもあの凶悪さはどこか感じるものがあったのかもしれません。いつか対決、とはいっても肉襦袢.vs.クチピーとかそういう対決がみてみたいです。

投稿者 マイク松 : 2008年8月8日 00:06

コメントありがとうございます。
ファンゆえの…愛ゆえの…ということは重々承知しておりますので大丈夫ですよ!
私自身、こちらの読者様からの「愛あるブログがあるよ」というタレこみでここを知りましたし。

>肉襦袢.vs.クチピー
どちらも精神的な攻撃が得意そうですね。相手のやる気をそぐとか相手の反抗心をなくすとかの。

ちなみにクチピー最新情報ですが、
以前トゥループを跳ぶ際に負った古傷を手術(確か5月終わり〜6月頭だったかと)し、
経過は順調、そろそろ氷の上での練習に戻るつもりだそうですよん。
来季は皆殺しイーグルを超える新FSが見られることを期待しています。

投稿者 マ : 2008年8月8日 10:23

> どちらも精神的な攻撃が得意そうですね。相手のやる気をそぐとか相手の反抗心をなくすとかの。

たぶんみたとたんにかなりがっくりきそうな攻撃ですね。

> 以前トゥループを跳ぶ際に負った古傷を手術(確か5月終わり〜6月頭だったかと)し、経過は順調、そろそろ氷の上での練習に戻るつもりだそうですよん。

なるほど、そんなことになっていましたか。けがが治ればますます攻撃的な演技が期待できそうです。情報ありがとうございます!

投稿者 マイク松 : 2008年8月13日 00:08

コメントしてください




保存しますか? はいいいえ