2010年5月31日

里崎の腰の低さに驚いたり、ルーニーの老け顔に驚いた日

つい、サッカー日本代表戦を見てしまった富井です。オリックス戦を録画していたのでそれを見ようと思っていたのですが、つい。イングランドのルーニーって、24歳なんですね、あんなにおっさんぽいのに。それから闘莉王はプルシェンコに顔が似てますよね。生まれて初めて闘莉王ってキーボードを打ったら、ちゃんと変換したのにも驚きました。

さて、昨日の軽登山で全身の張りに見舞われてしまったため、スカイマークスタジアムに行くのを早々に諦め、テレビ観戦する事にしました。全身の張りって本当にあるんですね。股関節は分かるとして、首や背中まで張るとは思いませんでした。

オリックス戦に先立ち、13時から横浜×ロッテ戦があったのでそちらを見ていたのですが、横浜の加賀ってピッチャーが良く投げ、9回まで0−0の締まった試合。ロッテは渡辺俊介だったのですが、前回とは見違えるピッチングでさくさく進みます。が、延長に入ってからはランナーを出しながらじりじりとした試合展開。特に11回表は2アウト1、2塁で内川という大ピンチ。それを井口が素晴らしい守備でピンチを凌ぎ、11回裏にはいきなり先頭バッターの里崎がホームランという突然の試合終了。

横浜は惜しかった。どちらが勝ってもおかしくない試合展開でした。このヒーローインタビューが面白くて、里崎は橋本がいなくなったからなのかとても腰の低いキャラクターに大変身。西岡が22試合連続ヒット中だったのでサヨナラホームランを打ってしまったために2ベースヒットで良かったと西岡に怒られたと言って「申し訳ないですけどぼくも精一杯なんで」と言っていました。「あまり三振しない様に」「足を引っぱらない様に」と、ひたすら自虐。

残念だったのは荻野貴司の代わりに2番を務めていた早坂が滑り込んだ時に怪我をしてしまった事です。せっかく活躍のチャンスがめぐってきたのに同じような怪我・・・しかも早坂の方が大きな怪我の様で心配です。この事さえなければいい試合だったと思うのですが。

見に行けなかったオリックス戦は、今流してみているところですが、昨日のアメリカンナイトとは違ってユニホームも1995年のオリックス・ブルーウェーブ仕様だし、出囃子も1995年のヒット曲が次々流れてくる(TRFやジュディマリ、岡本真夜とか)のでR35世代としては直球ど真ん中で楽しいです。お客さんもたくさん入っているし。しかし、1995年は神戸にとってはとても重い年。神戸で仲良くなった人と話しているとたまに被災した時の話を聞く事があるのですが、やはり辛いです。1995年のオリックス・ブルーウェーブの快進撃は神戸の人たちのものなので、テレビ観戦ぐらいが私にはちょうどいいのかもしれないと思ったりしました。

さて、これから田口の活躍を見ます。

投稿者 富井副部長 : 00:54 | 野球 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月30日

マイクさん 第6回

うっかりサッカーをみてしまったマイク松ですこんにちは。論評できるほど知識がないのですが(サッカーって難しいですよね)、相手のシュートは全部止めていたのでよかったんじゃないでしょうか。きっと相手もしょんぼりしていると思いますよ。

さて。長いこと、ほんとに長いこと書いていませんでしたが、ついにあの!伝説のコンテンツが復活することになります!

マイクさん
あまりに昔でご存じない方がほとんどだと思うのですが、一時期のセントルイス・ラムズをサザエさん一家に見立てて、全員が激しくボケまくり、激しくつっこみまくるという、ハイテンションホームコメディ的なコントです。菅井君と家族石の影響を色濃く受けています。

詳細は仕切り直しの第6話(新シリーズ第1話)をみていただければと思うのですが、ここまで新しいコントが書けなかった理由を考えてみると、理由は簡単でした。あの主人公マイク・マーツさんがあちこちチームを渡り歩いたり、ドラフトでWRばっかりとったり、成績不振で解任されたり、優雅に長い休暇を過ごしたりしていたからです。

なんとかDET編までは無理して作ってみましたが、SF編を作るのに挫折し、おやすみしているときにはもちろん作れず。そんなマイク・マーツの状況にあわせようとしていたから書けなかったのです。ましてや残りのキャストにしても、マーシャル・フォークはすでに引退、バルジャーもホルトもブルースもみんな就活中という状況。こんな状況に合わせていたらずっと書けません。

そんな僕にヒントをくれたのは当のサザエさんでした。サザエさんは当初から何一つ設定が変わってないではないかと。そうすればよかったのです。ということで第6話で仕切り直し。もう第1話(セントルイス編1stシーズン)の設定のまま、ずっといくことにしました。永遠のワーナー・ブラザーズがここに。あ、ワーニャーおじさんをキャストに加えました。

そして話の材料も実際の試合ができればいいのですが、そんなにできるわけでもないので、ここは実際のNFLの出来事とか、そうでないどうでもいいこととかをとりあげてみんなで盛り上がるという形式に。これでネタさえあればいつでも書けるという状況になったのです。なんで最初からこうしなかったんだろう。でも第2話はやっぱり一番好きな回なので、実際の試合の中でも何かやってもらう回をなんとか作りたいと思います。

ということで復活したマイクさん、よろしくお願いいたします。近日中にどうでもいいトピックで第7回を書きたいと思います。ということで、次回のマイクさん、「ヴィックカメラってどんなお店?」、おたのしみに!

投稿者 マイク松 : 23:43 | スペシャル | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月29日

ヤクルト爆発、アメリカの夜

昼は摩耶山に登ってきました、富井です。たかだか600メートルの山なのですが、久しぶりに山道を歩いたので疲れ果てました。私にも富士山に登れる日が来るのでしょうか。そういう日が・・・。

さて、ヤクルトがいつ勝てるかというのも注目の的ですが(というか楽天かオリックスに勝つというのが現実的な目標)今日はアメリカンナイトというイベントがありました。最初になぜかアメリカの国歌斉唱があったり、鳴り物をやめたり、7回も球団歌でなく「野球場へ連れて行って」を歌ったりとアメリカの球場の雰囲気を味わうという趣旨だったと思うのですが、結局「鳴り物がない日本野球」になってしまって、元気がない雰囲気になってしまいました。ヤクルトが相手なんだから、「東京とか大阪とか地名で呼んで欲しいナイト」にすれば良かったと思います。東京音頭に対抗して河内おとこ節を踊ったり・・・。

昨日、G-光尊を活躍させないとか言ったので、あんまり見ない様にしていたのですが、4回はついうっかり見てしまいました。G-光尊のヒットと北川のホームランで2点と逆転。イヤな予感がしたのですが、6回に木佐貫をあっさり変えてしまってから(試合後の談話によると木佐貫のアクシデントによる交代だったらしい)ヤクルトの猛打ショー。気がつくといつの間にやらヤクルトが11得点。これはヤクルトがよくやったと言うよりオリックスがアレだったという方が正しいと思いますが、大量得点で勝ったのはめでたいですね。高田前監督も少しは心が安らいだことでしょう。

私もこれで、明日見に行きやすくなりましたよ。

投稿者 富井副部長 : 21:47 | 野球 | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月28日

マエケン8勝目!

毎日ヤクルトを飲んでいます!富井です。昨日の高田監督の辞任は仕方がないと思うものの、いざそうなってしまうと悲しいですね。せめて今日は勝ってこの決断が間違ってなかったと上昇のきっかけにして欲しいと思っていました。

さて、今日のロッテ×広島は先発が成瀬とマエケン。今日は広島が勝つでしょう。というか、マエケンで負けてしまうと本当にどこで勝てるか分からなくなってしまいます。などと考えると負けてしまいがちなのですが、今年のマエケンは凄い。ピンチを迎えてもきちんと内角低めに投げ込む技術と心の強さ。解説の池谷さんも言ってましたが、今年国際試合があったら3、4番手で投げる事になるんじゃないですかね。

強力打線を相手に8回無失点。とはいえ良く粘られ、138球を投げさせられました。9回も投げることになるのかとヒヤヒヤしましたが9回は横山がこれまたきっちり締めました。いい勝ち方でしたね。

対するロッテは不運な当たりが多かった。打撃は2番今江はいいチョイスだと思いますが、やっぱり荻野の不在が大きい。ルーキー清田がどうとかいうのはまだ早すぎると思いますが、荻野はこの2ヶ月でイチローの様な存在だったからなぁ。もちろんカープが勝ってうれしいのですが荻野がいないことにしょんぼりしてしまいます。それと成瀬はホームランも打たれず、良かったと思います。相手がマエケンでなければ勝ってます。マエケンはダルビッシュにも投げ勝ってますから・・・。

話は変わってヤクルトですが9回に追いつかれて引き分け・・・。12回まで粘ったのは良しとしても最後に1本でなかったのは残念。次こそは勝つ!次はオリックスなんだ・・・G-光尊に力を与えない様に気をつけますが、見に行ったらすみません。

投稿者 富井副部長 : 00:47 | 野球 | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年5月27日

2014年スーパーボウルがニューヨークで開催に ほか

高田監督が辞任。おつかれさまといいたいマイク松ですこんにちは。トンネルはいつか抜けます。ヤクルトにはがんばってほしいのですが、カープには他チームの心配をする余裕は残念ながらありません。わーい今日も9失点!

ということで今日は5月場所中にほっぽり出していた、NFLのニュースまとめです。

---

1. 2014年スーパーボウルがニューヨークで開催に

そういえばそうだなと思いましたが、スーパーボウルってだいたいあったかいところで開催されていたんですね。寒いところで開催されることもありましたが、それはDETやINDのような屋内スタジアムで開催されていました。そして今回はじめて、寒冷地での屋外スタジアム、ニューヨークのメドウランズ・スタジアムで開催されることになったそうです。NYGとNYJのホームスタジアムですね。

冬になると鬼のように寒いニューヨーク。BALのオーナーは寒いわと懸念を示していたり、WASはそれならワシントンでもやろうぜとKYコメント。おまけにもう今回限りでいいやんという意見もあったりします。

確かにたとえばMIA.vs.TBとか、ものすごい温暖な地区のチームがそろってニューヨークでスーパーボウルやったら、もうみんなすごい動きが鈍い感じで両チームとも吹雪に苦しめられたりして、なんかおもしろいかもです。一方に有利にならないようになってほしいですけどね。

2. DENのマクダニエルズHC、オートンのトレードを否定

DENのマクダニエルズHC。かつてはカトラーをトレードしようとして失敗、それですっかり機嫌を損ねたカトラーはCHIに移籍、代わりにオートンがやってきました。WRマーシャルも離反、MIAに移籍してしまいました。ということでオフェンスの達人にして人心を失わせる名人になってしまったのですが、このたびまた、オートンをトレードに出すのではという噂が出回っているそうです。

今回はHCもそれを否定。「今のところではオートンが1番手やで」といってるようです。さすがに今回は憶測だけなのかもしれませんが、さすが達人、功労者を次々と葬るところは晩年の高祖かと思わせますね。

でも何しろスーパールーキーQBティーボウが指名され、そういえばブレイディ・クインもトレードで獲得しているので、かなり競争になりそう。おまけにオートンは1年契約らしいので、そういう噂が出てもしょうがないですよね。HCもなぜかベイリーもオートンがんばれといっているみたいなのですが、今までが今までですからねー。とにかくオートンはがんばるしかないです。期待の新人が入ってきて発憤したケースとして、ブリーズの復活がありますからね。

3. カトラーはマイク・マーツとがんばって練習中らしい

他方CHIのカトラーは飛躍のために練習中。そりゃ飛躍ですよ。OCにマイク・マーツが惨状、いや参上しましたからね!リズミックパスオフェンスはタイミングオフェンス。一生懸命がんばっているようです。そしてオフにカート・ワーナーと会談してアドバイスをもらうそう。ワーナーはよくカトラーを気にかけてくれますよね。やはりこれはマイク・マーツの人徳というやつでしょうー!ワーナーのアドバイスがあればオニニカナボー。楽しみですわい。一方的に楽しみ!

4. オレは返り咲く!ヴィックの叫び

PHIのQBマイケル・ヴィックさん。不動のスターターだったマクナブが移籍したあと、コルブが先発ということになっていますが、ここにきて先発に返り咲く宣言をしているようです。

すわ内乱かと思いましたが、とりあえずやる気を見せているものの、まだ力不足ということは理解しているようです。今すぐというわけではないですが、常に競争していきたいという思いはあるよう。いいことです。いつまでもPHIにいるわけではないでしょうし(コルブがものになるという前提で)、そのときはしっかりできるように、今はしっかりがんばっといてもらいたいです。わんわん!

5. オーウェンスやラッセルは就活中

今就活中の若者のみなさんはがんばってほしいのですが、NFLでも就活中のみなさんがいらっしゃいますよ。

オーウェンスはBUFをFAになってから、現在就活中。SEAをはじめ複数のチームが興味を持っているらしいので、どうにかなるんでしょうか。というかハセルベックとあうんでしょうか。

OAKを放出されたジャマーカス・ラッセルも現在就活中。NFL以外でプレーするつもりはないぜといってるらしいですが、必要なチームはけっこうあるといわれていたり、規律を教えてくれるチームがいいとかいわれている割にはチームが決まりませんね。年俸で折り合わないんでしょうか。

あとウェストブルックも就活中。WASであったり、DENであったりと話はあるのですが、なかなか決まりませんねー。6月に入ったら展開があると思いたいです。

6. ホームズが飛行機でキレる

NYJに移籍したサントニオ・ホームズ。なんか飛行機の中でiPodの電源を切った切らないでけんかになったりしているそうです。おちついて。

投稿者 マイク松 : 00:55 | NFL | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月26日

大相撲5月場所2010:総括

知らない間にさっかー日本代表が他国と試合していてびっくりするマイク松ですこんにちは。世の中は負けてショックとかいっているのに、僕はいつどこで試合してたんだとびっくりしていました。W杯イヤーなのに僕はまったく乗り遅れています。あと昨日足りなかったものをニュースで小島さんが「連係」といってました。それにもまたびっくり。連係かー。

今日は軽く5月場所の総括をしておくことにします。

---

5月場所も終わってみれば13日目で白鵬の優勝が決定。優勝争いというものもない感じで、白鵬も早く優勝が決まりすぎてすまぬという言葉もありました。でもサンデースポーツで集約されてましたが、今場所は変化や張り手に対する苦言をいったりして、大相撲を引っ張るリーダーシップを発揮していましたね。すまぬというのも全体に奮起を促す言葉。久しぶりにそういう横綱が出てきて頼もしいです。そういえば朝青龍は後輩の面倒見はよかったですが、メディアの対応に追われてそういうリーダーシップは発揮しませんでしたからね。白鵬なりに考えてのことでしょう。横綱はそういうものです。

なんだか忘れそうですが、今場所一番優勝争いを期待した把瑠都は10勝ですが、新大関の場所ですからね。ミッキー兄さんの新大関の場所も10-5ながら早々と4敗してますからね。大関の中で2けた勝ったのは把瑠都だけ。よくがんばったと思います。来場所も期待したいですね。

そして魁皇が通算1000勝を達成しました。僕はどっちかというと早く魁皇に引導を渡す力士が出てこないとと思う方ですが、それでも1000勝されては賞賛するしかありませんよね。1000勝ですよ。もうこうなったら千代の富士の1045勝を抜くしかないのですが、負けず嫌いの魁皇ですし、このまま若手よ奮起せよ引導を渡せとかいっておけば、いい方向に向くような気がしますのでそうすることにしましょう。

○今場所のグッド力士(^^)

・阿覧…勝っても荒かったり変化ばっかりだった阿覧ですが、今場所はそういうのも少なく、敢闘賞をとることができましたね。とにかく相手に合わせて考えた相撲をとっていたという印象。正攻法がいちばん強いんだということがわかってもらえればもっと伸びるはずです。誰かしっかりそのことを伝えてほしい。これどこかでいってたなと思ったら、そういえばロホーやハクロザンにもいってたことを思い出しました。過ちを繰り返さないためにも、1日だけロシア語の通訳を雇ってはどうでしょうか。

・若荒雄…若荒雄こんなにでかかったっけ?という印象だったのですが、思い切った立ち合いと力強い突き押し、そして意外な動きの良さと今場所はいいところが出ていたような気がしますね。この調子ですよ。千秋楽の豊響との一番は感動でした。

・栃ノ心…8-7でも序盤に4大関を滅ぼすというプルートウぶりを発揮。負けた相手もまあ実力者ですし、その中で勝ち越したのは大きいでしょう。敢闘賞も納得です。来場所は念願の三役。すぐおっこちないように今から稽古稽古。

・霜鳳…久しぶりの活躍で2けた勝利。がんばりました。自分の四つになれば負けないという力をもっとつけましょう。旭天鵬レベルの四つの力を身につけて、長くとってほしいですね。この場所がフロックにならないようにけがには気をつけて。

次点
・ゴーエードー…病み上がりなのに9勝は立派。来場所は充実した場所にしたいですね。

●今場所のバッド力士(´д`)

・玉鷲…3-12は負けすぎですね。なんというか相撲がばらばらでした。後半はいい相撲もみられただけに、来場所はしっかりしてほしいです。親方のいうことをしっかり聴いてね。

・隠岐の海…期待の力士がこれまた相撲になってない感じ。常に攻めが後手後手にまわっていました。負け越してから持ち前の相撲が少し戻ってきたのがおもしろい。隠岐の人々の期待を背負ってやってることを忘れてはいかんです。

・鶴竜…がまんの場所が続きますね。でも来場所はいい成績を残さないと、やっぱり三役をうろうろする力士になってしまいます。そういうのはたくさんいるんで。

・栃煌山…7-8と負け越してしまいましたが、何しろ横綱大関陣に全敗なんですよね。1人でも倒してほしかった。

◎今場所の永世大関(?_?)

今場所のミッキー兄さんは9-6。良くも悪くもない上に、把瑠都以外の大関は全員9-6という、おそろしい惑星直列みたいな事態が起きています。最近ミッキー兄さんと同じ星勘定という大関多いですよね。みんなまねしちゃだめ。

しかし今場所はおそろしいほどメディアの取り扱いがなくて、きっと自縄自縛にならないように気を遣ってくれているんだなと涙ぐみながら(悲しい方ね)みていたのですが、途中で情勢は180度変わってしまいました。なんと野球トバークに関与していると週刊誌に書かれてしまったのです。

別に道ばたで倒れているところをすっぱ抜かれたとかなら笑ってすませるところなのですが、クライムとなると話は別ですよね。どうせ飛ばしだと思うのですが、正直これだけ僕もショックを受けるとは思いませんでした。望まぬ形で自分のミッキー兄さん愛が証明されたようで複雑です。当分はダーティオーゼキとして活躍していくしかないのかなあと思っていたら、別のところからきなくさいニュースがあったりして、思わぬ副産物という感じでヨーギシャが出てきそうです。

ともかく早く疑惑が晴れてほしいと思います。こっちとしてもとりあげづらくて困るので。

それで今場所の相撲なのですが、初日にでてきたときにはさっぱり体ができてなくてびっくり。減量に失敗した鷹村みたいな驚きでした。相撲を見てもさっぱり力が入ってなくて、序盤で早くも2-3。めちゃくちゃいやな予感がしました。ここで負け越すようでは、カド番ローテに組み込まれてしまう。

しかし5日目から6連勝で6-3に持ち直します。魁皇に勝って勝ち越し王手かと思いましたが、うまく上手をとられて6-4。ここでトバーク疑惑が報じられてしまいます。その日は白馬に勝ったものの、翌日は北太樹に一方的にやられ、7-5。翌日は白鵬。まだハルマや把瑠都とも対戦を残しており、負け越しの危機が訪れます。神はミッキー兄さんを見放したか。

しかし神は見放しても摂理はザ・プロビデンスことミッキー兄さんを見放さないのです。良くも悪くも。

翌日の白鵬戦は、いつも通りといえばいつも通りですが、すばらしい相撲で横綱を苦しめました。結局万全の白鵬に敗れたものの、毎場所毎場所、一番横綱を苦しめるのはミッキー兄さんなのです。これで白鵬の優勝は決まり、テレビでも白鵬がミッキー兄さんを投げ転がすところがばんばん流されました。そう、ご存じの方はご存じの通り(そんな人いませんけどね)、これが摂理パゥワーを増幅させるのです。プロビデンスの風がベルトの風車を回すのです

パゥワーを充填させたミッキー兄さん、気合いの相撲で時間前に立ち、ハルマを押し出しました。メディアの報道も激しさを増しますが、千秋楽は把瑠都を完璧な相撲で転がし、終わってみれば9-6。書いてみると結構ドラマチックですね。優勝にはまったく、1ミリもからんでないのに。

絶不調のコンディションに始まり、その上突然降ってわいたまさかの危機を乗り越え、なんとか勝ち越したものの(というか今場所はすべての大関が勝ち越したんですね)、今オフはなかなか落ち着かない日々を過ごしそうですね。せめてその間はがりがり稽古して、ボディだけは万全のコンディションで7月を迎えてほしいと思います。大丈夫、精神的にはいつも不安定だからね!気にしないで!

投稿者 マイク松 : 00:18 | 大相撲 | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月25日

大相撲5月場所2010:千秋楽

twitterにも書きましたが、龍馬伝で最初に龍馬と誰かが相撲をとるシーンがありました。2人ととって1人目(侍1)は立ち合い左四つから上手投げで龍馬の勝ち。2人目(侍2)は気合い十分。立ち合い龍馬は両前まわしをとろうとしますが、侍2が左を差して左四つに。龍馬は頭を下げて右上手を引きつけているのに対し、侍2は肩越しに上手をとります。上手で崩した龍馬、カメラが切り替わったらなぜか巻き替えてもろ差しから右下手投げ。投げの打ち合いになりますが、下手投げで龍馬の勝ち。いつ巻き替えたのかはわかりませんが、龍馬が相手の脇の下に左肩を入れて起こし、腰を落としていたので下手投げが決まりましたね。侍2は最後まで腰高になってしまいました。このようになにげない相撲のシーンでも取り口が気になってしまうマイク松ですこんにちは。殺陣のように相撲の演出も八角親方あたりにやってもらえばよかったのにと思いました。

そりゃ気になりますよね!だって今日は5月場所千秋楽だからでっす!

---

千秋楽。実況は吉田さん、解説は正面が北の富士さん、向正面が舞の海さん。リポートは東が刈屋さん、西が山口さん。

千代白鵬×玉乃島。千代白鵬が幕内で。立ち合いから突き放していきますが、あてがいながらとる玉乃島。千代白鵬が引いたところを玉乃島なんとかでていって寄り切り。あぶなかったですが勝ちました。

十両は武州山が優勝したよう。うれしそうでした。

栃乃洋×春日王。立ち合い栃乃洋左をいれますが、その前に春日王が上手投げ。ころーんと転がってしまいました。栃乃洋も鍛え直しですね。まだまだ老け込んじゃいけない。

光龍×徳瀬川。徳瀬川張り差しも光龍がもろ差しになりそうになったところで、徳瀬川が回り込みながら小手に振って小手投げ。余裕を持って転がしていました。光龍の立ち合いは悪くなかったですが。

猛虎浪×豪風。豪風突き押しからもろ差しに入りました。猛虎浪は抱えてきめだそうとしますが、出たところをうまく体を入れ替えて下手投げ。豪風勝ち越し。2人ともハチナナのようです。

十両からはレディー・臥牙丸をはじめ4人あがりそうとのこと。玉飛鳥もあがれるといいですねー。

霜鳳×隠岐の海。立ち合い右四つ。隠岐の海がうまく圧力をかけ攻めていきます。しかし隠岐の海ののど輪がはずれたところで霜鳳が送り投げにいきます。隠岐の海もなんとか押し込んで両者倒れ込み、物言いの末同体で取り直し。これは同体でいいとは思いますね。取り直しは立ち合い右四つも、霜鳳がすぐに右を入れてすくい投げでうまく投げました。いいタイミングで決まりましたね。

阿覧×北勝力。北勝力はもろ手でいきますが阿覧が踏み込んで右四つ。引きつけて寄りきりました。いい相撲でしたね。阿覧12勝で敢闘賞決定!今場所は悪い相撲もあんまりなかったし、刈屋っちにほめられてうれしそうでした。

高見盛×豪栄道。ゴーエードーもろ差し。がぶって起こし寄り切りました。ゴーエードーも序盤はどうなることかと思いましたが、終わってみれば9勝。あのコンディションでこの成績は御の字でしょう。人造人間はいつものように終盤に失速。まあ勝ち越していてよかった。

若荒雄×豊響。グレートホーンに真っ向から応じた若荒雄。突き押しとはたき、そしてぶつかりあい。激しい相撲になりました。いなしたところで若荒雄の突進がはずから入って、豊響も首投げにいきますが押し倒し。一歩も引かない気迫の相撲に場内大歓声。2人ともやるじゃないですか!すばらしい一番。こういう相撲ばかりなら大相撲も人気出るんでしょうけど。とにかく両者とも見事!

垣添×嘉風。嘉風立ち合いから左に動いて、垣添をはたいて垣添のうしろについて送り倒し。垣添も思いきって当たりたかったところですが。

木村山×若の里。若の里張り差しに対して木村山回り込みながら突き押し。しかし若の里のうまいはたきに飛び込んで負け越し。まあしょうがないですよね。

鶴竜×土佐豊。立ち合い右四つ。左上手を引いた鶴竜ですが、土俵際ですくい投げから体を入れ替えて寄り切り。両者にはもっとがんばってもらわないといけないんですけどねー。今は辛抱の時期なのでしょうか。

白鵬の連勝を示す白星の並びが。白!

北太樹×栃ノ心。栃ノ心は勝ち越しに三賞と来場所の三役がかかるそう。でも北太樹も勝ち越しをかけます。立ち合い栃ノ心かちあげと北太樹突き押しで攻める。右四つになり栃ノ心が左上手をとった。つってつりだし!これは両者の勝ちたいという気持ちがすごく伝わってきましたね。でも立ち合いですでに気迫をみなぎらせていました。栃ノ心は敢闘賞は知らなかったそうで、インタビューに呼ばれた理由がよくわからなかったそうで、喜んでいました。ほくほく。語り口がおじいちゃんぽいですよね。

旭天鵬×雅山。旭天鵬立ち合いすぐに右を差して出ていきます。土俵際の雅山の突き押しも及ばず。

豊ノ島×玉鷲。豊ノ島の差しをブロックする玉鷲だが、そこからはたきでばったり。豊ノ島も差せなかったけど玉鷲もらしくないですねー。

時天空×栃煌山。突き押しで攻める時天空、リーチをいかして突き放しながらはたき込み。栃煌山中に入れませんでしたねー。

琴奨菊×白馬。白馬千秋楽で注文相撲!最後にでました闇馬!そりゃ動きはいいのかもしれませんが、なんでこんなに闇馬が評価されるのかよくわかりません。闇!

ミッキー兄さんが土俵下に。警視庁に取り調べで呼ばれたという情報ではじめて野球トバークの話がでています。今までふれられてなかったんですが。

黒海×安美錦。アミー立ち合いもろ手から引き。あーあ。

稀勢の里×朝赤龍。立ち合い動いて上手をとりにいく朝赤龍。右四つ左上手から引きつけて寄りきりました!さっぱりなキセにみんな注文満載。

これより三役。扇の要の位置に白鵬。取り調べの位置にミッキー兄さん。

琴光喜×把瑠都。もう実況席はこれより三役とか、優勝掲額が全部外国人になっちゃうという話題にいっていますが、その意味でもミッキー兄さんが優勝しないとですね。立ち合い何かを振り払うような強烈な立ち合い!突き押しから右下手、前まわしを取りました。頭をつけながら左は手首をとって上手をブロック。把瑠都の攻めはしっかり封じておいて、左下手をとりながら逆に右からの下手投げ!把瑠都を転がしました!これはすごい気迫!オレはトバークはやってないぞといわんばかりのすくい投げでした!よっしゃよっしゃ。

魁皇×琴欧洲。これに勝つと魁皇1000勝らしいのですが、カロヤンも負けてられないですよね。立ち合い左四つ。左からすくって崩し、魁皇右上手をとりました!そして寄り切り。うわー!勝ちました!場内も大歓声、優勝が決まったような大きな歓声が。そして終わったのに魁皇コール。カロヤンもわかっているはずなのですが、上手をしっかりとりました。左の使い方がうまかった。とりあえず1000勝。おめでとうございます。直方の人よかったですね。

白鵬×日馬富士。立ち合いは白鵬。ハルマも突き放していきますが、白鵬も突き押しで応戦、右四つ左上手をとります。そして引きつけて寄りきり。ハルマもよく攻めましたが、白鵬の安定感を揺るがすほどではなかったですね。落ち着いてました。全勝優勝おめでとうございます。

投稿者 マイク松 : 00:34 | 大相撲 | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月24日

ウエスタンリーグ2010 カープ@バファローズ

外から帰ってきたら、やくるとが20失点大敗というニュースが。やはり気になるマイク松ですこんにちは。MLBの試合をみていたら、もとロッテのベニーをどこかの球団が興味を持っているといっていたのですが、何か手を打たないとですね。ベニーは元気そうでした。

今日は野球を見に行ってきました。いつものようにフォルス・スタート商会の研修観戦ですが(こういう研修は大歓迎ですよね!)、今日はなんと!オリックスの二軍戦、広島×オリックス戦を見に行ってきました。楽しかったです。今日はその模様をお伝えします。かなり長文な上に、試合に入るまでが異様に長いですが、おつきあいください。

場所は神戸サブ球場。変な名前ですが、スカイマークスタジアムのななめよこくらいにあるところです。そして今日に限ってスカイマークで一軍の交流戦、オリックス×ハンシン戦がやっているのです!球場に向かう電車の中にはたてじまのものものしい雰囲気の人たちがちらほらみられました。でもその時間だからちらほらなのであって、試合にはもちろんたくさんの人が詰めかけていたはずです。

ちょっと迷いましたが無事球場に到着。料金は500円。安!しかもファンクラブ会員はなんと無料なのです!…はい、ここで残念なニュースですが、富井は会員なのに知らずに会員証を家においてきてしまいました。「に、二軍でがんばってるやつらにお賽銭みたいなもんだよ!」とさっそくあのぶどうはすっぱいんだ発言で認知的不協和を解消。

サブ球場は普通に広いところで、違うのは観客席が少ないだけ。ネット裏に少しの外野席っぽい席と、内野の部分に芝生のエリアが少し。でも少ない分、距離がめっちゃ近くて楽しめました。僕らは早めにいってみたのですが、いちおう少ないながらも1塁側・3塁側に分かれていて、3塁側の方には広島ファンがぞろぞろ。しかもみんなおもむろにかばんからユニやTシャツを出して着ていきます。ちょっと僕ら覚悟が足りなかった。わたくしマイク松もタワレコ×カープ×奥田民生のコラボTシャツを買ったばかりだったのですが(黄色いの)、忘れてきてました。次は絶対着ていきます。

球場の施設はお客さんの人数に見合った十分なものがあります。一軍と違って何を持ち込んでも大丈夫そうですし、サブ球場の最寄り駅にはローソンが隣接しているので、こっちで買っていってもいいですね。テントでの売店もオープン。この日は暑かったので飲み物がよく売れていましたが、われわれはこちらにもっと重大なお世話になることになります。

われわれの中にお弁当ブームがちょっと到来しており、今日も球場で食べようぜということになり、おかずが肉系ばっかりで色がめっちゃ茶色いお弁当、題名「マーティ・ブラウン弁当(涙)」を作ってもっていっていたのです。早めにきたお客さんは全員お食事タイム。時間もあるしさっそくわれわれもお弁当を食べようかということになったのですが。

わ り ば し を わ す れ ま し た
お弁当も、ふりかけも、小さいマヨネーズとしょうゆの小袋も、全部もってきたのになぜおはしを。まさかの手づかみかと。徳川家康が本能寺の変のあと領地まで逃げ帰る際に立ち寄った大名家で、ごはんを手づかみで急いで食べてすぐ逃走を続けたというエピソードがありますが、われわれは全然急いでないのに手づかみかという危機が訪れました。どうする、フォルス・スタート商会!?

…ここで売店にカップラーメンが売っていることを思い出し、ジュースを買ったついでにわりばしをもらってきて事なきを得ました。手づかみの危機乗り越えた。あまりにうれしくて、わりばしを持って帰って、買ったジュースを忘れて帰るところでした。まだやったことないですが、ATMでおかねを忘れるタイプですね。気をつけよう。売店のおっちゃんらはとても気さくでした。

スタメン発表。こちらにもアナウンス担当の女性がいるのですが、すごいかわいい声で、特に広島の安部とか、オリックスの辻とか、名前が二文字の選手を「あべ(はあと)」「つじ(はあと)」みたいな感じでかわいく読み上げるのです。なんだろう、よく知りませんが、たとえばメイド喫茶のかわいいメイドさんが、お客さんをたしなめるときに、笑顔でおでこを指でつついて「だめ!」っていうみたいな感じ(「め」の方にアクセント)、そのアクセントで、「安部」とか「辻」とかいうのです。最初から最後までそれは謎でした。そういうので萌えたい方はサブ球場へどうぞ。

無事お弁当を食べて(超おいしかったです)、やれやれと思いながら守備練習を見学。富井は「やっぱ小坂みたいに守備練習みてよかった、みたいな人はいないなあ」といってましたが、そんな人はきっと一軍にいってると思いますよ。球場では先着50名の人にシートノックがおこなわれ、みんな楽しそうにしていました。いいなあシートノック。と思ったらオリックスのマスコット、ネッピーたちがきていました。時間がずれてるからこっちにもきてくれてるんだ。

そしてチアも大人数でやってきました。やっぱこっちで練習するんだろうかと思いました。カープが作戦会議しているうしろでチアダンスを披露。オリックスベンチはにやにやみていたので、これも作戦かと思ったら、思わぬ事態が発生しました。

どうやらチアの音楽(球団歌「SKY」)は球場の施設の関係か、カセットテープで流しているようなのです。そしてその機械の調子が悪いのか、歌がとぎれとぎれ、息も絶え絶えみたいな感じになってきたのです。
「あ…あああー オリッ…クスバ…ファ…ローズ…ひか…り…輝く明…日に…向か…え…」
これじゃ明日にもどこにも向かえませんよね。いやほんとなんですって!われわれも信じられなかったのですが、もちろんリズムにあわせて踊るチアたちもコマ送り状態。やはり二軍のチアダンスは練習だったのです。何があってもチアらしく動じるなと。フェイクスマイルを絶やすなと。確かにいい練習になっていました。めっちゃ笑った。チアたちも帰るときはさすがに苦笑いが止まらないようでしたが、「がんばった!がんばったでー!」と声をかけると(近いので)笑顔を返してくれました。確かにがんばった。

そんなこんなで試合開始。お弁当が終わったらもう早く始めてくれとか思っていましたが、見事な技術のグラウンド整備&水まきとか、チアの地獄の特訓とかみていたらすぐ時間になりました。たのしい。お客さんも徐々に埋まってきました。スコアブックを持ってきている女性や、選手名鑑をもっているおっちゃん、本格的な人もいますが(むしろ二軍だから選手名鑑は必要)、だいたいはゆっくりみている人が多いです。人数は五分ですが、応援の熱心さでは当然カープ優勢。誰かが仕切るわけではないのですが、スタメン発表でも選手に声がかかってたし。歌舞伎かと思いました。ラッキー7ではもちろんみんなで「それゆけカープ」を斉唱。僕もうろおぼえながらがんばって歌いました。

今日のスタメンは(うろおぼえですが)、
C 丸 安部 鞘師 田中 山本 堂林 上村 キム昇 申、先発:今村
Bs 大村 金子 銀河漂流バイナム 濱ちゃん 由田 土井 高島 辻 柴田、先発:中山

このようにぱっと見でもオリックスは一軍経験者が多く、広島は若手を育てる系が多いようです。とりあえず苦戦が予想されますが、今村・堂林が一度にみられるとあって富井はエキサイトしていました。

試合はレフト山本のちょっとどうかと思う打球処理などでオリックスが初回に1点先制。4回か5回で(あやふや)もう1点追加します。今村は間合いが長くてテンポが悪いですが(サインが遅いのかも)、ランナーをたくさん出しながらも、なんだかんだで2点におさえながら試合を作ります。

他方カープは最初から凡打凡打で日が暮れます。凡打マン。凡打シティ。中山のピッチングもよかったんですが。一度堂林の送りバントで2塁に進めますが後続は倒れ、とにかく点がとれません。最初の頃は熱心に応援していたカープファンも徐々にテンションが下がり、うしろでくだをまきながら応援していたおっちゃん(広島弁)も、元気がなくなっていました。

そんなカープファンが一気にエキサイトしたのが6回。先頭の丸がヒットで出て、次の安部がライト線にスリーベース!返球はあるものの十分帰ってこられる感じ、カープファンもようやく得点かとすごい盛り上がりました。ところが、ホームに帰ってきた丸が、キャッチャー辻のブロックする足につまずいて、盛大に転倒、ホームベースを飛び越えて倒れ伏し、ホームの向こうで動かなくなってしまいました。
静 寂
その時間は一瞬ですが、敵も味方もファンもなぜか沈黙してしまいました。僕も絶句状態。頭の中では「ベースタッチしてない!早く!」と思っているのですが、まったく声が出ません。丸はうつぶせのまま。審判も黙って見守っています。辻が気づいてタッチ。アウト。場内は爆笑の渦。カープファンもまさかの展開になかなか声援ややじがまとまりません。「えー…えー!?えーっと…えー!?」みたいな。要は丸が盛大につまずいたということだろうと思うのですが、目の前で起きたことが信じられません。確か裸の銃を持つ男にこういうシーンあったような気がする。僕もようやく「審判!今のなんとかならんのか!」と絞り出して、笑いをとっていました。スタンドの観客の思いは「信じられなーい」で一つになっていました。丸は知らない間にベンチに下がって、中谷と交代していました。どこか痛めてないといいのですが。

こちらの試合のすぐ近くで、ハンシン×オリックスも始まったようです。もうスタメン発表からトランペットと声援が盛り上がっているのが聞こえてきます。そして14:01に盛大な六甲おろしが聞こえてきました。時計を見て早いなと思ったら、やっぱりマートンが2球目を先頭打者ホームランしたようです。盛り上がっているのが聞こえてくると、戦国時代の合戦ってこんな感じだったんだろうなと思いました。

ともかく今村は十分に試合を作って中田に交代。中田も失点はしましたが、十分試合を作っていました。問題は打線。8回(たぶん)に上村とキム昇(たぶん)の連打で無死1,2塁のチャンスを作り、松山や末永といったスラッガーを送り出すのですが、あいにく気持ちよいほどの凡打。その間にランナーが1人かえり、ようやく1点をとりますが、そのあとはオリックスが古川、本やん、加藤といったピッチャーを次々と投入。カープファンはこの間移籍した長谷川を出せといっていましたが出てこず。結局C 1-3 Bsでオリックスの勝利でした。

今村は援護のない打線の中でどう粘るかという課題を早速実践していましたので、順調に育っているといっていいでしょう。堂林も帰りにファンが「あのバントうまかったなー」とほめてましたし、ちゃんとカープの未来を背負っているようでよかったです。むしろオリックスはなんでこいつら二軍におるんやろうという人も多く、層が厚いのか飼い殺されているのかよくわかりません。

以前からみたいみたいと思っていた二軍戦でしたが、なにしろグラウンドとの距離が近いし、応援は個人個人に任されているし(この組み合わせだけか?)、ファンの一体感もあるし(おもしろいヤジにみんなが笑ったり)。これで勝ったらもっと楽しいんでしょうねー。明日雨じゃなかったら早速明日も見に行ってるところでした。何回かオリックスの二軍戦で経験を積んで、充実していると評判のハンシンの二軍戦を見に行きたいと思います。

いい研修でした。

投稿者 マイク松 : 00:19 | 野球 | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月23日

大相撲5月場所2010:14日目

千秋楽は魁皇とミッキー兄さんが対戦して記録に花を添えるのかと思っていたら、もう10日目にやっていたことを思い出したマイク松ですこんにちは。こんな感じで毎日やってるのになぜ忘れる。

---

14日目。実況はゴッド岩佐、解説は正面が尾車親方、向正面が熊ヶ谷親方。リポートは東が山口さん、西が刈屋さん。さっそく昨日の白鵬とミッキー兄さんの一番が繰り返し流されています。うえーん。

玉乃島×霜鳳。霜鳳差せずに引いてしまう。玉乃島も乗じて出て行きますが、押し切れませんでした。中央で右をのぞかせ、ずるっと引き落とし。玉乃島惜しかった。霜鳳は粘りましたね。

嘉風×若荒雄。嘉風立ち合いダッキングから中に入ってうまく攻めていきます。若荒雄も突き押していき、気がついたら土俵際に追い詰めていて、押し出しました。尾車親方の前で勝てなかった嘉風、うまく攻めていたように思えたのですが。

猛虎浪×徳瀬川。猛虎浪足が流れましたがこらえて左四つ。徳瀬川巻き替えて右四つ、もう一度巻き替えて左四つ。猛虎浪が上手をしっかり引いていい体勢です。徳瀬川が引きつけて逆に圧力をかけてますね。また巻き替えて右四つ。徳瀬川は上手がとれない。大熱戦に大きな拍手。上手をとりにいったところをうまく猛虎浪が体を入れ替えて寄り切りました。いい相撲でしたねー。巻き替えの応酬は見応えがありました。

阿覧×隠岐の海。阿覧がのど輪。しっかり押し込んでおいて、最後はまわしをとって寄り切りました。のど輪強烈でしたねー。

土佐豊×栃乃洋。左四つ。栃乃洋が黄金の左を入れましたが、土佐豊が右上手をとって寄りたてます。栃乃洋は右でかかえていきますが、土佐豊が上手で振って崩し、寄り切りました。黄金の左が入ったのに。

北勝力×豪栄道。北勝力の頭からのもろ手をたぐって引き落とし。どっちもどっちですな。

垣添×木村山。立ち合い当たった垣添、当たってすぐ引いてしまいました。そこに乗じて木村山が押しだし。あそこでひいてはだめなんですよねー。

高見盛×豊響。強烈なグレートホーンではじきとばし、押し出しました。一気の相撲!会心の相撲!ゴッドもこれが豊響の相撲だと絶賛。人造人間は勝ち越して気が抜けてますかね。しっかり。

玉鷲×光龍。光龍変化。最悪だ。闇龍だ。暗龍だ。

豪風×旭天鵬。豪風がうまく中に入って二本差そうとしましたが、その前に旭天鵬が小手投げ。また尾車親方の前で負けてしまい、親方も「差さなくていいんですよね」とご機嫌ななめ。

黒海×若の里。黒海張り差しも若の里動じずもろ差し。寄り倒しました。このあたりはさすがベテラン。

時天空×栃ノ心。時天空立ち合い左に動いて押し込む。栃ノ心も土俵際で残していきますが、時天空肩すかしで倒しました。両方とも勝ち越し負け越しがかかった一番、ともに7-7になりました。栃ノ心も三役のために勝ちたかったところでしたが。

あれ?もうミッキー兄さんと魁皇ってやってたんでしたっけ?10日目か。すっかり忘れてた。

豊ノ島×鶴竜。鶴竜突き起こしておいてはたき。豊ノ島もばったり。うーんあっけない。

琴奨菊×雅山。菊が左を差して雅山の引きに乗じてがぶって寄り切りました。このところ菊の流れがいいですね。がぶりの後継者と紹介される尾車親方。

朝赤龍×栃煌山。栃煌山が右上手をとっていますが、朝赤龍が左下手をとり、栃煌山の左手首をつかんで低い体勢。これは朝赤龍の体勢ですね。膠着が続きますが、栃煌山が左を入れました。動くところで栃煌山がうまく巻き替え、朝赤龍が首投げにいきますが、うまくしのいで送り出し。これはおもしろい、一瞬の攻防がある一番でしたね。すくいなげで崩しておいての巻き替えですか。

稀勢の里×白馬。中に入ろうとした白馬を突き押して押し出し。一方的でしたね。

日馬富士×琴光喜。さてあと2日で1勝がほしいミッキー兄さん。今日はハルマですね。気合いは入っているみたいですが、あーっと時間前に立った!ハルマが押し込みますが、右左と兄さんが差しました!首投げにいこうとしますがしっかりしのいで押し出しました!よっしゃ!やった!両者の気迫がぶつかりあって、大関戦で時間前に立ち合い、その心意気やよしですね!でもハルマは待ったすればよかったかと思ったかも。いずれにしても勝ち越しです!これで千秋楽も安心。ほんとよかった。今回はほんとによくやったといってやりたいです。

北太樹×把瑠都。立ち合い張り差しにいく把瑠都ですが、左四つで寄りたてる北太樹。把瑠都しのぐが今度は北太樹右四つで寄りたてます。こらえた把瑠都が左上手をとり、上手投げ。気合いの入る一番でした。投げて最後は重ね餅。北太樹よく攻めましたね。すばらしい相撲でした。前の一番の気迫が引き継がれてました。

安美錦×魁皇。立ち合い魁皇のはたきでアミーのひざが入り、相撲がとれませんでした。なんだかんだで魁皇999勝。

白鵬×琴欧洲。白鵬のまわしがゴールドになってるー!すごい!なんかすごい!黄金聖闘士みたいや。立ち合いカロヤンの左前まわしをとった!それはうまく白鵬切るが、左四つでカロヤンの体勢!しっかり引きつけて寄ります!がんばれ!寄りたてるが白鵬投げでこらえて逆に右四つに。最後はもろ差しになって寄り切りました。今日はカロヤンよくやりましたね。引きつける前に前まわしを切られてしまいましたが、考えたいい攻めでした。

投稿者 マイク松 : 00:15 | 大相撲 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月22日

大相撲5月場所2010:13日目

たとえば今が幕末の世だとして、維新志士から「オマエは佐幕派か、倒幕派か?それとも攘夷派か?」といわれたら、たぶん思想にかかわらず攘夷派っていってしまいそうなマイク松ですこんにちは。いやトーバクも大事なのかもしれませんけどねー。今はちょっと倒幕とか佐幕とか、あんまり口にしたくない気分なんですよねー。なんでだろう?

…がんばれミッキー兄さん!今日は横綱戦!

---

13日目。実況は藤井さん、解説は正面が八角親方、向正面が舞の海さん。リポートは東が佐藤さん、西が吉田さん。

若荒雄×光龍。両者突き押しながら、若荒雄が直線的な光龍の攻めをうまくしのいで最後ははずにつきました。動きのよさがあった。

高見盛×徳瀬川。右四つで人造人間もみぎをさすが、徳瀬川が左上手をがっちり引いて寄りきり。待ったが効きましたね。わざとやるのはどうかと思いますが。

猛虎浪×北勝力。もろ手とはたきから北勝力が押して押し出し。猛虎浪も最初はうまく対処していたんですが。

嘉風×隠岐の海。隠岐の海の師匠八角親方としては小言がいいたくなりそう。しかし終盤は相撲がよくなってきて、今日もしっかり立ち合いからつかまえて寄り切りました。すごいいい相撲。負け越してから相撲が変わりましたね。この立ち合いを15日間やれと八角親方。とりあえず親方の前で勝ててよかったな。

霜鳳×豪栄道。しっかり当たった霜鳳、ゴーエードーはいなしてまわりこみ右四つに。でもゴーエードーの下手投げをくらってしまいました。せっかく右四つになったのに。でも攻めが早かった。

土佐豊×玉乃島。のど輪で押し込む玉乃島だが、左四つに。しかし今日は右上手を引いて寄りきりました。やっと自分らしい相撲がとれました。これはよかった。

九重部屋の千代の富士と北勝海のおそろしいぶつかり稽古が。おそろしい。この猛稽古やれば強くなりますよね。

木村山×豊響。豊響がグレートホーンからのど輪突き押しと流れのある相撲。木村山今日はずらし立ち合いかと思ったらまともに受けました。わからんなこいつは。

玉鷲×栃乃洋。栃乃洋が左を入れるときにはもう玉鷲の両おっつけから寄り切っていました。いい相撲!よしよし。

時天空×豪風。当たってすぐ豪風のはたき。あっさり相撲。猛稽古やってよ。

阿覧×白馬。9-3同士。右四つ左上手を阿覧がとりました。白馬も上手をとってがっちり引きつけます。しかしパワーでは阿覧、がっぷり四つから寄り切りました。この差し手争いの部分は白馬の課題かもですね。

垣添×若の里。待ったのあと若の里が強く当たります。垣添起きてしまい、引いたところをもろ差しから寄り切り。じらし立ち合いが効きました。

旭天鵬×栃ノ心。右四つ左上手を両方ともとりました。得意の四つ。旭天鵬も振って体勢を整えます。そして出て行くところを栃ノ心が体を入れ替えて逆転。旭天鵬の相撲を栃ノ心がとりましたね。やるな。

豊ノ島×黒海。豊ノ島がもろ差しを狙い、なんとか黒海ブロックしようとします。しかし黒海引いてしまい、そこを豊ノ島出て寄り切り。あれを待ってるとはすぐわかりそうなものですが、引いてしまいますかね。

北太樹×栃煌山。北太樹立ち合い変化。栃煌山も対応して左四つ。上手をとって引きつけようとしたところで栃煌山がうまく上手を切って中に入ります。引いたところを押し出し。最近評価があがっている北太樹、この一番でいい形で勝てればと思いましたが、最悪の形でしたね。あーあ。

琴奨菊×朝赤龍。左四つ。そこから起こそうとする菊ですが、逆に上手をとって上手投げで崩して倒しました。左差しに集中させていたうまい取り口。朝赤龍も体勢を作る前に起こされてしまいましたかねー。

雅山×安美錦。アミー頭でがつんと当たったところで雅山の足が流れてはたかれました。ちょっと雅山くらっときましたか。

日馬富士×琴欧洲。カロヤンが両上手をとって寄り切り。今日は立ち合いの間合いをしっかりはかって、完全に立ち勝ちましたね。よく考えたカロヤン。ハルマは立ち合いでしてやられました。

稀勢の里×把瑠都。把瑠都立ち合い左に動き、注文相撲ですね。あーあ。そこはちゃんと受けてやろうや。

鶴竜×魁皇。いい立ち合いの鶴竜、もろ手で一気に出て行きますが、土俵際で魁皇のはたき込みが決まりました。あわてなくてよかったのに、体がのびてしまいましたね。

白鵬×琴光喜。さ!きましたよ横綱戦!まあ精神的な充実度としては正直ゼロという感じだと思うのですが、逆に無心になれるかも!…いやいや無心は無理か。どうなるとしても摂理パゥワーはもう充ち満ちているはずなのですが。いい立ち合い!右を差して一気に押し込みますが、白鵬も右を入れて上手をとろうとします。一度とられてもしっかりカット。ミッキー兄さんは早く動けと実況陣にいわれてますよ。そして出たところを白鵬が小手に振って小手投げ!兄さん土俵に2回転して転がったァーッ!…白鵬の優勝決定です!2日残して優勝決まりました。あー。いつものようにすばらしい立ち合い、右差しといいところまではいっていたんですが。

あと2日。どっちか勝てるんだろうか。美しい流れとしては明日ハルマに勝って、魁皇も明日勝って、千秋楽に対戦して魁皇1000勝達成、兄さんハチナナ達成なんですが。こんな予言はどうなんだろうか。

投稿者 マイク松 : 00:33 | 大相撲 | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月21日

大相撲5月場所2010:12日目

最近オーディオプレーヤーを1つ壊して1つ落としてしまっていて、しばらく音楽が聴けてなかったので、思い切って今日はヨドバシでネットワークウォークマンを買ってきたマイク松ですこんにちは。ウォークマンブランドのものつかうって高校以来です。若者たち!昔はウォークマンはカセットだったんだぜ!

---

12日目。実況は三瓶さん、解説は正面が北の富士さん、向正面が秀ノ山親方。リポートは東が吉田さん、西が太田さん。頼もしい秀ノ山親方のコメントに北の富士さん「助かるわ」「存分にやってください」。やる気〜でろ〜。

豪風×玉乃島。豪風はず押しからもろ差しになりますが一気にはいかず、中央で膠着。慎重にいってますね。早く攻めないとといわれていましたが、豪風が外掛けで崩して寄り切りました。玉乃島も早く抱えて振り回せばよかったと思うのですが、やっぱり調子よくないんですかね。

高見盛×木村山。今日はまともにあたった木村山、突き放していきますが右を差した人造人間が寄り切りました。人造人間これで勝ち越し!久しぶりですねー。実際この位置で負け越すと大変ですから。インタビューでもぼーぼーいってました。

猛虎浪×嘉風。突き放す猛虎浪ですが、嘉風は回転のいい突き押しからのはたきでうまく攻めました。猛虎浪もつかまえるための突き押しならいいと思うのですが、突き押しで攻めてしまいましたかねー。スピードならまったく及ばない。

光龍×隠岐の海。早めに間合いを詰めた隠岐の海、左を差して右は抱え、小手投げで倒しました。負け越してからいい動きですねー。秀ノ山親方はもっとスケールの大きな相撲をとるべき、現役時代の北の富士さんのような大きな突っ張りを覚えてはどうかと如才なさを発揮。

土佐豊×若荒雄。立ち合い当たってどん引きの若荒雄。しかし突き放しで中に入れない土佐豊、低くなったところをはたかれました。思い切りが足りないという指摘がそのままあたってしまった感じ。

栃乃洋×豪栄道。ゴーエードーの強烈な立ち合いで起こされた栃乃洋、そのまま上手投げで転がされました。ゴーエードー今日はしっかり当たっていきましたね。

北勝力×豊響。もろ手で距離を取る北勝力ですが、豊響も突き押しで応戦し、はたかれないようにしながら胸をしっかり突いて押し出しました。相手をよくみていましたね。要はよくみてとれば大丈夫と北の富士さん。

霜鳳×旭天鵬。右四つ左上手がっぷりの両者。霜鳳一気に出て行きますがそこは得意の四つの旭天鵬、残して逆襲しますがこれも霜鳳も残す。さらなる寄りで力相撲を旭天鵬が制しました。相四つから先に攻めたのは霜鳳でしたが、技術で旭天鵬が勝りましたね。すごいいい一番でした。

時天空×徳瀬川。右四つ左上手をとった時天空、しっかり左右に振りながら体勢を整えて寄り切りました。四つでとるのに迷いがなかったですね。

阿覧×朝赤龍。朝赤龍もろ差し。阿覧は両かいなをかかえます。しかしいいタイミングで朝赤龍がもろ差しから寄り切り。すばらしい寄りでした。阿覧もああなるとさすがにきついか。

鶴竜×垣添。垣添の当たりを鶴竜受け止めて前まわし。これはよかったが垣添は常に動き回りながら体勢をよくしつつ、突き落とし。垣添のペースに持ち込みましたね。

玉鷲×若の里。ここまで待ったがなかったのはいいことですね。お互いにつっかけています。若の里張り差しで左四つ。玉鷲は四つでもとれますので起こしにかかりますが、足が流れてしまいました。さすがに左四つになると若の里も力出せます。

黒海×雅山。突き押し合いになりますが、黒海の前に出てる手をたぐって引き落とし。これは高等技術でしたねー。でも雅山もっと勝ってる印象あったけどな。

豊ノ島×栃煌山。栃煌山電車道で押し出しました。昨日もこれでいけてたはずですが勇み足。でもひるみませんでしたね。それがいいです。スローでもいいところおっつけてます。

稀勢の里×栃ノ心。突き押しで攻める栃ノ心でしたが、超うわづっぱりでした。キセはきっちりいいところをおっつけながら、引いたところをしっかり押し出し。まだキセのレベルには栃ノ心も届いてないみたいですね。

琴奨菊×安美錦。頭であたってもろ差しになったアミー。菊は両上手でしのごうとしますが、アミーがでていったところを土俵際の小手投げで菊が逆転!ねらってましたねー。アミーはすばらしい立ち合いだったのですが深く差しすぎましたかね。

日馬富士×魁皇。ハルマがまっすぐ当たって押しだし。みんな魁皇にむちゃいわんといて。

琴光喜×北太樹。ヤキュートバークのせいで一気に悪い形で時の人となっているミッキー兄さん。やふうトピックスにも繰り返し登場してます。ここでは把瑠都の横綱戦に向けてさっぱり語られていないですけど。まあふれないことにしているんでしょう。とにかく平幕は今日が最後、今日勝っておきたいところです。でもそう考えると自縄自縛になっちゃうし。めんどくさいなこの兄さん。立ち合い張り差しからすぐ引いてしまったミッキー兄さん、北太樹を呼び込んでしまってあっさり敗れました。あーあ。スーパー大失敗。秀ノ山親方も「情けないの一言ですよ」とあきれ口調。やはり精神的ダメージになっているんでしょうかね。ともかく北太樹はよかったです。実況席も重苦しい。

白馬×琴欧洲。立ち合いカロヤンのもろ手をたぐった白馬、そのままとったりにいってから中に入って寄りきりました。よく考えられた相撲。でも秀ノ山親方はカロヤンに小さい相手ととるには突き放せと教えてしまったらしくばつが悪そう。手を伸ばしたままではだめだとフォローしてました。

白鵬×把瑠都。さてさて把瑠都横綱戦。どうなりますかねー。今の横綱にすきはなさそうですが、いい相撲をとってほしい。立ち合いもろ手でいく把瑠都に対して白鵬も突き押し。一気に起こして押し出しました。うーん突き押しの質が違いますね。横綱はいいところを押してました。

投稿者 マイク松 : 00:49 | 大相撲 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月20日

大相撲5月場所2010:11日目

iPadの広島弁での説明。信じられないおもしろさです。そして頭にすーっと入ってくる。ほんとにすごいと思うマイク松ですこんにちは。こちらに原文があるので自分の田舎の言葉におきかえてたのしんでいます。

さて!まず取組に入る前に、久しぶりにミッキー兄さんがメディアに取り上げられたと思ったら、なんだか野球トバークに関与したといわれているみたいです!もうー!相撲をとりあげて!それにこの浴衣の柄いったい何?そっちは流すんだ?みたいな。

まあみんなが否定しているみたいなのでたぶん違うでしょう。ミッキー兄さんは釣りとかには関与してますけど、そんなところに運を使っている場合ではないのです。今後どうなるか楽しみですね!

---

11日目。実況は大坂さん、解説は正面が舞の海さん、向正面が千賀ノ浦親方。リポートは東が藤井さん、西が佐藤さん。

若荒雄×翔天狼。若荒雄でかいのに、翔天狼はそれ以上にでかいんですね。当たってすぐ引く若荒雄だが、翔天狼もあわせて引いて呼び込んでしまいました。うーん。

臥牙丸×北勝力。おっレディー・臥牙丸。しかし立ち合いがあわず北勝力の引き落としにばったり。せっかくの幕内なのに。

栃乃洋×光龍。光龍がのど輪で攻めるが、栃乃洋のもろ差しを許してしまった。そこからすくい投げ。光龍わきが甘かったですねー。ちなみにNICO Touches the Wallsのヴォーカルは光村龍哉というんですが、光龍の名前をみると光村を思い出してしまいます。

豪風×木村山。豪風の寄りをまわりこみながらしのいだ木村山、逆にのど輪で押し込んで押し倒し。あのとことこまわりこむ技術はいったいなんなんでしょうねー。

玉乃島×隠岐の海。立ち合い隠岐の海がさっともろ差しになって、相手を起こしながら寄り切り。今日はうまくとれましたね。こういう相撲から自分の取り口を思い出してほしいのですが、あいにく玉乃島が負け越してしまいました。

せきトリくんの顔って舞の海さんにちょっと似てますよね。

土佐豊×嘉風。あたってすぐいなした嘉風、あらためて相手のふところに入り、寄り切りました。相撲に流れがありますねー。土佐豊はしてやられた感じ。

霜鳳×豊響。大坂さん「組んで霜鳳、押して豊響です」のわかりやすい説明。しかし霜鳳が立ち合い左に動きました!でも豊響はしっかりついていって押し出し。霜鳳いい相撲とれてるのに安易ですねー。

垣添×高見盛。垣添すぐに二本差して起こします。なんとかふりほどく人造人間ですが、つかまえようとしたところではたき。いつもやられているようなはたきを人造人間がくってしまいました。あの決まり手素首落としだったんですねー。

阿覧×旭天鵬。おっつけで攻める阿覧、右四つから旭天鵬が上手をとります。しかし寄っていったところで阿覧が体を入れ替えて寄り切り。おおー旭天鵬が得意とする体の入れ替えをやり返しましたね。四つでそういう技術がついてくるとは。

玉鷲×徳瀬川。玉鷲のど輪で押し込みますが、徳瀬川が土俵際でのど輪をはずして四つに組み止めました。外掛けで崩して寄り倒し。玉鷲立ち合いはよかったんですけどねー。もう一歩でした。徳瀬川はしっかり残して逆転。

豪栄道×黒海。黒海変化。注文相撲久しぶりに見ましたね。黒海というか闇海。

時天空×猛虎浪。立ち合い左前まわしをとった猛虎浪、それを軸に寄り、時天空のまわりこみもそれでしのぎます。がっちり引きつけて寄り、時天空も粘りますが及びませんでした。最初から前まわしをねらってましたね。

鶴竜×朝赤龍。右四つ。朝赤龍の体勢ですが、鶴竜も寄りをしのぎました。下手を軸に攻める鶴竜、寄りながら外掛けで刈り倒しました。鶴竜もらしさが戻ってきましたねー。朝赤龍も得意の形に持ち込めそうでしたが。技術の光るいい一番。

豊ノ島×若の里。突き放していく若の里、左四つから右上手をとりました。さすがに得意の上手をとれば力がでました。若の里は不戦勝以外はこれが初白星。豊ノ島負け越してしまいましたねー。

琴奨菊×北太樹。菊張り差しから左四つ、がぶって出ておいて突き落とし。終始菊のペースでした。北太樹は負けてもいい表情と舞の海さん。部屋頭としての自覚が北太樹を成長させてますよね。

栃ノ心×安美錦。栃ノ心かちあげもアミーの右下手を許しました。ここを軸に攻めるアミーですが、その右を栃ノ心がかかえて攻めをしのぎ、強引な下手投げにくるところを寄り倒しました。栃ノ心落ち着いてましたねー。あわてるとアミーの思うつぼなんですが。思うつぼ。thinking pot。

稀勢の里×雅山。キセが踏み込みで押し込んでおいて、雅山が攻めてくるところをタイミングよくはたきました。はー。

琴光喜×白馬。動きのよい白馬を迎え撃つ永世大関。立ち合いから左上手をとりました。そして右のど輪で起こしておいて寄り切り。まったく問題にしませんでしたね。やはりメディアにまったく相撲と関係ないところで取り上げられたので、自縄自縛どころかお縄になるかもという状態になり(うまいね!)、雑念が消えたのかもしれませんね。鬱憤を晴らすような見事な相撲になりました。これもメディアの気遣いなのかもしれない。週刊新潮にはありがとうというべきなんだろうか。いわんけど。

栃煌山×琴欧洲。立ち合い栃煌山がもろ差し!一気に出て寄りますが、軍配はカロヤン。栃煌山の勇み足があったようですが、土俵際でカロヤンが振ってますからね。せめて勇み足じゃなくて寄り切りにでもしてやればいいのに。栃煌山としては惜しい星を落としました。残念。

日馬富士×把瑠都。ついにきました!楽しみな一番。ハルマのことを「公平!」って応援する人がいる。把瑠都突き放しますが、見合って慎重にとる把瑠都。ハルマはどんどん中に入ろうと入っていき、こわごわ突き放す把瑠都。ハルマがさっと中に入って、スピンしながら把瑠都の足をとって豪快な下手投げ!把瑠都を裏返しにしました。すごい技のキレ!スピード!見事でした。ハルマはひざのけががある中、しっかり勝ち越し。

白鵬×魁皇。突き押しから左四つになった。魁皇もこれならまだがんばれる。両者上手を狙いますが、白鵬はがっちりブロック。下手を深く入れてすくい投げでやさしく決めました。やーさすぅいーい。

投稿者 マイク松 : 00:06 | 大相撲 | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月19日

大相撲5月場所2010:10日目

昨日は夜中に目が覚めてしまい、今日は一日ぼんやりしていたマイク松ですこんにちは。寝付きの良さでは日本代表にも呼ばれそうな僕だけに、睡眠不足はほんときついです。おふろはいって寝ます。

---

10日目。実況は刈屋さん、解説は正面が出羽海親方、向正面は不知火親方。

若荒雄×高見盛。人造人間しょっくちですか!やばーい。がんばれー。若荒雄はもろ手でいきますが、さっと二本差した人造人間が寄り切り。今日は問題なかったですね。踏み込みがよかったので若荒雄のもろ手が伸びる前に差せました。

光龍×木村山。光龍が突いていきますが、うまくいなした木村山が逆に突き押し。光龍が出たところをしのいだ木村山がまた突き返したりして。全体的にへとへとに。だらだらしている中でなんとか木村山が勝利。ちょっと光龍も慎重にとりすぎましたね、特に後半。

猛虎浪×霜鳳。右四つ。猛虎浪が先に上手をとりました。霜鳳は上手を狙い、最初の引きつけもこらえてがっぷりになりました。霜鳳は上手を切りに行きます。しかし猛虎浪の上手も固い。しかし四つの技術でうまく引きつけて寄りきりました。霜鳳勝ち越し!幕内勝ち越し1号でインタビュールームにいきたいといっていた通りになりました。その通り呼ばれました。ほくほくして答えてました。

北勝力×徳瀬川。北勝力変化も徳瀬川しっかりついていき、つかまえて転がしました。最近変化づいて悪さをほしいままにしていた北勝力。悪が滅んだ感じですね!

阿覧×嘉風。嘉風ダッキングを繰り返しもぐろうとしますが、阿覧も突き放して攻めます。激しい相撲になりましたが、嘉風もガムシャリズム全開で攻めますが、阿覧も相手をよく見ていました。引いたところを阿覧が押し倒しました。とてもいい相撲。刈屋さんのいうように冷静に攻めてましたね。今までにない阿覧。

栃乃洋×隠岐の海。左四つになりましたが、隠岐の海が右上手をとって攻め、上手投げで栃乃洋を投げました。左四つになったときは栃乃洋のペースかと思いましたが、上手をやったのは余計でしたかね。

玉乃島×豪栄道。立ち後れた玉乃島、出て行きますがいなされて押し出されました。相撲に気迫がないですのうー。

垣添×豪風。ちっこいもん同士。押しとはたきの応酬ですが、垣添のいなしがまさりました。もっとがんがん前に出てほしいのですが。

玉鷲×土佐豊。立ち合い玉鷲がのど輪で攻めますが、はずしてもろ差しになった土佐豊、つり寄りを見せます。玉鷲もうっちゃりにいきますが、あと少し及びませんでした。玉鷲は負け越し、相撲を組み立て直さないと。土佐豊はこれで五分。この勝利は大きい。両者今日はいい相撲でした。不知火親方は玉鷲ののど輪はよかったけど左脇が甘かったと分析。なるほどー。

北太樹×旭天鵬。これおもしろそうな対戦。立ち合いさっと左四つになった北太樹、右おっつけで一気に出ていきます。旭天鵬も突き落としに行きますが、寄りを有利とみたか。物言いくらいついてもよかった。

豊響×朝赤龍。激しいグレートホーンで押し込んだ豊響、右四つ左上手になってしまいます。四つでもそれなりにとれるところで豊響そのまま出て行きますが、朝赤龍下手投げで土俵際逆転しました!しぶとい相撲でしたねー。足をとばして内股気味に投げたのがうまかった。でも豊響立ち合いはよかったし、相撲は悪くなかったです。

鶴竜×黒海。立ち合い黒海が四つに組み止めようとしましたが、鶴竜がそれを許さずおっつけをつっかえ棒にして、黒海が引いたところを押し出し。落ち着いてたし、プラン通りの相撲ですね。

時天空×若の里。立ち合いおっつけで攻める若の里ですが、右四つで前まわしのいいところをとった時天空、左上手をとって寄り切りました。若の里も上手をとった攻めがしたかったところですが、右四つになってしまいましたね。

琴奨菊×栃ノ心。注目の一番。菊がもろ差しからがぶり寄り。栃ノ心も何もするひまがなかったですね。菊は兄弟子から受け継いだK.W.B.スピリッツを発揮しました。

雅山×栃煌山。中に入れないようにする雅山、差そうとする栃煌山。しかし途中から栃煌山が突き押しに転じ、うまく相手を起こして押し出しました。なるほどー、雅山も相手がこうくるとは読めませんでしたかねー。栃煌山も相手にあわせたのかと思いましたが、出羽海親方もほめる突き押しの技術をもってました。密着するので雅山も威力が伝わらないしいなしも効かないとのこと。

豊ノ島×安美錦。ふわっと立ったアミーが左四つ右上手。上手を軸に攻めようとしますが、豊ノ島は前にでながら相手に密着し、右おっつけで相手を起こして最後は密着して寄り切りました。低い姿勢というか小ささがいきました。

琴光喜×魁皇。結びの一番について語っている間にもう時間。大関同士の対戦とは思えないぜ!立ち合いしっかり当たっていく兄さんでしたが、それをいなした魁皇が右をとって寄り切りました。うーん…ここで勝っておきたかった。立ち合いの時点で右をとっていなしたんですね。あーまずいー。

日馬富士×白馬。(もと)安馬.vs.白馬の馬対決。今日は白馬は思い切ってあたってほしいですが。立ち合い押し込まれて一気にもっていかれるかと思いましたが、土俵際で白馬の突き落とし!あっさりハルマもおちてしまいました。白馬は動きのよさを指摘されていましたが、今日はそれをしっかり見せられましたね。

把瑠都×琴欧洲。立ち合い左前まわしをとったカロヤン、右上手もしっかりとりました。把瑠都を十分起こしたあと、一気にでて最後はすくい投げから寄り切り。カロヤン万全の取り口でしたね。大きい相手にはとりやすいということなんでしょうか。把瑠都は今日こそ突き押しでばんばんいきたかったところでしたが。把瑠都も普段ならじっくり体勢を作っていくところだったと思いますが、相手がでかかったです。

白鵬×稀勢の里。立ち合い白鵬は突き押し。キセも突き返していき、張り手も見せようとしますが、そこから右四つになったところでキセも引いてしまいました。最後は押し出し。あぶないところはなかったです。

投稿者 マイク松 : 00:57 | 大相撲 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月18日

大相撲5月場所2010:9日目

夜中に目が覚めたマイク松ですこんにちは。なんだろう。

今日は9日目。録画設定するのを忘れていたので、今日はダイジェストです。

---

9日目。実況は佐藤さん。解説は正面が北の富士さん、向正面が尾上親方。

栃乃洋×霜鳳。突き押しからお互いにいい体勢を狙っていく中で、霜鳳がはたき込み。四つの相撲になると思っていましたが。北の富士さんは四つにこだわらなかった霜鳳ナイスとのこと。あー上手最後とってるんですね。

嘉風×高見盛。嘉風を苦手にしている人造人間。スピードに処理がおいつかないか。嘉風が左から差してはずにつこうとしたところ、人造人間が左を差してつかまえ、上下にゆさぶるようにしてはたき。これはうまくいきました。はたきこみ。

豪風×光龍。頭から当たった豪風、左を入れてすぐに肩すかし。これが決まりました。速い相撲。

玉乃島×徳瀬川。押して出ようとする玉乃島を左四つに組み止めて止めた徳瀬川。でもこれは玉乃島にもいい体勢。先に上手を引いた徳瀬川、玉乃島が巻き替えにいくところを出て寄り切り。セオリー通りのいい攻め。

阿覧×若荒雄。もろ手でいく若荒雄に対し激しい突き押しで相手を引かせて押し出し。阿覧も型にはまると強いですね。理想の取り口。尾上親方もとりあえずOKという感じ。

土佐豊×北勝力。変化した北勝力、それは通じませんでしたがそこから突き押しで押しだし。

猛虎浪×旭天鵬。猛虎浪ははじめて旭天鵬に挑みます。立ち合いすぐ左四つで右上手をとった猛虎浪。腰が重そう。逆に上手をとった旭天鵬が出る。猛虎浪も残しますが旭天鵬が腰を落として寄り切りました。四つの技術ではさすが。

玉鷲×木村山。木村山ずらし立ち合いで玉鷲を押しだし。そこは対策しとこう玉鷲。

垣添×黒海。垣添小さくなって突き押し。黒海も応戦しますが、その突き押しの内側に入って突き落としました。パワーじゃない取り口。考えてますね。

時天空×隠岐の海。時天空張り差し。隠岐の海も起こそうとしますが、左前まわしをとって時天空寄り切り。うまい攻めでした。隠岐の海負け越し。このままじゃいかん。開き直っていくしかないんですが。

豪栄道×白馬。白馬がちょっと動いて右上手。ゴーエードーはつり出しをこらえ、強引にゴーエードーが上手投げにいくところを白馬がこらえて逆にすくい投げで倒しました。この粘り腰は白馬のいいところ。

北太樹×豊響。北太樹自分から当たっていき、突き押しをうまくこらえながらいなし、逆に押し出しました。粘り強く攻め手を探った北太樹。グッドですね。

栃ノ心×雅山。雅山突き押し。栃ノ心も応戦。引きを交えた激しい突き押し、雅山が相手の体がのびたところをしっかりみきわめて引き落とし。この辺の相撲勘はさすが雅山。栃ノ心もつかまえにいきたかったですね。相手に合わせてはいかん。

琴奨菊×豊ノ島。菊が左をしっかり差してがぶり寄り。豊ノ島も起こされてしまいました。

稀勢の里×安美錦。キセ張り差しで左四つ右上手。キセ十分かと思いましたが、四つで寄ったあとでアミーも上手をとり、まわりこみながら残したあとで逆襲、押し出しました。スローで見直すと終始アミーのペースでしたね。

琴光喜×栃煌山。右四つで栃煌山が上手をとりますが、そこは永世技術で上手をきった兄さん、徐々に自分の体勢を作り、栃煌山の引きに乗じて寄り切りました。どんどん低くなっていくいい相撲。とにかくこれで6勝目。勝ち越しも見えてきましたよ。例の数字も見えてきましたよ。一時はどうなるかと思いましたが。何がよかったんだろう。場所で稽古してる感じなんだろうか。

朝赤龍×琴欧洲。朝赤龍が立ち合い左四つでいい体勢。カロヤンも上手をとろうとしますが、とったかとらないかで朝赤龍の上手投げが炸裂!カロヤンを裏返しにしました。あーカロヤンは上手がとれずにかかえて起こそうとしたんですね。体がのびきったところをタイミングよい上手投げでした。北の富士さんも「あらーどうしたのー」とかいってました。ほくほく朝赤龍。

日馬富士×若の里。張り差しからもろ差しになったハルマ、送り倒し。速かったです。

把瑠都×魁皇。両者上手を狙う左四つ。魁皇もしっかり把瑠都の上手を警戒。そこで把瑠都が小手に振って崩し、押し出しました。魁皇がやりそうな相撲でしたが、先に小手に振りましたね。師匠の尾上親方は慎重にとったとのこと。

白鵬×鶴竜。右四つ左上手に一瞬でなった白鵬。上手出し投げにいきますが鶴竜残して一度離れました。再び上手を探り、はたきで崩して押しだし。鶴竜も善戦しましたね。あの土俵際のスピンは起死回生でしたが、横綱の寄りをまわりこみながらしのぎました。この相撲は次につながります。

投稿者 マイク松 : 04:13 | 大相撲 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月17日

大相撲5月場所2010:中日

こちらには、四国八十八カ所を縮小したオリエンテーリングコースみたいなのがあって、今日はそこをおまいりしてきたマイク松ですこんにちは。まわっている途中で、光喜八十八カ所という巡礼コースを思いつきました。ハチナナにちなんで87カ所のお地蔵さんをおまいりしたあとにご本尊光喜菩薩にお参りして結願と。これなら僕も住職になって思い切りビジネスに走れそうだと思いましたが、思い切り邪念だなと気がついて考えるのをやめました。いつかほんとの八十八カ所もおまいりしてみたいんですけどねー。

---

中日。実況は吉田さん、解説は正面に玉ノ井親方、ゲストに亀井忠雄さんがきています。能楽の大鼓方人間国宝。リポートは東が三瓶さん、西が太田さん。

…というか放送席にせきトリくんのぬいぐるみがおいてあるー!そして玉ノ井親方の胸ポケットにも小さいせきトリくんが!かわいいですね。亀井さんも「大関以上を狙ってほしかったんですけどね」と玉ノ井親方に今更プレッシャーを。ナイス!

栃乃洋×若荒雄。若荒雄もろ手で立って引き。若荒雄ってでかいんですね。

豪風×北勝力。左に動いた北勝力、突き放していきますが、中に入る前に豪風の引きが決まりました。あっさり相撲が続く。

玉乃島×木村山。例によってずらし立ち合いの木村山。左にまわりながらはたき。例の相撲ですね。玉乃島もくってしまっては。

猛虎浪×光龍。猛虎浪変化にいったが、光龍が出る前に猛虎浪がバランスを崩して手をついてしまいました。つき手。もう1回今までの4番の相撲、最初からやり直した方がいいんじゃないですかね。

阿覧×霜鳳。右四つ。相四つで両者とも上手をひいてがっぷり。力強い引きつけあいですが、腕力では阿覧、すごいパワーで引きつけあいを制しました。やっとまともな相撲がでてきた。

土佐豊×高見盛。立ち合い右四つ、土佐豊が右を差して頭をつけたところで、人造人間の得意のまきかえのようなはたきが決まりました。第1段階として差したあと、第2段階であれを気をつけないとですね。土佐豊もいい立ち合いではありました。

嘉風×豪栄道。当たってすぐ引いても落ちない両者。突き押し合いで突いてはたいてを繰り返すがすごい気迫の激しい相撲。左を差してはずについた嘉風、ゴーエードーも小手投げにいきますが、嘉風が残して逆にすくい投げ。きれいに決まりました。両者ともいい相撲。嘉風のはずについたのがよかった。

玉鷲×隠岐の海。玉鷲いい両おっつけから押していって押し出し。すばらしい相撲!しばらく感じなかった片男波イズムを今日の相撲では感じました!しっかりとした当たり。これで玉鷲も波に乗っていってほしいところ。隠岐の海は迷いの中。

徳瀬川×旭天鵬。右四つで旭天鵬が左上手をとりましたが徳瀬川も右四つの相撲はとれる。引きつけあいになりますが、徳瀬川の外掛けからの寄りが決まりました。四つだけなら旭天鵬有利かと思いますが、徳瀬川には外掛けがありましたか。でもその前にがぶって体勢をよくしていたのが効いたかも。

時天空×垣添。時天空張り差しから突き押しで垣添を中に入れないようにするが、垣添は前に前に攻めて、逆に出てくる時天空を土俵際ではたき込みました。しっかり足も残すいい相撲。

豊響×黒海。慎重に立ち合いの間合いをはかる黒海だが、豊響のグレートホーンを結局まともに受けてしまいました。黒海も結局相手に合わせてしまった感じ。

白馬×栃ノ心。右四つで栃ノ心ががっちり左上手を引きました。そして豪快なつり出し。これでは白馬も動き回れませんね。豪快にして考えた取り口。見事!

豊ノ島×雅山。突き放していく雅山。豊ノ島も右や左を差していきますが、そのたびに辛抱強く突き放していく。豊ノ島も回り込んだりはたいたりしますが前に落ちず、雅山が出てきたところで豊ノ島が引きました。これを待ってた雅山、土俵際でしっかり胸とおなかを押して仕留めましたね。正対する落ち着いた取り口、ベテランの味を見ました。

稀勢の里×琴奨菊。左差しを狙う菊、しかしキセはしっかりブロックして、キセがもろ差しになりました。そして軽くがぶって寄り切り。お株を奪ういい差しでした。右をねじ込んだのは菊の左を封じるためでしょうか。いい攻めでした。

北太樹×琴欧洲。北太樹も大きな大関にはいい戦いをしたいところ。つかまらないことですが。しかしカロヤンの踏み込みから左四つ右上手をがっつりとられてしまいました。強烈な引きつけで最後は土俵の外に吹き飛ばされてしまいました。ここから勉強しないとですね。カロヤンはいい踏み込みでした。

日馬富士×栃煌山。今日はハルマも突き押していきます。しかし栃煌山をうまく仕留められず、差して頭をつけてから、左上手をとって押し出しました。いなしていい体勢になっても攻めきれなかったですが、ひざが悪い中でしっかりとってます。

鶴竜×把瑠都。把瑠都突き押しにいきますが、鶴竜がその手をたぐって崩し、最後は押し倒しました。今日は腰が高いし相撲がよくありませんでしたね把瑠都。勝ち越しを意識したんでしょうか。それに突き押しからつかまえるのならよかったのに、わりと突き押しで決めようとしてたかも。

若の里×魁皇。魁皇立ち合いに先に右上手をとりました。そして左を差して寄り切り。差してから右上手というのはよくありますが、上手を先にとらせるとはさすがやさしい若の里ですのう。

琴光喜×朝赤龍。立ち合いしっかり当たって右四つ左上手。そこから体を開きながら出し投げ気味に回転し、最後は豪快に裏返しました!今日は落ち着いてましたね!日に日に摂理パゥワーが充実している感じがします。連日まったくふれないメディアの姿勢も自縄自縛を防止していますし、何より早々に優勝争いから離脱してますからね!プレッシャーゼロ!

白鵬×安美錦。アミーがどういう相撲をとるか楽しみ。立ち合いはいいですね!アミーも右を差しましたが、そこから右を深くして先に入ろうとします。しかし白鵬小手投げで崩し、しっかり組んで寄り切りました。あの体勢はとてもよかったんですが、横綱が足をかけたところで何かできていれば。でもさすがアミー、健闘しました!

投稿者 マイク松 : 00:49 | 大相撲 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日

大相撲5月場所2010:7日目

白鵬と把瑠都の時代ということで「白都時代」という言葉を先日見ましたが、ミッキー兄さんだったらどうなんだろうと思ったマイク松ですこんにちは。

  • 白琴時代
  • 白光時代
  • 白喜時代
  • 白M時代
---

7日目。実況は刈屋さん。解説は正面が音羽山親方、向正面が俺たちの誇り、もと玉春日こと片男波親方。リポートは東が藤井さん、西が佐藤さん。

今日から豊真将が休場。実際しんどそうでしたものね。おだいじに。

今日の中入りは場所入りの姿と染め抜き特集。片男波親方の染め抜きが飾られています。化粧まわしには愛媛の伝統、牛鬼があつらえてありますね。すばらしすぎます。

豪風の染め抜きはかじきまぐろがモチーフ。すごいかっこいいです。もう1着、なまはげがモチーフのものを師匠からもらったそう。猛虎浪の染め抜きはもちろん虎。

浴衣はだいたい人の名前のついたものを着るので、自分の名前のついた染め抜きを着るというのは格別なんだそうです。そして染め抜きを着て初めて銀座を歩いたのは北の富士さんだそうです(本人談)。

光龍×玉乃島。玉乃島の不調については片男波親方は形になる前に勝負が決まっているということで、内容は悪くないとのこと。だそうですよ!今日はがんばれ!それで気負ったか2回つっかけましたが、立ち合いから玉乃島が突き押しからおっつけて押し出し。すばらしい相撲!親方の前でいい相撲みせました!親方も満足そう。

栃乃洋×臥牙丸。レディ・臥牙丸が幕内に登場。このでかさ、まさにザ・モンスターという感じですね。立ち合いしっかり当たった臥牙丸、はさみつけるようにして一気にもっていきました。強いですねー。左からのおっつけからの差しもいい。音羽山親方も攻めの厳しい相撲と賞賛。

嘉風×北勝力。嘉風注文相撲。なんか嫌な予感したんですよねー。

霜鳳×木村山。霜鳳の染め抜きは昔の字、霜鳥の方だそう。そりゃ改名のたびに染め抜き作ってもどうかと思いますし。立ち合いつかまえましたが木村山が引きで逃れ逃れて、霜鳳が横を向いたところで木村山が突き押して逆襲、最後は押し倒しました。うーんあわててしまいましたね。片男波親方は勝ちを意識したのではと分析。イチバンイチバンがんばらんと。

猛虎浪×若荒雄。中に入ろうとする猛虎浪を若荒雄が突き放します。突き押しで押し込んでいきますが、猛虎浪が引き落としました。引き落とされた若荒雄について刈屋さんが玉春日がどうやって崩したのかと聞いたところ、相手を前において顔を出していくという表現で説明してくれました。なるほどー。

高見盛×隠岐の海。今日はさっと二本隠岐の海が差しました!これはすばらしい!そのままがぶって寄り切り。いい相撲でしたねー!久しぶりにこんな会心の相撲。懸賞金で燃えたんでしょうか。何にしてもグッド!

阿覧×徳瀬川。右四つ。徳瀬川が上手をとりましたが、阿覧もとってるみたい。外掛けから徳瀬川が攻めていき、阿覧も体を入れ替えようとしますが、徳瀬川の下手投げが決まりました。これは力の入るいい相撲。

豪風×豪栄道。ゴーエードーに対して立ち合い豪風が左を差して前に出て行きます。そして二本さして一気に寄り切りました。スピードに乗ったすばらしい相撲。片男波親方は深く差さずにおっつけていき、はずについたのがよかったと指摘。

土佐豊×黒海。黒海の突き放しをしのぎながら二本差していく土佐豊。黒海は小手に振ったり首投げにいこうとしましたがそれより先に土佐豊が寄り倒しました。黒海はばんざいしてしまいましたが、首投げは捨て身でしたねー。

時天空×豊響。張り差しで豊響を止めた時天空、右四つ左上手。右を抜いて体を開きながらの上手投げで豊響を転がしました。投げる前に足をとばしてるんですね。今日は時天空の相撲でした。

垣添×白馬。立ち合い垣添が入ってくる前に右に動いてまわしをとりにいきながら引き落とし。闇馬!動きがいいとかいわれていますが、わしゃ認めんぞ!

旭天鵬×朝赤龍。左四つになって朝赤龍が低くなろうとしますが、旭天鵬は右上手をとりました。朝赤龍が巻き替えにいこうとしたところで、旭天鵬が右を前まわしにして引きつけて寄りきりました。確かに前まわしでぐっと起こしましたね。

北太樹×玉鷲。玉鷲も今日は勝ってほしい。師匠の前だから。玉鷲立ち後れましたが二本差してる。しかし北太樹が両上手を引きつけて出て、最後は押し出しました。うーんいい相撲みせられなかった。あ、左四つでしたか。師匠としては当たって前に出るという相撲を追求してよさをだしていくのが大事だと愛ある注文。

豊真将×若の里。豊真将休場により若の里不戦勝。ラッキーですのう。

琴奨菊×栃煌山。菊が左を差して菊がぶりにいこうとしたところで栃煌山の突き落とし。あー上手はさがりをとってたのに切れてしまったので。そこはしっかりとっておきたかったですね。

日馬富士×鶴竜。両者とも万全ではない状態ですが、立ち合いしっかり当たったハルマ、はたきもまじえて押し出しました。立ち合いのするどさが出ましたね。いい相撲。

雅山×把瑠都。雅山のもろ手をはさみつけるようにして、はずから押し出しました!これはいい相撲。雅山の下からおっつけて起こし、相手の攻めを封じながら押し出し。音羽山親方も「こういう取り口をしてほしかったという理想の相撲」と絶賛していました。明日からも続けてほしいです。

豊ノ島×魁皇。さっと二本差した豊ノ島、すぐにすくい投げで見事に魁皇を投げました!これはきれいに決まりましたね。魁皇も納得の負けですね。

琴光喜×安美錦。アミーが相手。やーばーいー。何もしないで後生だから。立ち合いソフトに当たって右を差したミッキー兄さん、今日は肩すかしで転がしました。しっかりアミーの立ち合いも受けていたし、稽古場のようなはたき込み。これで白星先行、初日よりも体もできてきたし、動きも幾分軽くなったように感じます。音羽山親方はあせらずソフトに当たってさばけというアドバイス。確かにそれならちょうどハチナナになりそうです。明日は横綱戦。最初に横綱への生け贄として。みせろ生け贄大関パゥワー!

稀勢の里×琴欧洲。左四つで先に上手をカロヤンがとりました。キセは下手を切って出て行こうとしますが、切れない上手で上手投げ。カロヤンが勝ちました。死守した上手の勝利。

白鵬×栃ノ心。今日最大の注目の一番。栃ノ心の今の力がどれだけ通じるでしょうか。栃ノ心動いて上手をとりにいきますがとれず、お互いがすれ違ったところで右四つ、横綱が左上手をとって引きつけて寄り切り。上手をとりにいったんだと思うんですが、動くのはまったくよくないですね。当たっていかないと。今の自分の力を試さないと。

投稿者 マイク松 : 00:56 | 大相撲 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月15日

大相撲5月場所2010:6日目

ハエ・ジャパンが話題になってますが、ほかの言い方ないのかということには、たとえばしこ名にしてみたらなるほどそうだなと思えたマイク松ですこんにちは。

  • 蝿の海
  • 琴蝿
  • 千代蝿鵬
  • 高見蝿
  • 蝿風
  • 蝿の山
  • 蝿の心
  • 蝿皇
  • 蝿光喜
特に最後のやつはひどい。鯛光喜なら喜んでくれると思うけど!ということで今日は6日でござる。にんにん。(なんとなくハットリくん)

---

6日目。実況はゴッド岩佐、解説は正面が陸奥親方、向正面が舞の海さん。リポートは東が佐藤さん、西が船岡さん。

光龍×千代白鵬。千代白鵬が久しぶりに幕内でとりますね。光龍の圧力は強いですが、千代白鵬はいなしで対抗。でもいなしばかりで結局押し出されました。光龍おちませんでしたね。

栃乃洋×北勝力。北勝力の突き放しに前に出て圧力を減らした栃乃洋。はたかれる前にしっかり押し出しました。いい相撲じゃないですか!

嘉風×霜鳳。嘉風に中に入られる前に霜鳳がはたき込みました。ちょっと低かったですね。でも霜鳳相手がよく見えてる。

玉乃島×高見盛。のど輪で中に入れないようにする玉乃島だが、ぐにゃぐにゃして防いだ人造人間が右差し。玉乃島がすくい投げで崩して寄っていくが、土俵際で残した人造人間が胸を合わせて、電磁エンドから寄り切りました。これは人造人間粘り勝ち。玉乃島もすくい投げのときは左はのど輪じゃなくておっつけたらよかったのに。

広報担当の陸奥親方はせきトリくんのうちわを配っていたそう。ゴッドといっしょにもっていますが、でもあのうちわはかわいいですね。

豪風×若荒雄。若荒雄立ち合いもろ手から引きますが、豪風がしっかりついていって押し出し。豪風いい相撲でした。ゴッドも「『押さば押せ、引かば押せ、足で押せ』と指導されますが」と相変わらずの名調子。

猛虎浪×木村山。張り差しの猛虎浪、右四つ左上手になりました。動き回ろうとする木村山ですがしっかりつかまえた猛虎浪、最後は下手出し投げで仕留めました。舞の海さんは猛虎浪が慎重にみてとったので木村山もいなしたりできなかったと指摘。

土佐豊×阿覧。立ち合い左上手をとった阿覧。しかしさっと二本差した土佐豊が一気に出て行って寄り切りました。速かったですねー。あー土佐豊がうまく巻き替えてもろ差しになったんですね。

垣添×徳瀬川。垣添立ち合い変化してまわしをとりにいきますが、徳瀬川が右をとっていて転がしました。しっかり対応できましたね。垣添は動いてはいけませんね。

隠岐の海×旭天鵬。隠岐の海もろ差し、旭天鵬外四つになりましたが、隠岐の海の寄りはうまく旭天鵬しのぎ、両上手を引きつけて豪快に投げ飛ばしました。相撲はいいんですが、やはり自信を失っているんでしょうか。

時天空×豪栄道。時天空が巻き替えて右四つになりましたが、すぐにゴーエードーが足をかけて崩し、寄り切りました。時天空は立ち合いでつかまってしまいましたね。

豊響×白馬。白馬が横に動いていきます。闇馬!しかし豊響がどんどん突き押していくところで後退。ここで小手をとってまわりこみまわりこみ、とったりで仕留めました。確かにゴッドのいうように動きはいいんですよね。この動きをもっと正しい方向に使えないもんですかね。

北太樹×黒海。左四つになったところで北太樹がすぐに上手をとってがぶっていきました。黒海に上手をとられる前に速攻で仕留めました。ナイス判断。

玉鷲×朝赤龍。玉鷲突き放していきますが、朝赤龍が右を差して頭をつける体勢。玉鷲うっちゃろうとしましたが及ばず。

豊ノ島×栃ノ心。栃ノ心立ち合い突き放そうとしますが、豊ノ島に中に入られ、左で抱えながら右で前まわし。しかし豊ノ島もしのぎながら前まわしを切ってもろ差しから寄り切りました。めまぐるしい一番でしたが、途中で豊ノ島が巻き替えたんですね。栃ノ心も前まわしを上手に切り替えて左を差してがむしゃらにいってもよかったかも。右四つ左上手にこだわったでしょうか。いずれにしても豊ノ島のうまさがでました。ゴッドも絶賛。

稀勢の里×栃煌山。立ち合い左四つ。栃煌山ももろ差しを狙いますが、キセは落ち着いてディフェンスしながら、左からのすくい投げで崩しました。栃煌山に対応した取り口でしたが、キセもぴりっとしない相撲でした。

安美錦×把瑠都。アミーもろ手で押していきますが、把瑠都落ち着いてはたき。でもアミーの押しに後退してたし、どうもぴりっとしない相撲が続きますね。にっこり把瑠都になるのはいつなのか。

琴奨菊×魁皇。菊が右に動いて左を差し、がぶって倒しました。菊も魁皇に動かなくてもいいような。ほくほくしてる場合じゃないよ。

琴光喜×豊真将。ミッキー兄さん張り差しにいきますが、豊真将変化していきました。でもほんわか立ち合いが幸いしうまくついていきました。寄り切り。よしよし、だんだん摂理パゥワーが満ちてきたという感じですね。これから白星先行、そして例の数字へと加速していきましょう!(目的地が間違ってますよ)

鶴竜×琴欧洲。鶴竜が突き押して離れてとりながら、思い切った引き落としで転がしました!鶴竜がいいというよりもカロヤンがばたばたしてしまいましたねー。立ち合いのもろ手は計算外だったのか、でも鶴竜がうまく小さくなって、的確に突き押しました。これが鶴竜の相撲ですよ。いいきっかけにしてほしいです。

日馬富士×雅山。ハルマ張り手から変化。最悪だ。ひざがかなりしんどいんでしょうか。場内罵声が飛び交います。

白鵬×若の里。強烈な立ち合いから右を入れて寄り切り。予定調和のようなすばらしい相撲でした。

投稿者 マイク松 : 00:17 | 大相撲 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月14日

大相撲5月場所2010:5日目

twitterにも書きましたが、この記事の見出しがすごすぎると思うマイク松ですこんにちは。正直ハンシンに詳しくない人は何のことやらさっぱりという感じですよね。自然にいちゃもんをつけてるおもしろカントクみたいにも読めます。最初の四字熟語は何だろうと辞書引いてみたり。虎真弓という中国人マネジャーが何をしてるんだと思ったり。これで通じてしまうのはなんというか、すごいですね。

でも見出しというか記事になるだけいいじゃないの。M兄さんにも早く記事になるような活躍をしてほしいですよね。今日は5日目!

---

5日目。実況は藤井さん、解説は正面が北の富士さん、向正面が高田川親方。

光龍×春日王。立ち合いで何かしようとした春日王ですが、まったく不発で光龍に一気にもっていかれました。せっかくの幕内の相撲なのに。

北勝力×高見盛。立ち後れた人造人間、北勝力のもろ手をくらいながらもしがみつこうとしますが、引き落としに落ちてしまいました。昨日はこれでもうまくいったのですが、リーチの差でしたかね。

嘉風×玉乃島。玉乃島が圧力をかけて出て行きますが、嘉風が攻められながらも二本差して、そのあとはがっつり寄り切り。玉乃島当たりはよかったんですが。そのあとが続きませんね。

若荒雄×木村山。もろ手でいった若荒雄、離れてとって引き落とし。木村山としてはつかまえたかったところですが。あっさり相撲が続きます。

霜鳳×徳瀬川。相四つで右四つがっぷり。霜鳳が得意の上手をとりましたが、徳瀬川も上手。そして上手で振って引きつけたのは霜鳳。四つになると今場所は強いですねー。実況陣も「人が変わったように」と驚き。悪い方に人が変わったようになった永世大関もいるけどね!

猛虎浪×栃乃洋。ふわっと立って左四つ。栃乃洋も左を入れますが、猛虎浪は両まわしをがっちりとって上手投げ。攻めが速かったです。

阿覧×豪風。突き放す阿覧。その突きをかいくぐろうとして低く入った豪風、バランスを崩して勝手に倒れてしまいました。うーん。

土佐豊×隠岐の海。土佐豊もろ差し。そして右上手に切り替え引きつけて寄りきりました。隠岐の海はいけませんねー。気迫がないというか立ち合いが甘いです。孫弟子に対して北の富士さんもまだまだ力がついてないと指摘。

垣添×豪栄道。何回か待ったのあと立ち合い、垣添が頭で当たって中に入ろうとしますが、差す前にゴーエードーの首投げが出ました。いつもの首投げだから注意しないといけないのに。

玉鷲×豊響。突き押し合い。本来の持ち味を出して突き押し合いますが、玉鷲がはたこうとしてその勢いあまって転倒してしまいました。不思議な相撲。上から見るとちょっとおもしろい感じで2人が倒れていました。いちおう押し倒しになりました。

時天空×旭天鵬。突き押す時天空をつかまえようとする旭天鵬。うまくのど輪をはずしてはさみつけた旭天鵬が一気にもっていきました。しっかり考えた攻めでしたね。稽古十分の体、実況陣は「ぱんぱんに張ってるね」「まだいけますね」と評価。ぱんぱんに張ってない永世大関もいますけどね!

黒海×朝赤龍。突き放す黒海ですが朝赤龍が前まわしをとって左四つ。しかし右上手をとった黒海がすぐ上手出し投げで下しました。上手取ってからの攻めが速かった。それまでしっかり突き押していたからですが、次の展開をしっかり考えてましたね。

北太樹×白馬。白馬張り差しですが、左四つから白馬が前まわしをとって強く引きつけました。そして左は離しておっつけから寄り切りました。左を離しておっつけに切り替えたのがよかったんですね。

若の里×雅山。ヴェテラン相撲。捕まえたい若の里でしたが、しっかり雅山が離れてとって引き落とし。あっさりでした。

栃煌山×安美錦。これはおもしろい対戦。ですが栃煌山が当たって引くとアミーも落ちてしまいました。あれ?ちょっと足が流れて前のめりになりました。

栃ノ心×魁皇。これまで3大関を倒してきた栃ノ心。魁皇には落ち着いて当たってほしいです。右四つになって栃ノ心が上手を引いた。そして右をおっつけて起こし、左を軸に攻めて寄り切りました!おおっやるじゃないですか!激しく上下に揺さぶるような相撲、これがよかったですね。魁皇の攻めをしっかりしっかり封じていました。取り方に理論が出てきた。インタビューでも気をよくして横綱に向けても意欲十分という感じですね。何よりも気力がないと。

琴光喜×鶴竜。鮮やかな行事の装束と鮮やかでないミッキー兄さんのボディ。やばいよー。つっかけたりしています。立ち合いミッキー兄さん張り差し、差し手争いから右四つ左上手を先にとった兄さん。引きつけていきますが鶴竜も右下手をとってます。逆転くらいそう!気をつけて!気をつけて!相手の突き落としを気をつけながら、右を突きつけて寄り切りました。なんとか勝ちましたね。ここで敗れていたら大変でした。はやく勝ち越さないとギリシャの信用不安が解消しないよ!

豊真将×琴欧洲。右四つがっちりつかまえたカロヤン、起こして寄り切りました。豊真将は首を痛めているらしく、しんどそうですね。

日馬富士×稀勢の里。キセとハルマの対決は楽しみですね。熱戦を期待したい。ハルマは立ち合いはいいんですがハルマはひざがしんどそうでふんばりがききません。キセが突き押しから左四つ。ハルマも上手をとって対抗。下手を引いて寄っていきますが、ハルマが逆転の首投げ!見事に決まりました!ハルマもあきらめない相撲が逆転を生みました。キセももうちょっとまわしを引いてもよかったような。でも苦手って出るもんですねー。

豊ノ島×把瑠都。把瑠都張り差しから肩越しの右上手。豊ノ島はもろ差し。しかし把瑠都の今場所のいいところは体勢をしっかり作っていくところ。左はおっつけで起こし、つかまえたまま寄り切りました。北の富士さんのいうように強引に投げに行かないのが把瑠都のいいところですね。右の引きつけが強烈。

白鵬×琴奨菊。踏み込んだ白鵬、菊が低くなったところではたいて上手投げ。寄り切りではなかったですが問題はなかったですね。

投稿者 マイク松 : 00:54 | 大相撲 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日

大相撲5月場所2010:4日目

長い会議で疲れ果てたマイク松ですこんにちは。5時間て。話が長いわ!途中でおにぎり買って食べてよかったです。空腹で倒れそうでした。

こういうときに家に帰ると相撲があるのはなんかうれしいんですよね。

---

4日目。実況は刈屋さん、解説は正面が芝田山親方、向正面が境川親方。リポートは東が太田さん、西がゴッド岩佐。

若荒雄×琴春日。もろ手で立った若荒雄、徹底して突き放し、うまく突き落としました。やはり十両の琴春日には負けられないですね。

栃乃洋×玉乃島。左四つ。栃乃洋も左を指せましたが、玉乃島はがっちり右上手をひきました。栃乃洋が玉乃島の左手首をつかんでもちあげ、ダンスしてるみたいになりました。おもしろい体勢だ。栃乃洋も下手をとりました。これで十分左が使えます。でもその下手がのびてきた。長い相撲になってます。玉乃島もはずにつかれてうまく攻め込めない感じ。しかし左下手をとった玉乃島が引きつけて寄りきりました。これは長くなりましたね。お互いに攻め手がみつからなかった感じ。

光龍×高見盛。突き放した光龍ですがうまくぐにゃぐにゃと受け止めた人造人間、じたばたしているうちにうしろにつきました。これはすごい。最後は押し出し。人造人間の体のやわらかさに光龍の武器が通じませんでした。

豪風×霜鳳。今日は霜鳳が突き放して豪風を中に入れず。豪風もこの取り口は予想できませんでしたかね。

北勝力×木村山。張り差しに行った北勝力。木村山もおっつけて崩しますが、北勝力も突き押す。土俵際突き落としにいった木村山ですが、それを残した北勝力が逆にバランスの崩れた木村山を突き落としました。

嘉風×徳瀬川。嘉風が強烈に突き上げておいてはたき込み。あっさり相撲。

猛虎浪×豪栄道。低く当たった猛虎浪、ゴーエードーを頭で起こしてすぐはたき。これまたあっさり相撲ですが猛虎浪の立ち合いはよかったですね。ゴーエードーなにもできず。

垣添×阿覧。阿覧の注文相撲。あーあ。せっかく調子いいのに。

隠岐の海×豊響。豊響がしっかり当たって突き押し。隠岐の海もずるずるいかれてしまいました。豊響のグレートホーンを胸で受けてはいかんです。

土佐豊×旭天鵬。もろ差しになった土佐豊でしたが、嫌って離れた旭天鵬が今度は右四つに組み止めて逆に寄り切りました。一度離れて突き押したのがベテランのナイス判断。

玉鷲×黒海。左四つで右上手を引いた玉鷲、今度は引きつけて寄りきりました。久しぶりに玉鷲のいい相撲。お互いに四つを狙っていましたが、黒海より先に上手を引いて、相手の上手はディフェンスしてましたね。本調子じゃないにせよ、少しでも粘っていかないとですね。

時天空×朝赤龍。立ち後れて時天空が勝手に崩れてしまいました。相撲にならず。

白馬×若の里。もろ手で立った白馬、思い切ってはたき込み。若の里もころがってしまいました。白馬は第二の北勝力になろうとしているんでしょうか。じゃあ黒馬だな。闇馬とか。

琴奨菊×鶴竜。菊が立ち合いで左を差すも、一度離れた鶴竜。ふたたび左を差されますが、今度は自分が右上手をとって引きつけました。菊は粘りますががぶったり引きつけたりしてなんとか鶴竜寄り切り。いい相撲でした。鶴竜もこの調子のよくない時をしっかりしのいでいきましょう。

北太樹×安美錦。北太樹変化、アミー残しますがすぐに北太樹が突き押して押し出し。そんな相撲とってどうするんだ北太樹。せっかく調子いいのに。

琴光喜×栃ノ心。この調子のよくないときに、神の摂理がまだ充ち満ちてないときに調子のいい栃ノ心。まずいなー。相変わらずいい立ち合いで右を差すミッキー兄さんですが、上手をとれず、逆に栃ノ心が左上手をがっちり引きました。そしてひじをはって上手をブロックしつつ寄り切り。ミッキー兄さんなにもできず。今場所兄さんの体は小さいな、張りがないなと思いましたが、スローで調子のいい栃ノ心と比べてみると、ふとももの太さが全然違いますね。やばーい。これはやばーい。栃ノ心はゴッドに三役を狙えといつものように奮起させるゴッドインタビューで勇気づけられています。しかしミッキー兄さんも序盤ですでに3敗。しかも下位に。どうしましょう。

雅山×琴欧洲。立ち合い張り差しでいったカロヤン、右上手をとってがっちり組めばカロヤンですね。上手投げ。このままサド軍団が全員やられるのかと思いましたがカロヤンは星を拾いました。

日馬富士×豊ノ島。ハルマが立ち合いから一気に押し出す展開かと思いましたが、豊ノ島がキセキの残し。左四つになって組み合います。しかしなんとか右からの上手投げで豊ノ島を投げました。でも痛めている足を軸にしてしまいものすごい痛そう。

栃煌山×把瑠都。立ち合い把瑠都が呼び込んだせいで左四つ、栃煌山につかまってしまいますが、一気に攻められない栃煌山。把瑠都が左を引きつけて右も肩越しにとりながら寄り、最後はすくいなげ。強烈でした。把瑠都も立ち合いはよくないけど一度組んでしまえばしのぎつつ体勢を作れる強さがあります。

稀勢の里×魁皇。立ち合いしっかり当たっていくキセだが、すぐにはたき込んでキセもスライディング。うーんキセもそれと上手さえ気をつければ大丈夫な相手でしょう。何をやっているのやら。

白鵬×豊真将。張り差しから右を差そうとしますが、そうはさせんとブロックする豊真将。しかし休まず突き押し、最後は差さずに押し出しました。前に出て行く圧力がありますねー。

投稿者 マイク松 : 00:46 | 大相撲 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月12日

大相撲5月場所2010:3日目

ゲゲゲの女房はときどきみてますが、いい原作と昭和の雰囲気がとてもいいですよね。そこからうっかりゲゲゲの大関というのを思いついてしまったマイク松ですこんにちは。ほんとにありがとうって伝えたい。すぐに替え歌はできそうですが、原曲をしっかり聴いてからにします。

今日は3日目。初日から2連敗のゲゲゲの大関、今日はたのしいなたのしいなとなるんでしょうか。

---

3日目。実況は太田さん、解説は正面が舞の海さん、向正面が二十山親方。リポートは東がゴッド岩佐、西が三瓶さん。

翔天狼×霜鳳。踏み込んだ翔天狼だったが、右四つに組んでしまい、左上手をがっちり霜鳳にとられました。翔天狼巻き替えたところを霜鳳出て寄り切り。得意の左上手をやってはいかんですねー。

若荒雄×玉乃島。若荒雄突き押しではたきを繰り返すが、うまくあてがう玉乃島。しかし攻めにつながらず、結局はたかれました。玉乃島前に出てないですね。ディフェンスはいいんですが。

光龍×北勝力。光龍立ち後れないように気をつけていたが、タイミングはよくても胸を出してしまいましたね。北勝力に突き押されて吹き飛ばされました。

嘉風×栃乃洋。嘉風左を差していきます。しかし栃乃洋の左はしっかり絞ってブロックしつつ、一気に出て寄り切り。右がうまく使えてましたね。

豪風×高見盛。中に入ろうと左を差した豪風だが、逆にがばっと人造人間につかまってしまいました。人造人間は立ち合いの左が入ってつかまえることができました。

木村山×徳瀬川。左に動いて立ち合う木村山、なんとかついていく徳瀬川。木村山が優位に相撲をとりますが、土俵際で徳瀬川の右からの突き落としが決まりました。あきらめずにしっかり徳瀬川とりましたね。

阿覧×猛虎浪。阿覧が突き放して一気に押しだし。これは猛虎浪計算外でしたかねー。阿覧は徹底的にジムで体を鍛えたそうです。

隠岐の海×豪栄道。ゴーエードーがすぐ左を入れました。隠岐の海ががっつり起こされます。前に出るときもがぶってさらに起こして寄り切りました。隠岐の海立ち合いでちょっと迷いがありますかね。応援も多いのでがんばってほしいんですが。

垣添×土佐豊。すぐにもろ差しになった垣添。土佐豊も首に巻いてディフェンスしますが、休まず攻めて最後は垣添がつりだし。小ささがいきましたね。新十両の松谷は後輩にあたるらしい。刺激になりましたか。

豊響×旭天鵬。グレートホーンを張り差しで止めようとした旭天鵬でしたが、不発でどしどし押していきます。旭天鵬もまわしをとって止めようとしますが、その前に足が出てしまいました。

時天空×黒海。差し手争いで勝った時天空がもろ差し。しかし黒海が強烈に両かいなをきめにいきます。しかし前に出るには至らず、残した時天空が出て寄り切りました。

玉鷲×白馬。動きのいい力士同士という感じ。しかし白馬が張り差しから右に動いてまわしをとり、もぐって寄り切りました。玉鷲よくないですねー。

朝赤龍×若の里。左四つから前に出て行く。朝赤龍がかいなをかかえて小手に振ったあと、ちょんがけで倒しました。足技がさえました。

鶴竜×安美錦。鶴竜が頭から当たって強烈にぶちかまします。鶴竜突き放すところでアミーが右を差しました。左もとって出て行くところで鶴竜がとったりからすそ払いにいって不発。これで体勢が崩れたところを右から押し倒しました。なかなか攻防のある相撲。でも鶴竜はまだトンネルを抜けないですね。

稀勢の里×北太樹。これは注目の一番。立ち合いから左四つ。両者上手を探るが、キセが先に引きつけて、寄り切りました。スローで見ても同じ左四つでもだいぶ北太樹はディフェンシブでしたね。あーでもいちおう北太樹もとってるんだ。キセは前に出る圧力がありました。

栃ノ心×琴欧洲。左四つになりましたが栃ノ心が巻き替えて自分の右四つに!これはうまい!引きつけて寄って、寄って、寄り切りました!はじめてカロヤンを破りましたよ!三役にあがりたいというモティベーションがあるそう。ゴッドにインタビューを受けていてもうれしそうでした。

日馬富士×豊真将。立ち合いは強烈なハルマ、豊真将もディフェンスしていきますが、ハルマがいなして崩しておいて寄り倒しました。しかし終わってもひざを気にしているハルマ。大丈夫かな。だいぶ悪そうです。

琴奨菊×把瑠都。立ち合い左を差した菊だが、把瑠都に右上手をやってしまいました。菊も切ろうとしますが、つかまえて逃さない把瑠都が寄り切り。左を入れるまではよかったんですけどねー。把瑠都は左のかいなの返しがよかったと舞の海さん。あー一度上手は切られてるんですが、うまくつかまえながら左の返しで寄り切ったんですね。

栃煌山×魁皇。栃煌山立ち合いで当たっていったのはいいのですが、体がのびきってしまい、魁皇のはたきでおちました。うーん栃煌山も同じ負けるにしても健闘しないと。

琴光喜×豊ノ島。立ち合いはミッキー兄さん。豊ノ島に突き押されながらも右を入れて頭をつける…ここまでは昨日のキセ戦と同じです。また突き落としか!でも今日はなんとかまわしをとって寄り切りました。よかった。もう今場所は勝てんかと思ったわァ!なんとか初勝利です。もう優勝争いとかは彼方にとんでいっているし、自分のペースでとりましょう。

白鵬×雅山。立ち合いの踏み込みで雅山の攻めをすべて無力化。右をねじこんで寄り切り。雅山の突き押しを少しは受けてもいい、それくらいの攻めなのに。舞の海さんも手順がいいと絶賛。

投稿者 マイク松 : 00:24 | 大相撲 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月11日

大相撲5月場所2010:2日目

まさか初日にミッキー兄さんが負けるとは・・・驚きました。こんなにみんなが気を遣って全然記事にも話題にもしてないのに!どっか悪いのかなとやや心配になりますが、何でしょう食べ過ぎでしょうか。

さて正面は藤島親方、向正面は時津風親方、実況は三瓶さん、リポートは東が佐藤さん、西が藤井さん。

若荒雄×臥牙丸 いなされても前に出た臥牙丸。よく見て攻めました。このまま育って欲しいですね、安易に引くようになっちゃいかん。

玉乃島×北勝力 北勝力のつっぱりを一度は凌いだが、つかまえることはできませんでした。うーん、合い口の悪さかな。

嘉風×光龍 2度もつっかけてしまう嘉風。ちょっと立ち後れたところをすかさず光龍の頭からの立ち合い。そして押し込まれてしまってエンド。

霜鳳×高見盛 霜鳥が右を差して左の上手、それから右もがっちりまわしをとってよりきり。いいですね!霜鳳のいいところを久しぶりに見た様な気がします。

豪風×栃乃洋 栃乃洋の突き落とし。栃乃洋が立ち合いの変化。

木村山×隠岐の海 左のはずにつかれて押し出された隠岐の海。木村山はパワーがありますね。隠岐の海が・・・というより木村山が良い相撲をしました。

土佐豊×猛虎浪 猛虎浪が左上手をとりましたが

---

…ここまで書き残して富井はどこかへいってしまいました。カーソルがぴこぴこしているところをみると、続きは書いておいてくれよということなんでしょう。でも最後のところまでは書いておいたらよかったのに。やきいもやさんでもきたんでしょうか。続きはマイク松がレビューします。

土佐豊×猛虎浪。右四つ。土佐豊巻き替えますが、そのあとで猛虎浪がすぐに上手投げ。中に入ってすぐ攻めるというその前に機先を制しましたね。土佐豊相撲はよかった。藤島親方もこれでいいと。

徳瀬川×豪栄道。左上手を取ったゴーエードー。右四つからもろ差しに徳瀬川がいこうとしたところで、ゴーエードーの首投げが決まりました。捨て身の首投げ、隠し技でもってるんですよね。物言いがつきましたがゴーエードーの勝ち。

阿覧×豊響。豊響当たっていくが、距離感から上体が浮いてしまいましたね。受け止めた阿覧が右四つに組み止めて寄り切り。最後は左上手をとってましたね。豊響も悪いループに入らないといいけど。

玉鷲×垣添。また待ったがあった垣添だったが、ひるまず速い立ち合いから一気にもっていきました!玉鷲も完全に受けてしまいましたね。一発にかける垣添、いいですね。

旭天鵬×黒海。左四つになるが、旭天鵬のまわしがのびてしまい、黒海も左右に振りながら寄り切り。どうも旭天鵬は黒海が苦手なのですがなんででしょうか。

北太樹×時天空。時天空張り差し。右四つになるが北太樹もまわりこんで体勢を整える。北太樹が左上手をとって寄りたて寄り倒し。じっくり攻めてあわてず体勢を作りましたね。北太樹は今場所から幕内後半の相撲になってますが、自覚十分ですね。

白馬×朝赤龍。左上手をとりにいった朝赤龍でしたが、その前に白馬が飛び込んでしまいました。あららー。

琴奨菊×若の里。突き放そうとした若の里、右左と突いていくが、はたいたところで菊の左が入って寄り切り。若の里の作戦としては悪くなかったような気もしますが、はたきで菊の左を呼び込んでしまいました。

鶴竜×栃煌山。栃煌山右ののど輪から引いたところで鶴竜おちました。うーん鶴竜もろすぎますね。相撲がばらばらです。

日馬富士×栃ノ心。いい立ち合いのハルマ、どしどし突き押していくが、突き返す栃ノ心に上手投げにいくが、これが強引すぎて逆に栃ノ心にうしろにつかれてつりだされました。あれはまずかったですねー。動き回るのはいいのですがあれで呼び込んでしまいました。ひざの不安をしきりに実況陣が口にしますが、栃ノ心も落ち着いてとりました。足をとったのもよかった。

豊真将×把瑠都。豊真将が右上手をとりにいって変化。把瑠都は張り差しにいくも不発で豊真将の両おっつけから右差しにいくが、把瑠都が右四つで両まわしをとって体を入れ替えつり出し。時津風親方もいってましたが豊真将右を差してしまった感じですね。おっつけで攻めれば勝てたかも。把瑠都はあぶなかったですが、今は勝つことが大切。

雅山×魁皇。千代の富士って1045勝してるんですねー。すげー。立ち合い雅山の突き押しをまともに受けて魁皇後退。どんどんまわりこんでしのぎ、はたかれても前におちない。そして出てくる雅山を突き落としました。ぎりぎりでしたが星を拾いました。魁皇の動きがこんなにいいのって何年ぶりだろう。よく動きましたねー。びっくり。

琴光喜×稀勢の里。今日じっくりみても、ミッキー兄さんからだが張ってませんねー。キセと並んでもすごい小さく見えます。やばい。こうなったら伝家の妖刀を抜くしかないのか。しかし今日の立ち合いは最高!がつんと当たって前に出て右をのぞかせますが、キセの突き落としであえなく体勢を崩し、押し出されました。そんなに強烈な突き落としでもないのにと心配する実況陣。あんまり食べてないんだろうか。もうギリシャ支援は基金が作られたみたいだし、神の摂理もそろそろ風を吹かせるはず!それを待ちましょう。摂理の風の琴光喜!

どっどど どどうど どどうど どどう
期待の若手も吹きとばせ
新大関も吹きとばせ
どっどど どどうど どどうど どどう
安美錦×琴欧洲。アミーが下に入ろうとしますが、カロヤンもそれはさせず。でもつかまえることはできず、いったん離れます。

白鵬×豊ノ島。立ち合い強烈な踏み込みからの当たりで右を入れた白鵬、あわてず体勢を整えて下手投げ。まったく問題にしませんでしたね。強いです。

投稿者 富井と松 : 00:28 | 大相撲 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月10日

『脇役力』のすすめ

サッカーには縁のないサイトですが、ニュースを見ていて「おお、これは」と思ったのは岡田監督の選考に関するNHKでのインタビューでした。サイトを探してみたのですが、まだ記事になっていないのか見つけられませんでした。確か「出場しなくても雰囲気を壊したりしない人」みたいなことを言ってて、なるほどなと思いました。

もちろん技術や体力が選考の最重要項目ですが、「あくまでチームが勝つための人選。力のある選手を上から23人選んだのではない。」とか「食事を一緒にとってグループができない様にする」とか、かなり社会性を重視していることが伺えます。

よく知りませんが、日本代表には世界的なスーパースターがいるわけではなく、組織力で勝つ勝ち方しかない(らしい)とすれば、一体どう振る舞える人間が必要とされているのでしょう。

ということで、オススメしたいのが田口壮の『脇役力』。日本人で唯一ワールドチャンピオンリング(ワールドといってもアメリカ国内のプロ野球リーグのこと。英語ではワールド=USA=グローバル・スタンダード、ということらしい)を2つ持つ選手なのです。(訂正:チャンピオンリングを2つ持っているのは田口と井口の2人でした。YM5さん、ありがとうございます)
メジャーリーグで活躍する選手といえば、イチローや松井などたくさんの有名選手がいますが、いかにして田口は2度もチャンピオンリングを手に入れることができたのか、その秘密がここに書かれています。

特に必読なのは第3章の“「25番目の選手」のいきがい”というところ。25番目というのはベンチに入っている最後の選手。つまり一番下にいる選手の言動がチームの雰囲気の鍵を握り、そのふるまいがそのチームを生かすことも殺すこともできる・・・という話です。サッカーの岡田監督の話を聞く限り、特にGKの川口選手にその役割を期待しているように感じました。しかし一人一人のちょっとした言動がチームの命運を左右するということを肝に銘じるために全員読んでおくといいと思います。そして田口選手に印税がいっぱい入るといいと思います。

それにしても「岡田監督」という呼称が紛らわしい。やっぱりオリックスの岡田監督はA-岡田を正式名称にするといいと思います。ついでにカープもK-野村にしたらいいのに。

投稿者 富井副部長 : 20:21 | その他スポーツ | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年5月9日

大相撲5月場所2010:初日

Route87にアクセス解析がついているのにようやく気づいたマイク松ですこんにちは。なんというかこれ更新してて意味あんのかという数字でした。最近は結構がんばって更新してるんですけどね!

さて、そんなハチナナ道を突き進むミッキー兄さんと、大関に昇進した把瑠都を迎え、いよいよ今日から5月場所が始まりますね!楽しみです。わりとゆっくりみられました。

---

大相撲5月場所、初日。実況は藤井さん、解説は正面が北の富士さん、向正面が舞の海さん。リポートは東が太田さん、西が刈屋さん。

とりあえず把瑠都特集。着物は全部ブルーだそうです。残る目標は優勝と横綱だと力強い言葉。がんばってほしいですね。

磋牙司×玉乃島。磋牙司は十両から。磋牙司おっつけていく。はずについていい体勢かと思ったが、いなした玉乃島がうしろについた。磋牙司も一本背負いに行くが寄り倒し。磋牙司はいい相撲でしたが、まあ玉乃島は簡単な相手ではないということでしょう。

光龍×霜鳳。光龍いい立ち合いから押し上げていくが、霜鳳が左上手のいい体勢。右前まわしをとった霜鳳が引きつけて寄りきりました。上手を引いても慎重に相手を捕まえましたね。

若荒雄×北勝力。帰ってきた若荒雄。これまた(定位置に)かえってきた北勝力。北勝力が立ち合いしっかり当たりますが、つきおしにうまく対応した若荒雄がはたいてソフトにつぶしました。

栃乃洋×高見盛。帰ってきた栃乃洋。そろそろ心配になってきた人造人間。立ち合い当たって人造人間どん引き。栃乃洋ちょっと低かったですかねー。でも差し手争いから人造人間の上からの押しつぶしは判断がいいと舞の海さん。

お!通路に北桜がいた!警備してますね。

嘉風×木村山。かえってきた木村山。相変わらずの立ち合いの木村山ですが、さっともぐりこんだ嘉風が一気に押し出しました。いい相撲!

豪風×徳瀬川。豪風の強烈な突き押しで徳瀬川が後退、そしてすぐ引き落とされました。豪風は稽古場では引かないけど場所では引いてしまう。稽古場力士や!

猛虎浪×隠岐の海。猛虎浪は帰化して日本国籍を取得、市川栄という日本人になったそうです。立ち合い右四つ。これは猛虎浪有利か。両者引きつけあいになるが、力強く引きつけた猛虎浪がうまく腰も使って寄り切りました。今場所はいいじゃないですか!

阿覧×豪栄道。突き放した阿覧、ゴーエードーに中に入らせず、そのままはたき込みました。黒海みたいな取り口ですね。でもゴーエードーはほとんどぶっつけ本番とのこと、まだひざの状態がわからないのではと舞の海さん。ひざですし大事にはしてほしいのですが。

土佐豊×豊響。グレートホーンから激しく突き押す豊響。押し込むが右四つになり土佐豊もこれで相撲がとれますね。そして土俵際投げの打ち合いになり、ぎりぎりで土佐豊の勝ち。うわーほんとにまげの差という感じですね。物言いで検討してぎりぎり土佐豊。同体でもよかったと思いますけどねー。そこはおおざっぱにみて。

垣添×旭天鵬。中に入った垣添、一気に出ようとしたところで旭天鵬が両かいなをきめてふりまわし、体を入れ替えて寄り切りました。いやー見事。土俵際できめながら腰を落としていたのがよかった。この辺の基礎がベテランですね。

時天空×玉鷲。立ち合いがあわなかったが玉鷲がのど輪で押し込む。これはいい攻めでしたが、しのいでしのいだ時天空がのど輪をはずして送り出しました。あー押されながらも時天空が立ち合いで前まわしをとってたんですね。

黒海×白馬。白黒対決。白馬が立ち合い左を深く差して、相手を起こしながら寄り切りました。はずの位置もよかったし前まわしをとってるし。こういう相撲がとれるんだから卑怯立ち合いはやめてほしいですね。

北太樹×朝赤龍。左四つになりました。朝赤龍が頭をつけて自分の体勢に持ち込みます。北太樹は徐々に起こそうとしますね。朝赤龍の寄りに右から突き落としにいきますが、朝赤龍寄り切りました。攻めと守りのいい一番でした。

若の里×安美錦。青森対決。立ち合い頭で当たって右を入れたアミーが一気に寄り切りました。これは速くていい相撲!長引くと危険ですからね。

稀勢の里×鶴竜。キセはおなかが痛かったみたいですが大丈夫のようですね。今場所は期待を感じているとのこと。鶴竜のいい立ち合いはありましたが、右上手をとったキセががぶって寄り切りました。立ち合いキセが受けてしまいましたが、落ち着いてましたね。鶴竜も上手はなんとかブロックしないと。

栃ノ心×把瑠都。新大関初日。把瑠都立ち合いからもろ手で起こし、突き放してはたき込み。大事にいきましたねー。先場所から身につけている突き押しは効きますね。初日に波に乗るように、いい相撲でした。

豊真将×魁皇。総理大臣顕彰ももらった魁皇。総見でもがんばってたそうで。立ち合い当たって右に動いた豊真将、まわしをとりにいきますが、おちなかった魁皇がはたき込みました。ぱっと見ても魁皇の動きいいですねー。数年ぶりに魁皇の動きにキレがあると感じました。今場所はいけそうというよりも、調子にのってけがを悪化させないでほしいですね。

琴光喜×雅山。おっときましたミッキー兄さん!いかにニュースがガン無視でも、場所ではミッキー兄さんの姿がみられるんですからね!新大関、総理大臣顕彰、稽古場横綱と。立ち合いしっかり当たった兄さん、突き押しにいこうとする雅山よりもおっつけで押し込んでいきます。しかし土俵際で雅山のはたき込み!上体がのびまくっていた兄さんばったり!うわー初日から優勝争いから一歩後退でござる!総見のときも元気がなかった、実況陣からは老け込んだとかいわれてしまってます。うーん雅山にしてやられてしまいました。世界になんかないかと思ったら、ギリシャ危機にIMFとかEUとかが対応しているようです。また世界信用不安を身を挺して止めていたんですね。金融関係の人でぜひミッキー兄さん神社を!ご神体はまだ生きてるけど!

豊ノ島×琴欧洲。そういえば豊ノ島は歌手の人と婚約したそうですね。おめでとうございます。でもひじの状態はよくないそうです。立ち合い右上手をとったカロヤン、これは万全かと思いましたが豊ノ島もしっかり残しました。そして投げの打ち合いまでもっていきましたが、両上手をとったカロヤンが勝ちました。上手をすぐやってしまったと豊ノ島。でもカロヤンもちょっとあぶなかったですね。

日馬富士×琴奨菊。苦手の菊と初日にあたるハルマ。立ち合い左を差して密着した菊!うわー!ハルマも完全に起こされてしまいました。左を深く差して寄り切り。ハルマも完敗でした。ひざのけががまだ万全じゃないみたいですね。

白鵬×栃煌山。調整も万全の白鵬。立ち合い栃煌山右を差そうとしているうちに寄り切られました。あっという間だ。万全ですね。

投稿者 マイク松 : 23:32 | 大相撲 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月8日

G-光尊はさっぱりだったけど青野が復帰した日

昨日仕事帰りに甲子園の当日券を確認して昨日のカープ×タイガースを見に行くか今日のマリーンズ×バッファローズを見に行くか20分ぐらい悩んだのですが我が社でワンダーボーイと呼んでいる荻野貴司を見に行くべきではという結論になったので本日京セラドームへいってまいりました。・・・残念ながらこの決断は大正解でした。

さて、今日は成瀬×金子千尋という顔合わせ。左右の招き猫対決ですね。先発メンバーもほぼベストメンバーといっても良い顔合わせでメンバー紹介から球場が盛り上がります。キャッチャーが日高でないのは相変わらずA-岡田監督はわかってないなとも思いましたが・・・。

そしてスポニチの優秀選手表彰では何と4月のMVPとしてG-光尊が選ばれているではありませんか!たいして活躍していないのに!他にいないのかと思うと涙がこぼれそうですが、私、T副部長はG-光尊の守護神と思っておりますのでまあ、これも私の力だなと思いながら見守っていました。見える、今日もG-光尊が成瀬を粉砕している場面が!

しかし今日も先に崩れてしまったのは金子千尋(金子が2人になってしまったのでC-金子にすればいいのに)。3回、里崎にホームランを浴び、続く今江にも連打を許し荻野貴の安打で計2点を失います。まあ、ここで2点で止まってよかったね、とも言えるのですが、5回には再びホームランがからんだ4失点。あー、いつものパターンだ。A-岡田監督も「止まらへん・・・」と絶句。

とはいえ、成瀬もホームランを3本も打たれてしまって今ひとつの出来。オリックスも2、3、4番が塁に出てれば打ち合いに持ち込めたのですが・・・て、3番はG-光尊じゃん!今日ノーヒットじゃん!・・・低迷期に入ってしまいましたね。

期待して見に行った荻野貴司は期待以上のワンダーボーイぶりを見せつけてくれました。5打数3安打、2四死球。そして2盗塁。見ていて本当に楽しい選手です。今日は母校から応援団も来ていた様だし、2日間の休みで少しは疲れが取れたでしょうか。交流戦もがんばって欲しい。

しかし、その荻野の活躍も脳裏に焼き付きましたが、青野毅が1軍に再び戻ってきたところを目撃できたのが嬉しいことでした。3年ぶりですか・・・がんばりましたね。2007年はこれからというところで怪我をしてしまい残念でした。個人的に好きなバッターだったのでとても嬉しい。ズレータはいなくなったけど、桜島ファイヤーをまた見たいです。おめでとう、青野!そしてこれからも頑張ってな。

投稿者 富井副部長 : 21:55 | 野球 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月7日

フィギュアスケート世界選手権2010:アイスダンスFD

twitterにも書きましたが、最近ハンシンのフォッサムという名前がでると、つい「フォッサムちゃんで〜す!」と叫んでしまうマイク松ですこんにちは。もちろんおさむちゃんのあれなんですが。だから「フォッ…フォッ…ぁえーす!」みたいなテンションの高まりがあっても可。

あとふぉっさむを変換したら「フォッサ夢」って出ました。フォッサはマダガスカルにいる不思議な動物らしいんですよ。そんな動物いたんだ!これがねことは。フォッサムちゃんから思わぬ発見でした。

さて!今日はカープも壮絶に負けたことだし(壮絶すぎ)、今更シリーズ第2弾、フィギュアスケート世界選手権アイスダンスの続き、今日はFDです。

---

フィギュアスケート世界選手権、アイスダンスFD。実況は小林さん、解説は藤森さん。

まずはリード姉弟から。「天使と悪魔」ST。オリンピックよりも衣装がかっこよくなってますかね。CuLiは豪快ですね。ツイズルもおっけー。よく練習してます。CiStは2人の入れ替わりが至近距離でおこなわれてていいですね。そこからSlLi+RoLiのロングリフトもスムーズでした。ダンススピンはもうちょいスピードがほしいか。MiStはテンション高くできてますね。MiStはFDではホールドが必要なんだそうです。RoLiでフィニッシュ。いい演技でしたね!もっと演技の密度が高まればいいでしょうし、これからそうしていくんだと思います。見守りましょう。154.93。

チェコのミシルヴィチコワ・ノバック。ミシルヴィチコワの髪型がかっこいい。「ブルース・フォー・クルック」。ツイズルは手早く終わらせました。スピードもあった。SeLiはポジションチェンジもありながら安定してますね。ノバックはイーグルが得意なんでしょうか。CiStはあぶなそうなところもありましたががんばってますね。というかこの映像はなんでこう遠目にとってるんだろう。RoLiからダンススピン。ポジションしっかりしてますね。DiStはちょっと流れがスムーズじゃないかも。CuLiは入り方も演技もかっこいいですね。いい演技でしたがこの単調な曲を踊りこなすにはもうちょっと工夫がいったかもしれないですねー。ステップの部分をもっと磨いていってほしいです。147.93。

エストニアのマロリー・ランド。あのおこられていたランドは弟ですね。マロリーがエストニアの国籍をとらなかったためオリンピックに出られず、弟がおこられるという事態になったよう。グリーグ「ペール・ギュント」ダンススピンから入りますがマロリーのポジションはすてき。藤森さんもほめてました。SlLi+CuLiもポジションがすばらしい。弟カップルよりよさそうですね。CiStは技術よりも音楽表現がありますね。DiStも音楽をよく聴いてます。RoLiは流れがあってアイスダンスっぽい。ツイズルはまずまず。回転はあってました。手足の動きが男女ともしなやかで、SlLiもきれいでした。国籍を変えれば間違いなくエースだと思うのですが、まあオリンピックだけがフィギュアスケートじゃないですからね。このまま成長していってほしい。147.39。コーチにズエワがついてるんですね。なるほど。

アメリカのサミュエルソン・ベイツ。ブライトマン&ボチェッリ「大いなる世界」。アメリカらしいドラマチックな入りからCuLi、CuLi+RoLiとリフトを連発。動きもスムーズですね。ツイズルはよくあってました。CiStはさっきまでのカップルに比べると滑りがよくのびてますねー。ちょっとした小リフトもきれい。そしてSlLiもベイツのホールドが力強くて安心。もう1発追加のリフトも。MiStはもうちょっと距離が近い方がいいのかも。ダンススピンから最後は抱き合ってフィニッシュ。アメリカらしい演技でした!そういうカップルもいないとですね。168.77。コーチが疲れ切ってますが大丈夫なんでしょうか。

フランスのキャロン・ジョーンズ。「アルビノーニのアダージョ」。ツイズルはあってないですねー。シンクロナイズしてない。RoLiは豪快な回転。すげー。MiStはまずまず。ダンススピンは軸がしっかりしてますね。CiStは2人でよく動いてます。CuLi+RoLiはローテーションがちょっと重そうです。SlLiあたりから疲れてしまいましたねー。でも最後までがんばりました。161.86。リフトのタイムオーバーがありました。

ハンガリーのホフマン・ザボジン。ザボジンはおなかにくるかぜをひいて朝の練習ができなかったそう。大丈夫か。「So Excited」ほか。RoLi+RRoLiをいきなりもってきました。なんとか大丈夫そうですね。CiStもダイナミックな動き。オリンピックよりもいいような気がする。気がするだけだけど。ホフマンが元気ですねー。ツイズルはまずまず。SlLiはポジションがいいですね。後半のDiStになってもスピードは維持。ダンススピンはもっとスピードがほしいです。ダンスパートになってさらにスピードアップ。元気じゃん!よかったよかった。ザボジンももちましたね。166.90。まだ若いのにすごいベテランの雰囲気がある。

ロシアのルブレワ・シェーファー。ホフロワ・ノビツキーは棄権したそうです。あーあ。シャンソンです(聞き取れなかった)。ツイズルはよくあわせてましたよ。CiStはダンスの雰囲気をよくだしてます。衣装のせいもあるか。CuLiは低空のポジション。ダンススピンはきれいですね。RoLiは入り方がスムーズです。SlLi+RoLiはローテーションの方は安定してました。DiStはあっという間に終わりました。1つ1つのポジションが基礎ができていてきれいですが、全体としてなんともいえんなあという感じでした。つまりよくわからんかったということなんですが。161.20。

アメリカのナバーロ・ボメントレ。最後の世界選手権になるとのこと。そうなんだー。U2「One」。ツイズルはちょっと離れたか。SlLiは入り方もすごいしポジションもすごい。DiStはスピードがあります。ボメントレがホールドされるところも作りながらダンススピン。これもいいですね。CuLi+RoLiはスムーズでよかった。RoLiからSlSt。最後の力を出し切ろうという演技に見えましたねー。得点うんぬんというよりも、自分たちのやりたい演技というのだった感じでした。おつかれさま。159.68。

ロシアのボブロワ・ソロヴィエフ。「アルビノーニのアダージョ」。ボブロワの身体能力をみせつけるダンススピン。さすがですね。CuLiもすばらしいポジションです。これだけの素材があってなんで上にこられないんやろう。CiStはもっと訴えるものがほしいですね。ツイズルはおっけー。RoLiからMiStとみていきますが、あんまりダンスの雰囲気を出せてないのがいけないんだろうか。演技じゃなくてそっちの方ばかり考えていました。177.23。おお点はでました。よかった。

イタリアのカッペリーニ・ラノッテ。またカッペリーニちゃんの衣装がかっこよくなってますね。こっちの方がいい。「レクイエム・フォー・ア・ドリーム」。ダンススピンは雰囲気出せてますよ。SlLiはのびがあるいいリフトでした。ツイズルはセカンドでぶつかってカッペリーニちゃん転倒。うわー!いい感じできてたのにー!しかし観客があとおしします。がんばれがんばれ。SlLi+RoLiはポジションチェンジがとてもかっこよかったです。オリンピックからもがんばってレベルアップさせているみたいですね。DiStもすごい手拍子。RoLiからフィニッシュでもう場内は大歓声でした。そして終わった瞬間に泣き出すカッペリーニちゃん。藤森さんもいっているようにがんばって仕上げてきてたんですよ。うーん残念。164.52。でもがんばった!泣くなカッペリーニちゃん!がんばった!

カナダのクローン・ポイエ。「ノクターン」「ボヘミアン・ラプソディ」。CuLi+RoLiはぶんぶん振り回します。SeStはのびのあるステップでいいですね。StLiはおもしろいリフトです。ツイズルはがんばってあわせましたね。SlLiは音楽にあわせた大きな表現。DiStは流れがもっとスムーズだったらいいですね。中盤におもしろい演技があったあとでダンススピン。回転が速いです。RoLiもうしろからクローンがしがみつくという荒技。全体的にクローンがしんどそうでしたががんばってましたね。180.30。おおっよかったですね。コーチも大喜び。

イスラエルのザレツキー兄妹。「シンドラーのリスト」。SlLiは入り方もリフトもスムーズでスピードありましたよ。CuLiも音楽にあわせてたし、兄妹のコンディションもよさそうです。ツイズルもまずまず。CiStもなめらかでスムーズ。曲とともに激しくなるステップ、そしてCuLi+RoLiもテンション高いです。DiStも躍動感がある。ダンススピンから追加のリフトでフィニッシュ!これはよかった!オリンピックより曲構成を変えてきましたね。こっちが絶対いい!すばらしかったです。あとは妹にまゆげをかくだけですね!FDでシーズンベスト更新、181.26。

フランスのペシャラ・ブルザ。昨シーズンのプログラムに戻したんですね。藤森さんが「ここからはエレメンツのコールはせずにじっくり見ていただきましょう」といってますが、それはやってほしいんですが。でもさすが滑りがいい!RoLiもとてもきれいでスムーズです。CiStは距離感が抜群でCuLiにきれいにつなげてます。SlLiも安定してますね。ここからブルザがピエロチェンジ!ツイズルもよくあわせてました。場内も大盛り上がり。DiStも手拍子に乗って、音楽に合わせたすばらしい躍動感。楽しくなる演技。ここからますますピエロっぽくなりながらダンススピン。これでも楽しい雰囲気を出してるとは。追加のリフトから最後はバックフリップ的動きでフィニッシュ!やっぱりこのプログラムはすごいですねー。こんなに楽しいプログラムは久しぶりにみました。楽しませてくれましたね。194.39。横に破戒僧ズーリンとファンキーな女性がいると、何のユニットだよと思わせますね。

アメリカのデイヴィス・ホワイト。きましたね。「オペラ座の怪人」。またノエビア姉さんがしゃくれてますね。集中してるのか。ダンススピンからすごいテンションが伝わってきます。速い!移動速度が全然違います。これだけ速いのに演技に乱れがない。SlLi+RoLiまで一分の乱れもないですね。スローパートになって今度は物語をじゃんじゃん紡いでます。CiStはステップも足の高さもタイミングも全部いっしょです。ほんとに一体になってますね。そして背中合わせのSlLi!すげー!なんてポジションや!得意のツイズルの速さはソロスピンみたいですね。DiStもとにかく調和の一言。そして超高速RoLi!速い!速い!そのままフィニッシュ!うわああベリッシモです!オリンピックよりもっとうまくなってますよ!どこまでのびるんだこのカップルは!FDでシーズンベスト更新、223.03!ぐわー!完璧!

カナダのヴァーチュー・モア。あのあとにできるカップルはこの2人だけですね。マーラー「交響曲第5番」。最初の動きだけで一気にリンクを自分たちの世界に。滑りもスムーズですねー。表情や視線もしっかり。CuLi+RoLiはもう何回ポジションチェンジしたか数え切れない。それからすぐにダンススピンと、よどみがまったくないですね。CiStも滑りののびがすばらしい。そして音楽との調和。ツイズルもおっけーですね。そしてSlLiは2人のすばらしいポジション。有名なポジションですね。DiStはエレメンツというよりもそれがすべて物語。RoLiも速いです!スピンから最後は顔を見合わせてフィニッシュ。うーんすばらしいです!深い感動が会場中を包み込んでますね。なんというかマーラーがこのダンスをみて曲を作ってくれたかのような、完璧な調和と物語。最高でした。224.43!リフトのタイムオーバーをとられてますね。

イタリアのファイエラ・スカリ。よく考えてもあのあとにできるカップルは今はこの2人でしょう。「ゴッドファーザー」より「エミグランテ」。スムーズな滑りのあとSlLiであふれる物語。いいですねー。ダンススピンはじっくりテーマを表現するように。CiStはさすがの技術。CuLi+RoLiはポジションを変化させながらも安定してますね。DiStも音楽によりそうような丁寧さ。ツイズルもしっかり。CuLiからクライマックスに向けての渾身の演技。そしてファイエラが持ち上げるSlLiでフィニッシュ!よっしゃ!スカリもガッツポーズですね!そして場内が大興奮!きっとイタリア人の琴線に触れまくる演技だったのでしょう!興奮して警備員に止められるお客さんも。あれ誰だ。ともかく見事でした。197.85。3位きました!逃げ切ったか!

イギリスのカー姉弟が最終滑走。リンキンパーク「Krwlng」。ダンススピンは完璧な軸。すばらしいです。ツイズルはミラーのポジション。ちょっとばらついたか。CuLiはスムーズです。SlLiも流れを切らない。CiStはレベルをしっかり考えて、ぎりぎりのところでしっかり調和をとっています。SlLiは曲の盛り上がりでばっちり、そしてRoLiにつなげてます。DiStもスピードを維持しながら深いエッジ、近い距離。そしてカー姉さんがジョンをマジリフト!かっこいいです!低空リフトからフィニッシュ!おおっすばらしい!なんといわれようとこのプログラムはすごい!やっぱりカー姉弟にしかできない演技があるんですよ。よかったです!おっシーズンベスト更新!189.11!

○最終順位:(T-岡田風に)
1. T-ヴァーチュー・S-モア
2. M-デイヴィス・C-ホワイト
3. F-ファイエラ・M-スカリ
4. N-ペシャラ・F-ブルザ
5. S-カー・J-カー
6. A-ザレツキー・R-ザレツキー
7. V-クローン・P-ポイエ

---

なかなか接戦になったFDでしたが、順位はあんまりかわらなくても盛り上がりましたねー。

ヴァーチュー・モアとデイヴィス・ホワイトは、あのオリンピックよりもいい演技でしたよ。まだまだうまくなるっていうそれが信じられないし、うれしいことです。

ファイエラ・スカリは3位を死守。あぶないところでしたが、FDで逃げ切りました。ペシャラ・ブルザは昨シーズンのプログラムに戻して臨みましたが、あと一歩でしたね。

5位はカー姉弟。いい演技でした。個人的にはリンキンパークのプログラム大好きです。6位にザレツキー兄妹がきました。オリンピックよりもずっとよかった。

さて、これでなんとか世界選手権のレビュー終わりました。心残りがあってはいけませんからね。でもアイスダンスおもしろかった。

いよいよ本格的なオフシーズンに入るんだと思うのですが、折に触れて何か書いていきたいです。弁当とか。

投稿者 マイク松 : 23:04 | フィギュアスケート | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月6日

フィギュアスケート世界選手権2010:アイスダンスCD・OD

佐藤慶死去北林谷栄死去。また名優がこの世を去り、さみしいマイク松ですこんにちは。ご冥福をお祈りいたします。

さて今日はなんと!今年のフィギュアスケート世界選手権、アイスダンスをレビューしたいと思います!何をいまさらという感じですが、なんで放送が遅いんでしょうねー。

それと今回はなんだか知りませんがカメラワークがさっぱりで、特にCDは大事なところがさっぱり見えません。藤森さん同様僕らのテンションもがっつり下がって、ODを見るのが遅れてしまったというわけです。

正直この下にあるCDのはほんとにレビューなのかと思いますが、せっかく書いたのであげておきます。読み飛ばしてください。

---

フィギュアスケート世界選手権、アイスダンスCD・OD。実況は小林さん、解説は藤森さん。

まずはCDから。というか今回がCD最後になるんですね。いやだなー。

日本のリード姉弟。最初のターンのあといきなり転倒。うわー!これはしょんぼりしますねー。上半身しか映ってない映像に「足下がみたい」ともっともな指摘をする藤森さん。そりゃそうっすね。2周目は転倒したところはしっかり踏んでました。うーんほかはしっかりできてるだけに転倒が惜しい。24.78

イスラエルのザレツキー兄妹。また妹のまゆげがない。今度はうってかわって下しか映してなかったり。そして肝心なところではまた上半身のみ。バランスとって。藤森さんがキレますよ。これでは何のためにやってるのかもわからんし、楽しそう、しか伝わらないから廃止にもなりますよね。CDはとても意義深い種目なんですけど。33.79。

イギリスのカー姉弟。また姉弟だ。ジョンはタキシードですね。うわー滑りがスムーズで全然違いますねー。藤森さんも黙ってしまいました。ずっと演技が続いてますが、リズムもよくとれてるしいいんですけどね。ずっと全体を引いて映すというだけなのになぜできんのだろう。最後のポーズもきれいでした。ワルツの雰囲気をしっかり作れていたと藤森さん。37.56。おっシーズンベスト更新。

カナダのヴァーチュー・モア。その前にコーチをすごいアップで映してます。何の意味が。最初の表情からしっかり雰囲気を作ってます。滑りが速いし足が近い。でもこのカメラワークはカメラマンがやけになっとるとしか思えないですね。普段は動かないものでも映してるんだろうか。ところどころ全体が映ってるところはしっかりした足下の技術に加えて優雅な雰囲気がもりもり出ていました。44.13!すげー!こちらもシーズンベスト更新。

フランスのペシャラ・ブルザ。でた美男美女。おまけに衣装がとても新しいデザイン。誰が作ったんだろう。きれいな足ですねーとか、何か遠くできれいなものが滑ってますねーとか、どういう感想を求めている映像なんだろう。わーいアップにしてるしブルザのワイルドなタキシードがよく見えていいなあ。ペシャラのドレスも動きやすいしそれでいて品がある。37.75。なんだこのファッションチェックみたいなレビューは。ズーリンは破戒僧度が高くなってきましたね。

イタリアのカッペリーニちゃん with L。カッペリーニちゃんの衣装も機能的でよくできてます。相変わらず小者っぷりを発揮するラノッテ。でもこれが味というか武器ですからこれはほめているのです。上から映したり足下を映して全然追えてなかったり、このカメラワークはほんとどうなんだろう。微妙にカッペリーニちゃんばっかり映している気もする。これが現地の映像って。地元は喜んでいますがこっちは微妙です。藤森さんも衣装をほめたりしています。34.05。

ロシアのホフロワ・ノビツキー。ノビツキーは右ひざがあんまり状態がよくないそうです。それにノビツキーのタキシードの色がおかしい。青て。演技でも細かいところでレベルが上がらない感じ。終わり方はかっこよかったです。37.70。得点はまずまず出ましたね。

アメリカのデイヴィス・ホワイト。ノエビア姉さん元気そうですね。CDでも得点を出せるようになったこのカップル、やっぱり足下もうまいですね。映像が近すぎて酔いそう。エッジも深いし技術をしっかりアピールする滑りです。最後も姉さんばっかり映すとは。このカメラマンほんとありえん。43.25!おおー!いい点でました!

イタリアのファイエラ・スカリ。うわーすごい盛り上がりです。毛皮っぽいファイエラのドレス。上半身の動きが大きくて優雅で、ワルツの雰囲気をもりもり作っていますね。もちろん滑りもスムーズ。ちょっと中盤でスピードが落ちたか。最後のポーズはとても優雅でしたが、カメラワークでよくわかりませんでした。40.85。おっ40点乗りましたね。よかった。草笛光子みたいなコーチは不満顔。

○CD終わっての順位:
1. ヴァーチュー・モア
2. デイヴィス・ホワイト
3. ファイエラ・スカリ
4. ペシャラ・ブルザ
5. ホフロワ・ノビツキー
6. カー姉弟
7. カッペリーニ・ラノッテ

***

OD。グルジアのリード・ヤパリーゼからですね。「グルジアのフォークダンス」。MiStから入りますね。なかなかいい。イーグルからのSlLiにうまくつなげてます。DiStでもっとヤパリーゼがしっかりホールドしてやらんと。動き自体はいいですね。ツイズルはゆっくり。最後のリフトも力を振り絞ってました。今は力が伸びていくときだと思うし、どんどん挑戦してほしいですね。69.42。キスクラで会議が繰り広げられています。

リード姉弟。着物よくなった感じもする。どうやったやろう。日本舞踊。MiStはオリンピックのときより扇の使い方がうまくなってる印象。CuLiは弟も扇をもったまま。力いりますね。ツイズルは間隔があいてましたが速かった。振り付けの部分もなかなか印象的で、うまく日本舞踊をアイスダンスに取り入れてますね。CiStは2人の一体感がありました。最後のリフトまで集中力ありましたね。でもいい演技でした!弟のちょんまげはなかなかよくできてる。75.19。

チェコのミシルヴィチコワ・ノバック。青い衣装がきれいですね。フィンランドのフォークダンス。MiStはユニゾンがよくとれてますね。SlLiはイーグルでミシルヴィチコワのポジションもしっかり。CiStはノバックがなかなかうまくホールドしてます。コミカルな振り付けもリズミカルにこなしてますけど、これってほんとにフォークダンスなんですかね?不思議な曲。ツイズルは乱れましたね。しかし最後までリズムを大事にした演技でした。73.02。キスクラでも明るくていいカップル。

ロシアのルブレワ・シェーファー。ドムニナ・シャバリンが欠場でかわって出場だそうです。ロシアンフォークダンス。ルブレワの衣装がかっこいいですね。新手のサンタみたいで。急に仕上げた割にはいい演技。ロシアンフォークダンスの雰囲気をもりもり出してますよ。変わった振り付けも印象的だし、そのあとのSlLiも高度です。DiStはちょっとスピードが落ちましたか。最後の決めポーズもよかった。いい演技!できれば万全の練習を積んだ演技を次はみたいですね。がんばれ!79.30。ルブレワは不満そうです。曲がとてもよかった。

フランスのキャロン・ジョーンズ。キャロンの衣装緑でかっこいい。ジョーンズは仮面ライダーみたいです。アイリッシュダンス。最初からスピードに乗っています。DiStは入れ替わりもスムーズで印象的なステップ。そこからRoLiに入りました。きれいな回転。ツイズルは間隔があきましたね。MiStはペアみたいにユニゾン重視。最後のRoLiも激しかったです。RoLiは得意そうですね。もっと練習したらすごいいいプログラムになりそう。81.07。いい点数でましたね!

ハンガリーのホフマン・ザボジン。ハンガリーのフォークダンス「チャルダッシュ」。知っている人も多いのか手拍子がでてます。ツイズルはなかなかスピードがありました。入れ替わりもスムーズで見応えがあります。RoLiは大きな回転。MiStはユニゾンあってましたねー。フォークダンス的な演技がよくでていましたね。でもちょっとソロパートみたいなのが多かったような。83.38。もっとよくなりそうなのになあ。

ロシアのボブロワ・ソロヴィエフ。なぜかセーラー服でロシアンフォークダンス。ツイズルはまずまずですね。MiStのユニゾンはおっけーですね。CiStもしっかりできているんですが、こちらは振り付けと曲がいまいちの印象。もうちょっと工夫してくれよという感じなんですが。僕だけかなあ。わーっといろいろやっているうちに終わってしまいました。演技のレベルは高いのはわかるのですが。87.47。

アメリカのナバーロ・ボメントレ。ベルビン・アゴストのかわりに出てます。ブラジリアンダンス。ツイズルはまずまず速い。この曲がかっこいいですね。ステップからRoLiは豪快で力強い。このカップルの力ですね。CiStはちょっとスピードがないかなあ。MiStも躍動感のある演技。パワー勝負ならなかなかいいところいくんでしょうけどねー。いいところを出してました。ボメントレは格闘ゲームに出てきそうな衣装です。81.69。

イギリスのカー姉弟。おおっ弟がスカートはいてきた!フォークダンスだからやっぱそれでないとですね!前のシーズンのスコットランドのダンス。おおっ最初の振り付けで場内の集中力が高まっているのがわかりますね。ツイズルは2人が違う方向で回転するミラーのツイズル。かっこいい。1つ1つの入れ替わりに物語を紡いでますね。CuLi2連発もほんとすばらしい。MiStもかっこいい振り付けから寸分の狂いもないユニゾン。「蛍の光」に入ってCiSt。リズムをしっかりとらえたすばらしいステップ!豪快なRoLiでフィニッシュ!やった!ベリッシモです!これはやはり最高のプログラムですね!場内も大盛り上がり!なんでこれってこんなにかっこいいんでしょうか。95.79。ありがとうカー姉弟!

カナダのクローン・ポーリエ。スパニッシュ・フラメンコ。MiStもきびきびとあっという間に向こうにいってしまうスピードが。RoLiはポジションチェンジが激しく速い。よく練習してます。ツイズルもおっけー。DiStは音楽表現に優れてますね。情熱が伝わってくる演技でした。よしよし。藤森さんも味がでてきたと評価。89.08。いい点でました。

アメリカのデイヴィス・ホワイト。準備のときにノエビア姉さんがすっごいしゃくれ顔で準備してるんだけど、これはオリンピックからの工夫とみていいんでしょうか。すごいしゃくれ顔のところで一時停止してしまいました。インドのフォークダンス。うーんオリンピックのときよりももっとキレが増し、感情表現がすぐれ、スピードも増し、技のレベルをあげてる。2人のコンビネーションもばっちりあいまくってます。もうエレメンツがどうとかそういう問題じゃないよ。すごいよ。藤森さんも毎回毎回完璧なクリーン演技をみせてくれる、エレメンツをしっかり練習してると大絶賛でした。ODはシーズンベスト出して112.54。ODとしては終わりだけど、これからツアーでじゃんじゃんやってくれるらしい。楽しみ。

イタリアのファイエラ・スカリ。イタリアのフォークダンス。足下がほんとうまいですね。カメラから消えたりしてますが(ちゃんととって!)、リフトもまったく流れのままに。MiStもフリーレッグの高さからエッジの深さまでまったく同じように滑ってます。でもツイズルでタッチがありましたね。あー。しかし滑りはなめらかそのもの。すごいスピード感です。CiStは単調なフォークダンスの音楽でもリズムと表現がしっかりされているのがいいですね。全体にすばらしかっただけにツイズルのミスが残念。100.01。

フランスのペシャラ・ブルザ。でた美男美女。アメリカンカントリーダンス。MiStはなかなかいいですね。オリンピックよりもプログラムを昇華してる感じ。SlLiはエントランスがダイナミックでかっこいい。CiStはちょっとハワイアンみたいな音楽。これがフォークダンスかといわれるとどうなんだろうと思いますが、美男美女の魅力でなんとかしようとしています。しかしツイズルで2回目をはやく終わってしまいました。あー惜しいー。もうちょっとで終わりだったのに。うーん。96.30。ここは逆転のチャンスだったのに。しょんぼりするブルザ。

カナダのヴァーチュー・モア。出てきましたー。フラメンコ。すごいスピード!それでいて動きに全然無駄がない。フラメンコの情熱と激しさをそのまま演技にしたらこうなりました、みたいな。すべての振り付けに意味がある。ツイズルもエレメンツというより表現。リフトもあっという間にポジションに変わってます。ゆっくりみせるところもじっくり物語を。MiStも氷の上ということを忘れる、完全にフラメンコでした。最初から最後まで一分の隙もなし。オマエたちがチャンプだ。最高でした。114.40。オリンピック後のモティベーションについて、「デイヴィス・ホワイトと一緒に練習してればそんな心配はない」とのことです。

アメリカのサミュエルソン・ベイツ。アメリカンフォークダンス。順番が悪すぎますが、それでも自分たちの味をしっかり出してますね。このあたりがさすがアメリカ。SlLiはイーグルで長い間引っ張ってましたね。カントリーでおもしろい振り付けならさすがに母国が有利。ツイズルは帽子を落とさないように押さえながら。最後は映像からサミュエルソンが見切れてましたが、がんばりましたよ。85.40。あれ?こんなに低かったっけ?

ロシアのホフロワ・ノビツキー。うわー!なんかピンクの衣装になってるー!豪華だー。ロシアンフォークダンス。最初から超絶ポジションでまずは軽くアピール。大きなMiStは迫力ありますね。かっこよすぎるロシアの歌とあわせて見せます。ツイズルはぐらっときたけど移動距離が長い。SlLiはすごいポジションチェンジの連続。CiStの中でちょっと足をつきました。しかし最後までがっつり見せるところはアピールしてました。こまかくミスがありましたね。うーん残念。91.98。

イタリアのカッペリーニちゃん&寿司屋の出前。なんだあの出前もちは。ひょっとしてラノッテ?イタリアンフォークダンス。カッペリーニちゃん赤い衣装&髪の色赤くしてきましたかね。ラノッテは寿司屋になってカッペリーニちゃんをしっかりアピールということにしたんだろうか。CiStでも赤い衣装のカッペリーニちゃんをきれいにみせてます。同リフト。おっけーですね。ツイズルはラノッテがぐらぐらしてます。オマエがミスってどうする!MiStはスピード感と躍動感がありました。おわった瞬間からすごい歓声でした。85.45。

イスラエルのザレツキー兄妹。ユダヤのフォークダンス。独特の雰囲気のある音楽ですよねー。それをよく解釈して踊っているのが伝わってきます。エレメンツのキレとかよりも、音楽表現と気合いが感じられました。躍動感のある演技でしたね。藤森さんも選曲がいいといってましたが、これどんな曲なんだろう。89.92。CDよりあげてきましたね。

○OD終わっての順位:(T-岡田風に)
1. T-ヴァーチュー・S-モア
2. M-デイヴィス・C-ホワイト
3. F-ファイエラ・M-スカリ
4. N-ペシャラ・F-ブルザ
5. S-カー・J-カー
6. J-ホフロワ・S-ノビツキー
7. A-ザレツキー・R-ザレツキー

結構順当な順位になってますね。もうヴァーチュー・モアとデイヴィス・ホワイトの力はいまだにどんどん向上してるんですね。踊るほどにうまくなるんですから。まだ僕らの知らないアイスダンスをみせてくれそうです。

ファイエラ・スカリは地元でメダルとりたいところでしたが、ペシャラ・ブルザとの差が縮まってしまいました。がんばれがんばれ。カー姉弟のスコットランドフォークダンスがもう一度みられてうれしい限り。

ホフロワ・ノビツキーはカップルを解消してホフロワは別の人とがんばるとかいう情報もあるみたいですが、どうなるんでしょうかね。個人的には科学忍法は2人しかできないわけですから、続けてほしいんですけど。

CDの映像をみるとどうなることやらと思いましたが、ODはなんとかみられました。もちろん映像としてはだめだめ、伝送体制がよくないというより単にカメラワークがだめという感じなんですが。FDもがんばってみようと思います。

投稿者 マイク松 : 23:27 | フィギュアスケート | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月5日

フィギュアスケート選手弁当を考える

今日はウォーキングにいってきたマイク松ですこんにちは。GWの街はもうこりごりなので、山の方にいってきました。思わぬハードなウォーキングになってしまいましたが、とても楽しかったです。

さて、今日はフィギュアスケート選手の弁当について考えてみたいと思います。

大相撲では横綱・大関弁当があり、大関にならないと自分の弁当を作ってもらえません(高見盛弁当は例外)。今度早速把瑠都弁当ができるらしいです。プロ野球選手でも各球団で自分の名前がついた弁当を作ってもらえるのは、人気選手の証なのです。そういうことで、フィギュアスケートの選手にも自分の弁当があればいいなと思った次第です。

こういうときだけビジネスの才覚が発揮されると噂のフォルス・スタート商会。がんばって富井と考えてみました!

---

富井:よっしゃ、さっそく考えていこうぜ。まずは肩慣らしにプルシェンコ弁当とかどうだろ。
松:プルシェンコ弁当…この語感が最高ですね。プルといえば肉襦袢ですから、やっぱり肉々しくしていきたいですね。あ!お弁当の中に肉で肉襦袢を作るというのはどうでしょうか!ムキムキな感じを表現したら。
富井:いいな!というかそれをピロシキで代用したらロシアっぽさも出るな。四角い弁当箱の中にボルシチで肉襦袢と。じゃあボルシチもつけた方がいいかな。
松:でもスープですからね、なかなか入れづらいかも。
富井:そうだ!四角い弁当箱は肉襦袢のボディだからさ、別容器でプルの頭作ってみたら?
松:なるほど!それにボルシチ入れるんですね!いいじゃないですか!小さいタッパーみたいなのをつけたら。
富井:今はお弁当箱も持ち帰って繰り返し使えるやつも出てきてるんだよね(こちらの稲葉弁当)。だから持って帰って普段はお味噌汁入れたら。
松:プルの顔の中に味噌汁が…いろいろ考えさせられますがいいアイディアです。価格はどうしますか?
富井:だいたいプロ野球の各球団の選手弁当が1200円くらいだから、がんばってこれくらいにしたらどうかな?ついでにプルのブロマイドをつけよう!
松:そこに需要があるかどうかは微妙ですが…がんばりましょう!とにかくがっつり食べたい人にはおすすめ!カロリーめっちゃ高いよ!シベリアの寒さにも耐えられる!

富井:次はウィアー弁当あたりを考えよう。やっぱり食べるときれいになるとか、お色気むんむんになるとかなるといいな。
松:なかなか高いハードルですね…。そういえば今、食べると体臭がいいにおいになるガムとかあるじゃないですか。あれを応用したらどうでしょうか。
富井:それだな!がんばって開発して、それをゆかりごはんのゆかりみたいにして、ごはんにふりかけよう。そのごはんを食べたら体臭がバラの香りになるんだ。
松:それはすごい!まさにウィアー弁当ですね!愛の戦士!愛の弁当!
富井:それでおかず:ごはんの比率はもちろん7:3だろ?
松:もちろんですね!ウィアーの黄金比ですね!おかずはどうしましょう?
富井:やっぱダルビッシュ弁当みたいにヘルシーでビューティでスタイリッシュでモテな内容物にしたいな。テリーヌとかジュレとかポワレとかさ。
松:意味わかっていってるんですか?でもおしゃれは大事ですよね。とにかくそういうおしゃれさんなメニューを考えましょう。
富井:…。
松:…。
富井:というかオレたちにそんなの考えられるわけないよな。
松:ですね。考えても考えても居酒屋のおいしい料理とか、ファミレスのセットメニューとかがうかびます。ここいちのトッピングとか。
富井:もうウィアーだからウィンナーとかでいいだろ。
松:どこまで投げやりなんですか!ここはしょうがない、外部の知恵を借りて後日考えるということで。お値段も1200円くらいにしましょうか。
富井:いいんじゃないか。ついでにキスマーク付きの七三マンのブロマイドをつけよう!
松:それは大きな特典!きれいになりたい女子の方はぜひ七三マン弁当を!明くる日にはお色気むんむんに!

富井:次はジュベール先生の弁当にしようか。
松:ジュベール弁当ですね。フランスだからおいしいものにしたいですけど、おいしいフランスのものとかよくわかりませんね。
富井:フランスパンくらいだな。じゃあもうフランスパンにしようぜ。
松:サンドイッチみたいな感じですかね。そういえばジュベール先生ってダイエット中は、おかあさんの作ったカリフラワーのペーストを食べてましたよね。
富井:ミラクルボディーだな。全然おいしそうじゃないけどな。じゃあそれをフランスパンに挟んでサンドイッチにしたらいいんだよ。
松:いいですね!ダイエットになりそう。もちろん上に色つきのプロテインとかで007とか大きく書いておきましょうよ。
富井:大事だな。よし、それで売ろう。だいたい500円くらいだな。
松:シンプルですねー。というかこれ売れるんですか?確かに手頃ですけど。
富井:まずダイエットメニューということで、ウィアー弁当と並べて売ろう。そして上半身裸のジュベールのブロマイド、48種類がランダムに入ってるということにしようぜ。
松:なかなかあざとい売り方ですね!とりあえずダイエットメニューだし、500円ですからぜひ!

富井:次はランビエール弁当だな。スイス。
松:スイスのおいしいものって、チーズかな?チーズフォンデュしか思い浮かばないんですけど。
富井:うーん…あとはハイジの白パンとかかな。もうチーズフォンデュでいこうぜ。
松:おいしいですしね。問題はそれをどうやって弁当で実現するかですね。
富井:チーズ溶かしていかないといけないからな。固形燃料とか使うか?
松:室内で食べられないですね。お弁当の中にも水を入れたらすっごい熱くなるやつってありますよね。あれ使えませんかね?
富井:現実それしかなさそうだな。それで溶けやすいチーズを使おう。それでおいしいものをつけて食べればいいんだな。
松:どうせならスイスではしないのかもしれないけど、半分はチョコレートにしてチョコフォンデュにしてもいいかもしれませんね。
富井:それは2つの味が楽しめそうだな。セクシー&高貴というランビエールの2つの魅力を表現している、とかいえばいいかも。
松:ナイスじゃないですか!問題はお値段ですね。結構高くなりそうですけど。
富井:もういっそのこと、ランビエールのブロマイドとさ、ワインでもつけて5000円くらいで売ろうぜ。
松:高!高い!でも中途半端な価格よりも、その方がランビエールのブランドをしっかりアピールできるかもしれないですね。
富井:ランビエールを売り子で雇えればいいんだけどな。
松:それなら5000円でも割に合いますね。あまりがっつりではないけど、リッチな気分が味わえますよ!

富井:じゃあ、ここまで考えてきたところで、満を持してクチピー弁当を考えようぜ!
松:今まではこのためのウォーミングアップだったのさ!がんばりましょう!
富井:スウェーデンといえばどうもミートボール、じゃがいも、サーモンがおいしいらしいんだよ。これは入れよう。
松:おいしそうですね。おかずとしては他に何があるでしょうかね?
富井:スウェーデンの国旗にちなんで、青いものと黄色いものだな。ほうれん草の炒め物と、玉子焼きとかいれてみようぜ。
松:いいですね!クチピーのとんがった頭にちなんで、アスパラガスの炒め物も入れて、同じとんがった形のごまもたくさんふりませんか。
富井:それはおいしそうだな!じゃがいもをそのまま入れてもいいけど、いっそコロッケにしよう。それでみなごろしイーグルにちなんで鶏の唐揚げもいれていいか?
松:おいしそう!というかこれだとやっぱりごはんがないと食べられませんよ!ごはんもしっかり詰めときましょう!
富井:そりゃマストだろ!というかもう絶対ごはん入ってると無意識に思ってたよ!それでいこう。
松:おおっ充実してますね!これまでの内容をまとめてみると、

  • お弁当箱に半分はごはん
  • ごはんの上に焼き鮭
  • おかずにはミートボール、コロッケ、唐揚げ、玉子焼き
  • 付け合わせにほうれん草とアスパラガスのごま炒め物
富井:これって…普通においしそうなお弁当だな。
松:僕も途中からそう思ってましたけど、実際めっちゃ日本人好みのお弁当ですね。会社の近くにあったら毎日食べますよ。
富井:なぜクチピー弁当がこんな内容になったんだろう。
松:これ考える前は刑務所のお弁当とかを考えていたんですけどね。思わぬ形でビューティフルなお弁当に。これもわれわれのクチピー愛でしょうか。
富井:どっちかというとお弁当愛だけどな。もっとクチピーらしいところを加えようぜ。
松:やっぱりお弁当箱ですかね。持ち帰って繰り返し使えるやつで、ふたにみなごろしイーグル中のクチピーの写真をプリントして、拘束服風のお弁当バッグをつけるのはどうでしょうか?
富井:おそろしいファスナーを開けて中身を取り出すとおいしそうなお弁当でした、みたいな感じだな。あとスウェーデンのおそろしくおいしくないと噂のあめ、サルミアッキを入れようぜ。
松:スウェーデンでは普通に食べられているらしいんですけど、どこをみてもすっごいおいしくないらしいんで、まあクチピー流のいやがらせっぽく入れておきましょう。
富井:お弁当箱もあるから1800円くらいにしとこうか。お弁当箱が普通なら800円くらい。ますます理想のお弁当っぽい。
松:というか副部長が食べたいお弁当ですよねこれは。中にクチピーのブロマイド(のろいつき)も入ってこれはお得です!バランスよくおいしい!100個に1つ、クチピーのピアスが入ってるよ!

富井:だいたい考えついたな。なかなかおもしろかった。
松:そういえばホンダバンのお弁当とかは考えないんですか?考えてほしいなー。
富井:ホンダバンはアンパンマン型のパンでいいだろ。牛乳もつけて200円。
松:うわ!お手頃!飲み物もついて200円て!
富井:パンはすっごい薄い封筒に使われる薄い紙の袋に入ってて、袋には「笑え!武史!」って書いてあるんだよ。
松:それは笑っちゃいますねー。というかこれが一番売れそうじゃないですか!いいんですか?
富井:クチピーがなぜかお母さんの愛を感じるメニュー構成だったから、ホンダバンのはごめん今日は朝起きれんかってん的なものにしようと思って。
松:朝起きたら200円テーブルの上に置いてある的な。さみしい!
富井:でもきっと売れるぜ。
松:お弁当というか休憩時間にちょっとつまむという需要も取り込めそうです!
富井:やれやれ、これは考えていて楽しかったな!さーて明日の昼は何食べようかな?
松:僕はたぶんあんぱんと牛乳です!

投稿者 富井と松 : 23:55 | フィギュアスケート | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年5月4日

鷹の爪団とソフトバンク・ホークスのコラボ

こんばんは、T副部長です!昼はだらだらしながら日本ハム×ロッテの試合を見ていました。キムチ・テギュンバーガーの話が何度も出てきたので晩ご飯はハンバーグにしてキムチも一緒に食べました。旨かったです。ハンバーガーもいいけど、やっぱりハンバーグには白米ですよね☆

そのハンバーグ&白米のお供に夜は夜でソフトバンク×オリックスを見ていたのですが(一日野球が見て過ごせる以上のしあわせがこの世にあるだろうか)まー、オリックスだめですねー。昨日今日で6人の選手が2軍へ行っていますが、試合後のA-岡田監督の顔を見ていると更に人数が増えそうです。粛清や・・・粛清の匂いがするで・・・。この2試合全くヒットを打てていないG-光尊の行く末が心配です。K-大引、S-下山もあっさり2軍に落とされて今日は2軍の試合に出ているし、ハマちゃんことO-濱中も2、3試合で結果が出ないとすぐに2軍行きでしたからね。A-岡田はベテランには厳しいからな・・・といっても週末はロッテ戦なのでG-光尊とT-日高は外さないほうがいいと誰かA-岡田に伝えてください。

ま、オリックスのことはさておき、最近絶好調のソフトバンク・ホークス。あまりHPを見ていなかったので知らなかったのですが、鷹の爪団とコラボで観戦マナーを呼びかけるビデオを作っていたんですね。なるほど、鷹だけに鷹の爪団とのコラボ!これに気づいた球団職員の人はすごい。

以前からクリエーターのFROGMANさんのファンだったので見つけた時はほくほくしました。「秘密結社鷹の爪」はもちろんおもしろすぎるんですが、なにしろ「菅井君と家族石」の衝撃がすごすぎて。毎日笑い死にしそうでした。そういえば今思い出したんですが、フォルス・スタート商会は蛙男商会と商会つながりです。インスピレーション受けてたのかなあ・・・。ともかくホークスとのコラボグッズが出るらしいので、チェックしとかないと。

ああ、今また思い出したんですが、マイクさんもマイク松が「菅井君と家族石」にインスパイアされて書いてたんでした。もう一回見直したら、あいつも新作書くかもしれませんね。上映会やろうか。

ともかくこんなコラボ作品でも毒全開だし、島根にこだわっているのもうれしいなあ。そのうち大相撲の「隠岐の海」の化粧まわしのデザインも手がけてほしいです。

投稿者 富井副部長 : 23:14 | 野球 | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年5月3日

T-岡田のT-のメリットを考えよう

知人の出るコンサートにいったあとで神戸にいったら、すっごい人が多くて疲れ果てて帰ってきたマイク松ですこんにちは。GWに街に出るもんじゃないですね。スカイマークにいこうとしていたのにくじけて帰ってきたのですが、家で野球見ているこの快適さったらすごい。テレビって現地にいかなくても野球の試合みられるんですよ!すごい!

今日は体調もよくないので、どうしても最近気になってしょうがないこのトピックについて考えてみたいと思います。

T-岡田
まあ一言でいえばなんでTやのんということなのですが、岡田監督との区別ということにしてもちょっとおもしろすぎますよね。でもこれには何かわれわれには計り知れない多くのメリットがあるのではないかと思うのです。それがわかれば、きっとみんな先にイニシャルをつけたくなるはず!

1. なんかかっこよさそう
 いきなり無理があるメリットですが、なにしろT-岡田ですから。かっこいいですよね。アルファベットと漢字の融合。グローバルでインターナショナルでミックスでコラボレーションですよ。試しに今日のスクッリオのスタメンを全部同じようにしてみましょう。
(1)T-坂口
(2)S-赤田
(3)G-光尊
(4)H-北川
(5)T-岡田
(6)G-ラロッカ
(7)T-日高
(8)F-鈴木
(9)K-山崎
(P)M-岸田
(監)A-岡田
ね?かっこいいでしょ?普通に漢字が並んでいるよりもなんだか余計な威圧感が。余計なスタイリッシュ感が。バルディリスなんか本名で考えれば、A-WBPですよ。ひとりJFKみたいなもんですよ。あと名字が一文字の人がおもしろいということがわかりました。
  • E-梵(カープ)
  • Y-倉(カープ)
  • S-嶋(カープ)
  • Y-丸(カープ)
  • M-林(カープ)
  • T-金(マリーンズ)
  • N-鶴(ハンシン)
  • P-口(スウェーデンのフィギュアスケート選手)
最後に野球選手じゃないのが混じってますが、おもしろいですよね!梵なんかちょっとITっぽいし、丸はワイマール憲法っぽいし、金はと金みたいになって縁起がいいです!でもイニシャルがYの人はスクッリオみたいに景気よく呼び出されるときには「ワーイ!」って呼ばれて、出てくるたびに「なんで(WHY?)こいつやねん!」みたいにいわれることになりますけどね。

2. スポンサーがつきやすい
 アルファベットが前についているだけでスポンサーがつきやすいのではないかと。T-岡田を考えていてちょっと思い出したのはこれです。
T-ZONE
あの不思議なお店ソングをまだ覚えているT-ZONE。これならT-岡田の個人スポンサーとしてついてくれそうですよ。Tポイントもいいな。

あとAがついている人はA-COOPとか、Sの人はSガストとか、Kの人はサークルKサンクスとか、Gの人はジー・コミュニケーションとか、Eの人はイー・モバイルとか、結構ありますよね。そういう人をまとめて使えば選手もうるおう。いいぞ。いちばん便利なのはIとJの人ですよね。Iならアップルがまとめてもってますし、Jはなんでも。Jリーグとかも。(それはあかん)

3. アルファベットで呼んでもらえる
 これはほんとに信じられない事態なのですが、T-岡田もほんとは岡田貴弘というすてきな名前があるのです。なのにこないだ赤田がヒーローインタビューで「Tがね、打ってくれたんでね」と、もうすでにTって呼んでるんですよ!みんなからもTって呼ばれるんだと。しかし実はT-岡田も決まったときにはT-REX(ティラノサウルス)の衣装でT-BOLAN歌ってるみたいですし。カントクもTでいいっていってるし。いいんでしょう。

でもこれは逆に使えそうですぞ!結構アメリカではミドルネームがあることもあり、T.J.とか、A.J.とか、アルファベットで呼んでるケースがありますよね。5月に入りまだ組織や仲間に溶け込めないと感じておられる方は、T-岡田にならって「今日からオレのことは、M-松と呼んでくれ」とか「みんな!今日から私のことはT副部長と呼べ!」とかいえばいいんですよ!…ってT副部長!かえってよそよそしくなってる!T-F-Bにしてみましょうか。まあM-松もおそ松くんみたいになってますけどね。

4. 応用しやすい
 ここまでくれば、別にイニシャル、アルファベットにこだわる必要もないですよね。ニャーとかモーとかガオーとかピーとかぺーとかゲゲゲとか。なんでも最初につければ個性の発揮ですよ。そしたらT-岡田もさっぱり目立たなくなって便利。大丈夫、イチローもつけたときはめずらしかったけど、今は名前だけの選手なんてたくさんいますから。

今日はT-岡田のT-がもたらすメリットについて、4点を考察してみましたが、ほかにもあるかもしれませんね。引き続き考えてみたいと思います。今日はスクッリオも最近バッドカルマが際立つ岸田(BK-岸田)が、最後の最後でぼこぼこにされたりしています。オマエにかかってるぞ!がんばれT!Tー!Tー!

投稿者 マイク松 : 21:44 | スペシャル | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月2日

フォルス・スタート商会業務日誌 2010/5/2

担当:マイク松

龍馬伝に伊達宗城が出てきて喜ぶマイク松ですこんにちは。四賢侯の1人ですからね!
・今日の回には勝海舟のほかに一瞬だけ金八先生が出てましたよね?素行の悪い以蔵くんを諭していました
・今日は落ち込んでいるので業務日誌です

もとTBのサップが新人コンビを絶賛、おおーサップ!元気そうでなにより、TBのために2人にアドバイスよろしく!
・僕が見始めたときにはすでに強くなっていたTB、サップはその象徴みたいな選手でしたなー、また強くなってほしい
・強くなってほしいといえば今風前の灯火という言葉が世界一似合うラッセル、キャンベルと争うことになりそうですが、先発は決まってないみたいですね
・あとフライ、ボウラー、グラコウスキー、そりゃ決められませんよね

・フィギュアスケートはこの前まで始球式ラッシュでしたが(荒川姐さん高橋浅田姉村上)、さすがに落ち着いてきましたかね、ゆっくりしてほしいんですが
・といいつつまだ世界選手権のアイスダンスをレビューしています

・カープは今日は高橋が追いつかれておいてサヨナラ勝ちで勝利投手に
・自作自演ですがでもサヨナラ勝ちの運をもってますねー、勝てばなんでもいいです
この東出の記事ですが、「ひがし、だしてやったり!」に見えておもしろいです、新しい決まり手、だしてやったり
・あと今日はロッテ荻野貴がすばらしかったですね、荻野が動けばチームが勝つ
・近所の関学出身のスーパールーキー、田口壮の後継者としてがんばってほしいものです

・相撲は夏場所が近づいて稽古も熱を帯びてますねー、よいよい
・もちろんミッキー兄さんのニュースは見だしどころか、他の力士の記事の中に名前が出てくることも少ないです
・みんな気を遣ってくれてありがとうー!

・ところでどうしても独立した記事にできないネタがあるのでここで使ってしまいますが、JSPORTSをみていると「桑田泉のクォーター理論でゴルフが変わる」のCMをよくみます
・今までのゴルフの常識を覆す理論でゴルフがうまくなる的なDVDなのですが、それをまとめると「ボールを見るな!ダフれ!手打ちしろ!」なんだそうです
・正直よくわからないのですが、なんだかすごい魅力と説得力がむやみにあるんです
・ということでこれを大相撲に援用して考えてみようというネタです
  • ミッキー兄さん:相手をみるな!びびれ!釣りをしろ!
  • 人造人間:考えるな!お茶漬け!変身しろ!
  • 魁皇:無理をするな!休め!とったりしろ!
・よく考えてみたのですがこれだけしか思い浮かびませんでした
・お茶漬け!が気に入ってます

・明日はうまく仕事が片付いたらまたスカイマークに野球を見に行く予定です
・たのしみ
twitterのフォローありがとうございます、はげみになっております

マイク松(署名)


<コメント欄>

(富井はカラマーゾフの兄弟読破休取得により職印省略)

投稿者 マイク松 : 23:47 | お知らせや雑文 | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月1日

カープ、2軍はついにウエスタン首位!!

昨日、青木高の好投と打線爆発で9−0と予想もしない快勝に驚きすぎてしまい、喜びを感じることができませんでした。たとえて言うなら失業した日に人からもらった宝くじが10万円当たった・・・みたいな。しかし、そんなことを考えたばっかりに今日は実力通り完敗。ああ、やはり勝った時は素直に喜ばないといけませんね。そんな、めったにある事じゃないのに・・・。

ということで、今日ウエスタンで首位に立ったカープの2軍の勝利を早速喜んでおきたいと思います。2軍のほうは4月上旬は負けが込んで断トツ最下位を走っており、さっぱり興味を失っていたのですが、4月下旬からは打線が繋がりなんと5/1には9連勝だそうです。メンバーも今村や堂林といった期待の新人が名を連ね、もしかしたら1軍見に行くよりおもしろいんじゃないか・・・と思ったりもします。この調子でがつがつ勝っていって勝利の味を忘れないでいて欲しいです。それからがんがん1軍に上がって欲しい。岩本もせっかく1軍に上がったんだからスタメンで使って欲しいもんですね。

オリックスの岡田監督ぐらい思いきって打てないバッターやエラーをした選手はがんがん2軍と入れ替えがあってもええんじゃないですかね。ピッチャーもいろいろ試して欲しいなー。今井もはやく1軍に上げてほしいな。

そういえばメジャーではレンジャーズのルイスが9回完投、無失点だったらしいッスよ。それから5月になったけど、大竹くんは?

投稿者 富井副部長 : 23:40 | 野球 | コメント (2) | トラックバック (0)

| Top