2010年5月7日

フィギュアスケート世界選手権2010:アイスダンスFD

twitterにも書きましたが、最近ハンシンのフォッサムという名前がでると、つい「フォッサムちゃんで〜す!」と叫んでしまうマイク松ですこんにちは。もちろんおさむちゃんのあれなんですが。だから「フォッ…フォッ…ぁえーす!」みたいなテンションの高まりがあっても可。

あとふぉっさむを変換したら「フォッサ夢」って出ました。フォッサはマダガスカルにいる不思議な動物らしいんですよ。そんな動物いたんだ!これがねことは。フォッサムちゃんから思わぬ発見でした。

さて!今日はカープも壮絶に負けたことだし(壮絶すぎ)、今更シリーズ第2弾、フィギュアスケート世界選手権アイスダンスの続き、今日はFDです。

---

フィギュアスケート世界選手権、アイスダンスFD。実況は小林さん、解説は藤森さん。

まずはリード姉弟から。「天使と悪魔」ST。オリンピックよりも衣装がかっこよくなってますかね。CuLiは豪快ですね。ツイズルもおっけー。よく練習してます。CiStは2人の入れ替わりが至近距離でおこなわれてていいですね。そこからSlLi+RoLiのロングリフトもスムーズでした。ダンススピンはもうちょいスピードがほしいか。MiStはテンション高くできてますね。MiStはFDではホールドが必要なんだそうです。RoLiでフィニッシュ。いい演技でしたね!もっと演技の密度が高まればいいでしょうし、これからそうしていくんだと思います。見守りましょう。154.93。

チェコのミシルヴィチコワ・ノバック。ミシルヴィチコワの髪型がかっこいい。「ブルース・フォー・クルック」。ツイズルは手早く終わらせました。スピードもあった。SeLiはポジションチェンジもありながら安定してますね。ノバックはイーグルが得意なんでしょうか。CiStはあぶなそうなところもありましたががんばってますね。というかこの映像はなんでこう遠目にとってるんだろう。RoLiからダンススピン。ポジションしっかりしてますね。DiStはちょっと流れがスムーズじゃないかも。CuLiは入り方も演技もかっこいいですね。いい演技でしたがこの単調な曲を踊りこなすにはもうちょっと工夫がいったかもしれないですねー。ステップの部分をもっと磨いていってほしいです。147.93。

エストニアのマロリー・ランド。あのおこられていたランドは弟ですね。マロリーがエストニアの国籍をとらなかったためオリンピックに出られず、弟がおこられるという事態になったよう。グリーグ「ペール・ギュント」ダンススピンから入りますがマロリーのポジションはすてき。藤森さんもほめてました。SlLi+CuLiもポジションがすばらしい。弟カップルよりよさそうですね。CiStは技術よりも音楽表現がありますね。DiStも音楽をよく聴いてます。RoLiは流れがあってアイスダンスっぽい。ツイズルはまずまず。回転はあってました。手足の動きが男女ともしなやかで、SlLiもきれいでした。国籍を変えれば間違いなくエースだと思うのですが、まあオリンピックだけがフィギュアスケートじゃないですからね。このまま成長していってほしい。147.39。コーチにズエワがついてるんですね。なるほど。

アメリカのサミュエルソン・ベイツ。ブライトマン&ボチェッリ「大いなる世界」。アメリカらしいドラマチックな入りからCuLi、CuLi+RoLiとリフトを連発。動きもスムーズですね。ツイズルはよくあってました。CiStはさっきまでのカップルに比べると滑りがよくのびてますねー。ちょっとした小リフトもきれい。そしてSlLiもベイツのホールドが力強くて安心。もう1発追加のリフトも。MiStはもうちょっと距離が近い方がいいのかも。ダンススピンから最後は抱き合ってフィニッシュ。アメリカらしい演技でした!そういうカップルもいないとですね。168.77。コーチが疲れ切ってますが大丈夫なんでしょうか。

フランスのキャロン・ジョーンズ。「アルビノーニのアダージョ」。ツイズルはあってないですねー。シンクロナイズしてない。RoLiは豪快な回転。すげー。MiStはまずまず。ダンススピンは軸がしっかりしてますね。CiStは2人でよく動いてます。CuLi+RoLiはローテーションがちょっと重そうです。SlLiあたりから疲れてしまいましたねー。でも最後までがんばりました。161.86。リフトのタイムオーバーがありました。

ハンガリーのホフマン・ザボジン。ザボジンはおなかにくるかぜをひいて朝の練習ができなかったそう。大丈夫か。「So Excited」ほか。RoLi+RRoLiをいきなりもってきました。なんとか大丈夫そうですね。CiStもダイナミックな動き。オリンピックよりもいいような気がする。気がするだけだけど。ホフマンが元気ですねー。ツイズルはまずまず。SlLiはポジションがいいですね。後半のDiStになってもスピードは維持。ダンススピンはもっとスピードがほしいです。ダンスパートになってさらにスピードアップ。元気じゃん!よかったよかった。ザボジンももちましたね。166.90。まだ若いのにすごいベテランの雰囲気がある。

ロシアのルブレワ・シェーファー。ホフロワ・ノビツキーは棄権したそうです。あーあ。シャンソンです(聞き取れなかった)。ツイズルはよくあわせてましたよ。CiStはダンスの雰囲気をよくだしてます。衣装のせいもあるか。CuLiは低空のポジション。ダンススピンはきれいですね。RoLiは入り方がスムーズです。SlLi+RoLiはローテーションの方は安定してました。DiStはあっという間に終わりました。1つ1つのポジションが基礎ができていてきれいですが、全体としてなんともいえんなあという感じでした。つまりよくわからんかったということなんですが。161.20。

アメリカのナバーロ・ボメントレ。最後の世界選手権になるとのこと。そうなんだー。U2「One」。ツイズルはちょっと離れたか。SlLiは入り方もすごいしポジションもすごい。DiStはスピードがあります。ボメントレがホールドされるところも作りながらダンススピン。これもいいですね。CuLi+RoLiはスムーズでよかった。RoLiからSlSt。最後の力を出し切ろうという演技に見えましたねー。得点うんぬんというよりも、自分たちのやりたい演技というのだった感じでした。おつかれさま。159.68。

ロシアのボブロワ・ソロヴィエフ。「アルビノーニのアダージョ」。ボブロワの身体能力をみせつけるダンススピン。さすがですね。CuLiもすばらしいポジションです。これだけの素材があってなんで上にこられないんやろう。CiStはもっと訴えるものがほしいですね。ツイズルはおっけー。RoLiからMiStとみていきますが、あんまりダンスの雰囲気を出せてないのがいけないんだろうか。演技じゃなくてそっちの方ばかり考えていました。177.23。おお点はでました。よかった。

イタリアのカッペリーニ・ラノッテ。またカッペリーニちゃんの衣装がかっこよくなってますね。こっちの方がいい。「レクイエム・フォー・ア・ドリーム」。ダンススピンは雰囲気出せてますよ。SlLiはのびがあるいいリフトでした。ツイズルはセカンドでぶつかってカッペリーニちゃん転倒。うわー!いい感じできてたのにー!しかし観客があとおしします。がんばれがんばれ。SlLi+RoLiはポジションチェンジがとてもかっこよかったです。オリンピックからもがんばってレベルアップさせているみたいですね。DiStもすごい手拍子。RoLiからフィニッシュでもう場内は大歓声でした。そして終わった瞬間に泣き出すカッペリーニちゃん。藤森さんもいっているようにがんばって仕上げてきてたんですよ。うーん残念。164.52。でもがんばった!泣くなカッペリーニちゃん!がんばった!

カナダのクローン・ポイエ。「ノクターン」「ボヘミアン・ラプソディ」。CuLi+RoLiはぶんぶん振り回します。SeStはのびのあるステップでいいですね。StLiはおもしろいリフトです。ツイズルはがんばってあわせましたね。SlLiは音楽にあわせた大きな表現。DiStは流れがもっとスムーズだったらいいですね。中盤におもしろい演技があったあとでダンススピン。回転が速いです。RoLiもうしろからクローンがしがみつくという荒技。全体的にクローンがしんどそうでしたががんばってましたね。180.30。おおっよかったですね。コーチも大喜び。

イスラエルのザレツキー兄妹。「シンドラーのリスト」。SlLiは入り方もリフトもスムーズでスピードありましたよ。CuLiも音楽にあわせてたし、兄妹のコンディションもよさそうです。ツイズルもまずまず。CiStもなめらかでスムーズ。曲とともに激しくなるステップ、そしてCuLi+RoLiもテンション高いです。DiStも躍動感がある。ダンススピンから追加のリフトでフィニッシュ!これはよかった!オリンピックより曲構成を変えてきましたね。こっちが絶対いい!すばらしかったです。あとは妹にまゆげをかくだけですね!FDでシーズンベスト更新、181.26。

フランスのペシャラ・ブルザ。昨シーズンのプログラムに戻したんですね。藤森さんが「ここからはエレメンツのコールはせずにじっくり見ていただきましょう」といってますが、それはやってほしいんですが。でもさすが滑りがいい!RoLiもとてもきれいでスムーズです。CiStは距離感が抜群でCuLiにきれいにつなげてます。SlLiも安定してますね。ここからブルザがピエロチェンジ!ツイズルもよくあわせてました。場内も大盛り上がり。DiStも手拍子に乗って、音楽に合わせたすばらしい躍動感。楽しくなる演技。ここからますますピエロっぽくなりながらダンススピン。これでも楽しい雰囲気を出してるとは。追加のリフトから最後はバックフリップ的動きでフィニッシュ!やっぱりこのプログラムはすごいですねー。こんなに楽しいプログラムは久しぶりにみました。楽しませてくれましたね。194.39。横に破戒僧ズーリンとファンキーな女性がいると、何のユニットだよと思わせますね。

アメリカのデイヴィス・ホワイト。きましたね。「オペラ座の怪人」。またノエビア姉さんがしゃくれてますね。集中してるのか。ダンススピンからすごいテンションが伝わってきます。速い!移動速度が全然違います。これだけ速いのに演技に乱れがない。SlLi+RoLiまで一分の乱れもないですね。スローパートになって今度は物語をじゃんじゃん紡いでます。CiStはステップも足の高さもタイミングも全部いっしょです。ほんとに一体になってますね。そして背中合わせのSlLi!すげー!なんてポジションや!得意のツイズルの速さはソロスピンみたいですね。DiStもとにかく調和の一言。そして超高速RoLi!速い!速い!そのままフィニッシュ!うわああベリッシモです!オリンピックよりもっとうまくなってますよ!どこまでのびるんだこのカップルは!FDでシーズンベスト更新、223.03!ぐわー!完璧!

カナダのヴァーチュー・モア。あのあとにできるカップルはこの2人だけですね。マーラー「交響曲第5番」。最初の動きだけで一気にリンクを自分たちの世界に。滑りもスムーズですねー。表情や視線もしっかり。CuLi+RoLiはもう何回ポジションチェンジしたか数え切れない。それからすぐにダンススピンと、よどみがまったくないですね。CiStも滑りののびがすばらしい。そして音楽との調和。ツイズルもおっけーですね。そしてSlLiは2人のすばらしいポジション。有名なポジションですね。DiStはエレメンツというよりもそれがすべて物語。RoLiも速いです!スピンから最後は顔を見合わせてフィニッシュ。うーんすばらしいです!深い感動が会場中を包み込んでますね。なんというかマーラーがこのダンスをみて曲を作ってくれたかのような、完璧な調和と物語。最高でした。224.43!リフトのタイムオーバーをとられてますね。

イタリアのファイエラ・スカリ。よく考えてもあのあとにできるカップルは今はこの2人でしょう。「ゴッドファーザー」より「エミグランテ」。スムーズな滑りのあとSlLiであふれる物語。いいですねー。ダンススピンはじっくりテーマを表現するように。CiStはさすがの技術。CuLi+RoLiはポジションを変化させながらも安定してますね。DiStも音楽によりそうような丁寧さ。ツイズルもしっかり。CuLiからクライマックスに向けての渾身の演技。そしてファイエラが持ち上げるSlLiでフィニッシュ!よっしゃ!スカリもガッツポーズですね!そして場内が大興奮!きっとイタリア人の琴線に触れまくる演技だったのでしょう!興奮して警備員に止められるお客さんも。あれ誰だ。ともかく見事でした。197.85。3位きました!逃げ切ったか!

イギリスのカー姉弟が最終滑走。リンキンパーク「Krwlng」。ダンススピンは完璧な軸。すばらしいです。ツイズルはミラーのポジション。ちょっとばらついたか。CuLiはスムーズです。SlLiも流れを切らない。CiStはレベルをしっかり考えて、ぎりぎりのところでしっかり調和をとっています。SlLiは曲の盛り上がりでばっちり、そしてRoLiにつなげてます。DiStもスピードを維持しながら深いエッジ、近い距離。そしてカー姉さんがジョンをマジリフト!かっこいいです!低空リフトからフィニッシュ!おおっすばらしい!なんといわれようとこのプログラムはすごい!やっぱりカー姉弟にしかできない演技があるんですよ。よかったです!おっシーズンベスト更新!189.11!

○最終順位:(T-岡田風に)
1. T-ヴァーチュー・S-モア
2. M-デイヴィス・C-ホワイト
3. F-ファイエラ・M-スカリ
4. N-ペシャラ・F-ブルザ
5. S-カー・J-カー
6. A-ザレツキー・R-ザレツキー
7. V-クローン・P-ポイエ

---

なかなか接戦になったFDでしたが、順位はあんまりかわらなくても盛り上がりましたねー。

ヴァーチュー・モアとデイヴィス・ホワイトは、あのオリンピックよりもいい演技でしたよ。まだまだうまくなるっていうそれが信じられないし、うれしいことです。

ファイエラ・スカリは3位を死守。あぶないところでしたが、FDで逃げ切りました。ペシャラ・ブルザは昨シーズンのプログラムに戻して臨みましたが、あと一歩でしたね。

5位はカー姉弟。いい演技でした。個人的にはリンキンパークのプログラム大好きです。6位にザレツキー兄妹がきました。オリンピックよりもずっとよかった。

さて、これでなんとか世界選手権のレビュー終わりました。心残りがあってはいけませんからね。でもアイスダンスおもしろかった。

いよいよ本格的なオフシーズンに入るんだと思うのですが、折に触れて何か書いていきたいです。弁当とか。

投稿者 マイク松 : 23:04 | フィギュアスケート

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.falsestart.biz/tt_tb.cgi/2384

コメント

コメントしてください




保存しますか? はいいいえ