2010年5月10日

『脇役力』のすすめ

サッカーには縁のないサイトですが、ニュースを見ていて「おお、これは」と思ったのは岡田監督の選考に関するNHKでのインタビューでした。サイトを探してみたのですが、まだ記事になっていないのか見つけられませんでした。確か「出場しなくても雰囲気を壊したりしない人」みたいなことを言ってて、なるほどなと思いました。

もちろん技術や体力が選考の最重要項目ですが、「あくまでチームが勝つための人選。力のある選手を上から23人選んだのではない。」とか「食事を一緒にとってグループができない様にする」とか、かなり社会性を重視していることが伺えます。

よく知りませんが、日本代表には世界的なスーパースターがいるわけではなく、組織力で勝つ勝ち方しかない(らしい)とすれば、一体どう振る舞える人間が必要とされているのでしょう。

ということで、オススメしたいのが田口壮の『脇役力』。日本人で唯一ワールドチャンピオンリング(ワールドといってもアメリカ国内のプロ野球リーグのこと。英語ではワールド=USA=グローバル・スタンダード、ということらしい)を2つ持つ選手なのです。(訂正:チャンピオンリングを2つ持っているのは田口と井口の2人でした。YM5さん、ありがとうございます)
メジャーリーグで活躍する選手といえば、イチローや松井などたくさんの有名選手がいますが、いかにして田口は2度もチャンピオンリングを手に入れることができたのか、その秘密がここに書かれています。

特に必読なのは第3章の“「25番目の選手」のいきがい”というところ。25番目というのはベンチに入っている最後の選手。つまり一番下にいる選手の言動がチームの雰囲気の鍵を握り、そのふるまいがそのチームを生かすことも殺すこともできる・・・という話です。サッカーの岡田監督の話を聞く限り、特にGKの川口選手にその役割を期待しているように感じました。しかし一人一人のちょっとした言動がチームの命運を左右するということを肝に銘じるために全員読んでおくといいと思います。そして田口選手に印税がいっぱい入るといいと思います。

それにしても「岡田監督」という呼称が紛らわしい。やっぱりオリックスの岡田監督はA-岡田を正式名称にするといいと思います。ついでにカープもK-野村にしたらいいのに。

投稿者 富井副部長 : 20:21 | その他スポーツ | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年3月1日

バンクーバー五輪終了

オリンピックもあっという間に終わりましたね。今閉会式(の再放送)を見ながら書いています。まあフィギュアスケートは散々書いたのでそれ以外のメモを。

・カーリング男子は異次元のおもしろさ
不思議ユニフォームで注目を集めたノルウェー。実力もすごくて決勝のカナダ戦に出場。このチームのスキップが濃い顔の男前でそのアンバラスさに萌え萌え。ノルウェーコーチもサンタクロースのような風貌で萌えました。
対するカナダはサードがヤニック・ポンセロをたくましくしたような顔。スキップも「オマエ、コーチだろ。反則、反則!」と叫びたくなるヴェテラン。この人たちがほんと考えられないようなコースからストーンを入れる。氷が削れてしまうんじゃないかというパワーでスイープする。カーリングなんてそんなに男女差ないだろうと思っていたのですが、ありますね。女子サッカーとサッカーぐらい別物。日本もイケメン男子を揃える、東北の都市部にカーリング場を作ってカーリングエリートを養成する等して強化してほしいです。そしてもっと試合が見たい。小林さんの解説が聞きたい。

・カーリング女子優勝のスウェーデンチームは波瀾万丈
結局カーリングのことばかりで恐縮ですが、昨日の日経に載っていたのですが優勝したスウェーデンはカーリングの4人は36歳〜43歳。そして「この4年で2人が出産、2人が離婚した」そうです。人生のあらゆる事を経験しないとカーリングで優勝するのは難しいのかもしれませんね。カナダのスキップも43歳ぐらいだったはずです。日本代表もあと4大会ぐらい頑張ってほしいな。めざせ岡崎朋美越え!

・ソチの次回オリンピックのプレゼンがすごすぎた
トリノオリンピックも芸術的でしたが、ソチはこのプレゼンだけでおなかいっぱい。音楽やバレエのことは分かりませんが、素人目にもすごい人たちを連れてきたなと思いました。そしてナフカ・コストマロフの映像まで!コストマロフ、前をはだけすぎ。ナフカは未だにあの美しさに曇りがありませんでした。そして素晴らしいアイスダンス。

・閉会式にニッケルバックが登場
閉会式には有名歌手がわさわさ登場したのですが、ニッケルバックというバンドが演奏した曲が何だかとっても聞き覚えがある。・・・・と悶々としたあとで思い出しました。これ、今年のNFLプレーオフで流れていた曲だ!「Burn It To The Ground」。うぉー!来年のハーフタイムショーはニッケルバックでお願いします。

・結局サンデュ先輩は発見できず。

投稿者 富井副部長 : 20:37 | その他スポーツ | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月16日

NBAオールスター2009メモ

なんか財務相がへろへろで会見しておこられているようですが、結構おもしろかったマイク松ですこんにちは。質問者がみつからず「どこだ!」と探すところはネタとしていろんなところで使ってみたいです。わりと「(世界不況の出口は)どこだ!」とか暗示しているのかも。なにはともあれおだいじに。

今日はNBAオールスターのメモです。ことオールスターにかんしては、NFLでもMLBでもなく、NBAがいちばんおもしろいと思います。

NBAオールスター。実況は道谷さん、解説は北原さん。

スキルズチャレンジはほとんどの人がミスってしまって、ブルズのデリック・ローズが盛り上がらない優勝。スリーポイントはヒートのデイクワン・クックが優勝。2連覇してたカポーノがんばってほしかったなー。

そしてダンクコンテストは予想通りドワイト・ハワードとネイト・ロビンソンの一騎討ちに。昨年に続いてスーパーマンネタで攻めるハワード、少し高いゴールや電話ボックスまで持ち込んでがっつりダンク、そしてバックボードの側面にあててダンクと沸かせましたが、ネイト・ロビンソンはすごい高いジャンプからのウィンドミルに加えて、ドワイト・ハワードの上を跳び越えるダンク。しかもスーパーマンの弱点のクリプトライトをイメージした緑色の衣装とハワード対策は万全。僅差でロビンソンが勝ちました。すばらしかった。

今回のスターターは、EASTがウェイド、アイバーソン(散髪)、ドワイト・ハワード、ガーネット、レブロン・ジェームズ。WESTがスタウダマイヤー、ダンカン、姚明、クリス・ポール、コービー。

シャックがダンスグループと登場、ダンスを披露していました。まじうまいんですよねシャック。あんなにでかいのに。でもダンスグループ(Jabberwocky?)もめちゃうまかった。あんなヘッドスピンはじめてみました。

序盤はイーストがスピードをいかしてリードするのですが、コービーが昨年の鬱憤を晴らすように序盤から全力。がしがし点を取ってウェストがリードしていました。そのあとはイーストが追いつきウェストが突き放すという展開でした。

そして序盤から無茶ダンクやアリウープなどのスーパーでエンターテイメントなプレー続出。コービーがブロックをかわしてダンク、ハワードが姚明のディフェンスをかわしてダンク。すごいです。レブロンのダンクは相変わらずエモーショナルでかっこいい。今日はスタウダマイヤーのダンクが目立っていたような気が。

ほかにもクリス・ポールのライン際を切れ上がるドリブルや、がんばりやのコービーのスリーポイントと見所十分でした。

なにしろコービーががんばっていたので、これはMVP確実かと思いましたが、後半からシャック祭りになってきました。前半もシャック・アタックがでたりしていたのですが、おそろしい体重のシャックがパスアンドゴーでゴール下につっこんできたりしていました。交通事故になりそうでした。がんがんダンクをたたき込んでいきました。あとでインタビューを受けて「コービーにしりを叩かれてがんばった、昔を思い出した」といってました。

最後は大差がついてしまってもうダンク大会に。最後はレブロンにボールが渡ったところでみんなが道をあけてダンクさせてました。それも超見事。結局ウェストが勝ちました。

問題はMVP。コービーはずーっとがんばってたけどシャックの活躍は見事だったしどっちだろうと思ったら、2人同時MVPでした。そういうことか。2人とも喜んでました。よかった。

NBAオールスターはほんとみんなを楽しませるのと、試合のわくわく感もバランスがとれてていいですよね。

投稿者 マイク松 : 23:54 | その他スポーツ | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月25日

北京オリンピック観戦日記 8/24

・休日に仕事で朝から晩まで働いて、疲れ果てています
・富井から「ドイツで木こり選手権があったらしいぜ、みんな木を切ってた」と連絡が、何の連絡だ
・でも木こり選手権もエクストリームスポーツだなあ

・閉会式みてます
・聖火が消えたら、またいきなり燃え上がって「オリンピック第2幕開幕です!」っていってまた競技がはじまったらいいのにと思いました
・でも終わってしまうんですね
ジミー・ペイジプラシド・ドミンゴはほんとすばらしいですね

・これでオリンピックも終わりですねー
・総括としては、選手はとにかく一生懸命やったので、結果がよかった人も悪かった人も、おつかれさまといいたいです
・でもとりあえず民放のアナウンサーが多すぎる、そしておいしい競技ばかりに配置されてる(させてる?)ことにほんとに失望しました
・マイナーな競技を伝える実力がないのかもしれませんが、もう少しバランスをとることはできなかったのでしょうか、お金がなかったのか
・まあそれでマイナーな競技に目が向くのは自分にとってプラスなのですが
・ジャパン・コンソーシアムの負の部分、ロンドンでは全ての競技をNHKのアナウンサーが担当するか、両方が担当してNHKではNHKアナウンサーの実況で楽しめるようにしてほしいです、切実に

・男子バスケはアメリカが優勝したようですね、まああれなら勝てる
・ウェイドが27点、コービーが20点かー、これはNBAも少しは喜んでいいんじゃないでしょうかね
・決勝はアルゼンチンとの試合が見たかったですが、ジノビリ好きなので

・男子マラソンは椀汁、いやワンジルが優勝、日本語で答えてたらしくてすてきです
・ワンジルといえばワイナイナとワンチョペ(サッカー)を思い出します
・ワイナイナは日本でのマラソン前にうどん食べて優勝していたのが頼もしかった、他のみんながすごく食事とかに気を使ってたのに
・ワンチョペは名前が最高です、「ここでワンチョペ」

・あれ?吉田さんがスタジオをやってて、夜中にやるボクシングは刈屋さんが実況するみたいですよ?
・オリンピック行かないっていってたのに、こっちでやってるんですかね
・そしてハンドボールはゴッド岩佐が、相撲アナウンサーが勢揃いだ
・ボクシング録画してみてみよう
・吉田さんが「BS1はまだまだオリンピック終わりませんよー」といってた、その調子で2ヶ月くらい再放送してくれればいいのになー

投稿者 マイク松 : 00:15 | その他スポーツ | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年8月24日

北京オリンピック観戦日記 8/23

・明日でオリンピックも終わりですか、ずっとオリンピックだったらいいのに
・これ毎年思ってます

・でも今日明日と一日お仕事で、今日はオリンピックはみられませんでした
・家に帰ってみたら野球は4位、シンクロチームは5位でした、あらー

・野球はみんな謝ってますが、謝らなくていいですよね、なんか悪いことしたんならともかく
・まあ僕がそんなに期待してなかったからそう思うのかもしれませんが、ともかくはじめる前にこうしてたら、ああしてたらというのが多すぎました
・もし復活したら今度はアマチュアのみで構成してほしいのですが、やはりオリンピックはアマチュア野球の最大の目標にしてもらいたいです、あ、独立リーグももちろん入れて
・これにかんしては見物人の論理さんのエントリも参考にしてください
・そして韓国が金メダル、やりましたね、あのキューバに勝ったんですから

・シンクロはやはりTRの順位が響きましたね、ちょっと録画を見てみよう
・中国は最初のアクロバティックムーブが高すぎるうえに3D、組み合わせての演技も見事のひと言、力付けてますよね
・アクロバティックムーブは飛び込みの先生から習ったらしい、それは総合力です
・日本はすごいよかったのですが、劣勢を跳ね返すには及びませんでしたねー、他のチームに比べて驚きが少なかったような、でもよくやりました
・スペインはたくさんのスケキヨが出てきているようでおもしろかったのですが、とにかくアイディア満載でわくわくしました
・そしてスペイン、日本、中国のよいところをすべて集めてもロシアには勝てない、無敵すぎます、TMとAI、両方50点満点で優勝ですよ
・回転してからひねりきるアクロバティックムーブもすごいですが、もう水に入る前の動きで、ララァなみにロシアが勝つわ、と思いました
・日本が台頭したように、ロシアに勝つために自分たちなりの強みを作り出した、それがスペインだと思いました、これからは世界がスペイン路線でロシアを追うことになるのかもしれませんね

・卓球は中国勢がメダル独占ですね、まあ驚きませんけど
・男子は優勝馬琳、2位王皓、3位王励勤、馬琳やりましたね、ついに
・女子は優勝張怡寧、2位王楠、3位郭躍、まだ張怡寧の時代でした、郭躍ロンドンこそは
・リー・ジャウェイの時代はいつくるんですか、こい

投稿者 マイク松 : 00:34 | その他スポーツ | コメント (5) | トラックバック (0)