フィギュアスケート欧州選手権2019(3):男子シングルSP

「いだてん」にはまってます。富井です。いだてん、異国での孤独を余すことなく描き出していて涙なくしては見られなかったです。フィギュアスケーターたちもこんなに苦労しているんでしょうね。さて、解説は中庭健介さん、実況は小林さん。男子シングルは37人滑走だそうで・・・無理無理、そんなに見られない。第6、第7グループ+マキシム・コフトゥン(ここを逃すともう見られなくなるかもしれないから)です。

ロシアのマキシム・コフトゥン。何故か3年ぶり4回目のロシア選手権優勝を果たしたコフトゥン。もうミッキー兄さん、オッキー兄さんと同じにおいしか感じないので古墳兄さんと呼んでもいいかもしれない。面白スケーターが絶滅しつつあるこの頃、最後の希望、最後の暗黒卿めいています。まだ23歳というのにも驚き。ナット・キングコール「L-O-V-E」ほか。ダイナミックなジャンプでしたが4Sは転倒。4T+3Tは成功。加点も素晴らしい。足換えのシットスピンの回転もはやい。3Aはランディングがつまりながらも成功。足換えのコンビネーションスピンもいいです。男性的なステップシークエンス・・・ちょっと元気がないかな。キャメルスピンは普通かな。最初のジャンプがだめだったのにもかかわらずコンビネーションジャンプは上手くいって持ち直してはいたんですけど・・・残念。でも復活してきているようで嬉しいです。87.70

チェコのミハル・ブレジナ。Queen「Who wants to live forever」4S+2Tは成功。3Fは跳べたのですが、手をついてしまいました。キャメルスピンはきれい。フライングシットスピンもかっこいい。3Aも手をついてしまったのがもったいない。ステップシークエンスは曲のビートによく合ってます。コンビネーションスピンはポジション変化が素晴らしい。取りこぼしはありましたが、よくまとめてきました。83.66。おや、まだコフトゥンがトップ!意外!

フランスのケビン・エイモズ。「Horns」動きがシャープ。4Tはバランスを崩しかけましたが持ちこたえました。3Lz+3Tも成功。ややあぶなかったけど。足換えのキャメルスピンも素晴らしい。3Aは入り方がかっこよかったのですが、両足着氷。シットスピンの回転もはやい。続けてコンビネーションスピン。ややバランスを崩したところがありましたが評価は悪くないよう。ステップシークエンスは曲によく合っているしアクロバティックなつなぎがかっこいい。動きがキレてました。ノーミスとはいきませんでしたが、いい出来に嬉しそう。88.02。コーチと抱き合っています。

イタリアのダニエル・グラッスル。16歳のイタリアチャンピオン。「レイン」ほか。いい滑り。高さのある4Lo!成功です。3Aは着氷が両足でした。しかし高さがあります。シットスピンも個性的なポジション。ステップシークエンスは丁寧。3Lz+3Tも着氷。キャメルスピンも身体が柔らかくてポジションが美しい。コンビネーションスピンも股関節の柔らかさを生かした独特の形。へええすごいなあ。これからが楽しみですね。81.69

イスエラエルのダニエル・サモーヒン。「Senza parole」4T+3Tは最初のジャンプで手をついてもコンビネーションジャンプに出来たのが大きい。4Sもバランスを崩しながら転倒を逃れました。キャメルスピンはまずまず。3Aは流れのあるジャンプ。足換えのコンビネーションスピンはとてもいいです。乗ってきました。ステップシークエンスの動きも素晴らしい。シットスピンまで流れが途切れませんでしたね。すごい。86.48

スウェーデンのアレクサンドル・マヨロフ。「Bang Bang」今年は弟のニコライも出場しているそうです。見てなくてごめん。4Tは着氷。3Aは手をついてしまいました。キャメルスピンはOK。3Lz+3Tはバランスを崩しながらも持ちこたえました。シットスピンはなかなかです。ステップシークエンスもおもしろい。回転の速いコンビネーションスピン。渋いいいプログラムなんですがちょっとジャンプミスが多かったかな。79.88

イタリアのマッテオ・リッツォ。「Volare」素晴らしい3A。流れがありました。3Lzはステップアウト。キャメルスピンもポジションがきれい。ステップシークエンスも上手。3F+3Tも流れのあるいいジャンプでした。シットスピンもOK。コンビネーションスピンも素晴らしい。大技はありませんが、よくまとまっていました。ステップアウトがもったいなかったかな。81.41

ロシアのアレクサンドル・サマリン。「Cold blood」素晴らしい4Lz+3T。完璧でした。4Fは回転不足ですね。もったいない。キャメルスピンの回転もいいですね。3Aも見事なジャンプ。コンビネーションスピンもレベル4。ステップシークエンスも音楽によく合ってます。生き生きしてますね。足換えのシットスピンは最後ちょっと音楽に合いませんでしたが、最初のコンビネーションジャンプが素晴らしかったですね。あれは大きい。91.97。4Lz+3Tは19.64だったそうです。大きい・・・。

イスラエルのアレクセイ・ビチェンコ。30歳の最年長。「レクエム・フォー・ドリームス」素晴らしい4T。あまりに普通に跳びすぎて3Tと表示されていました。3Aはステップアウト。足換えのコンビネーションスピンもOK。3Lz+3Tも成功。キャメルスピンはポジションチェンジが欲しかったな。ステップシークエンスは頑張っているのだけど、レベル2になっていましたね。シットスピンもまずまず。84.19

ジョージアのモリス・クビテラシビリ。「Bloodstream」4S+3Tは成功。3Aは着氷したかに思えましたがその後転倒。もったいない。コンビネーションスピンは回転が速い。4Tの予定が2Tになってしまい、ノーカウント。キャメルスピンはおなかがちらり。ステップシークエンスはちょっと元気がありません。足換えのシットスピンももう一つ。うーんシットスピンの終わりがいまいちだったからおしゃれな終わり方が生きませんでした。73.04

ロシアのミハエル・コリヤダ。「I belong to you」4T+3Tは成功。3Lzも簡単に決めてきます。さすがコリヤダくん。足換えのキャメルスピンも美しい。3Aも成功ですが、流れが少し止まりましたかね。ステップシークエンスも素晴らしい。シットスピンも回転が速い。コンビネーションスピンも歌っているよう。素晴らしい出来。なのにさほど喜ばないコリヤダ。100.49

ラトビアのデニス・バシリエフス。「Papa was a rollin stone」自信を感じます。スターのオーラかな。3Fは流れのあるジャンプ。慎重に跳んだ3Aでしたがなんとか着氷。すばらしいシットスピン。ステップシークエンスも上手になりました。でもコリヤダくんのあとだとちょっとスピードがないように見えます。素晴らしい3Lz+3T。キャメルスピンも素晴らしい。コンビネーションスピンもポジション変化がいいですね。順番が悪かったな・・・。でも良さは伝わりました。78.87

スペインのハビエル・フェルナンデス。この大会を最後に引退だそうです。「マラゲーニャ」。素晴らしいスピードからの4T+2Tはバランスを崩してもコンビネーションジャンプにしてきました。4SもOK。フライングアップライトスピンも回転が速い。フラメンコの振り付けもばっちり決まってます。3Aはステップアウトしてしまいましたがジャンプはまずまずです。コンビネーションスピンのポジションが素敵。足換えのシットスピンも回転が速い。ステップシークエンスは会場も拍手で大盛り上がり。滑りが素晴らしいですね。ノーミスではありませんが、上手くまとめました。さすが世界選手権優勝2回ですね。91.84

○SPを終えての順位(カレー的な感じで)
1.コリヤダスープカレー
2.サマリン唐揚げカレー
3.フェルナンデスキーマカレー
4.エイモズ薬膳カレー
5.古墳カレー
6.サモーヒン欧風カレー

1位のコリヤダは完成度の高さ。ミューズの曲も大好きなのでうっとり。曲に合ったスピン、ステップも素晴らしかったです。2位のサマリンも20点近くをたたき出すコンビネーションジャンプがすごすぎました。まさに唐揚げがのったカレーのような存在感にうっとり。

フェルナンデスは技とその間があまり差がないまさにどこを食べても旨いキーマカレーのような出来。エイモズもアクロバテイックな動きがキレキレでかっこよかったです。より上手くなった。

そして5位が古墳兄さんことコフトゥン。転倒があってもこの位置。やっぱり持ってるものはすごいんですよね。あとは集中力を切らさずフリーもやっていただきたい。なんと最終グループで滑ることが出来るとは。楽しみ。サモーヒンも出来不出来が激しくフリーに進めないことがあっても攻めた姿勢がこの成績につながったのでしょう。フリーも攻めて。

コメントしてください