今年の夏の陣はブラックユニ、闇です

今日は自転車をもって電車に乗ることができました。意外に簡単にできてよかったなと思うマイク松ですこんにちは。行動範囲広がるわー。

さて、今種いも球団オリックでは、恒例の夏の陣が開催されています。

Bs夏の陣2019

冠スポンサーもついてイベント化していますが、一見してウェブサイトがとても暗いですよね。#超攻撃型夏の陣という割には暗いです。「CONCEPT」のところをみても、「超攻撃あるのみ!」としか書いてないのです。

従来夏の陣といえば、地球ユニとか宇宙ユニとか、他球団では決してやらない斬新なユニが作られ、抽象的なテーマがつけられたりしていました。それに比べると今年はモノトーンな印象でとてもシンプルです。禅の思想でしょうか。

しかし長年夏の陣をウォッチし、あまつさえ地球ユニから宇宙ユニへの進化を的中させた当サイト。実は理由はわかっているのです。当サイトの予想としては、

2015:地球ユニ→2016:宇宙ユニ→2017:(太陽系以外の)銀河ユニ→2018:ひも理論に基づくひもユニ

というふうに遷移すると考えていたのです。2017,2018は見た目上は違うことをやっていても、実はこのパターンは継続していたと考えられます。本当にひもユニにすると、まさに超攻撃型ユニということになりますからね。アグレッシブすぎます。それでこの流れからすると、2019はこうなります。

2019:ブラックホール

なるほどと思いませんか。ちょうどブラックホールがうまく撮影されたところでもあるし。それでブラックホールから闇、黒という形になっているのです。決してオリックがお先真っ暗という意味ではありません。

そしていよいよ来年は闇の向こうですから、概念くらいしかありませんよね。何が出てくるかたのしみです。

オリックはお先真っ暗、いやいやブラックユニに加えて、凶世羅ドームの種いも錬成陣のパワーを引き出すため、世にも恐ろしい施策に打って出ました。

大 阪 市 民 ご 招 待

そうなのです。あれだけややこしい料金設定をしてお客さんを入りにくくしつつおかねを追求していたオリックが。壮大にただ券を配りまくって凶世羅ドームを埋めてしまったのです。採算度外視どころか採算無視です。僕らは普通にお金払って入りましたけどね。

やはりジョンダ流開運法のように、己に不幸をもたらす施策が、種いも錬成陣を活性化し恐ろしいパゥワーをもたらすのです。現に僕らがみにいった試合でも、テキサスだったりうまく内野を抜けたりとなんだか不思議なヒットばかりでした。

ということでこれからは勝つために、どしどしただ券を配りまくりましょう。経営的には大変になり、ミヤウチオーニャーは苦しむとは思いますが、勝つためですからね。これがほんとの身を切る改革ってやつ?(違います)(身は切ってるけど)

コメントしてください