【超便利】お湯を入れてすぐ食べられる!野外で非常食を食べよう!【2種レビュー】 (関西学生フットボールの情報もあるヨ)

先日ワークマンプラスにいってきたのですが、すごい賑わってて驚いたマイク松ですこんにちは。でもわかります、ワークマンの製品はいろいろなアパレルがすごい手軽な価格で、何より安いのに超丈夫です。遠慮なく着倒せるし、ポケットが破れて穴が開く心配もない。きてますよワークマン。

さて、今日はこのサイトにしては珍しく、実用性のある記事ですよ!最近富井副部長がはまっているもの、それはこれです!

お 湯 で 作 る 料 理

初めて一人暮らしをした大学生みたいな言いぐさですが違うのです。みなさん、お湯ってすごいと思いませんか?寒いこの時期は飲めば体があったまるし、何よりお湯を注ぐと料理ができるのです。

もちろんカップラーメンとかスープとか、日頃から便利な液体お湯で何か作っている方もいらっしゃるでしょう。でもみなさんが思われている以上にお湯でできる料理は多いのです。今日はたべてきた2つの料理をレビューしてみたいと、思います!

ということでわれわれは万博記念競技場にやってまいりました。ここで何かのスポーツイベントが行われるようです。そのスタンドでお湯を入れて作る料理を試してみようと思うわけです。本日はこの2種類!

作り方は超簡単!パックをあけて中のスプーン(入ってないこともあるよ)と乾燥剤を取り出し、中の線までやけどに注意しながらお湯を注いで、かきまぜてから所定の時間待つだけです。ちなみにカルボナーラは3分、ドライカレーは15分です(だいたいパスタものとごはんものは時間が違うらしい)。いっしょにつくって、先にパスタから食べ始めるのが吉です!

ということでまずはカルボナーラ。開けてみるとちょっとスープパスタっぽい感じになっています。たべてみるとこれがおいしい!一般的なカルボナーラのクリーミーな感じよりはスープっぽいですが、パスタっぽいいい弾力もあるし、味はばっちり。何よりあったかいのでいいです。富井と交代ですぐ食べきりました。

そして少し待つとドライカレーが完成。パックを開けると思いの外ドライカレーです。こちらはまったくおかゆ感もなく、ばっちりごはんです。たべてみてもおいしい!普通のごはんほどじゃないにしてもごはんの感じもあるし、結構ボリュームもあってもりもりたべられました。なにしろお湯だけでできるとするとほんとすごいです。

日頃から貧乏と災害に強い極東事務所を志向する極東事務所では(貧乏はいやです)、このような非常食や備蓄食をたべようといっていたのですが、今回ようやくたべられました。一度たべておけば本当の災害時でもだいじょうぶです。みなさんもぜひ試してみてください!

あ、みにいったスポーツイベントとは、関西学生フットボールリーグ、ファイターズ vs. パンサーズだったのですが、ファイターズは完敗でした。OLがディフェンスのラッシュをまったく止められず、ランはロスタックル、パスはQBが追いまくられて決められず。ディフェンスは前半はさっぱり、後半は改善したのですが、いかんせんオフェンスが点を取らないと勝てません。いいところなく負けました。メモ帳を忘れて携帯でメモをとっていましたが、途中でやめました。ラン×、パス×、パス×でパント、とかもう書き飽きたわ。

教訓!いろんな意味で寒い寒い試合に備えて、お湯とお湯で作るあったかいものをたくさんもっていこう!

コメントしてください