フィギュアスケートグランプリシリーズ2019 NHK杯(6):ペアFS

楽天payと楽天エディの違いがよくわからず、ぬか喜びが絶えない富井です。なんで楽天payって楽天エディのことじゃないの?やっとエディを作ったらもうあんまりお得じゃないってどういうことですか。いったい自分が何を言っているのかもよくわかりません。

さて、ペア。久しぶりのペアのレビューも難しく、時々意味不明のところももあるかもしれませんが、レビューしている人は楽天payと楽天エディの区別のつかない人だから許して下さい。実況は鳥海さん、解説は川口さん。

アメリカのタラ・ケイン&ダニー・オシェイ。「レ・ミゼラブル」より。3Twはやや高さがなかったですね。3S+1Eu+2Sはややジャンプのタイミングがずれたように思いましたが成功。2Aも女性がやや詰まりましたが耐えました。グループ4のリフトはイーグルが素晴らしい。3SThは飛距離もあっていいジャンプ。デススパイラルもOK。ペアスピンもポジション変化がスムーズ。コレオグラファーシークエンスは肩に乗せるリフト。3LzThはステップアウト。もったいなかった。グループ5のリバーすらっそーリフトはきれい。グループ5のアクセルラッソーリフト。リフトは上手だなあ。178.73

イタリアのニコル・デラモニカ&マッテオ・グアリーゼ。「Pilgrims on a long journey」ほか。イタリアらしい選曲。3Sは女性がステップアウト。3Twは美しい。3LoThはお尻をついてしまいました。デススパイラルはポジションが美しい。2T+2Tは男性がカメラからいなくなってしまいわからなかった。グループ5のリバースラッソーリフトは成功。コレオシークエンスはイマイチよくわかりません。3SThは両足着氷。グループ5のアクセルラッソーリフトはきれい。グループ4のリフトは力強い。ペアスピンはポジション変化が多彩でいい。美しいプログラムでした。171.43

三浦璃来&木原龍一。コールドプレイ「Fix you」3Twは高さがあります。3T+2T+2Tは見事に揃いました。グループ5のアクセルラッソーリフトもOK。3LzThは着氷。ペアスピンはシットポジションの三浦のフリーレッグが美しい。グループ5のリーバースラッソーリフトもいい。3SThは転倒。もったいない。しかし2Aは揃ったいいジャンプ。デススパイラルもスピードがあっていい。グループ4のリフトも難しいポジション。コレオシークエンスは低い位置のいいリフト。終わって二人とも笑顔。フリーも素晴らしい出来。三浦のジャンプレベルの高さが生きています。組んだばかりと思えないほどのリフト。すごいなあ。木原もこんなに上手になるなんて。点数が出てもとても嬉しそう。179.94。今後もとてもとても楽しみ。

アメリカのアレクサ・シメカ・クリエリム&クリス・クリエリム。「Drop of Fragnance」ほか。高い3Tw。3T+1Tと男性のセカンドジャンプがシングルに。美しい入り方のデススパイラル。しかし3Sも男性が転倒。グループ5のリバースリフトは流れが美しい。3FThは高さはあったのですが両足着氷。3LoThも両足着氷で手をついてしまいジャンプが決まりません。グループ3のリフトもレベルが高い。下ろしかたもきれい。コレオシークエンスは美しいイーグル。グループ5のアクセルリフトは途中で下ろしてしまいました。ペアスピンは回転も速くてきれい。実力の高さはよくわかりましたがジャンプが決まらなくて残念。ちょっと体調が悪いのでしょうか。173.33

ロシアのアナスタシア・ミーシナ&アレクサンドル・ガリアモフ。「巨匠とマルガリータ」より。3Twは高さもあって美しい。3FThは見事な着氷。3S+1Eu+3Sもいいですね。3Tもタイミングが完璧。グループ5のリバースラッソーリフトも見事。コレオシークエンスも面白い。スパイラルからのグループ4のリフト。面白い入り方からのグループ5のバックワードラッソー。珍しい。3LoThの入りも工夫されていてジャンプの飛距離もすごい。デススパイラルも男性の位置が低い。ペアスピンもおもしろい。川口さんもハラショーとべた褒め。203.35。

ロシアのアリーサ・エフィモア&アレキサンダー・コロビン。「サウンド・オブ・サイレンス」3Twは美しい。3Tは何とか成功。3S+1Eu+2Sも女性がなんとかコンビネーションジャンプをつけました。3LoThは距離があります。コレオシークエンスはわかりやすくていい。グループ5のアクセルラッソーリフトも成功。3SThも見事に着氷。美しい。グループ5のリバースラッソーリフトも見事。デススパイラルはちょっと短い?ペアスピンはまずまず。グループ3のリフトもポジション変化がいい。ソロジャンプはイマイチでしたがスロージャンプはとても良かったですね。189.34

カナダのキルスティン・ムーア=タワーズ&マイケル・マリナロ。「Carry you」3Twはまずまずというか、カメラがよくわからない。3S+2T+2Tもよく合っています。3LoThもきれいな着氷。グループ3リフトもいい。ペアスピンもポジションが美しい。終わりかたも工夫がある。3Tもタイミングがぴったり。デススパイラルは女性が美しい。コレオシークエンスもロマンチック。からの3SThも流れがいい。静と動の変化がいい。リバースラッソーリフトも女性のポジションがいい。アクセルラッソーリフトもプログラムにとけこんでいます。これすごい。いいプログラムだなあ。サフチェンコ&マッソーを思い出しました。208.49

中国のウェンジン・スイ&コン・ハン。「Rain in your black eyes」独創的な始まり方。3Twは移動距離がすごい。3Tからのコンビネーションジャンプは女性が転倒でコンビネーションになりませんでした。しかし3SThは入り方からすごい。デススパイラルもいい。ペアスピンも個性的。終わり方も素晴らしい。3Sはちゃんと揃いました。アクセルラッソーリフトもスピードがある。3FThも高さがあるのと着氷と同時に音楽が鳴るのがいい。コレオシークエンスも素晴らしいステップ。こんなにちゃんとするペアいなかった。リバースラッソーリフトも曲に合ってる。やっぱり速い曲が上手。グループ3のリフトもスピードがある。盛り上がりが素晴らしい。最初は何でこんな曲???と思いましたが最後がらしい。さすがすごい。226.96。ぶっちぎり。

○最終順位:(ダイエッター典子的に)
1. ダイエッタースイ・ダイエッターハン
2. ダイエッタームーア=タワーズ・ダイエッターマリナロ
3. ダイエッターミーシナ・ダイエッターガリアモフ
4. ダイエッターエフィモア・ダイエッターコロビン
5. ダイエッター三浦・ダイエッター木原

ほとんど順位に変動なし。1位のスイ・ハンは貫禄勝ち。転倒などなんと言うことないわ、的な。スピードが違いますね。でも、今回の収穫はムーア=タワーズ・マリナロ。女性が妖精のように美しく、男性は黒子に徹するペアの王道プログラムでロマンティック部門優勝です。もっと重力を感じなくなったら世界一になれる気がします。3位のミーシナ・ガリアモフもジュニアから上がってきたばかりとは思えない素晴らしいペア。4位のエフィモア・コロビンはソロジャンプに苦しみましたがいいライバルだと思うのでこれから一緒に上手くなっていきそう。

それより、特筆すべきは三浦・木原ペア。もう奇跡のようなペア。三浦のジャンプの巧さ、木原の積み上げた技術でこのままいけば北京オリンピック出場だけでなく結構いいとこ行くんじゃないですか?まだ組んで3ヶ月なんて伸びしろしかないじゃない。10歳差という年齢差がいい具合にかみ合っているのかもしれません。ほんとに今後が楽しみ。

コメントしてください