フィギュアスケートグランプリシリーズ2019 ファイナル(3):男子シングルFS

マイナーリーグのチーム名。われわれも腎臓ズから始まって球団名を考えたことがありましたが、ほんとにおもしろいですよね。なんでも球団名になる。そう、種いもでもね。

ファイナルは男子シングルFSです!

フィギュアスケートグランプリシリーズファイナル、男子シングルFS。実況は振動さん、解説は織田信成将軍。

中国の金博洋。FSで盛り返そうぜ。「ザ・パス・オブ・サイレンス」より。4Lzは転倒。高かったです。4T+2Tは決まりましたがやや止まり気味。4T単独は手をつきました。うーん。3A+1Eu+3Sはきっちり成功。こういうジャンプでのっていきたいですね。コレオシークエンスをはさんでキャメルスピン。加速する形。後半に入って3Aは成功。3Lz+3Tも決めました。4回転がなくなったら普通にいけますね。3Fからステップへ。エッジワークはよくなってるところか。シットスピンからコンビネーションスピンでフィニッシュ。4回転だけですね問題なのは。ヘヤーのもじゃもじゃをなんとかしたら復活するかも。241.44。

ロシアのドミトリー・アリエフ。相変わらず衣装に工夫がない。「サウンド・オブ・サイレンス」。4Lzをしっかり成功。いいジャンプです。4Tは転倒。ちょっと助走が乱れたか。4Tからのコンビネーションに挑みましたがダブルに。そして3Fで転倒。うーん。次のキャメルスピンも途中で終わりました。がんばれ。3Aは軸が傾いて手をつきました。3Lz+3Tはやっと成功。3Lo+1Eu+3Sとテンポよく。このへんはいけるんでしょうけど。ステップは勢いがないかなあ。やっぱり最初が続いてないから。シットスピンからコンビネーションスピン…と思ったら途中で転倒してしまいました。いっちゃわるいですがひどい滑りでしたね。こういう日もあると思って切り替えて。220.04。お通夜キスクラ。というかお通夜会場。

ロシアのアレクサンドル・サマリン。相変わらず怖い衣装。なんかいいことあるんか。「グッド・ニュース」。4Lz+3Tを最初に決めてきました。パワフルですね。4Fはステップアウト。4Tにいきますがダブルに。ジャンプ大会ならミスなくいってほしいんですよ。キャメルスピンは回転速い。3A+2Tはセカンドがあぶなかったですがなんとか。コレオシークエンスとはあんまりいえないのを経て3A+2T。3Lzは手あげ。3Loと安定してきました。このへんは。シットスピンからステップ。これくらいつなぎの部分もやってほしいなあ。コンビネーションスピンでフィニッシュ。このスピンもよかったですが、肝心のジャンプが。248.83。

フランスのケビン・エイモズ。がんばれエイモズ。サンデュ先輩スピリッツや。「ライトハウス」。スピードある滑りから4T+3Tを決めました。加点ありますね。つなぎの部分も充実。4Tは転倒。跳べてましたけどね。スパイラルから3A+2Tも成功。3Loはツイズルから入りましたね。もう難しいジャンプは終わって、自分の滑りやろう。キャメルスピンは軸いいです。イナバウアーから3A。流れもあっていいジャンプです。3Lz+1Eu+3Sはあぶなかったですがもちこたえました。3Fと跳ぶたびに完成あがってますね。コレオシークエンスはすばらしいイーグル。そして新しいイナバウアー的な動き。将軍も注目といってます。シットスピンからコンビネーションスピンまでしっかり表現して、最後にステップ。片足での滑りも長いし、軽やかに滑ってました。やったやった。やっとフィギュアスケートがみられた。これですよこれ。これがサンデュ先輩スピリッツを受け継いだエイモズですよ。275.63!大喜びのエイモズ。表彰台確定!

羽生結弦。ご安全に。「オリジン」。4Loを決めてきました。あの難しいループを軽々と。4Lzは久しぶりですがばっちりでした。いいですね。コンビネーションスピンで落ち着こう。つなぎ部分も充実したままステップに。これがまた静と動のメリハリがすばらしいんですよね。大きなエッジワークが物語を作ります。3Lzは大きなジャンプ。4Sはあぶなかったですがリカバー。4T+1Eu+3Fはステップアウトですがすごい。4T+2Tを決めました。難しい入りからの3Aはシングルに。うーん。コレオシークエンスからシットスピン、そいsてコンビネーションスピンでフィニッシュ。あのアクセルだけでしたね。最後は疲れてましたね。でもけがはなくてよかった。あとプーさんの量がすごい。あれで新エネルギーとか作れないのかな。291.43。悔しがるハニューもかっこいいよ。

アメリカのネイサン・チェン。斬新な解釈の衣装です。「ロケットマン」より。4F+3Tはばっちり。軽々と跳んでますねー。4Lzもいい流れです。4T+1Eu+3Sも決めてきましたね。ジャンプばっかりでもこれはすごいといえますよね。キャメルスピンも音楽にあってます。3Aは降り際もかっこいい。ステップはほんとに軽々とした浮遊感。見事です。4Sもまだもってます。4Tも決めました。ここまでしっかり4回転決められたら文句ないです。3Lz+3Tでジャンプ終わり。コンビネーションスピンからコレオシークエンス。よく作ってあります。ステップシークエンスよりも難しい。コンビネーションスピンでフィニッシュ。いやー完璧完璧。やりましたね。なにげに音楽と一体になった滑りがすごい。335.30。世界最高得点。

○最終結果:(シン・ゴジラの大河内清次首相のセリフ的に)
1. え?ネイサン・チェンに!?
2. 羽生が伝わらんだろう!
3. 自衛隊の弾を、エイモズに向けることは出来ない!
4. サマリンだ。サマリン中止!
5. 今金博洋に決めるのか?聞いてないぞ!
6. 私には、このファイナルのアリエフを見守る義務がある!

チェンがすごいスコアで優勝。パワフルですがジャンプにかかるパワーが少ないんですよね。ハニューは2位ですが、ジャンプはすごいんですが跳ぶのが大変そう。あとで疲れちゃいますよね。なんとか乗り越えてほしいです。ご安全に。

というか今回はエイモズでしょう。久々のフランスのファイナル表彰台。正直4回転に挑むあまり、つなぎもなにも関係なくなってジャンプ大会になってしまうんですが、エイモズはそんなの関係ない。4回転をしっかり跳んだらあとは滑りの良さでアピール。ダンスもしっかり。サンデュ先輩が練習したらこうなる的なのが魔族大隔世でやっと出てきた感じです。殿上人たちの戦いは楽しみですが、僕はエイモズもたのしみです。サマリンと金博洋とアリエフはジャンプをがんばらないとね。

コメントしてください