欧州フィギュアスケート選手権2020(2):男子シングルFS

ノムさんが亡くなってしまいました。なんだか死なないような気がしていた富井です。いつまでもぼやきを聞いていたかったです。心よりご冥福をお祈りいたします。
さて、欧州選手権は放送の順番通り男子のフリー。解説は岡崎真さん、実況は小林さん。
エイモズのいない失意のレビューなので、グループ3、最終グループのレビューになります。ご了承下さい。

イスラエルのマーク・ゴロドニスキー。「Burnt by the sun」3A+1Eu+3Sはアクセルでステップアウト。3Fはまずまず。3Aはコントロールされた大きなジャンプ。3Lz+3TもOK。キャメルスピンからのコンビネーションスピン。シットスピンもOK。なんというか・・・そこそこ感。3Loも成功。3F+2Tは転倒。ここまで持ちこたえていましたが。ステップシークエンスは疲れたような感じで止まりそう。2Aもいいジャンプ。コレオシークエンスもちょっと単調。足換えのコンビネーションスピンもOK。206.83

イタリアのガブリエーレ・フランジパニ。国内ジュニアチャンピオン。「タンゴメドレー」3Aは着氷がもう一つ。3Lzは転倒。3A+2Tは幅のあるいいジャンプ。3Loもコントロールされたジャンプ。シットスピンはポジションがおもしろい。ステップシークエンスなかなか悪くない。そこからがちょっとおやすみどころになってますね。2A+1Eu+3Sは成功。3Lz+3Tはセカンドジャンプがどうだったでしょうか。3Fも着氷がイマイチでしたがこらえました。コレオシークエンスはなんともいえない。コンビネーションスピンもポジションがおもしろい。足換えのコンビネーションスピンもOK。初出場でちょっと緊張しましたかね。218.00。転倒2になっているのはコレオシークエンスですかね。ちょっと途中バランスを崩したようにも見えました。

イタリアのダニエル・グラッスル。「シングルマン」他。国内選手権2連覇中。4Lzは何とか成功。4FもOK。4Loはいいジャンプでしたね。3Aはやや回転不足のよう。シットスピンは回転が速い。3Lz+3Tも成功。3Lo+3Tもいいです。コレオシークエンスはもうちょっとなあ。3Lz+1Eu+3Sは岡崎さん曰く回転不足のよう。ステップシークエンスはスピードがないですね。コンビネーションスピンは回転が速いしポジションチェンジもいい。難しいコンビネーションこれはいい。ジャンプが成功したので喜びを爆発させています。244.88

イタリアのマッテオ・リッツォ。「ガルシア・フラメンコ」やっぱり滑り出しから美しい。3Loは4回転も出来そう。4Tは転倒。3A+3Tは美しいジャンプ。飛び急いだせいか2Lzになってしまいました。キャメルスピンも姿勢がきれい。ステップシークエンスも前の2人に比べて見応えがあります。3Aは流れがあって良いです。3F+1Eu+3Sもきれい。3Lz+2Tも軽い入りでいい。じっとスピンの回転も速い。コレオシークエンスも曲想に合っています。コンビネーションスピンもポジションチェンジがスムーズでいい。うーん・・・ジャンプで今回もグラッスルに負けてしまいましたね。237.01

イスラエルのアレクセイ・ビチェンコ。「パイレーツ・オブ・カリビアン」4Tは大きなジャンプ。3A+2Tは減速しましたが成功させました。3Lz+3Tも成功。3LoもOK。シットスピンはちょっと短いのかな。コレオシークエンスは楽しそうでいい。3Aはステップアウト。2F+1Eu+3Sと最初のジャンプでミスをしましたがコンビネーションジャンプにしました。2Fとこちらもダブルになってしまいました。フライングキャメルスピンもOK。ステップシークエンスはお疲れ気味。岡崎さんの細かいチェックが炸裂中。コンビネーションスピンはより疲れが色濃い。膝に手を置いています。219.03

エストニアのアレクサンダー・セレフコ。「ノートルダム・ド・パリ」4Tは手をついてしまいました。大きな3A+1Eu+2Sだったのですが最初のジャンプでステップアウト。3LoはOK。1Aになってしまいました。コンビネーションスピンは速いしポジションもきれい。2Lz+3T、3Fともう一つですね。2A+2Tは成功。おもしろいコンビネーションスピン。ステップシークエンスは曲によくあってていい。キャメルスピンも回転が速いし上手。コレオシークエンスもいいですね。最後のポーズも素敵。なんか、急に上手くなりそうな雰囲気。ジャンプがちゃんと入ったら欧州のトップメンバーになってもおかしくない。SPもいいと思ったけどFSも素晴らしかった。本人はがっくりしているけど。210.68

チャンピオン席に座るグラッスルが楽しそう。

ドイツのパウル・フェンツ。「スティル・スタンディング」スピードがあります。4Tは美しいですね。3A+3Tも高さがあっていい。3Lzはややバランスを崩しましたが大丈夫。3Loは慎重になりましたがOK。シットスピンもまずまず。キャメルスピンは身体が硬いなあ。1Aになってしまいました。もったいない。3S+1Eu+2Fは成功。ステップシークエンスは結構ゆっくり。3Lz+1Tはなんとかセカンドをつけました。コレオシークエンスは嬉しそう。コンビネーションスピンはユニーク。230.01。パーソナルベストを更新。

ラトビアのデニス・バシリエフス。「Lotus Feet」3A+2Tは成功。3Aは着氷がもう一つ。3Lo+2Tも慎重だ。2Tになってしまいました。コンビネーションスピンはやっぱり上手。ステップシークエンスも音楽に合ってて素晴らしい。リンクサイドでランビエールと目が合った模様。3Lz+1Eu+3Sに流れアあります。3Fはエッジが気になるらしい。コレオシークエンスもいい。3Lzは流れがあるジャンプ。シットスピンは加点4ぐらいあげたい。コンビネーションスピンも変化が大きい。232.67

ジョージアのモリシ・クビテラシヴィリ。「コンフェッサ」4S+2Tは大きなジャンプ。3Aも成功。4Tは転倒。3Loは予備動作がなくすぐ跳びました。キャメルスピンはまずまず。ステップシークエンスは岡崎さんの指摘がいっぱい。4T+2Tも優雅。3F+1Eu+3Sもいいジャンプだなあ。3Fもいい。コンビネーションスピンも複雑。コレオシークエンスは普通だな。コンビネーションスピンはもっとスピードが上げられたらと思いましたがよくまとめました。246.71。ここでグラッスルが1位陥落。

ロシアのアルトゥール・ダニエリアン。オペラ「椿姫」より。4S+1Eu+3Sは成功。こういうのもあるんだ。4S単独も着氷。3Aはステップアウト。3Lzで転倒。シットスピンは回転が速い。3A+2Tはセカンドジャンプに入るのが素早い。3F+3Tはセカンドジャンプが回転不足のよう。3LoはOK。キャメルスピンは姿勢がきれい。ステップシークエンスはワルツのリズムを上手く踏んでいます。が、この曲の構成ってどういうことなんだろう。ランビエールの椿姫を見直して局の編集をもう一度よく考えて欲しい。コレオシークエンスもスピードがあっていい。コンビネーションスピンも見事。246.71。メダル確定にみんな嬉しそう。

ロシアのドミトリー・アリエフ。「サウンド・オブ・サイレンス」4Lzは成功。4Tは美しいジャンプ。4T+3Tも流れがあっていいジャンプ。3FもOK。キャメルスピンもきれいなスピン。コレオシークエンスはスピードがあります。3Aも幅があります。3Lz+3Tも見事。3Lo+1Eu+3Sも成功。ステップシークエンスも動きがいい。シットスピンもいい。コンビネーションスピンも速い。ジャンプの難易度もすごいけど、質が素晴らしかったですね。気持ちのいいジャンプ。272.89。コーチと抱き合って喜んでいます。

チェコのミハル・ブレジナ。「ビートルズ・メドレー」2Sになってしまいました。大きなジャンプでしたが4Tは転倒。4Sも前傾姿勢が傾きすぎでしょうか、転倒。シットスピンは素晴らしい。ステップシークエンスはスピードもあっていい。コンビネーションスピンも上手。3Lzは流れのあるジャンプ。3A+2Tは高さが素晴らしい。3Fもいい。3Loもステップアウトにしないボディバランス。コレオシークエンスもおもしろい。コンビネーションスピンもいい。あああ・・・残念でした。優勝を狙っていたと思います。最初のジャンプの失敗でより焦ってしまいましたね。231.25

○最終順位
1.アリエフ
2.ダニエリアン
3.クビテラシビリ
4.グラッスル
5.リッツォ
6.バシリエフス

1位はアリエフ。ジャンプがほぼ完璧。あれがコンスタントに出来れば世界選手権でもメダルあります。2位のダニエリアンは期待の新星。FSの音楽の編集がどうかしてますがそれ以外は言うことなし。3位のクビテラシビリもどんどん良くなっています。

4位がイタリア国内選手権2連覇中のグラッスル。調子に乗りそうなキャラクターです。ジャンプはすごいんですが、もうちょっと大きなジャンプが見たい。5位のリッツォの方が好きなんだけどなあ。6位のバシリエフスは4回転が入るといいなあ。宇野や島田と一緒に練習しているから来年は跳んでくるかもしれない、と期待してます。

コメントしてください