カーリング日本選手権2020 ロコ・ソラーレ vs. チーム東京

海外に買い出しにいきたいマイク松ですこんにちは。イギリスには自転車のグッズを買いに行くことにしていたのですが、他にほしいものができてしまいました。

カーリング日本選手権は女子の試合。ロコ・ソラーレの調子はどうですかね。

カーリング日本選手権、ロコ・ソラーレ vs. チーム東京。実況は田中さん、解説は石崎さん。

ロコ・ソラーレはいつものメンバー、吉田妹、鈴木、吉田姉、今日は藤沢妹。チーム東京は藤沢のお姉さんがサードスキップだそうです!石村、大岩、藤沢姉、土屋。

第1エンド、探り合う感じかと思ったら東京はいきなりセンターガードおいてきます。吉田妹はガードの間を抜いてテイクアウトしましたが、東京は同じようなショットをスルーしてしまいました。そこで鈴木がダブルロールを決めてきました。やりますね。藤沢姉はテイクショットを狙いますが、自分のストーンも出てしまいました。声は妹とすごく似てます。藤沢妹はいいショットを決めたので、東京はレイズテイクアウトを狙いますがうまくいかず。藤沢がドローで入れていきなり4点とりました。ビッグエンド!

小野寺コーチ茶髪にしてる。かっこいい。

第2エンド、ロコ・ソラーレは狙ったところにまずまず置けてますね。東京は少し狙ったとおりではないですがまずまず。お互いストーンが伸びてるみたい。東京は複数点を狙いますが形ができない。藤沢妹がボタン近くに入れて、ロコ・ソラーレはスティールを狙います。東京はレイズを狙いますがうまくいかず、ロコ・ソラーレが1点スティールしました。

第3エンド、今度はハウスの中での攻防。東京のショットも安定してきて、藤沢姉がいいテイクショットをみせます。妹はレイズを狙いますが1つ止まり。東京は2点とりました。よかった。

第4エンド、なかなかクリーンな展開。吉田姉はテイクしたシューターをハウスに入れるという難しいショットにチャレンジも惜しかった。いいリアクションすると石崎さんにいわれる。藤沢のショットは全部テイクアウトして、ブランクエンドになりました。

藤沢姉妹はジュニアで世界選手権に出たこともあるらしい。

第5エンド、どうも吉田妹は重いストーンを使っているらしく、コントロールが難しいとのこと。でもロコ・ソラーレはどんどん自分のストーンをハウスに残してる。藤沢姉はヒットアンドロールでいいところに置いたが、吉田姉がフリーズしてフリーズ合戦に持ち込む。そこからストーンがたまる展開になるが、東京はスティールを狙いますが、ガードが中途半端な位置に。藤沢妹がダブルテイクアウトを決めて、ロコ・ソラーレが4点とりました。

第6エンド、前のガードのうしろをめぐる争い。ロコ・ソラーレのストーンをなかなか東京はテイクすることができず、ロコ・ソラーレのストーンがさそり座みたいに並んできました。このごちゃごちゃ感、ミュアヘッドの十絶陣みたいになってきたぞ。東京のストーンもガードにひっかかって、藤沢妹はどしどしガードを置いてくる。東京のラストストーンはすごい難しくなりました。なんとかしようとしましたが、結局ロコ・ソラーレが4点スティール。ここで東京がコンシード。ロコ・ソラーレ 13-2 東京。

やっぱりカーリングはスイーパーも含めた4人で投げていくものなんですねー。総合力の差が出たというところでしょうか。ロコ・ソラーレは強いです。6エンドはしびれました。

コメントしてください