カーリング日本選手権2020 男子決勝:TM軽井沢 vs. コンサドーレ

ころなういるすのおかげでいろいろ中止や延期になってしんどいマイク松ですこんにちは。楽しみにしていたお芝居を東京に見に行く予定だったのですが…。もちろん何の補償もないわけで、僕らはともかく中止になったイベント主催者の人々、なんとか生き延びてほしいです。推しを応援したいという気持ち、結構あると思うんです。なんとか還元できないもんか。

カーリング日本選手権は男子決勝。3回目の対決です。

カーリング日本選手権男子決勝、TM軽井沢 vs. コンサドーレ。実況は飯塚さん、解説は敦賀さん。

男子はプレーオフに入って、名寄市役所を破って準決勝に進んだSC軽井沢クラブと、一度コンサドーレに敗れたTM軽井沢が対戦し、TM軽井沢が決勝に進みました。3回目の対決です。

第1エンド、いきなりガードを作って攻めに行く両者。先攻のTMがハウスの中に離して2つ作って1点とらせにかかる。しかしTM最後のショットでコンサドーレのストーンを出し切れず。最後にドローしてコンサドーレが2点とりました。TMはうまくいってたのに。

第2エンド、1エンドに比べてなぜかうまく投げられない。岩井のストーンがなんかかんで逆に回るようになってる。すごい。前のストーンがごちゃごちゃしているうしろをドローで狙う展開。TMはダブルテイクに成功すれば3点のチャンス。これはしっかり決めたい。しかし1つだけになってコンサドーレが1点スティールしました。どうした両角。どうもフィーリングが違う。

第3エンド、ガードの後ろでTMが形を作っていい感じ。コンサドーレも失点を減らすべく、フリーズしたりガードを置いたりしてる。TMはガードをおかれて1点になるところ、3点を狙ってスーパーショットを狙うも、結局1点になりました。チャレンジはした。

第4エンド、遠いガードの後ろでフリーズ合戦に。さすがいい感じでごちゃごちゃさせます。お互いにタテに並べてややこしい。TMは失点を減らすかと思ったら、パワーショットでスティールを狙う。そして両角兄のショットでコンサドーレのストーンを一掃しました!すごい!ランバックのランバックからダブルテイクアウトというミラクルショット!コンサドーレのラストストーンは少しだけ短く、TMが1点スティールしました。スイープでよく伸ばした。敦賀さんもよくナンバーツーにしたと評価。

第5エンド、今回はクリーンな展開に。何事もなくブランクエンドになりました。阿部さんのいいショットはあった。

第6エンド、コンサドーレはコーナーガードを置くものの、また打ちあいになっている。ブランクエンドになりました。てきぱきとブランクにするのもまたトップの試合。

第7エンド、TMは相手のミスに乗じて1点とらせる形をつくる。しかし清水がランバックでテイクして、自分たちのドローがT奥にいったところでフリーズされる。ラストストーンは伸びすぎてナンバーワンとれなかった。コンサドーレが2点とりました。

第8エンド、クリーンな展開だったが、コンサドーレがピールアウトしてシューターを残せなかったので、TMは3点パターンをつくる。なんとか守ってきたが、最後のコンサドーレのショットでダブルテイクアウトを決められてしまった。ドローで2点とりました。

第9エンド、TMは先に入ったコンサドーレのストーンにフリーズ。両角弟の見事なドロー。コンサドーレはウィックを狙いますが不発。フリーズが効いててガードを置いて打っての繰り返し。勝負に出た両角兄がまたばっちりフリーズして、松村が1投目で出しに行くも出し切れず。ここでよく考えたTMが置いたところはほんの少し短いところ。コンサドーレがダブルテイクアウトを決めて、ぎりぎり1点とりました。

第10エンド、コンサドーレは中に入れてきて、TMはコーナーガード。ガードの後ろにつくったあとで、中央の主導権争い。コンサドーレはダブルテイクアウトを狙いましたが、自分たちのストーンを出してしまいました。TMチャンス到来でしたが、ちょうどダブルに出しやすいところに置いてしまい、ダブルテイクアウトされてしまいました。ドローで入れてきたTMのストーンをランバックでテイクして勝負あり。コンサドーレ 6-4 TM軽井沢。

決勝はいい戦いになりました。TM軽井沢は初出場で試合のたびに成長している感じでしたが、コンサドーレは経験の差が出ましたね。でも来年はどうなるか。戦国時代に突入するとおもしろくなってきますね。今のところはコンサドーレに日本を引っ張ってもらいましょう。

コメントしてください