カーリング日本選手権2020 女子決勝:ロコ・ソラーレ vs. 中部電力

マエケンのtwitter開始。すごい絵ですがこれでも多くの人がうまくなってるといっているようです。なんだかおもしろいニュースがなくてくさくさしていたのでうれしいマイク松ですこんにちは。

カーリング日本選手権は女子決勝。こちらも3回目の対戦ですね。日本選手権も最後の試合、たのしみです。

カーリング日本選手権女子決勝、ロコ・ソラーレ vs. 中部電力。実況は佐々生さん、解説は石崎さん。

第1エンド、アイスリーディングのエンドになってますが、攻撃的な姿勢はある。テイク戦になってますね。徐々に上にあがっていって中電のストーンがハウスの前になったので、藤沢が後ろに回り込もうとするもガードに当たりました。北澤が逆にヒットアンドロールでガードの後ろにきれいに隠れました。LSは1点とらされました。

第2エンド、LSは中に入れて中電はコーナーガード、中に入ったストーンにフリーズして対抗。いい形でしたが吉田姉のいい感じのショットで形を変えました。そのあとは思ったようなショットが続かず、両チームのストーンがハウスの中に散らばっています。藤沢がダブルテイクアウトを決めていい形。中電も1点とらされました。

第3エンド、両チームとも1投目はガード。中電は中に入れてそれをガードしていきます。気がついたらLSのストーンが前にごちゃっと固まって、吉田姉がヒットアンドロールで後ろに隠しました。続いてソフトウェイトで中電のナンバーワンを押した。調子よさそうですね。しかし北澤がうまくつけにきました。こちらもいい調子。ここから両チームともガードにひっかける展開が続き、LS2点チャンスもラストストーンが強すぎて1点止まり。

第4エンド、石郷岡がウィックショットを決めてシューターをハウスに入れてくる。調子いいですね。鈴木もそのストーンをテイクする。決勝らしい高いレベルの試合です。LSはテイクするも後ろのストーンに当たって出し切れず。中電は複数得点のチャンス。2点とりました。1つ自分たちのストーンを押してしまいましたが、あれは当ててなくても弱かったでしょう。

第5エンド、ガードの後ろのストーンをテイクしあう展開。中電はガードを置いていきますが、藤沢がダブルテイクアウト。中電のラストストーンは短かったので、LSはダブルロールをチャレンジ。しかしちょっと薄く当たって1点止まり。

第6エンド、ガードの後ろに隠し合う展開に。1つ前に北澤のショットがロールアウトしてしまって、藤沢がばっちりガードの後ろに隠しました。ソフトウェイトでテイクアウトする意図でしたが、薄く当たってしまって、LSが1点スティールしました。ほんとにわずかの差。

第7エンド、中嶋がヒットアンドロールでガードの後ろに隠してきます。これはうまいですね。しかし吉田姉がダブルテイクアウト。技の応酬ですね。松村のショットはスイープで伸ばしてガードの後ろに隠した。中電は複数点のチャンスだったが、あまり使ってないラインのショットがだいぶショートしてしまった。中電は無理せず1点とりました。

第8エンド、だいぶ狭いルートの後ろをテイクし合う展開。両チームだからこそできるんでしょうねー。ヒットアンドロールできた中電に対して、LSは直接ドローでガードの後ろにきた。中電はフリーズ。LSもさらにフリーズ。中電はタイムアウトをとって、強いショットをちょっと当てるテイクショット。これは見事!LSのラストショットはうまくテイクできず、中電が1点スティールしました。これは大きい。

第9エンド、LSはブランクを狙いにいきましたが結局点のとりあいに。中電はガードの後ろにうまく隠しました。吉田姉はランバックで自分のストーンと入れ替えてナンバーワンに。中電はヒットアンドロールでワンツーとりました。LSはショットがのびてしまって、中電がいいところにおいてかなりピンチでしたが、藤沢が遠距離のダブルテイクアウトを決めて2点とりました!これはスーパーショット!

第10エンド、LSはセンターガード。中電はコーナーガード。中に入ったストーンをLSはガードにいきます。中電はガードをダブルテイクできたのですが、後ろにあったストーンに当たってLSのストーンが2つ残ってしまいました。そこから両チームのフリーズ合戦に。LSはタイムアウトを取って考えてガード。中電も2点を狙っていきましたが1点止まり。これでエクストラエンドに入りました。

第11エンド、吉田妹のウィックショットで中電のガードが後ろに。微妙なところで止まったため、審判に判定してもらっていた。結局アウトでウィック失敗。おもしろかったです。そのあとも中電のストーンを入れてしまって、逆に中電チャンス。いっぱいガードを置いていきます。鈴木のショットはガードはかすっただけだったが、ハウスのストーンはテイクできた。不思議。中電はタイムアウトをとって展開を予想してガードを置いたが、少し短かったため、LSもタイムアウトをとって考えて、先にガードの後ろに入れてきた。ソフトウェイトで中電はテイクして、LSにプレッシャーをかけますが、藤沢がしっかりテイクして、1点とりました。試合終了、ロコ・ソラーレ 7-6 中部電力。

決勝にふさわしい名勝負でした。本当に両方とも強かった。どっちも強かったのでどっちが勝ってもよかった。LSはプレーオフで1回勝てたのが本当に大きかったんだろうと思いました。中電はより強くなってたし、世界選手権での試合もみてみたかった。これからも名勝負を期待したいです。

カーリング日本選手権、本当に毎日楽しかったです。毎日カーリングの試合がある日々、いいもんですよね。

コメントしてください