めちゃ弱くなったオリックの感染対策

お仕事でめちゃいやなことがあったので、神社とお寺にいってきたマイク松ですこんにちは。今週はいやなことがあったら負けるが勝ち、逃げるが勝ちらしいですからね!

さて負けたら普通に負けのプロ野球ですが、相撲にかまけてしばらく記事を書いていない間に、種いも球団オリックはめちゃ弱くなってしまいました。いやもちろんもともとめちゃ弱いんですが、そんな中それなりに勝っていた時期が過ぎ、今は弱くて普通に負けてるんです。今日もロッテに1-12で負けてます。減っていた借金ももりもり拡大しています。どういうことなんでしょうか。

どういうこともなにも弱いからなので、違う話題にいきますね。(気さくな語尾)

しばらくぶりに種いもウェブサイトをのぞいてみると、トップページにオリックの感染対策が動画で紹介されていました。大事なことですよね。しっかり球団のために働かされるびーずがーるずの人が紹介しています。順を追って見ると、

・マスクの着用
・体温計測
・大阪コロナ追跡システムの登録
・COCOAのインストール
・入場時の消毒
・フィジカルディスタンスをとった応援
・売店での対応:個包装での提供
・コイントレーでの会計
・ショップでの消毒
・コンコース入り口での消毒
・無人でポイント付与
・スタンド清掃

と細かく紹介していました。フィジカルディスタンスをとった応援では、ぶるべるに挟まれた人がおもしろかったです。

このように感染対策はばっちりのオリックですが、これだけ弱いとついでにいろいろ協力を求めた方がいいんじゃないですかね。

1. あまり勝利を期待しない
 パ・リーグの中では種いも球団オリックの戦力はなかなか見劣りします。特に打線。ということで広い心で試合をみましょう。負けてヤジったりするのは感染抑制によくありません。手指を消毒してすぐ帰りましょう。

2. あまり得点を期待しない
 ちょうどチャンスがきたとしても、点をとるとは限りません。チャンスはチャンスのままです。特に満塁のチャンスは点が取れないことが多いです。そこでヤジったりすると大声を出すことになります。マスクをしてのため息くらいにとどめましょう。

3. あまり無失点を期待しない
 確かに打者に比べれば投手はわりとましなんです。しかしいつも無失点に抑えるとか無理ですよね。点をとられてもがっかりしないでください。そしてよく完投負けという秘技を達成します。そのときは惜しみない拍手をおくってあげましょう。大声は出さずに。

4. 相手の強さにがっかりしない
 凶世羅ドームに相手チームがやってきたとしても、相手チームはめちゃ戦力が充実していて、オリックをぼこぼこにぼこりたい(リーチマイケル)と攻撃してきます。その戦力差に落ち込んだりすることもありますが、温かい目で見守りましょう。他人とぼやきたいというお気持ちはわかりますが、フィジカルディスタンスをキープしてくださいね。

5. もとオリ戦士の活躍に落ち込まない
 オリックを出て他チームで活躍する選手のことをもとオリ戦士といいますが、彼らは未知のエネルギー、もとオリパゥワーを使って実力以上のパフォーマンスを発揮します。そのパゥワーは凶世羅ドームから吸い取られているのですが、もとオリ戦士が活躍しても、フロント批判を展開する際は3つの密を避けた環境で、大声を出さずに行いましょう。みなさんの心の中のノムさんを呼び出しましょう。

どこでも感染を抑制するために1人1人が徹底できることはあるはず。うぃずころなの時代をうまく乗り切りたいですね。オリックが今シーズンをうまく乗り越えることは難しくても!

コメントしてください