大相撲9月場所2020:14日目

NTTがどこもを子会社化。これでどこもが生まれ変わったり元気になったりするといいなと思うマイク松ですこんにちは。顧客からみてもふがいないなと思ってましたもんねー。がんばってほしい。

秋場所は14日目。あと2日がんばってほしいです。

14日目。実況は大坂さん、解説は正面が立浪親方、向正面がハライソ親方。

錦木×松鳳山。錦木が幕内で。松鳳山が立ち合いで押し込みます。錦木もなんとかしのいでいたところで松鳳山がどん引き。なんとかはたき込みで松鳳山勝ちました。

勢×石浦。勢が幕内で。小さい石浦にとりづらそう。石浦は左下手をとって頭をつけます。出して崩そうとします。徐々に勢が起こされてきて、返しの下手出し投げで勝ちました。

佐田の海×逸ノ城。中に入った佐田の海。逸ノ城は振り回してきますが、しっかりもろ差しから寄り切りました。逸ノ城ただ入られただけでした。

志摩ノ海×琴恵光。琴恵光は前まわしからおこしにいきます。志摩ノ海もつかまえようとしますが、琴恵光が突き押しに切り替えて押し出し。切り替えよかったですね。

徳勝龍×琴勝峰。琴勝峰が中に入って突き押し。徳勝龍は得意の引き落としとはたきにいきますが、しっかり残した琴勝峰が押し出し。あそこをケアすればだいじょうぶですよね。

竜電×琴奨菊。菊が一気に寄って押し込みますが、残した竜電が逆に上手投げで転がしました。あそこで押し切れないのが菊は痛いですね。

魁聖×碧山。突き押しあい。魁聖は碧山の突き押しをしのぎ、引いたところを一気に出て押し出しました。

豊昇龍×輝。輝のおっつけと押しを受けて後退する豊昇龍。しかし土俵際で内股ぎみのかけなげで逆転!これは豊昇龍のポテンシャル示しましたね。足腰のよさが光った。体重が増えてくると強くなるとハライソ親方。

妙義龍×明生。押し合いになりますが、明生の引き落としがばっちり決まりました。タイミング的に最高。

炎鵬×照強。小兵対決。これは楽しみですね。立ち合い動いた炎鵬が後ろについて送り出しました。この対決だけはしっかり当たってほしかったですね。

北勝富士×高安。激しく当たりあう。押し合いになりますが、高安のはたき込みが決まりました。北勝富士も全力で当たっていきましたが、やはり止められるくらいの力は高安にはありますね。

栃ノ心×玉鷲。右をのぞかせる栃ノ心。玉鷲距離をとりたいのですが、栃ノ心が前まわしから出て行きます。土俵際で小手投げにいくも玉鷲及ばず。

阿武咲×隆の勝。楽しみな一番。阿武咲がいい立ち合いで押し込みますが、徐々に隆の勝が押し返し、返しのどん引き。阿武咲もついていきますが、はたき込みが勝りました。右差しとはず攻めが隆の勝がうまくできてるとハライソ親方。あれではたきをかわせたのが大きいですよね。

隠岐の海×霧馬山。霧馬山変化から寄り切り。霧馬山再出場してよくがんばってますね。…って負けたのオッキー兄さんやん!変化とはけしからん!

大栄翔×宝富士。大栄翔どんどん突き放しますが、宝富士左をのぞかせながら前に出ていきます。そして寄り切り。大栄翔の攻めを吸収するような、宝富士の寄りでした。

若隆景×御嶽海。若隆景も関脇に挑戦ですね。実は大学の先輩後輩。右を差して右四つになりました。若隆景も上手をとりますが、御嶽海が下手投げで転がしました。これで勝ち越し。さすが地力が違いますね。

朝乃山×正代。今場所を左右する一番。マサヨ立ち合いで朝乃山を押し込んで、右差しから横を向かせて、そこから強烈な押し倒し!マサヨがすばらしい相撲で大関を破りました。これは大関の力ありますよ!すばらしいのひと言。力強い。

翔猿×貴景勝。翔猿がついに結びでとります。翔猿がどんどん押していきますが、貴景勝は横にいなして押していきます。そして貴景勝がはたき込みで翔猿を倒しました。力をみせた形ですが、翔猿は勝負のあと充実した笑顔。相撲の未来が見えますよね。

カテゴリー: 大相撲 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。