来シーズンカムバック(蘇生)してくる種いも特集

ドラマ版の岸辺露伴は動かない、おもしろかったですよね。マイク松ですこんにちは。原作読み返してみるとすごいホラーなんですが、そんなところはうまく弱めて、魅力を伝えていました。明日から再放送らしいですよ。

さて、種いも球団オリックも何かスタンド攻撃を受けているのではないでしょうか。

オリックの21年カムバック候補

何ッッ!?カムバックだとッ!?「どこ」から「どこ」へというんだッッ!

復活が期待される選手というのであげていただいているのですが、いつの間にあやつらは死んでしまったのかと不安になります。クロキはいいんですよ。よく戻ってきてくれました。

でもカイダは昨年も登板してますし、大けがしたとかじゃなくて結果が出なかっただけです。シュンタさんは23試合に出場してますし、結果がでなかっただけです。2010年のドラ1とか上州のイチローとかはもう口にしないでください。

あまつさえ最後のPL戦士ナカガワまで消えてしまったことになっています。ただ結果が出なかっただけです。ナカガワが消えてしまった選手なら、もう種いも球団オリック全体が消えてしまっています。そうだったのか。

ふと気づいたのですが、オリックのことを取り扱っていると、種いもどもの成績への期待が著しく低くなっているんですね。カムバックとかだと、プレー不能までいってないとそう考えられないです。ポテトチップスになったとか、いのししに食べられたとか、ポトフにされたとか、無免許運転で解雇されたとか。最後のはカムバックできないですが、もうあやつらを強くするより先に、現世でプレーできるようにする方が先なのかもしれません。

そういうスタンド能力が必要だ。なんだろ、大統領に頼むしかないのかな…?

カテゴリー: 野球 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。