カーリング日本選手権2021 コンサドーレ×常呂ジュニア

免許を更新にいったら、明日からしか更新できないよといわれてムダアシだったマイク松ですこんにちは。はがきがきたらもういけるんだと思ってました。でもおいしいサンドイッチたべて元気になりました。

カーリング日本選手権はもうプレーオフ。早いわ。ずっと続いてほしいのに。しかし男子は注目チーム常呂ジュニアがついにみられます。

カーリング日本選手権2021、コンサドーレ×常呂ジュニア。実況は田中さん、解説は小笠原さん。

常呂ジュニアは全員高校生、中原、前田弟、上川、前田兄。コンサドーレはいつものメンバー。常呂ジュニアはユースオリンピック銀メダルメンバーがいて、今大会でもSC軽井沢とコンサドーレに勝ち、もう少しでTM軽井沢にも勝つところまでいってました。どれだけ強いんだろう。やっとみられる。

第1エンド、コンサドーレはセンターガード、常呂はコーナーガード。そこから中央を狙ってきます。常呂は前田弟のランバックからのピール、前の並んだストーンをテイク。スピード感ある。そして上川が1投で3つ全部出してしまいました。こりゃ世界レベルだ。コンサドーレも清水が犬の散歩みたいにするするストーンを導いてます。ランバックをミスして前にいいガードを置かれますが、前田兄がソフトウェイトでテイク、手玉は残す。最後は遠くのストーンでも関係なくピールして、ブランクエンドになりました。こりゃ強いわ。

常呂ジュニアは決勝Tに残って、テレビに映って小笠原さんに解説してもらうというのを目標にしていたそうで、喜んでいたそうです。高校生だ。

第2エンド、フロントエンドは1エンドと同じような形。常呂はセカンドでウィックしてきました。何の狙いがあるんだ。前田弟の2投目はソフトウェイトでワンツーとってしかもガードの後ろ。発想がすごい。しかし松村がランバックから常呂のストーンを一掃しました。これは阿部課長の計略ですね。前田兄はドローで中に入れて、ソフトウェイトのテイクで2点とりました。

敦賀さんは常呂ジュニアが中1から指導しているそうで、常呂ジュニアも敦賀さんのおかげで成長できたといっているそう。

第3エンド、またセンターガードの後ろでフリーズ合戦に。ガードがなくなって常呂のガードがのびすぎてしまったため、ハウスの中で打ち合いに。どうも中央付近のアイスの曲がりが少ないと小笠原さん。両チームとも少しずつ微妙に読みが異なる感じ。前田兄はソフトウェイトで1つテイクしてワンツー。もうこの時点でコンサドーレが考えてる。松村のラストショットは難しいところでしたが、阿部課長のコールでしっかりいいところに置いて2点とりました。

第4エンド、またセンターとコーナー。そしてきれいなフリーズ合戦に。両チームとも正確。そして先攻のコンサドーレがガードを置いて、常呂はピール。よく話し合ってます。常呂はごちゃごちゃしたところを変えたいと思ったがなかなか変わらず。コンサドーレはガードしてきました。常呂は遠くからランバックを狙いますが、コンサドーレが1点スティールしました。ナイストライ。

第5エンド、前田弟がガードを事もなげにダブルテイクアウトしてからは、ハウスの中央にポジションしあう展開。清水のショットがいいところにおいたため、常呂はなかなか2点パターンにできない。しかしよくよく話し合ったコンサドーレのラストショットは、常呂にいい形にしてしまい、常呂がラストショットで2点とりました。

第6エンド、同じようにコーナーとセンターで、またセンターにフリーズしたかと思ったら、サイドのストーンにヒットロールしたり。正確ですねー。このエンドはスキップのところで差が出て、常呂はダブルテイクアウトができず、コンサドーレが3点とりました。小笠原さんは投げるときにぱっと投げないようにしてほしいとのこと。そういうのありますよねー。

第7エンド、コンサドーレは真ん中においてダブルセンターガードで守ってきます。途中までは作ったり守ったりでしたが、常呂はすごい狭いところを通してテイクショットを当たり前に決めてきます。コンサドーレがドローでガードの後ろを狙ってきますが、少しでも見えてれば普通にソフトウェイトでテイク。2点とりました。

第8エンド、両チームのリードはほんとに当たり前に決めてくるので、全然記憶に残らないくらい。セットアップってほんと大事。中央のフリーズも普通に重ねてきます。ここで常呂はタイムアウト。聴いてるとほんとに創造的なディスカッションをしてます。ロールさせて縦に並べるいいショットでしたが、清水がパワーショットで全部出してしまいました。常呂はブランクを嫌がっているのですが、コンサドーレは難しいショットを強いてミスを誘いました。しかし前田兄は次はばっちりドローを決めて、コンサドーレに1点とらせました。

第9エンド、フリーズで並んだストーンをばらけさせて、中央をめぐる争い。ガードの後ろをどうとっていくかですが、コンサドーレのドローは攻め手を完全に防げない。常呂はピールで3点くらいのチャンスでしたが、惜しくも当たらず、コンサドーレが1点スティールしました。

第10エンド、常呂はダブルセンターガード。少し右サイドが重くなっているみたい。コンサドーレは的確に1つずつテイクしていきます。しかし最後の方はかえってバックガードにしてしまい、フリーズも短くなってきました。常呂はドローで2点とりました。エクストラエンドに入ります。

第11エンド、阿部課長はウィックを2つ成功。さすがです。ガードを置いてもテイクされるのでタイムアウトをとった常呂。敦賀さんの作戦はすごいのですが、全部聞かれているくらい声がでかいです。常呂はハウス前にあるストーンに隠したところでコンサドーレはタイムアウト。しっかり考えてピール。常呂はドローを強いましたが、松村がばっちり決めて1点とりました。試合終了、常呂ジュニア 8-9 コンサドーレ。

熱戦になりましたね。本当にぎりぎりのところで勝敗を分けていました。常呂ジュニアはほんとに強いチーム。決勝でまたみたいです。本当にいい試合だった。

カテゴリー: ウインタースポーツ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。