カーリング日本選手権2021 決勝:ロコ・ソラーレ×北海道銀行

外でお弁当つくってたべるためにタッパーを買ったのですが、ちょっと大きすぎて、高校生のお弁当箱みたいなのを買ってしまったマイク松ですこんにちは。結構入るし、ほんとに高校生みたいなお弁当をつくりました。

カーリング日本選手権はついに最後の試合。どっちが勝つんだ。

カーリング日本選手権2021 決勝、ロコ・ソラーレ×北海道銀行。実況は田中さん、解説は敦賀さん、金村さん。敦賀さんおつかれさまでした。常呂ジュニア最高におもしろかったですよ。

第1エンド、北銀の最初のショットが短くなってしまい、ハウスの中のストーンを打ち合う展開。LSが先にピールにしてしまったため、北銀がドローでいいところに入れました。LSが1点とりました。

第2エンド、LSのセンターガードの後ろをめぐる攻防。LSが先にガードに引っかけたため、北銀が先にワンツーつくります。ストーンがたまってきたが、お互いにショットが短くなり、藤沢がいいところに入れました。吉村がしっかり入れて1点。吉村もだいぶ精神的に強くなってますね。今日も白井さんきてる。

第3エンド、コーナーガードの後ろをめぐる戦いですが、北銀がワンツーをとって、LSがガードにひっかけて前にじゃまになってきた。北銀はガードでスティールも狙えそう。LSはラストストーンがショートしてしまいました。ツーはぎりぎりでしたが北銀が2点スティールしました。これはでかい。

第4エンド、北銀は中に入れて、LSはコーナーガード。決勝戦は今までの他のシートのストーンとかを全部考えていいのを選べるらしい。そうなんや。コーナーガードの後ろをLSがいいヒットロールでとったので、センターガードの後ろをめぐる攻防にスイッチ。LSは2点チャンスでしたがピールしてしまいました。北銀がばっちりいいところにスイープでもっていったと思ったら、どうもブラシがストーンにさわってしまい、向こうになってしまいました。LSが2点とりました。あとでみると勘違いで自分でどけてしまったのがそのままになったらしい。

第5エンド、北銀は中に入れてきます。あんなことがあっても意気軒昂。メンタルコーチすごいわ。LSのフリーズがうまく形を作れていたが、小野寺のパワーショットとテイクでたくさん出しました。最終的にはハウスの中央を狙うところでしたが、北銀は1点止まり。うーん。うまくテイクはしたのですが開いてしまいました。

第6エンド、今度は中央でごちゃごちゃしてきた。北銀はうまくガードしたかったが少し入り込みすぎた。藤沢のラストストーン、少し長そうだったが、ガードにチップしたのが幸いし、スイープで2点とりました。これはすごいミラクル。当たったのが幸いしました。

第7エンド、北銀はブランクを狙ってきたと思ったら、コーナーガードをつくりました。センターガードの後ろで作っていたのですが、小野寺のパワーショットでガードもハウスの中も一掃されました。シンプルな形になり、結局ブランクエンドになりました。

第8エンド、両チームが前にガードをおいてきて、その間をうまく抜けていきます。このコントロール。北銀はタイムアウトをとって考えます。中の打ち合いになりますが、北銀が出し切れなかった。LSはガード的ないいところに置きますが、吉村がちょっと押して相手のをキャッチャーにしました。しかし藤沢もいいところにまた置いて、北銀は1点しかとれませんでした。

第9エンド、吉田妹のウィックは1つめはまずまず、2つめはばっちり。北銀はセンターガードを置いてきます。LSはガードをはずしながら後ろも狙っていましたが、回り込むのに変更。カムアラウンド合戦になります。藤沢のストーンはいいところに入りましたが、吉村のラストストーンでしっかりテイクして1点とらせる形を作りました。藤沢はドローでしっかり1点。

第10エンド、北銀は狙い通り後攻をとりました。LSはダブルセンターガード、北銀はコーナーガード。シートの左半分はストーンでふさがれて、右半分のドロー合戦に。吉村がいいところにドローして、もうLSはヒットロールでナンバーワンをとることしかなかったのですが、うまくいきませんでした。試合終了、ロコ・ソラーレ 6-7 北海道銀行。みんなすごい喜んでました。5年ぶりですからね。

ついに北海道銀行が優勝しましたね。堅実な戦い、ミスしてもそれをひきずらない、全員で声だしてがんばる、試合の進め方もよく考えてました。LSもそんなに悪くなかった。やっぱり白井さんの力なのか。本買おうかな

これで日本選手権は終わり。楽しかったです。もっと試合たくさんみたいですわ。来年は2試合ずつやってほしいです。

カテゴリー: ウインタースポーツ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。