びわ湖毎日マラソン2021:ペースメーカーがいい仕事しました

京都に自転車でいってきたマイク松ですこんにちは。なんとか京都市に入ったあとすぐ帰りました。運動しただけだ。京都いったのに。

さて、今日はびわ湖毎日マラソンがありました。毎年当サイトはびわ湖毎日マラソンに注目してきました。主にペースメーカーに。でも今年でびわ湖は最後で、大阪マラソンに吸収されるんだそうです。最後のびわ湖ほんとに惜しいです。

今年のペースメーカーはエントリーで丁寧に紹介されていました。そして今年は5人います。どういうことか、本気でペースメーカーに優勝を狙わせる気かと思ったら、1km3:00のペースメーカーと、2:58のペースメーカーに分けるんだそうです。早いほうが中央発條のルンガル、旭化成の村山(謙)、NTT西日本のワンブィです。3分が大阪ガスの野中、武蔵野学院大学のワンジクだそうです。今までが3分だったので、スピードを上げるんですね。

結論からいうと今年はペースメーカーは何事もなくレースを引っ張ってくれました。おもしろいことはなく、ペースもばっちり。おかげで素晴らしい結果につながりました。ありがとうございます。

ということで鈴木健吾が日本新記録、初の2時間4分台で優勝しました!マジで愛媛の誇り。愛媛人が日本新とかほんとにすごいです。しかも4分台ですよ。歴史を変える走りと瀬古さんもいってます。

さらに上位5人が日本歴代のトップテンに入る記録を出したらしいです。一気に。いやーこれもペースメーカーのいい仕事のおかげです。ありがとう5人。そしてこれからはもっとペースメーカーも速く走ることになるでしょう。これからのペースメーカーも要チェックや。

そしてびわ湖は毎日マラソンじゃなくてもやりましょうよ。なんすか吸収合併て。意味がない。滋賀県主催の市民マラソンにして続けてほしいです。

カテゴリー: その他スポーツ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。