フィギュアスケートグランプリシリーズ2011 カナダ大会(1):男子シングルSP

今、学級閉鎖になるほど風邪が流行っているという記事を読んで、いくら何でも早すぎるだろうと思っていたら、早速マイク松さんが風邪でダウンしました。さすが流行ものは押さえる男だな・・・てことで富井です。実況は大西アナ、解説は田村さん。

エラジ・バルデ。カナダの20歳・・・見たことない人だと思います。「マラゲーニャ」ほか。3F+3Tは着氷がちょっと悪いですね。続く3Aは転倒、がんばれ!3Lzはきれいにきまりました。フラメンコっぽい振りつけと姿勢がきれいなのでダンサーぽい。もう少しスピードがあればなあ。スピンもきれいだけどスピードが欲しいところ。55.99。ジャンプがもったいなかったですね。

ロス・マイナー。「パラ・ティ」。スピードはあったのですが、1Aになってしまいました。3Lz+2Tもルッツは良かったのに、残念。3Fはオッケー。スケーティングが良いですね。スピンも回転が速い。SlStも面白い。シットスピンも上手。やっぱり昨年の全米選手権で3位に入るだけのことはありますね。60.83

デニス・テン。ラフマニノフ「エレジー」。衣装のとってつけたようなひらひらが気になります。もっさりして見えるので一度ウィアーに相談してみて欲しいところ。3Aは一度降りたあとに手をついてしまいました。もったいない。3F+3Tはいいですね。3Lzはアメリカ大会では失敗したそうですが、今回は大丈夫。スピンもポジションが多彩で流石にデニス・テンだなあ。ステップも体全体をよく使えています。71.40

アンドレイ・ロゴジーン。カナダの18歳で今年の世界ジュニアのチャンピオンですが田中刑事さんのことしか思い出せません。衣装とかがモテ系。「ブロークン・ソロー」ほか。3F+3Tはオッケー。イーグルからの3Aも決まりました。3Lzもきれい。スピンもきれいですねー、さすがジュニアチャンピオンだ。ステップも振付もかっこいいというか、なんかモテ系。でもアップになるとクチピーと大して変わらない素朴顔だったので私の中で好感度が上がりました。67.28

ハビエル・フェルナンデス。今年からコーチがブライアン・オーサーとのこと。モロゾフからオーサーへ移る選手ってわりと多いような気がしますが。今年も黄色のカーディガン(?)という個性的な衣装。髪が短いな。「アイ・ラブ・パリス」。きれいな4Tに会場も沸きます。3Lz+3Tもきれい。3Aもオッケー。すごい。スピンもいいですね。振付は相変わらずコミカルな味付け。でも、オーサーのせいか、全体的に上品な感じになってる。垢抜けたというかアクが抜けたというか。いいですね!完璧な演技にスタンディングオベーション。84.71。すごーい!

アレクサンドル・マヨロフ。スウェーデンの20歳。世界ジュニアの3位でクチピーの舎弟(嘘)。「オースティン・パワーズ」。3Aは高さがある!3Lz+2Tはなんとか2つめをつけて。3Fはオーバーターン。振りはコミカルなんですが、顔に余裕がない。そのせいかハンシンのアライさんに似ているように見える。最後のポーズを決めたあとも1秒ぐらいでやめてしまった・・・。去年も言ったようなきがしますが、伝説のコストマロフさんのになりきって欲しいところであります。キスクラの横のコーチはかなりコストマロフ系の人のような匂いがします。65.14

アダム・リッポン。コーチはダンジェンさんかー。「コロブシュカ」。赤い衣装も似合いますね。両手を挙げた3Lz、すごいね。3Aは両足着氷で残念。3F+3Tは2つめが回転不足か?SlStも身体が良く動いてますね。バレエジャンプも音にぴったり合ってる。レイバックスピンも女子のようにポジションがきれいですね。ジャンプが残念でしたがリッポンらしいキレのある演技でした。72.89

ケビン・バンデルペレン。アメリカ大会に続けてはきつくないのかな。と思っていたら田村さんもそう言ってました。「フィーリング・ビギンズ」。2Aになってしまいましたが、やっぱり疲れかと思っていたら、3F+3Tは高くていいジャンプ。3Lzはあまり高くないけどちゃんと跳んでます。音楽に合わせて適当に両手を振っているところが結構好き。止まりそうなスピンも味があります。シットスピンもよかった。ケビンは2Aにちょっと不満そうです。64.01

パトリック・チャン。「テイク・ファイブ」。スピードがケビンの倍ぐらいに感じますね。4Tは手をついてしまいました。アクセルも2Aになってしまいましたね。3Lz+3Tは流石のジャンプですね。SlStの片足で滑るのも途中で加速しているように感じますね、すごい。しかし、やっぱりジャンプミスに気をとられているのかちょっと元気がなかったかなあ。キスクラでコーチと失敗を分析している模様です。83.28

高橋大輔。田村さん「高橋大輔選手、大チャンスですよ」・・・大チャンス打線か?「イン・ザ・ガーデン・オブ・ソウルズ」。3F+3Tはいいジャンプですね。3Aもきれいです。3Lzもばっちり。「暗い曲の方が僕のイメージ」と言ってたように、不思議な曲にぴったり合った滑りですね。ステップの動きはもちろんのこと、最後のスピンが超絶素晴らしい。でも、ちょっと音楽と合わなかったのか最後は苦笑い。でも、きれいでしたねー。カナダなのにすごいプレゼントの数ですね。84.66

日本シリーズにちなんで
1番 センター・フェルナンデスくん
2番 セカンド・高橋くん
3番 サード・パトちゃんくん
4番 ライト・リッポンぽん
5番 レフト・テンくん

1位は意外にもフェルナンデス。素晴らしかったですね。昔のスケーターのような上品な滑りと高さのあるジャンプがいい味出してました。フリーもどうなるのか楽しみだなあ。2位の高橋は持ち味を生かした良いプログラムですね、もうちょっとお色気路線でもいいかもですが。3位はジャンプをミスしたパトちゃん。まだまだ調整なのかな。

4位はリッポン。アボットと同じコーチになったのかな、リッポンもジャンプさえ決まれば上位争いに絡めたのに、残念。5位のテンもジャンプミスがもったいなかったなあ。

フリーのバンデルペレンは今回も3-3-3を決めてくれるかどうか、そこが楽しみだな。

コメントしてください