大相撲11月場所2011:千秋楽と短い総括

ダイジェストの最初の絵のオープニングってありますよね。あそこのバックに番付表がありますが、あの中にミッキー兄さんの名前がないかと探してみたマイク松ですこんにちは。2人の力士が突き押すシーンで、緑色のまわしの力士のおでこあたりに啓司という名前を発見しましたよ。その他なつかしい力士の名前がたくさん。

九州場所も千秋楽。一年納めの場所の千秋楽ですから、いい一番を期待したいです。

千秋楽。実況は刈屋さん、解説は正面が北の富士さん、向正面が舞の海さん。リポートは東が佐藤さん、西が大坂さん。

キセは大関昇進のための、理事会招集が要請されたみたいですね。よかった。33勝にはいかなくてもこれまでの成績が評価されたらしいです。

玉鷲×武州山。武州山の圧力に対しておっつけで対抗する玉鷲。引いたところを出て寄り切りました。今日は玉鷲らしい、片男波らしい相撲がとれました。

朝赤龍×磋牙司。磋牙司変化でかっぱじきにいきましたが不発。しかし下から下から押し上げて、朝赤龍が引いたところを出ました。朝赤龍が引くくらいですからよっぽどやりづらいんでしょうね。頭四つとかやりにくそう。

豊響×宝富士。宝富士のいい立ち合いでグレートホーンが出る前に止めました。うまく寄って寄り切り。

妙義龍×富士東。妙義龍の立ち合いからのいい攻め。富士東土俵際でうまく残します。妙義龍が差してすくい投げにいきますがこれも残し、これで体勢が悪くなったところを富士東が逆襲。一気にでて寄り切りました。すばらしい逆襲。妙義龍は最初の寄りで仕留めたかったですが、胸が合ってしまいました。

黒海×木村山。木村山ずらし立ち合い。黒海張り手にいきますが、自分の張り手で勢い余って倒れました。どういう相撲だ。

碧山×若荒雄。碧山立ち合いからあたっていきますが、若荒雄がもろ手からの引きで碧山も倒れてしまいました。もろ手からの引きも究めれば敢闘賞になるんですね。インタビューで来場所は暴れ回ると若荒雄。暴れ回るといってももろ手からの引きですけどね。碧山は佐藤さんがゆっくりしゃべってあげていたのでばっちり。礼儀正しいですよね碧山。

佐田の富士×高安。これはいい取組。おっつけあいでまわしをねらう両者。高安がおっつけで横を向かせて押し出しました。でもその過程もとても相撲の醍醐味という感じ。もっともっと競い合ってがんばってほしい力士です。

松鳳山×豪風。松鳳山の突き押しに豪風はたき連発。しかしよく見てしっかり突き押して押し出しました。松鳳山10勝しましたね!すばらしい。頭を下げずに相手をよくみてました。いい相撲!

時天空×魁聖。けたぐりマシーン時天空もじっくり立ち合いを見れば大丈夫。魁聖もしっかりつかまえて寄り切りました。

大道×嘉風。勝ち越しをかける両者。嘉風変化も速すぎて大道も逆についていけず。すぐ当たっていく嘉風ですが、いいタイミングで大道が突き落としました!大道勝ち越し。嘉風はここまで戻したのに、変化したからこの結果も当然。反省しましょう。

阿覧×旭天鵬。阿覧がもろ差しになりましたね。旭天鵬は両かいなをかかえる形。しかし阿覧も腰を落として寄り切りました。阿覧もこういう相撲を毎回とればいいのに。

栃ノ心×剣武。剣武いい立ち合いからいい突き押し。いいところを押してますが、栃ノ心が押されながら左前まわしをとってつかまえました。逆に引きつけて寄りきり。千秋楽でようやく栃ノ心のいいところが出ましたね。

安美錦×豪栄道。アミーもなんだかんだで勝ち越してますね。立ち合いもろ差しになったアミー。ゴーエードーも首投げにいきますが、そこはしっかり読んで寄りたて、返しの下手投げで転がしました。9番勝ったアミー、なんだかんだでニュー地獄の門番って感じですね。ゴーエードーはせっかく戻したのに負け越し。立ち合いが悪かった。

隠岐の海×臥牙丸。これもおもしろい取組ですね。ガガの立ち合いを受けた隠岐の海、組み止めながらするっとまわしの位置を変えながらガガの横に滑り込みました。そして送り出し。この流体の動きを極めればもっと強くなれるんですが。

雅山×豊真将。雅山突き押し。豊真将もしっかり頭を上げずにおっつけますが、タイミングのいいはたき込みで勝利。雅山11勝ですか。すごい。奥様が福岡出身だから九州はラッキー場所だそうです。

豊ノ島×北太樹。豊ノ島はもろ差しにいきますが、北太樹が突き放します。そしてさらにもろ差しを狙うところもうまく突き放して押し出し。よくみてたし勝負所でよくでましたね。北太樹のいい相撲。

栃乃若×鶴竜。注目の一番でしたが、栃乃若がまともに突き放されてしまいました。せっかく実況陣も勝ち越しを期待していたのに。ちょっと突き押しは予想してなかったか。まあ鶴竜に勝ち越しをかけるのも大変ですよね。

稀勢の里×琴奨菊。キセも勝って大関になりたいところ。でも相手は強いですからね。立ち合い菊が左四つ!キセも防戦一方。先に攻めて土俵際の突き落としもありましたが最後は渡し込みになりました。先輩の面目躍如。常に前に出ていたから左が入りました。キセも最後にあんまりよくない相撲。まあ大関になってからもいい相撲とらないと。

琴欧洲×日馬富士。いい立ち合いからハルマも突き放しますが、おおいかぶさるようにつかまえたカロヤン、寄り切りました。今場所のハルマは押されてから粘りがないですねー。カロヤンもぎりぎり9-6。

白鵬×把瑠都。1年納めの一番、ばっちり決めてほしいですね。立ち合いはもろ差し。いい体勢かと思いましたが、把瑠都が強烈な突き放しでふりほどきます。もう一度出ようとするところで白鵬の足が流れて、突き落としで手を突いてしまいました。あー。

白鵬は「はやく優勝が決まって気がゆるんだんじゃないか、申し訳ない」といってましたが、足が流れたのが痛かったですね。でも優勝ですから。キセは自分ではまだまだといってました。今日も負けたし。もっと強くならないとですね。

今場所は全部ダイジェストになってしまいました。ほんと忙しくて。でも相撲は結構しっかりみたような気がします。

白鵬の充実ぶりは所与として、新大関の菊もしっかりがんばりましたし、キセも大関取りトライをついに成功させましたね。大相撲を盛り上げる上でもとてもいいことです。菊もキセもこれからですよ。もう目指せない人もいるんですから、横綱目指してがんばるように。いつでもビッグ・光喜がオマエたちをみている。Big Mitsuki is watching you。

敢闘賞の若荒雄とかは素直にえらいといいづらいのですが、今年は平幕でもいい力士がたくさんいましたね。新入幕では碧山と妙義龍、松鳳山。碧山は大きい体でも動きの良さをみせていましたし、もっと強くなりそうな素地に満ちていますね。妙義龍のスピードと相撲っぷりのよさは新しい大相撲の時代を切り開きそう。松鳳山は地元を盛り上げましたし、国技館でもがんばってほしいですね。

新しい年は土俵の充実がさらに求められます。がんばってほしいですが、ほんとにほんとに来年は何もないことを祈りたいです。平穏イズベスト。

カテゴリー: 大相撲 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。