甲子園にハンシン×ロッテ戦みにいってきました

歴史秘話ヒストリアで双葉山の特集をしていました。一時期は広告になんでも双葉山が起用されていたそうです。現在でもいろんなところにとにかく力士が起用され、なんだかわからないけど力士がどんどん目に入ってきたら暑苦しいなと思ったマイク松ですこんにちは。そういう社会を実現したい。(無駄な意気込み)

今日は不意に思いついて、甲子園にハンシン×ロッテ戦みにいってきました。

関西に来たのに、ハンシンのホームゲームはなんだか気が引けてみたことがありませんでした。荒れた客になんか投げられたりしてもいややし。でも僕も社会的スキルを身につけて、きっとにわかハンシンファンくらいは演じられるのではと思いましたので、富井の「チケットとれるらしいぜ?」という提案にほいほいのって見に行ってきました。

お仕事のあと直行したのですが、すごい早く着きました。うれしい。京セラドームでも近くなったなあと思っていたのですが、さすが近いです。3塁側アルプスにいったら、まだ空席がいっぱいありました。ほんとに埋まるのかな。

おなかがすいていたので早速甲子園カレーをたべて腹ごしらえ。美味しい。いつも甲子園カレー食べてます。

いつも富井についてオリックス戦をみにいってましたが、ハンシン戦をみて思うのは、スポンサーがすごくハンシンに対してサポーティブだということです。「うちはもちろんハンシンファン」「いーえうちこそハンシンファン」「うちもハンシンもよろしく!」的な広告がわんさか飛び出してきます。確かにハンシンすっきゃねんといっておけばなんとかなるところではありますが、オリックス戦には感じられない姿勢に複雑。

ロッテファン、マリサポは今日もめっちゃ元気。黒い一角の応援はばっちりそろっています。子どもたちがそのうち巻き込まれていくでしょう。千葉からまーくんもやってきてましたね。そういえば7回のときにトラッキーがまーくんをお姫様だっこするという芸を披露。すごいマリサポから拍手。そのあとまーくんを無造作に投げ捨てたらものすごいブーイング。そこでトラッキーが土下座ならぬ土下寝(うつぶせに寝そべる)をかまして仲直りすると、またすごい歓声が起きていました。マリサポはすばらしいですし、トラッキーの芸達者は相変わらずです。

僕らの隣におっちゃんたちが座りました。このおっちゃんらがわりとしゃべりながら見る人たちで、ちょっとヤジをきいてみたいと思っていた僕らにはうってつけのおっちゃん。そして今日の先発・岩田はそんなおっちゃんらの格好の的。どんどんいいやじがとんできます。僕も積極的に感想を口にしながらハンシンファン偽装に努めます。いや嫌いじゃないんですけど。

4回に入って岩田が踏ん張りきれず降板。早い。そしたらかわった久保が井口さんにグランドスラムを浴びてしまいます。横のおっちゃんはうしろに倒れてぐったりしていました。6点差。こりゃ大丈夫そうやなと思っていました。

しかしその裏、井口のエラーや根元とサブさんのお見合いなどであっという間にリードをはき出してしまいます。周りはすごい盛り上がり。富井の声があんまり聞こえないくらいの。おっちゃんらも大喜び。安心してトイレにいきましたが、留守中に今江のホームランが出て、帰ってくるときはしょんぼりしていました。

5回は今日配布された黄色い軍手でダンスしましょうといったり、6回あたりにイノキのコールで乾杯したり。結構DJっぽい人ががんばってました。そういうのやってないと思ったので。とにかくイベントには全部企業スポンサーがついてました。

ええ感じでやじっていた隣のおっちゃんでしたが、空席に修学旅行の小学生がわんさかやってきてあっという間に埋まりました。そしたらおっちゃんらは「あんまりひどいヤジは教育に悪いから遠慮しよ」「死ねはあかんな死ねは」と少し控えめになりました。えらい人たちや。修学旅行生は風船飛ばしをしたら帰っていきました。

もちろん甲子園なので、おそろしい特効服みたいなユニを着た人もたくさんいました。その人がチャンスで勝手にみんなをアジテートしていました。なにしろ観戦のじゃまなので警備の人に止められるのですが、そのバトルも含めて甲子園なんだなと思いました。応援団じゃなくて、一般のファンが勝手にアジるとは。新しい。

風船飛ばしですが、必ず風船飛ばしのテーマの途中で飛ばす人いますよね。どういう人が途中でとばすのかなと思っていたら、修学旅行の小学生がかなりまとまった人数フライングしていました。あれわざとやってるんじゃないかと思っていましたが、リアルに間違えていたんですね。発見。

そして僕らが楽しみにしていたアライさんへのやじですが、今日はしっかり凡退していたので、みんなの手ひどいヤジが周りからどしどしとんでいました。多すぎて聞こえないと思います。

8回の途中で帰ったのですが、そのあとハンシンが同点においついて引き分けたみたいです。帰りもやっぱり近かったです。よかった。今日は隣に恵まれましたが、おそろしい戦闘服を着たハンシンファンもたくさんいて、隣に座る人にもよるなと思いました。でもすばらしいエンターテイメント。みんないうだけあるなと思いました。富井の感想も「なんだかいろいろあったが、全体的に楽しい」というものでした。よかった。

カテゴリー: 野球 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。